--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 05. 28  
「オタクたるもの、ある作品(番組)を愛好したからには、そのスポンサーの商品を買わねばならぬ」

 だが、さすがにもうこの歳になると、いそいそとライダーカブトの人形とか変身ベルトを買ってキャッホーイ! というのはいたしかねるのであった。出演俳優の写真満載の本なら買うけど。

「カブトゼクターの形のアクセサリーなんてどう?」

 夫の人の提案にしばし黙考。たしかに、蝶、蜻蛉、天道虫(ぷぷっ)などの昆虫は、長年にわたりジュエリーのモチーフの定番となってたりする。カブトムシってのは悪くないかもしれない。

 だが、カブトゼクターのデザインを殺さずに、ジュエリーとしてちゃんとしたものを作ったら、単価が高くなってしまって商売にはなり難いだろう。

 で、子供にも大人の女性(ママーン)にも売れそうなグッズとしていくつか考えてみたわけで。
「カブトゼクター型防犯ブザー」(ツノを引っ張ったらブブブブブ!!)
「カブトゼクター型MP3プレイヤー」(512Mもあればいいしょ)
「カブトゼクター型万歩計」(ミニゲームつき)

 万歩計にはプチ天道君が済んでて、歩けば歩くほど新密度が上がって、料理作ってくれたり、レシピを教えてくれたりするとか・・・・・・オバちゃん毎日1万歩歩いて見せるわよっ!!



TMO恋愛候補生話*****ついに犬飼出現******

 さて、TMOはときめきメモリアルである以上、「NPCとの恋愛」というイベントがちゃんと用意されている。

 だが、女子用の恋愛候補生はたった二人しかいないのだ。最初からコンタクト可能な生徒会長の桜井と、隠しキャラとも言える、ケンカ屋不良の犬飼のみ。
 人格円満明朗快活な生徒会長なんぞに興味も用も無いので、ひたすらスルーしていたのだが、この度、ドラマイベントや部活の甲斐あって、ついに犬飼君登場!

 初出逢いは、ドラマイベント中に、美術室で居眠りぶっこいているところを叩き起こすこと。
美術室にて

 その後、食堂にて、ジュースを出さない自動販売機に狼藉をはたらいているところを怒鳴りつけてやったわけで。
食堂にて

 ウザいとか消えろとか、非常にムカツクことばかり言われたので、ゲンコツをば一発喰らわせて追っ払い、それでも腹の虫が収まらないので「犬飼のバカー! アホボケクソガキー!!」と窓から怒鳴ったら聞こえていたらしく、遠くでガラスの割れる音。キレ易い奴だなまったくwww

 こういうタイプはいくら強がってても、一皮剥けば繊細で脆弱なプルプルチキンだったりするので、飴と鞭でいたぶり倒すのが吉。さぁてじっくり調教にとりかかります事よ、ヲホホホホホホ!

 しかし、生徒会長と不良とはまた極端でステレオタイプなことである。もうちょっと捻ったキャラをせめてあと一人くらい入れて欲しかった。私的には理数担当・科学部顧問の
Dr.ヤゲン

 このお方とアレコレときめいてみたいのだが。キャーッ! 薬研先生ーっ♪
関連記事
スポンサーサイト
2006. 05. 27  
 息子は東京都障害者スポーツ大会へ参加するため渋谷へ。待ち合わせ時刻を1時間も遅く覚えていたらしく、大遅刻。物凄く反省する破目になったらしく(当たり前ぢゃ)、しおしおと帰宅。

 だが、カバンの中からひっそりと取り出した小さな包みを見ると・・・・・・「準優勝」と書いてある。中には神々しいメダルが! 凄いなぁ、バスケの東京大会で2番か! 自閉の強い息子にとって、バスケットという団体競技の部活動は、とても辛い面もあるようだが、これほど強いチームの一員として過ごすことは必ず人生のプラスになる思い出を残してくれると思うので、極力頑張って欲しいものである。



TMOお別れ話*****課金切れの季節です*****

 さざなみ高校では、毎週金・土、と企画運営部主催の自主トレ大会が開催される。昨日はその他に、ネトラジの中継もあるとかで、22時過ぎ、いそいそログイン、同時にiTunesを立ち上げて、ネトラジにもログイン。
 盛り上がっております!

 が、教室に入ると、哀しい話が。

 私が入学した直後からとてもお世話になっていたクラスメイトのK君が、「今日を最後に休学です」と・・・・・・。

 TMO正式サービスが始まって二ヶ月。課金継続手続きをしない限り、ログインは出来なくなる。ちょうどこの日は、2ヶ月目の課金切れの人が多い日でもあったのだ。K君は日付が変わると同時にアクセス権を喪ってしまう。

 途中、教会に寄ったりしつつ、最後のほうは授業をOFFにして、しみじみチャット。
「また戻って来ます、このクラスが好きだから」
 やがて
「@1分カウントダウン来た」
 教室にいたクラスメイト全員でK君を囲み、慌しく挨拶をしながら見守る。フッと、かき消す様に消えるK君。流石に、しんみりしてしまった夜だった。

 K君、戻ってきたら、またマッタリチャットしましょうね。
 Q組のお約束として、まずは囲むけど!


 ネトラジの方は時間が経つほどに盛り上がって行った。
 ネットゲームと音声中継という双方向性(インタラクティブって言葉も既に死語だと思っていたのだが)の素晴らしい可能性に驚嘆していると、続々とアクセス数が増えて行き、ついに100人を突破。
 昨日の時点で何人の生徒が去っていったのかは判らない。ますます過疎化を深めて行くさざなみ高校において、それでも、盛り上げよう、みんなで楽しもうと頑張り続ける人たちが居る事、その頑張りに触れる事、これもまたMMOの醍醐味だと思うのだった。
関連記事
2006. 05. 26  
 去る24日、ロフトプラスワンにて、岡田斗司夫氏の独演会「オタク・イズ・デッド」が開催された。
 息子が倒れたため行くことが出来なかったのが痛恨だったが、幸いこちらに
http://d.hatena.ne.jp/kasindou/20060524#p1
 まとまったレポートがあり、嬉しかった。

 浸透と拡散を経て、変化していくオタク文化。かつてあった共同幻想も喪われ、オタクはこれからどうなっていくのか?

 岡田氏の気持ちが全て判るとは言わない。だが、似たような見解は私にもある。最後、感極まって泣いていたという氏の姿、ありありと目の前に浮かぶようだ。

 オタクの定義は困難だ。私もずっと試みているが、どうしても端的な言葉が見つからない。「オタクとは(劣等感に根ざす)哀しみを知る魂のこと」「オタクとは趣味ではない、ウェイ・オブ・ライフ、一つの生き様なのだ」などと言ってみたりするのだが、どうにも簡単に言い表すのは無理なのだ。

 岡田氏が今回明言した定義、
「好きなものを自分で決められる知性と、偏見に屈しない精神の持ち主」
 というのには全面的に賛同。この二つが備わらぬものは断じてオタクではない。

 だが、この定義はあまりに守備範囲が広すぎる。
「好きなものを自分で決めることも出来ないほど知性が無く、周りに流されるばかりで、偏見にはすぐ折れてしまう脆弱な精神の持ち主」
 ということを考えると、これはもう、オタクがどうこうという遥か以前に、人間としてダメな存在ってことだと思うし。


 何十年も前から、オタクのオピニオンリーダーとして、精力的な活動を続けて来た岡田氏。この日の講演内容は、いずれまとめて出版予定だという。心して待ちたいと思う。


 共同幻想が崩壊したオタクに、帰る場所は無いのか?
 私に帰る場所は要らない。
 エヴァンゲリオン以来、現在只今の居場所が無いことを嘆く人が増大した。
 居場所もさして要らない。

 今、自分が自分らしくいられて、そのことに満足できていれば、それで良いのだ、と思うからだ。


 岡田さん、お疲れ様でした。全ては流れ去り、変わり行きます。何かの終わりは、何かの始まりでもあります。
「好きなものの素晴らしさを、これからは個々で発信して他の人に伝えよう」
 ささやかながらも、私はこれを続けて行こうと思います。



 未だなお、新世を求めるには遅からず  いざゆかん、黄昏の彼方へ向けて
 星満ちる西の空、珍しき全ての地へ  いまわ迎える時の来るまで
関連記事
2006. 05. 24  
「撲殺天使ドクロちゃん」が好きな方は「大魔法峠」もお薦めだそうです。チェキチェキ!

 息子、疲れが貯まったのか、咽喉炎&口内炎その他でバタンキュー。いつもの通り、徹底的に寝て治せい!



TMO結婚話*****いとめでたき哉*****

 昨夜はQ組のN嬢、通称「姫」の結婚式。お相手は、さざなみ高校随一のトッププレイヤー様。なんと全ステータスがカンストしているという文字通り最強のお方。
 姫はアメリカ留学中の身、つまり超長距離恋愛なわけだが、そこはネット恋愛の強み、TMO内のみならず、スカイプフォン(カメラ付き)を駆使してお付き合いを深めておられたそうな。

 時間になり、教会へ向かうと、物凄い参列者の数。新郎新婦の交友の広さが伺える。
 式を執り行うのはさざなみ高校企画運営部の皆さん。自主トレ大会などを中心に、校内のさまざまなイベントのスムーズな進行のために常に尽力なさる、献身的な方たちである。

 驚いたのは、ネットラジオを使った演出。ゲーム内BGMを切って、指定されたアドレスのネットラジオにアクセスすると、式次第に則ったBGMが流れている、という凝った仕組み。窓化して遊べるネトゲの強みをこういう形で生かすとは! 流石です。

 キリスト教式に、神父の祝福があり、賛美歌へと流れる厳粛なムード。
結婚式1

結婚式2


 が、いきなりそこにハプニングが!
結婚式3

「その結婚待ったぁ!!」
 なんと元・婚約者の乱入である! 騒然とする結婚式場!

 もちろん仕込みであることはすぐ判る展開ではあったが、単なる式にはおわらせまいぞ、楽しんでいただきましょう! という主催の心意気が実に良かった。


 なんとかスッタモンダも収まり、つつがなく式は終了。教会前の泉のほとりで撮影会なのだった。
結婚式4




 その後、多目的室7に場所を移して、披露宴という名目の大自主トレ大会。奥義は何でもあり、遠慮無用のガチバトル開始!

 乱れ飛ぶ超絶奥義の数々、いかなる攻撃も柳に風と受け流す新郎、強し! 強すぎる! 究極奥義・暗黒大団円(範囲即死技)も見られたし、満足、満足。



 ヴァナ・ディールでも結婚式は何度も見たり参加したりした。ほとんどがGMが進行を司る、意外と制約は多いながらも、厳粛なものであった。

 公式婚の無いTMOの世界で、プレイヤーが自主的に企画を練り、工夫を凝らすこういう式は、ヴァナのそれとはまた別の味わいに満ちており、いずれにしても心洗われるものである。

 新郎新婦に幸おおからんことを。
 運営部の皆様、お疲れ様でした。
 素晴らしいイベントに参加できたことに感謝を。



 しっかし、スカイプいいなぁ。今のところお相手が夫の人だけでちーとツマラン、どなたかスカイプユーザーいませんか~?
 ネトラジも凄くエキサイティングだった。どちらのシステムも、ネットの未来を拓く期待に満ちてるね!
関連記事
2006. 05. 23  
 ピピルピルピルピピルピー♪

 てなわけで、おもむろに「撲殺天使ドクロちゃん」にハマったのであった。
 随分前から噂だけは聞いていた。3日前、OPだけを見ていて
「はぁ、多少過激だけど要するに萌えキャラ出して適当にワチャワチャからませときゃぁエエヤロ発想でもって、昨今掃いて捨てるほど沸きまくったゴミの一つなのか?」
 と一瞬は思ったのだが、あにはからんや、キャラの動きがナンカ凄い。ビビビと来るものがあった。今日日、キャラを全身見せで2コマ打ち作画するOPなんて滅多にはお目にはかかれない。愚にもつかないカット切り替えばかりで構成されるノーセンスな映像の垂れ流しにウンザリしていたところでもあった。

 そしてテロップに「水島努」の文字が出たとたんに、納得。
「クレヨンしんちゃん」の方じゃぁありませんか。
 なんと、主題歌の作詞までこなしておられるとは!

 本編突入。
 こ、こりゃ素晴らしい!
 無駄の無い流れ、設定説明をスムーズに行なうための工夫、余分を極力削ぎ落とした構成。
 感覚的にはやや時代が古めなのだが、ギャグを生かすための絶妙な間合いの取り具合、タイミングなど、すべてが心地よく私のツボにハマってしまった。まさに職人芸である。大事な心の一本になりそうだ。

 夫の人にも鑑賞を強要し、見事に籠絡成功。夫婦揃って朝から脳内を主題歌が駆け巡ったのであった。出勤に付き合うため家を出る際、私が「ぴぴるぴるぴる~」と唄っていたら、すぐそばでお隣のご主人がバイクを磨いていたのに気づく。き、聞かれたか(汗)もう気にもしないけど。


 さて、「やわらか戦車」新作公開! 今回も良い味出しまくり。
http://anime.livedoor.com/movie?id=1f2060727adfd3c4
 こちらは夫の人が見つけてきた曽我町子さん追悼映像。思い入れが伝わってくる。追随を許さぬ女王美に震撼せよ!
http://www.youtube.com/watch?v=c6Yn04G7x6A&search=soga
関連記事
2006. 05. 22  
 5月のカンカン日差しに炙られて以来というもの、ますます調子が出ない。
 いやぁ、仮面ライダーカブトは相変わらず熱中してますが。他ならぬ天道総司のキャラの原型であると判明したその時から「敏樹様っ♪」ということに脳内変換されてしまったかのお方の担当脚本だったりすると、もう本当におなかいっぱいになってしまって、アレコレ書き綴る必要性を自分の中に見出せなくなってしまった、というか。

「俺を誰だと思ってる。俺様だぞ?」

 もうこのセリフは一生モノですわよ。


 昨日は近所でフリマがあったので出向く。あいにく出品が少なく、あまり掘り出し物は無かったのだが、つい出来心でワンピースなんか買ってしまう。デニムのローウェストタイプで、スカートが短めの派手なフリフリフレアーなのである。

 夫の人に「こんなの着るの?!」と言われた。うむ。普段ずっとパンツスタイルで過ごしていたのに、なぜか欲しくなってしまったのだった。スカート? この私がスカート? それもビラビラフレアー? 何がどうしたんだアタシ?

 だが、欲しくなってしまったものは仕方が無い。
 帰って試着してみると、おなか周りの肉がポッコリと出すぎていて、見られたものではなかった。

 7キロほどは痩せないと、マトモに着こなしは無理だろう。この服が恥ずかしくないくらいまで痩身するのをとりあえず目標にするかな。

 今日は運動会の代休なので、空いているだろうと思い、息子をTDLに送り出す。ちょっと肌寒い天気だが、雨でなくて良かった。楽しんできてくれるといいが。




TMOお着替え話*****レア物ゲットだぜ*****

 先日、新装備狙いで授業を受けていたのだが、なかなか出ない。あれこれ女子とオシャレの話になり、「赤い大きなリボンが欲しいんだけど、持ってないのよねー」とこぼすと、教室での遭遇率の一番高いSちゃんがトレードでリボンをくれた。金髪には最高に映えるアイテムである。嬉しかった。

「リボン、リボンりぼんシトローン!(古ネタ)黒耳が出たらお返しにあげるね」と約束。

 今日、また授業に出ていたら、ポロッと黒ウサギ耳が!! 星が7個のレア装備である。
 わーいわーいと、クラスのHP管理人様であるところのAさんとツーショット。
黒ウサ耳


 さて、そろそろ私の所属高校とクラスを公開。「さざなみ高校」のQ組である。
 さざなみ高校は過疎気味で人気の少ない、やや淋しい高校ではあるが、その分マッタリしているようだ。
 Q組はさらに人が少なめで、5人もいると「今日は多いね」と言い合うほどだが、その分もっとマッタリ。和みと仲良しが売りである。

 SSを堪能して、Sちゃんに黒ウサ耳を進呈。お礼に、サイド結び付け毛と、なんと新色制服までいただいてしまった。耳1つで3つもトレードしてもらって良かったのかな^^;
ツーショその2

赤いリボンと新制服

 むふふのふ♪

 あれこれ制服とリボンなどをコーディネイトしながら遊ぶ。TMOの何が楽しいって、このお着替えがとにかくイイのである。リアルじゃ出来ないし・・・・・・アレ? ついワンピース買ってしまったのは、TMOの影響なのかな。

 明日の夜は校内の教会で、クラスメイトの結婚式。楽しみだねぇ♪
関連記事
2006. 05. 20  
 息子の養護学校高等部の運動会。
 雨が続いていた。今日も朝起きたら雨だった。
 開催なら親子3人分のお弁当、中止でも登校はするので息子の分のお弁当が必要。

 一人分と二人分、あれこれ作っているうちに陽がさしてきた。

 で、まぁ、9時半ごろ出向くと、もうカンカン照り。私は日焼けは絶対ゴメンなので、日焼け止めローションと日除けバイザーと黒い長袖シャツで防御を固めていったのだが、単に半そでで涼しい格好だった夫の人は、両腕と首筋が真っ赤っかになってしまったのだった。5月の日差しはハンパじゃないね。

 ともかく暑くてたまらなかった。途中コンビニでロックアイスを買ってきて凌ぐ。猛暑の中、息子は長距離走(1500M)など、とても頑張っていた。月曜の代休にはTDLへ行かせる予定である。運動会の類はイヤとは口には出さないが、態度には出まくりだったりしたし。ごほーび、ごほーび。

 私は日焼けこそしなかったものの、熱気に当てられて午後はずっとぐったり。



 夫の人が教えてくれたアドレスをチェックして、プチ感動。
http://www.kincho.co.jp/cm/html/2006/combat_anime/01_combat_anime.html
 この声の若々しさ、夢と希望が湧いてくるね!

 まぁ私の母親ってのは70過ぎてもああいう声出してたけど。思えば物心ついた頃から、母のその、家で普通に喋る時と、電話など対外応対の時とで1オクターブ以上は変化する「ロールプレイ声」との差異が驚異そのもので、自然と私にも「七色の声」が身についてしまったがネェ、うははははは。

 老いてなお若い声の女性声優というのは意外と多いが、老婆も若い声も同様にこなせる最高の声優さんといえばやはり京田尚子さんだと思う。とにかく老婆といえばこの人! 右に出るもの無し! 
特に、ディズニーの「ラマになった王様」においては、老いてますます盛んなマッドサイエンティスト婆を物凄い迫力で演じながら、小猫にヘンゲした際のブリブリプリティー声も完璧で、舌を巻き脱帽するしかなかった。至芸、とはまさにアレでしたな。綺麗な声で綺麗な演技、なんて単調な芸しか持っていない若手声優たちには大いに見習って欲しいところである。




TMO衣替え話*****新装備追加******

 水曜のVUで、追加装備がいろいろあったTMO。ビン底メガネや黒猫耳などは是非欲しいところだったが、これらは授業で高得点を連続で出しているのが入手条件。なかなか手に入らない。

 購買で制服がアイテムと交換できると聞いて、飛んでいく。が、選べるのは淡い緑のこれ1着だけ。
衣替え0519

ちょっと残念。リボンが赤いままのは私なりのこだわりである。

 昨夜は、多目的室7で自主トレ大会。過疎が進む鯖ではあるが、この時の人の集まりは凄かった。90人くらいいたような気がする。
自主トレ大会


 私は部活はあまりやって無いのでLVはたったの27。全ステータスカンスト、という超絶プレイヤーのいるチームと対戦した時なんぞはもうどうにもこうにも。

 イマイチ、部活に気力が湧いて来ないなぁ(´д`)この世界、だらだらチャットしてる方が楽しいかも?

関連記事
2006. 05. 18  
 朝一番で「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を買い、勢い余って一気読了。
 4000円近くも散財してたったの1日で消費してしまうとは! バカばか私の馬鹿。

・・・・・・だって、面白かったんだよぉーっ!ヽ(`Д´)ノ

 4、5巻と、イマイチ暗くて好みに合わなかったのだが、この辺りまで来るとさすがに展開が凄くて、目が離せなかった。ネタバレなのでこれ以上は語らないが、これから読む予定の人は、前巻で何がどうなっていたのか、ということを一応おさらいしておくことがお薦め。ぶっちゃけ、ほとんど忘れてたよオバちゃんは。





 さてさて。「**ポ*モン、ゲットだぜ!」

 今話題の「ようつべ」つまりYouTubeで、夫の人がエライもん拾ってきちまって~。
http://www.youtube.com/watch?v=Tf9XJLL4TRc&search=CHINPOKOMON

 内容が内容だけに日本非公開だった「サウス・パーク」の1エピソード。
 ポケットモンスター、という言葉が英語ではつまり「**ポ*」辺りに相当する隠語であるゆえ、英語圏では「ポケモン(ポキモン?)」というタイトルで普及されざるを得なかった事情を逆手に取った痛快エピソードである。字幕も何も無かったけど、サウス・パークに慣れていたので、各キャラクターがどういうことを言い、何をしているのかはおぼろげには判った。確かに日本での放映はかなりヤヴァいと思われ。


 しかし、ようつべにしても、スカイプにしても、まだあまり普及してないからスルーなんだろうけど、どちらのシステムも、従来の社会常識を大きく覆す可能性を秘めているモノだと思う。

 折りしも、SONYから超小型PCの発売が発表された。これでスカイプを使用したら、それってほぼ無料の携帯電話代わりってことになりゃしませんかね? スカイプをめぐる、この先の動向はなかなか派手なものになりそうで楽しみである。
関連記事
2006. 05. 15  
 なに、これなにwhttp://www.toei-anim.co.jp/tv/ppgz/
 オリジナルの方が遥かに可愛いと思う。息子は喜ぶかな? 



FFXI引退話*****どこまでも自分らしく*****


 やっぱり、「もうやめよう」
 体調悪化がシャレにならないLVになってきた。ずいぶん以前から検討はしていたし、ログインを減らして対処しようと思ったのだが、巧くいかない。

 結局、麻薬やアルコールの依存症と同じで、隔離しないことにはどうにもならない、と悟る。

 よし。決めたからにはきっぱりと。
 倉庫の持ち物を処分し、ギルを全てObleenに集中させる。さばき切れなかったものもあったが、ギル総額は3000万近くに。たった一つの心残りは、ベヒ皮が買えなくてフルユニコンにはできなかったことだが、まぁよろしかろう。

「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」とばかりに、何も言わずササッと引退するのがクールだ、とかねがね思ってはいたのだが・・・・・・だが、しかぁっし!!!

 時は日曜真昼間。いましもアルザビにトロール軍が進撃中。アルザビに限界ギリギリまでの人数が集結しつつある(上限750人)!

 生来のどうしようもないほどの目立ちたがり根性がムクムクと猛烈に湧き上がる。
「ヤメレ! それ恥ずかしい、ヤメレヤメレ」
 と脳内で良心が必死に制止するのだが
「じゃかぁっしいっ! ここでこの誘惑に逆らえたら、そんなの私じゃねぇ!!!」

 トロール傭兵団、絶対防衛ラインを突破! 湧き上がるお馴染みのシャウト、JPNA問わず鯨波が起きる、この瞬間がとても好きだった。

「私、このビシージ終ったら、キャラ消して引退するんだ! みんながんばれーヽ(`Д´)ノ」

「マジっすか!」
「ちょww死亡フラグ立ててる人が」

 いざ、最後の戦闘開始! お任せPT機能で組んだ魔導師さんたちがガンガンケアルしてくれて、死なずには済んだ。戦績、MAXゲット。

 人が多いこともあって、重くてしょうがなかったが、いつもどおり、撃退成功。
 終了後、直ちにリングでタブナジアへ飛び、「ラストSSはここで撮る」と決めていた場所へ向かう。道々、知らない人達、ほとんど付き合いの無かった人達からもテルをたくさん頂いた。

 向かうはブルーブレード、オープニングムービーに登場する、タブナジアの廃墟がのぞめるあの丘である。

 最後のチャットは、長らくホームにしていたコンコルドLSで。


 その後、倉庫含む8名のキャラ削除と解約をササッとな。

「ギルもいっぱいあるのに、アトルガンも買ったばかりなのに、せっかくからくり士も33までやったのに、なんかもったいないなぁ」と夫の人が嘆息してくれたが、ハンパなことはしたくなかった。キャラ残して解約だけとか、そういうやり方ではやる意味が無い。意思の弱すぎる私は、多分それじゃぁ、3日で舞い戻ってしまうだろうから。ビシージを筆頭として、アトルガン拡張ディスクは面白すぎたしね。


 3年以上続けた、ヴァナ・ディールの冒険はこれで終了。最後の友達というか相棒が、人ならぬ機械人形のヒストリオンだったというのも、ン十年に渡ってロボ愛を貫いてきた人生の、この上なく私らしいオチだったと思う。
/goodbye



 思い出こそが財産。みんな、元気で!
 私も、体調と生活の改善に努めます。

 もしも縁があったなら、いつかどこかの空の下でまた逢いましょう!
関連記事
2006. 05. 12  
 古馴染みのマイミクさんが自律神経失調症だという。
 他人事ではない、どうやら私も最近それっぽいわけで。ウォーキングが効果的だそうな。
 もう本当に体の調子がヤヴァい。真面目に健康管理しないと!



TMOお揃い話*****たまにはダベリング*****

 夫の人と、ポチポチとドラマイベントを進めたりする。「記録を作れ」というドラマはかなり難易度が高く、数度敗退の憂き目に。
 
 久しぶりにクラスに行くと、女子ばかり5人。みんな同じオソロイの、猫耳チークでパシャリ☆
おそろい5人組




FFXIビシージ話*****もうこればっかり*****

 からくり士、LV32へ。到達目標は33である。
 木工職人の軍師Gさんが目の前で作ってくれたカタール+1が装備できるLVまで、ということで。
 ロランなどでマターリとヒス君に癒されながら、こまめにビシージ情勢をチェック。

 そろそろ来そうだな、と見たら、呪符ってアルザビで待機。
 戦士で脳筋ヒャッホイも良いのだが、タゲ取るとたちまち死ねるし、下手に死んでHP戻ると戦績がリセットされて20しか貰えなかったり、ラミアに身包み剥がされて(脱衣WS? 装備が一つ残らず解除されるという恐ろしい技があるのである)全裸にされたりするので、最近は赤魔で衛生兵従軍している。が、さすがに貰える戦績は少なめ。

 戦闘自体は制限時間があるようで、意外と短く終る。待機がけっこうダルイ。
 待ちくたびれて、血に餓えたシャウトを連発するのだが、実はこれを私は一番楽しんでいるのかも。

「さっさと来んかボケーーーー!!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻」とか

「いざ、今日も皆殺しじゃぁーーーーっ!ヽ(`Д´)ノ」とか

トロールがあまりにデブチンなので

「ピザ喰い過ぎだてめーら! その肉を削ってやるわ!」とか。


・・・・・・そろそろ晒され時ぽいので、もうやめます(´・ω・`)


 でも以下のシャウトは続行するから。

【ベヒーモスの毛皮】【売ってくれませんか?】できれば【安くしてくれませんか?】Tell Plz


 だって競売に在庫が無いし!
関連記事
2006. 05. 10  
 美形エルヴァーンEさんからバトンきた!

1.回す人を最初に書いておく

 この日記読んでてコメント欄にバトン内容を書く度胸のある人全員。 


2.お名前は?

 星ゆう輝 


3.おいくつですか?
 
 43歳。
 

4.ご職業は?

 一介の主婦。


5.ご趣味は?
 
 ネトゲだけど、このまま続けたら負けかな、と思ってる。


6.好きな異性のタイプは?
  
 美形で、知性・感性共に突出しており、教養深く、話が面白く、際立つ個性を持ち、空気を読める気遣いがあり、押し付けがましくなく、ケンカが強く、 潤沢な資産を持ち、体脂肪率が低いスリムなタイプ。

 なんだ、天道総司じゃんwww
  
7.特技は?
  
 罵詈雑言。

 
8.資格、何か持ってますか?

 たしか中学と高校の美術教師にはなれるような。


9.悩みが何かありますか?

 太りすぎてきたこと。


10.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
 
  ♡スキ♡

 美味なもの全部。  


  ●嫌い●

 筋張った固いものはキライ。


11.貴方が愛する人へ一言
 
 我、汝が自由を尊ぶ。


12.回す人50人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

 1の条件に当てはまる人が50人もいるとは思えんw

 すべからく勇者であることは間違い無い。






FFXI篭城話*****ビシージ強化キター!******

 昨夜2時からのメンテナンスで、ビシージが調整された。
 朝ログインすると、アラパゴの軍団がLV5ですでに進撃中。
 襲撃頻度と敵の強さが大幅にアップされていると見た。
 アルザビには100人ちょいしかいない! 激ヤバス。

 デジョンで戦士に着替えて飛び出すと同時に城門が突破されて新生ビシージ開始である。

 敵、強いのなんの。マジで30倍の戦力になったか。以前は数分もかからず狩りつくされていたというのに。城門広場は死屍累々、まさに阿鼻叫喚。

 たった一体の敵にこれだけの人数の脳筋が群がっているのに、死なせるまで数分かかるの図。
新生ビシージ



 NPCの将軍が二人死亡、捕虜も何人かさらわれた。デジョンタルは無事だったので、日本人外人問わず【やったー!!】の歓声が上がる。

 猿もとい死者の軍団撤退後、ほどなくして(ムーミン)トロール隊と(ハムハム)マムージャ隊が波状攻撃で襲来。この頃には冒険者も増えて500人くらいになっており、最初ほどには苦戦しなかった。


 やっと、面白いモノになってきた、という感じである。死んでもロストは無いし、短時間で戦績も稼げる、ゴールデンタイムにも来るといいね! 
関連記事
2006. 05. 09  

 曽我町子さんがお亡くなりになってしまわれた。
 悪の女王、魔女を演じて、この方の右に出られる存在など無いだろう。
 合掌。

 先日謎の蕁麻疹が出て以来、調子が出ないこと出ないこと。

 週刊アスキーの「カオスだもんね」でRMT業者に肯定的なレポマンガ描かれちゃって、ネットゲーマーは怒り狂っているし、最新号では作者が「作品の内容にケチ付けられて俺が怒り狂っている」みたいなエッセイマンガ描いちゃうし。どうなるのかなコレ。



FFXIからくり話*****ソロが弱いだって?******

 最後のフレーム、射撃タイプ・ヘーゼルサジタリウス入手。
ヒス君射撃フレーム

 なにやってるところかというと、ヒス君の射撃スキルが0なので、LV1のナイトのサポにつけてスキル上げもやっちまえ! の図である。

 だがしかし、はかばかしくない。射撃タイプは装甲が薄く、挑発の無いナイトはタゲが取れず、沈む沈む。サポだとマトン回復アイテムが使えないのが痛い。

 あと、LV10前後からのナイトの攻撃力の無さに愕然としている。つよ相手に青字スキルの片手剣がスッカスカ。当たってもゴミダメージ。

 ナイト=聖騎士は、私がヴァナに降り立った頃の夢だった。だがしかし、早々と投げ出しそうである。

 からくり士の方が無限大倍に楽しいし。


 そのからくり士、早くも全ジョブ中最弱、エースを越えるボンクラジョブとしての評価が根付きつつあるようだ。
「PTではお荷物、ソロジョブとしてもあまりに弱い、誘うな、希望出すな!」
 という感じの論調中心。


 エルヴァーンLV31からくり士、はっきり言っておく。
 ソロが弱いって言ってるのはどこの可哀想な人?
 丁度~おなつよの敵をヒーリング皆無で延々と連続狩りできるジョブの、どこがソロが弱いのか?

 女帝抜きで単体300の経験値をもぎ取ったことだってあるぞ!(ロランにて)相手は弓ゴブ、2Hアビ無し、自爆無しで、だ!

 からくり士が弱い弱いとキャンペーンしてる人達というのは、からくり士のことをろくすっぽ理解していないのだろうと思う。

 また、AFが実装されていない現状で、LV40、50以降のことを語っても仕方もあるまいに。

 からくり士は、テクニカルかつ、凄まじく奥深いジョブだ。戦術の幅広さは、戦士や赤魔に通じる・・・・・・と言うよりも、遥かに凌駕しているものがある。


 ソロ上げが辛いと嘆くからくり同志達へ。
 自分の相棒を、もっとじっくり見つめてみることだ。考えるのだ、最善へと至る道を。
 そして、忘れるなかれ。
 マトンは、『ペット』では無い、ということを。
『相棒』として設定されているのだ、ということを。

 相棒を信じて道を拓くべし。健闘を祈る!
関連記事
2006. 05. 03  
 昨夜0時頃から、急に蕁麻疹が出始め、あっという間に全身に広がった。原因がまったく判らない。痒くてイライラ、やっと少し眠った後、腫れは引いたが、未だにあちこちまだ痒い。なんだって大型連休初日にこんな!(病院軒並み休み)
 高輪プリンスでの仮面ライダーカブト俳優トークショウも涙を呑んで諦めることに。



FFXI散財話******予想を遥かに超えて******

 ビシージで暴れたり新エリアをうろついたり、新ジョブ上げたり。
 最近仲良くしてもらっているミスラモンクのLさんとツーショット。
Lさんと

 ビシージとなると必ず申し合わせたようにアルザビで遭遇するわけで。ミスラであっても中身は堂々たる男であり、なおかつディープな特撮好きでもあり、古ネタで良く盛り上がる。

 さて、Eさんたちと監視哨廻りなどもして、やっと5つのゲート開放。いつでもアサルト可能である。アサルト行きた~い!

「アサルトで戦利品を漁ると。」

 わ、私が言ったんじゃない! Lさんの発言だから!


 さて可愛いヒス君、魔法フレームも出来上がり、驚異のMPを誇るようになった。
 ケアル2も覚えてよく働いてくれるのだが、無意味にMPを持っているモンス、甲虫やカニ相手に開幕サイレスってのはちょいとそりゃどうよ。やっとのことで
「ヒス君、君はバカかね?」
 と言える状況が発生したわけだけどさ。

 昨日は初めてからくり士で希望出し。1分で誘いが来たのに吃驚。クフィムでカニと魚なのだが、噂どおり、スキルC(それ以上の得意武器が無い!)のからくり士の私の格闘攻撃は情けないほどスッカスカ。魔法フレームでファイア撃ちまくっていたヒス君の削りの方が遥かに上だったはずである。

 なんとか24になって解散。装備を一新しようと競売を見ていて、ついにやってしまった。
 かねてから欲しいとは思いつつ3年。高価なあまりに手を出しかねていた「アノ装備」。
・・・・・・。

 はい、買ってしまいました、皇帝羽虫の髪飾り。

 からくり士、LV24、既に使ったギル、1000万とな。

 ゼニ投げとは判っていたが、予想を遥かに超えております。

 って、別に買う必要もさほどない物に突っ込んでいるだけですが。良いんだ、祭りなんだから、ぱーっと行きましょうパーッと!!

 ああ、しまった。コルセアも12まで上げたんだった。からくりだけに1千万使ったわけじゃぁござんせん、ハイ。
 サポか、サポ獣と試してみたが、コルセアはつくづくソロ向きではない。PT入ってナンボである。これ以上上げるならまたオートリーダーの日々が戻ってくることになるようだ。

 まぁ、全ては気分次第。とりあえず、このあちこち痒いのなんとかならんかな!
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。