--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 26  

今日、引っ越しです。

息子を障害児クラスのある学校へ通わせるために、この街に越して来て、16年。

桜の綺麗な街でした。
NTTビルのそばには、味わい深い枝ぶりの桜の古木がありました。

新居の隣の敷地は広い耕作地で、そこにも見事な桜がたくさん並んでいました。

毎年、降り注ぐような豊かな花吹雪を楽しみ、時に桜に降り積もる雪を味わい、季節を過ごして気付けば相当な年月が過ぎました。

もう、どちらの桜も無くなってしまいましたが。


16年。
小さかった息子はメキメキ大きくなり、養護学校を無事卒業し、職にも恵まれました。

就職を控えた春の日に、息子と二人連れだって石神井川のほとりをそぞろ歩き、川縁にひしめく桜を眺めたこと。
あれこそが、私の人生で最高の桜の思い出です。あの石神井川の桜には、いつまでも健在でいて欲しいものです。

この街で、最も幸せな時代を生きました。

ありがとう上石神井。
急行停車駅なのになぜか開発が進まず、お店が次々無くなっていく切ない街でもあったけど、穏やかで優しい人ばかりののどかな街でした。
ありがとう、ありがとう。



新しい街でも頑張ります。
スポンサーサイト
2010. 07. 31  
ジブリ新作「借りぐらしのアリエッティ」を息子と鑑賞。

まとまりのよい、これといった欠点の少ない、こじんまりとした小品。
ストーリーは、教訓的でサラッと感動できる善い話だと感じた。

だがしかし、どうにも大味で微妙だ。終盤から終了後にかけて、猛烈に「崖の上のポニョ」と「河童のクゥと夏休み」が観たくなってしかたなくなってしまった。
紛れもなくジブリブランドの、安定した画面、美しさ、ダイナミックな動き。
いずれも高い水準を保っており、意識の表面上では、何の文句も出ないはずだ、と自分に言い聞かせながら観ていた気がする。
だが、表層意識をツンツン突く自意識が出てきてしまう事自体、私自身がまるっぽ感動はできていない証拠であったりする。
私はナニがそんなに物足りなかったのだろう? どうも巧く言葉にできないのだが、しばしば脳裏に「???」が浮かんでしまった辺りが、一番問題だったのかもしれない。

床下で生きる小さな人たち。その暮らしをじっくり描くことが前半のキモなのだが、ここでさんざんに首をひねってしまったのだ。
異常で、あり得ない設定。思いがけないワンダーに満ちているはずの、その小さな世界。
その描き方は細密で、いかにもこうだろう、と思わせるリアリティが一見、あるように見える。
だがしかし。
詰め、が甘いのだ。
「ねぇねぇそのガラス瓶、どうやって作ったの?」
「ねぇねぇ、そのバレッタ代わりのクリップ、どんなサイズ? 爪先ですら扱えない小ささのはずだよね? それも借りものなの?」
「ねぇねぇ、そもそも、糸とか布とかどうしてるの? 人間から借りたものなら、ゴワゴワぶとぶとのはずだよねぇ? そんな可愛い服になるはずないよね?」
「釘を打ち込んで階段や通路にしてるけど、そもそも、それはどうやって打ち込んだの? ハンマー自作? 足場はどうやって組むワケ?」

フィクションつーかファンタジーなんだから、細けぇこたぁいいんだよ! そんな細々したことまでいちいち気にして突っ込んでたら早く老けるよバーサン? てな脳内嘲笑も聞こえてくるわけなのだが、気になるものは仕方がない。
要するに、説得力、というべきものが画面に不足しているのだ。
せめて、たった1シーンでもいいから、
「彼らは魔法のような不思議さでもって、すべての借り物を都合の良いサイズに縮小してしまうのだ」
という説明でもあればまだ良かったのに。
そうでなければ、圧倒的なまでの演出力で疑問を抱かせる余地もなく引っぱってくれるか。

優れた演出、というものは、数え切れないほどの細かい小さな膨大な気遣いの積み重ねによって成り立つものなのだなぁ、とあらためて思い知ったことであったよ。


キャラの描き方は、昨今のアニメらしく、美点が多く魅力的だった。特に、声の演技(樹木希林さん)の素晴らしさも含めて、家政婦の描き方が実に良かった。美少女、美少年、そういったものは本質的に魅力的なのだから、ステキに描けていてむしろ当然。そうではないものを如何に描くかが力量の問われる点であろうと思う。生々しくかつ象徴的な家政婦の存在はまさにこの作品のキーであったろうと思う。

反面、これだけはどうしても言わずにはいられない。
アリエッティの母親、キモすぎる。
見た目がおそらく人間で言うなら50歳過ぎ、すなわち私と同じかあるいは少し上くらいの、オバチャンからオバーチャンへ移行途中、という感じの女性なわけで、シワ深い口元、衰えてしなびかけた体、足腰の曲がり具合などなど、老いゆく女性のリアリティがこの上なく発揮されているキャラ描写であるにもかかわらず。
なぜ、声の演技もトーンも、まるっきり若い女性のそれなのか?
あまりと言えばあんまりな違和感、そぐわなさ、乖離感に、最後の最後まで身の毛のよだつ気持ち悪さだった。
演じておられるのは巧者で知られる大竹しのぶさん。
いったい、なぜ、かくも不自然なことになったのだろう? 謎である。
もしかして、昨今流行りのアンチエイジングな、顔面修正しまくりの、いつまでたっても青春乙女気分な中高年女性を揶揄する目的の演技演出なのだろうか? そりゃぁ流石に深読みのし過ぎだろ、と思わないでもないのだが。

だがまぁこんなことは些細なこと。
基本は、ガール・ミーツ・ボーイズの、爽やかな話。夏の一日を過ごすにちょうど良い感じの。

しかしなんで「アリエッティ」なんて名前なんだろうな。親の祖父の代からこうしてここで生きてきたって言うからには、日本語に囲まれて100年以上って事じゃないの? もとは海外から来た妖精一族かなんか?……とっとっと、またツッコミ癖が出ちまったい。自重っ。


2010. 07. 26  
starbrave

さてWも終盤。そろそろ翔太郎に主人公らしい華々しさを用意してあげてください。まぁ、このまま、みんなの盛り立て役としてのひっそりハーフボイルドを貫いてくれても、それはそれで愛らしくて好きだけど。
07-25 09:38

@pipechair 浦沢ホンと坂本太郎演出が合わさって最強に見える! カブタックもオススメ!
07-25 09:32

@ash_evildead 浦沢脚本との違いは、理屈を通そうと腐心している所でしょう。だからこそ、観てる側のツッコミが可能になる。「突っ込んでもしょうがないや」と諦めの境地に行くしかなかった浦沢作品には、私は何時も疲れ果ててたものでした。流されるまま、と言うのもダルいモンです。
07-25 09:29

思えば、限りなくトンデモ展開を多用しながら、ツッコミというものをさせる余地を観る側に与えなかった浦沢脚本の凄みを思い知る。あれは何だったのだろう。テンポか、シュール故か。
07-25 09:20

もうゴセイジャーは「突っ込まれ戦隊」ってことでよろしいか? よろしゅうございますね?
07-25 09:16

2010. 07. 24  
starbrave

@pipechair え、そうなの? こりゃ劇場行かなくちゃ(大マジ)。ああそうだ、夏コミで「変身! キュアフラワー♪ 昭和の街で美少女戦士大活躍」的な同人誌が無いかどうか見てきてくださいなっ☆
07-23 14:21

ところであの、ハトプリ初回から出てる謎のメガネ美少年(通称絶望先生)の正体、実はコッペ様って噂マジ?……まぁ良いんですけど。肝心な時さえ美しければ。
07-23 11:50

とか思ってたらこんなスレが。「ばあちゃんが俺の影響でとらドラ観始めた」 http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-765.html私もかくありたいものです。
07-23 11:48

かなり遅れて今週のアニメ会ラジオを聴く。プリキュア3、4人目確定で、じゃぁ5人目居るのか居ないのかって話になってたけど、皆さん忘れちゃぁいませんか。そうキュアフラワー! え? そんなの変身したら美少女に若返るに決まってるっしょ! 今時の玩具商売、爺婆だって取り込まにゃぁ!
07-23 11:44

2010. 07. 19  
starbrave

キュアサンシャイン登場、噂にたがわぬ出来だった。神じゃ、神が降臨しておる! まさに「理想の少女戦士登場」の究極の具現化じゃなかろうか。可愛くて強くてけなげで凛々しい。僕っ娘の一人称が「私」になる瞬間。いやぁ泣けるねぃ。
07-18 17:51

キュアサンシャインを観せてもらってたら、メインブレーカーが落ちた。猛暑に入ると我が家ではしばしばこうなる。タイマーで炊飯器のスイッチがはいったのがやばかったらしい。困ったな~、家族中のパソコンの消費電力が年ごとに上がり続けているから、ますますタイトだ。
07-18 17:15

SkypeのOFF会で、昼に新宿のトルコ料理、乃木坂でオルセー美術館展、新橋で珈琲専門店、刺身自慢の居酒屋で犯罪的な迄に美味を堪能し、パセラにてオールカラオケ。久しぶりの朝帰りで帰宅するなり昏倒、目が覚めたら、TLがキュアサンシャインで盛り上がり過ぎて吹いた。観れば良かった!
07-18 13:27

@Astralfire あれー?バージョンちがうのかな、失礼しました。
07-18 07:01

2010. 07. 16  
starbrave

うる星のOP、EDを担当してた南家こうじさんのアニメーションが大好き、という点は夫婦で一致するところ。しみじみと愛らしく、軽やかで、なんとも言えない品がある。こけおどしみたいな絵作りがカッコイイとは限らない。「萌え」が大事な若い人にこそ、じっくり見つめて欲しいアニメーターです。
07-15 22:11

木曜日はドレミちゃんファンの息子が再放送をとても楽しみにしている日。今日は夕食がドレミの大好物のステーキだったのでますますノリノリ。そして木曜日は、ドレミの後にじゃりん子チエ、その次はうる星やつらも観られるわけで。今日の話は「そして誰もいなくなったっちゃ」。懐かしいなぁ。
07-15 22:03

駅のポスターでキュアサンシャインを見た。あまりの魅力にビックリ。なんというキャラデザインのセンスだろう、無敵Level。掃いて捨てるほどいるツインテールをこういうラインで描くとは。しかもこの子、あの男装の生徒会長でしょう? こ、これは受ける! 大人気になる!
07-15 07:33

2010. 07. 14  
starbrave

@mikaponta かつての某社。あそこか、あそこですね?! えーっと古書街やアキバに割りと近い…w
07-13 22:13

@kyoivy ううむ、まさに不景気対策。値上げはせずにダウンサイジング。ポテチも、量、減ってるってねー。
07-13 22:11

ボーナスなんてものにまったく縁の無い息子。年に2回、「親ボーナス」を出すことに夫婦で決定。わずかばかりをポチ袋に包んで渡す。そういえばお年玉なんてのも就職以来渡してなかった。中身も見ないで部屋に引っ込んじゃったけど、お年玉よりはちょっとは多めに入ってるからね、息子よ?
07-13 19:40

もしかしてキュアフラワーと同じ歳か春子ちゃん。そしてもしかしたら今でもイラストくらい描くか春子ちゃん。もしかしたら、同人誌作ってコミケで売るのか春子ちゃん。娘たちが一緒にコミケに居たりするのか春子ちゃん。夫の人曰く「後のセツコ山田である」いやソレは違うだろう多分w
07-13 19:37

盛り上がってきました「ゲゲゲの女房」。その直前の、少女マンガ家の春子ちゃんが夢敗れて実家に帰るあたり、もう堪えきれず落涙。そしてハッ! と気づく。春子ちゃん、今生きてたら推定65歳くらい。24年組と同じくらいかちょっと上? そして今はもうすっかりおばあちゃん。なんと感慨深いこと。
07-13 19:33

お米からパンを作る「ゴパン」発売だそうな。うわぁ欲しいー超欲しいー。こういうの、弱いんですアタシ。でも考えてみると、米より小麦粉の方が安いし、パンにするまでに使うエネルギーは炊飯より遙かに多いし、さらにそれをトーストして食べたりしたら……うわぁ贅沢なマシンですねヽ(゜ー゜;)ノ
07-13 19:28

水を使わない「太陽熱発電」だそうな。太陽光発電とは違うけど、これはかなりエコかも。ただし日照の少ない日本じゃ無理かもね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000044-yom-bus_all
07-13 19:24

図書館からようやく「チェーザレ 破壊の創造者」の5巻「だけ」届く。つ つづき はやく     てか    ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと借りっぱやめてぇ!ヽ(`Д´)ノ
07-13 19:22

FFXIVベータ開始、アカウント枠拡大! でも私のところにはまだ当選メールが届かない。なんという不具合!(ジダンダ)
07-13 19:21

2010. 06. 26  
starbrave

@kyoivy なるほど、中二病はシュメール人の時代からあるっぽいもんね。もっとも、これについては集合無意識というよりは、人間という存在の「公式」みたいなもの、ということで片付くのかも知れません。
06-25 21:39

@kyoivy そっか、無理か。残念。セルロースならなんでもってわけでもないようですしね。全世界的宗教改革は、これがまさに集合無意識なのか、と初めて思いましたよ。神話伝説の類似については、ほぼパクりなのだ、って気が最近してるし。
06-25 16:19

2010. 06. 05  
starbrave

さて案の定というか、ツイートしてたらブログに長文書かなくなった件。さらに今朝方夫の人に「ツイートまとめの方、頭が悪い人に見える。キャラ変わってる」と言われる。ツイートは気分で書くし、長文は左脳で書くし、当然じゃん! キャラのペルソナが単一だと思われる方が余程心外だわ('Д')!
06-04 09:06

昨夜に引き続き、副作用でなんとも気持ちが悪い。昨夜は夕食後すぐに寝込んでしまってそのまま朝までゴロゴロだった。今夜の投与分でとりあえず抗生物質は終わるので、その後の咳止めとか消炎剤のたぐいはもうやめようかな。とりあえず咳の度合いは減ったけど。減らなかったら泣けるよね。
06-04 09:02

2007. 10. 07  
 Tちゃんのブログにこういうオンリーイベントの案内が貼ってあったので、行ってみた。

「引退してるくせに何しに?」

 いやぁ、ちょい前、中野ブロードウェイ内まんだらけ女性向け同人コーナーで満たされなかった願望が、ここなら叶うだろうと思ってね?

 すなわち。

「エル♂様達の麗しくもケシカラヌ本を探しに来たんだけどありますか?」

 ↑マジでこう言いながらブースを回ったサ。文句あるぅ?

 それにしても、コスプレとか展示品もクオリティが高くって、旧式のケータイしか無かったけど、もう夢中でパシャパシャ。
 それではプライバシーを侵害しないと判断できる範囲内で少しだけご紹介。
やわらか将軍

 もうとにかく愛らしいフィギュア群。やわらか将軍への慈しみに満ちている。
盾マトン

 オートマトン登場! 盾タイプ、たしかホワイトキャンサー? 超でかかったけどねw
キャーリューサーン

 キャーリューサーン!! お写真いいですかーっ?!
GM様

 こ……これは! GM様……っ!!
ポン・デ・白虎

 白虎だ。誰がなんと言おうが白虎だ。だってそう書いて貼ってあるし。小さい字で「つよいよ。」と付記されてるし。



 さて、エル♂の麗しくもけしからぬ書は見つかっただろうか?



****警告****ここより腐れ乙女回路持ちのみのゾーン。健全者立ち入り禁止。****


「ぬぉっ、この本はアタリだ! ぐぉぉっ、この本も絶品、なんですかココはパラダイス? もしかして楽園の扉? くーふふふふ……来て良かったぜぃぃ……(´¬`)ジュル」

 いやぁ大漁大漁。ゲージ振り切るまで上がった萌えパワーが理性のタガを2、3本は瞬時に飛ばしたので、買う買う買うったら買う。ハッ!! と気づくと、財布に入っていた5千円札と小銭が全部消滅。慌てて非常時用のポケットからへそくりを出して帰りの電車賃は確保できたけどさ……危なかったよ。

 たださぁ、どの本もその本も、めくれどもめくれども「ルガジーン×ガダラル」本ばかり('Д')(俗に「天炎」と呼称されるそうな)
 もうちょっとバリエーション欲しかったかな。
 でもガダラルがフェイス1で良かったよ。もしF2黒髪だったりした日にゃぁ、5千円どころか5万円は使っていたかも知れんw

 そーだなぁ、例えば。

 エル♂で一番好きなフェイスはF2なので、NPCなら銀・ルーヴランス(アタルフォーネ)、黒・ロシュフォーニュとか。ヒュムF2黒のNPCったら、ジュノのウォルフガングか、そういえばウォルフとモンブロー先生との本はあったけど……ウォルフはイマイチなんだよね、性格が地味だし、鋼鉄鎧好きじゃないしw

 で、ゴッソリ積み上げた天炎本を家でじっくり楽しんでいたんだけど、ちょいと衝撃が! ヒュムF2黒髪の宰相ってのが居るんですな、アトルガン。ま、もちろんその本は炎総受けって形になってましてもう3秒で脳内鼻血。

 アトルガンミッションは、サンドの兄王子様の悪筆が暴露されるあたりまでしかやってなかったから、宰相のことはほとんど記憶に無くってぇ~。しかし、おいしーキャラみたいね、ラズファード? どっかに「宰×天」本って無いかなー(´¬`)ジュルル

 あとやたらと可憐で清楚な「リュシフィー」って坊やがなんだかんだのアレコレな目にあう本もあって美味っぽかったんだけど、いかんせんそれが誰だか判んなかったし。残念。

*****まぁこんくらいにしとくか******


 関西ノリが愉快な乙女たちのブースで立ち話してたら「バストアサーディンありますよ!」って、プニプヨなイワシの玩具を差し出された。「これはサルタオレンジです!」って、それ普通に蜜柑のぬいぐるみ。他にも色々。うははははははは笑わされたら負け! もちろん1冊買いました。

 リアル麗しの天&炎将軍コスプレもおられましたぞ。二人で向かい合って睦まじく装備の乱れを直しているところなんぞ、撮影しまくってしまったわ。水着姿のミスラちゃんは玩具のバケツを持っていて、なぜか底が抜けているらしく、時々ポロポロと貝殻が落ちたりする。芸細かい。

 各種クリスタルそっくりに作った石鹸とか、なるべくヴァナのに似せて作ったイアリングとか、一味違うブースもあり。お金無くて買えなかったけどね。

 小規模だったけど、それが老体には程よい感じ。実に楽しかった。またあるといいなぁ(´ー`)

プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。