--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005. 09. 30  
 まさか。

 早々と全面勝利だと喜ぶ向きもあるようだが、私にはこの動きはさらなる泥沼を呼ぼうとしているようにしか見えない。

「商標登録を取り下げるよう、著作権管理をしている会社に依頼した」
「フラッシュDVDをつけることはやめようと思う」
 事実は単にこうだとしても、ニュースなどの見出しは
「エイベックス、のまネコ商標登録取り下げへ」
「DVD添付取りやめへ」
 と省略されることになる。

 そこにウソは一切無い、誤解誤読は受け取る側の勝手だ。

 依頼はした。権利管理を行なうZENという会社がそれを実行するかどうかはエイベックスにはもはや関係ないことってことで、て感じで、怒り狂っているネット社会と「なんか良く知らないけどエイベックスって悪いことしてるの?」と事態を良く把握してない無辜の人たちに対する面目は綺麗にいたしましたよ、という形に持っていこうとしているわけだろうか。

 そして、「発表しようとした矢先に殺人予告があり」!

 なおかつ沈黙を保ち続けていたマスメディア、TV番組による「殺人予告声明」まで含めた上での突然の報道発表。


……私は嘘というのを否定しない人間だ。
 特に美しい嘘は好きだ。

 だが、3秒でばれる稚拙な嘘やごまかしは大嫌いである。

 はっきり言っておこう。この殺人予告声明はほぼ確実に「仕込み」だと。

 田代砲(Ddos攻撃)ですら「絶対にするな、厳禁!」と叫び続け、どこまでも地道かつ良識を持った行動をスローガンにしてきたネット社会住人がいきなりこんな行動に出るとは思えないのだ。

 可能性があるとしたら、イレギュラーな狂気の出現、ということだと見る。

 そしてタイミングを綺麗に合わせた形のTV報道(ネットで配信映像を確認できる。微妙な形でイメージ偏向を狙った構成であると私は感じた)。

 声明が出されたのが他ならぬ匿名巨大掲示板であったことゆえ、誰がこれを行なったか、という追跡と確定は困難だろう。

 2ちゃんねる代表・ひろゆき氏がエイベックスのやり口をそっくりそのままなぞる形で「のまタコ」に関する質問状を出したというカウンターに対する、これはクロスカウンターなのかも知れない。

 目には目を。歯には歯を。匿名掲示板の特性を逆手に取って、ネット住人達のイメージを汚してみせる、ということか?

 さすがはエイベックス、イメージ戦略のプロである。今までの日本社会において、電波媒体マスメディア以上に威力のあるイメージ操作ウェポンは存在しなかったわけであるし。


 さぁでも果たして、今もそうなのかな?

 反旗を翻した所属ミュージシャンへの圧力、まとめサイトが次々閉鎖に追い込まれることになった圧力、1ヶ月沈黙を続けた電波メディア。

 古い日記において私は既に表明済みだ。「これくらいのこと平気でやる企業であろうよ!」と。

 自社利益のために、盗用をなんとも思わず行い、文化の衰退・破壊を促進する。

 この問題で、一体何にケンカを売ったことになったのか、まだ気づいていないのだろうか?

 愚かなことだ。いっそ笑えるくらい。

 何を破壊しようとしているのかすら気に留めず、ずっと経営をしてきたことを思えば当然なのだろうか。

 これから何がどう動くのか? まだまだ目は離さないぞ、と!



 追記:まだ試運転中で見る人もほとんどおらず、トラバといえば初回にエロトラバがいっせいに来ただけ、あとは静かなものだったこの日記、アップして30分もたたないうちに「阪神優勝!」のタイトルに偽装したエロトラバが来てたYO!
「のまネコ」でヒットしたら自動的にこういうトラバつけちゃう自動巡回システムでもあるんじゃねぇかと脳内妄想炸裂。

 で、これも妄想と言いたきゃ言えば良いが、この問題は日本の文化史の中での一つのターニングポイントになり得る物なのである。
 何年かのち、「我らかく闘えり」みたいな総括本がいくつか出ると見た。目端の利いたライターさんなら既に情報収集と保存は始めていると思うが、モノがモノだけに全てを網羅し、追うのは大変であろう、面白い読み物になることを大いに期待しているので頑張って下さい。
関連記事
スポンサーサイト
2005. 09. 30  
 私も月齢関係で不具合が出ている最中だが、愛用の真っ赤な光学マウスの調子もなんだか悪い。

 夫の人の診断では「裏のテフロンが磨耗してるかも。すべり悪くなったり傾いたりするから」

 ひっくり返してみると、4箇所のそれらしきもののうち3つまでもが見事に磨り減っていた。最後の1つを思い切って削って平らにしてみたが、確かにすべりが悪い。

「修復用の張替えテフロン、マック用なら秋葉原に売ってるんだけど」
「いっそ新しいの買おうかなぁ」
「光学は高いんだよな」
 とマウスは100円キーボードは300円という世界に生きる夫の人は言う。

「なんにせよ張替え云々なんてビンボ臭いものは秋葉原まで行かないと売ってないかも。買ってこようか?」
「交通費高いからいらなーい」
「定期あるから安上がりだけど?」
「そこまで行く時間を時給に換算して見れ!」
「そんなこというなら貴女がネトゲに費やしている時間を時給換算したらどうなるか?」

 むっきー! それを言われちゃぁ。

 ともかくも、新品が欲しいわけで、でも新宿か吉祥寺にでも行かないと買えそうもない。体調も悪いしゴロゴロしながら思案していたら……ピッカリピー!(☆∀☆)閃いちゃったわよん!

 あるじゃん! つるつるすべりの良さが前提のものが家に!

 てなわけで、私は両面テープを小さく切ってマウスのテフロンがあった場所に貼り付けたのだった。見事、再生! ツールツルのスーベスベで、動きの悪かったマウスは新品同様の使用感を取り戻したのだった!

 いや~んアタシって天才! 誰もそう言ってくれないから自分で自分を賞賛しておくザマス、ヲーホホホホΨ(`∀´)Ψ!!
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。