--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 09. 30  
 PSUにはラッピーという名のレアモンスが存在する。PSO時代からのアイドル的存在らしい。プクプクに太った三白眼の黄色い鳥だ。
 ラッピーフェザーというレアアイテムを落とし、倒して得られる経験値も多い。出会える確立は多くは無いようだ。私は今まで4回ほど遭遇しているが、すでにプレイ歴1ヶ月の軍師はさらに回数が少ないらしい。

 ラッピーフェザーの説明書きは「とても手触りの良い羽根。なにかステキなものの素材になるかもしれない」となっている。

 つまりパノンゼリーと同様、ルームグッズの素材であり、出来上がるのはラッピー像、というところか?

 問題は、ラッピー自体がレアモンスであり、羽根も大変な高値であり、しかもラッピー像を作るためにはそれが3枚も必要である、ということだ。

「1枚ありますが、売るのもねぇ……ラッピーの完成品欲しいですし」
「私2枚持ってるよ? あげるから作れば?」
「いや、いいですよ。失敗するかもしれませんし」

 失敗したらしたで、ネタになるんだよっ♪

 てなわけで私に無理やりラッピーフェザーを2枚押し付けられた軍師は、合成のための基盤を買いに行き、早くもメイド進化を遂げているパシリ子ちゃんに投入。

「成功率68%……」
「パノンと同じじゃん、この前は1発でできたじゃん、GOGO!」
「失敗しても怒らないでくださいね?」とパシリ子ちゃんが言ったのかどうか。
 さて、結果は!?







 失敗(´д`)モノメイト完成


 できちゃったのはモノメイト。よりにもよって モ ノ メ イ ト (最低ランクの回復薬)


 残念。またラッピーに逢える日を夢見てLV上げだー!

関連記事
スポンサーサイト
2006. 09. 28  
 とうとうビス子の部屋がどっちを向いても向日葵で埋め尽くされた今日この頃。
向日葵1
向日葵2

 もうこの部屋は、パノンが向日葵畑をてくてくしてしあわせ♪ のコンセプトでずっと行くことにするか( ´∀`)

 軍師のニューマンキャラが眼鏡をエステで装着、私の強硬な主張により、かくの如しサド美形風眼鏡に! 
眼鏡1
万歳ヽ(´ー`)ノ言うこと無し。

 オブリーンの方も眼鏡を購入してみたのだった。そんなことに使う金があったら装備購入やショップ開店資金にでもしたらどうだ、とかいうどこまでも良識的な意見や忠告は軽くスルーしておく。せっかく自分に『少しは』似せたキャラにした以上、眼鏡を欠かすわけには行かないのだ。

 ちょうどこの髪型につけられる型の眼鏡が、リアルでも使っているフレームレスだったので、迷い無く購入。

 うむ、かなりそれっぽくなった!      眼鏡2



 昨夜はニューデイズ方面でオンマゴウグや、ロボがごろごろ出てくる「狂信者の杜」を回ったりした。
「狂信者」は、倒される寸前の最後っ屁として派手な自爆を実行するロボットが主体のダンジョン。近接戦闘しているハンターはしばしば酷い目にあうので、人気が無い場所らしい。

 PSUを始めて1週間。最初はまともに走る事もおぼつかなかったほどアクションがメタメタだったわけだが、この頃は敵の攻撃をかわしながら殴ることもできるようになって来た。

「杜のロボはどうでしょうねぇw」

 てなわけで挑戦しに来たわけで……ボカボカ殴っていると、「ピーッ、ピーッ、ピーッ」と警告音が鳴り響き、どっごーん! となるのだった。この音が聞こえたらとにかく踵を返して逃げ出さねばならない。

 狭い通路だらけだし、敵が密集してるし、逃げようにも足場が無かったり、他の敵にダウンを喰らったりして、なかなか動けたものではない。だが、少し慣れてくると、これがなかなか楽しかったりする。今までのハンターの動きにさらにアクション性が加わった味わいとなるので、ハラハラ感が好きな方にはお薦めの場所だと思うのだった。

 しかし、ナックルと短剣のビス子はともかく、両手武器をメインにしているオブリーンでここに来ると、かなり酷い目にあいそうだなぁヽ(;´Д`)ノ
関連記事
2006. 09. 27  
PSU成人話*****LV20到達*****

 オブリーンより先行で育成中のビースト少女、通称『ビス子』、ついにLV20に。
 ビーストという種族は20になると「獣化変身」という技を見に付ける事ができる。エステで処理してもらうのだが、無敵・攻撃特化・防御特化など、いくつか種類を自分で選べるのだ。

「変わるわよぉっ!」変身1

 ボディラインは実にカッコ良いのだが、顔が可愛すぎる気がする。もっと凶暴感が欲しかった!

 私が選んだのは無敵タイプ。30秒間いっさいダメージを受けなくなり、しかもその間、攻撃力が大幅にアップする。発動条件は、戦闘でダメージをたくさん与えたりもらったりする事によって貯まるゲージがフルになること。10分から15分も暴れていれば貯まる感じだ。

 変身中は反則的なまでに強いが、ペナルティはもちろんある。まず、素手のみの攻撃しかできなくなる。アイテムなどは使えなくなる。素手の攻撃でも、アホほど強いので武器なんか不要と言えば不要ぽいのだが……。落とし穴はちゃんとあるのだった。

「じゃ、初変身はディ・ラガン(ドラゴン)相手に」
 ってんでボスフィールドに突入、PTのもう一人のビーストさんと同時に変身!
変身2

 した途端に、ディ・ラガン、空中高く舞い上がる! 素手なので届きません(ノ∀`)タハー
 空しく走り回るケダモノ二人の変身が解けるまで、ラガンは降りてきませんでしたとさ。なんて見事な獣化デビューであったことよ。


 さて、オブリーンの方のLVもチマチマ上げている。こちらでパトカを交換した方とビス子の方でもPTが一緒になったりして嬉しかった。
「どっちもハンター? 殴り好き?」
「ええもう殴るの好きで好きで」
「血に飢えているから…げほげほっ……」←向日葵テロリストの発言。今日やっと初めて私も向日葵を拾ったのでささやかな反撃しておいたからねっ(V)o¥o(V)フォフォフォ

 こちらは、オブリーンの方のマイルームに、ひそやかに追加されていたルームグッズの雪洞(ボンボリ)。足跡を見る限り、Sさんのニューデイズお土産と思われ。今度何か置きに行きますね
(つ´∀`)つポンッ
雪洞




マビノギ討ち死に話*****きっついなぁ*****

 あの世でボスダンジョンを開くトリガー集め。ペットのクマをお供に緑玉ダンジョン。道中の敵はゴブリン中心。さして強くはないが、ボスがガーゴイルの群れでかなりシビアである。

 1匹ずつ釣って屠って行ったが、最後の一番強いヘビーガーゴイルにボコられてペットともども枕を並べるの図。中毒になるほどPOT呑んでるねw
クマとおねんね

 あの世では普通この状態ならダンジョン放棄で町復活になってしまうのだが、Tやんが遠隔フェニ羽根で蘇生してくれたので、なんとか倒せたのだった。これで残りの黒玉は@1! Tやんいつもありがとう!

関連記事
2006. 09. 25  
 今日は一人息子の誕生日。カーズのゲームソフトと電子辞書とチーズケーキバラエティでお祝い。

PSU改造話*****5割の勝率に君は賭けるか?*****

 さて、PSUの世界では武器の数はあまり多くない。種類はそこそこあるが、1グレード(15LV刻みくらい?)内に3種しか無いのが普通。バランス型、攻撃重視型、PP重視型となる。

「これぐらい少ない方が楽だな、迷わないで済むし」

 ところがどっこい。武器と言うのはドンドン改造して強化して行くものだったのだ。
 実はこのシステム、マビノギでも似た感じのそれがあって、少しは慣れているつもりだった。改造にもいろいろ選択肢があり、知識は必要だし、迷いも多くなる。入り口は狭いが中が異様に深く広かった、というところ。

 マビノギと違うのは、改造が段階的にリスキーになる、という点である。

 +1は確実。
 +2から5までは「非常に高い成功率」
 +6になると「成功率は半々」
 という感じ。

 成功しなかったらどうなるか?「パリーン!」と割れて、武器も強化剤(グラインダー)も木っ端微塵になるのだった。勝つか負けるかの丁半バクチ、さぁ張った張った!

 てなわけで、ビースト娘が愛用していた軍師謹製ブラスナックルを+5まで強化して、軍師の制止も馬耳東風、「まだまだいけるよぉっ!」っと+6に挑戦して、見事にロストぶっこいたわけなのだった(ノ∀`)
 氷属性も付いた良い武器だったんだけどな~せっかくのプレゼント品だったんだけどな~。
「だからやめた方が良いと言ったのに……」
 だってさぁ。勝率5割だよ? 普通賭けるだろそりゃ!

 で、またブラスナックルとグラインダーを購入。+1から鍛えなおしである。
 だが2回目でパリーン!(ノ∀`)

 今日はオブリーンの方が星霊運が最大らしいので後でやりなおそうかな。

 オブリーン、今日はオンマゴウグに初挑戦! ドラなどを回っていたPTの人たちがノリの良い人たちで、「温泉に行こう!」と意気投合したわけなのだった。当然みんなとパトカ交換。挨拶以外無言の効率重視PTも多いので、こういう時はとても楽しい。死者を出すもなんとか勝利。
オンマゴウグ


 はぁ~極楽極楽♪下着で混浴

関連記事
2006. 09. 24  
 気がつくとマイルームが向日葵だらけになっている!
 原因は他に考えられない。
テロ再び

 向日葵テロはほどほどに。
 知人のマイルームに強引にルームグッズを置く行動はPSUではかなり一般的らしく、やはり「テロリスト」と呼ばれるようだ。なお、もっとも強烈なテロ行為は「宇宙の泉」という立体アートを置きまくることらしい。

 これね 宇宙の泉



 さて、拾ったアイテムの中に、前から気になる物件があった。
「パノンゼリー」。
 説明書きはこうなっている。
『キラキラ光っている、なにかステキな物の素材になるかもしれない」

 んまぁ♪  *:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆ウットリ

 乙女の夢は膨らむばかりであったのである。
   
 こらっそこっ 43サイ ニモナッテ オトメ トカイウナ とか言うな

「基盤あるから、ゼリーをくれれば合成しますよ」
 と、向日葵テロリストこと軍師が言ってくれたので、是非にと依頼。

 出来上がるのは、やはりルームグッズの「ウォーキングパノン」。
「パノンってあれですよ、最初の戦闘フィールドに出るちっさいモンスター」

・・・・・・つまり、ドラクエで言うところのスライム的存在のアレ(´・ω・`)?

 で、無事完成したのがこれ。
てくてくパノン

 なんだかずいぶんとコンセプトの古いホログラフィムービーでもって、常にヨチヨチ歩くパノンのオブジェである。
 説明書きに書かれていたのはたったこれだけ。

「てくてく しあわせ」

 なんだか胸がいっぱいになったとさヽ(´ー`)ノ


 さて、敵の攻撃を避ける以前に、武器の攻撃間隔というものを知悉しておくべきだという軍師の判断で、ちょいと検証特訓。

 今まで私は敵が視界に入ったら近寄ってL1ボタンでタゲをロックした後、ただひたすら超連打ガチャガチャオンラインしていただけだった。

 だが、武器にはそれぞれ固有の攻撃間隔があり、それに応じてタイミング良く、連打コントロールをしないとならないらしい。

「ハイ、いっち、にっ、さん、PA! 1、2、3、PA!・・・・・・」

 これ何てダンスのレッスン? 古来より舞踏と戦闘の足さばきは共通してると言われるけどね。

 おかげでかなりタイミングの重要性は判った気がする。

 今日はオブリーンでLVを上げようとして、ふと出来心で槍を買ってみた。
「ハイ、1、2、3、PA! 123PA! 123PA!」

 槍って使いやすーい(゚∀゚)!!! ソードともどもハマりそう。
 オブリーンでとても楽しいPTにも恵まれて、パトカ交換がたくさんできた良い日でもありました。
関連記事
2006. 09. 23  
   ピヨピヨ
\\  ピヨピヨ   //
      , - 、, - 、
   , - 、i'・e・ ヽ,,・ァ, - 、
  4 ・   ゝ - 、i'e・ ヽ、・ァ
  ゝ   i e・  ヽ、 ,,.-''´|
 |`"''-,,_i   ,,.-''´    |
 |    "'''i"    ,,.-'"
 `"''-,,_.  |  ,,.-''"
     "'''--'''"

 可愛いので某スレから強奪して来たヒナ。子供のころ縁日で買ったヒヨコ思い出すなぁ。隣家の猫に殺されちゃったけど(´・ω・`)

 まもなく息子の誕生日なので、吉祥寺にプレゼントを買いに行く。だが、息子所望のゲームソフト(カーズ)は売り切れで取り寄せも難しいだろうとの事。アマゾンで注文できたけど、配送が誕生日より遅れそう。
 ま、ついでの買い物もあったんだけど。

 何かと言うと、自分のぶらじゃぁも買ったのだった。カップサイズが1ダウン、アンダーサイズが1アップという採寸結果は、体重大幅増加でミッシミシに脂肪が上書きされた結果、凸凹がならされたということなのね、つまり。これ以上太ると店で買えなくなるよ! それにしても高くついたなぁ。服なんか私は、フリマで100円のシャツやら400円の上着やら800円のワンピースとかで済ませるのに、ぶらじゃぁだけは万の買い物になっちゃうんだよね。シドイ話だ。



マビノギあの世再び*****対ゾンビ戦術確立*****

 ギルドのS君とTやんのあの世開放&ゾンビ50体斬りクエ支援のため、バリダンジョンからあの世へ再び向かう。二人とも、あの世到達おめでとう!
あの世3人組

 バリダンジョンはさして怖くも無いのだが、問題はやっぱりゾンビ。物理攻撃も魔法もほとんど効かない、脅威の4回攻撃およびカウンターパンチを持ち、こちらの負傷率もべらぼうに高い。うじゃうじゃいる上に、片っ端から絡んでくる。

 ゆえに、ウインドミル中心の待ち受け戦法が一般的なのだが、ペットを捨て駒に突っ込ませて、隙が出来たところにスマッシュで転ばせる、というコンビネーションアタックもいい感じ。

 が、これもペットの回復に時間やアイテムを食われるという欠点がある。
 3人で癒しあいながらひーひーと倒し続けていたのだが、そのうちある事に気がついた。

「こいつ、後ろから回りこめば連続ミルできるよ!」

 ゾンビはなにせ腐った死体なので、動きがめっぽう遅い。振り向くのも遅い。スマかミルですっ飛ばし、すかさず背後に回りこんでまたミル。これに気づいたときは、もうほとんどクエ終わりかけだったんだけどw
 クエの後は、次のステップのための玉集めダンジョンに突入。道中の敵は弱いのだが、ボスがライカンスロープ3体。これまたゾンビ並みにやっかいだったが、ミルミルバックアタックはここでも有効だったのだった。
 玉集めはこれまた長いので、じっくり期間をかけるしか無さそうである。



PSU観光話*****ニューデイズは閑古鳥*****

 さて、草原が美しい惑星パルムは、ドラゴン人気でいつも人がひしめいていて賑やかだ。
 でも何事にも飽きっぽい私は、そろそろ別の風景も観たくなってきた。
 で、やってきましたニューデイズ……。
ニューデイズ1



 何コレ(゚д゚)


ニューデイズ2

 なんか変なポスターとか。激キッチュ。面白すぎる。
 だが街並みには笑ったが、フィールドは限りなく美しい。日本では観られないような、まさに大陸的な自然美と言うべきか。
ニューデイズ3

 JPGに変換したため、画面が劣化しているのが残念だが、PCでPSUをプレイすると、本当に風景が美しいのだ。空を流れていく雲は繊細、光の反射の表現も素晴らしいし、降りしきる紅葉の葉っぱの動きが異様に凝っていたりする。「ファンタジア」の「花のワルツ」を思い出した。

 こういう感嘆できる情景にめぐり合えただけでも、このゲームに金を払った価値はあると思えるのだった。

 しかし、ニューデイズの無人さ加減は異常なほどだ。カラッカラの閑古鳥である。なんでもパルムに比べてクセのある敵が多すぎるなど、気楽に稼げない場所としてトコトン嫌われているらしい。
 混んで無い場所ってのも好きだけどね(´ー`)
関連記事
2006. 09. 22  
 ちょーっと体調が低下気味なのでサクっといきますかね。


 昨夜組んだPTというのが、ハンターが二人、残り4人が軍師含めたニューマンフォースという編成。
 FFXIなら「モモ黒黒黒黒(当然4人ともタルタルだ)」という辺りの、世にも恐ろしい火力と相成り、ゾッとするようなスピードで敵が倒れていく。目が回るかと思った(@_@)


 PT後、軍師のメインキャラのキャストレンジャーの必殺技「サブウェポン発動」を披露してもらった。
 戦闘中、ある条件が満ちると、キャストという種族は巨大な射撃武器を超空間転送で取り出せるらしい。それがサブウェポンである。

「つまり、『パワーバズーカ』だなっ?」
「いや……まぁ……ええ、そうですね」

 で、ご覧のとおりである。パワーバズーカより遥かに巨大。連射砲で一発460ダメージとか、とんでも無い数字が乱れ飛んでるようである。
SUV発動

 キャストレンジャーも楽しそうだなぁ、と思ったら、なんと弱体パッチが当たったばかりだそうで。ああ無情。

 私は相変わらず操作がヘタで、突っ込んで武器を振り回すだけなので被弾が多い。せっせと回復してくれる軍師ではあるが、「ありがとー」とか言うと「治療費1千万、払ってもらおうか!」とカットイン付きで要求されるので大変に恐ろしい。

 今後の課題は「いかに避けるか」かなぁ。
関連記事
2006. 09. 21  
 息子の個人面談のために、午後、学校へ出向く。

 息子の教室があるフロアに行き、教室の横のホワイトボードをふと見ると

  m9(^Д^)プギャー とか

    オワタ\(^o^)/ 

 とか書いてあるわけで。誰のしわざだw(まさか息子かっ?!)



 さて順調にLVの上がっているPSUのビースト少女、草原のドラゴンがいる辺りまで行こうとしてたら、PTに人が来るわ来るわドンドン来るわ。
 交渉も何も無く、簡単に出たり入ったりできるPTシステムというのは、不躾、無遠慮な人間が増えている昨今の風潮にはマッチしたものなのかもしれない。PT編成に不自由が多かったネトゲ出身のプレイヤーにとっては目も覚めるようなありがたい仕様かも。

 おかげさまで初挑戦のドラゴンも死者無しで討伐成功。
草原ドラゴン

 その後は、軍師からもらった素材を使って、パートナーマシーナリー、略称『パシリ』を使った合成のやり方を教わる。グラインダーが3個完成したので、ちょっとだけ武器も改造。


 さてこちらは作ったばかりの3人目キャラ。
脱色ベリショ


「20年前の私になら似てないと言えなくも無い」程度にはリアル方向寄りでキャラメイク、名前もオブリーンにしたので、下手するとこっちがメインになるかもしれない。
銀髪美少年と


 ヒューマンハンターなので、初期装備に大剣を持っている。ご覧のとおり無茶苦茶ごっつい。隣にいるのはNPCの美少年。え、この子、戦闘に連れて行けるの? こりゃ美味しい♪

 で、この両手剣、振りは大きく隙も多く、扱いにくい感じなのだが、常時3体巻き込みの範囲攻撃武器なのだ。雑魚にたかられたときに無類の強さを発揮する。クセは強いが、なかなか好みかもしれない。

 片手剣、ナックル、短剣など、武器はそれぞれに持ち味があって、試すのがとても楽しい。細かいデータが軍師のブログにあるのでじっくり読み返したりしている。


 なんと、「パシリ」も育成すると人型に成長して、狩りに連れて行けるらしい!

 だが、しかぁっし!!

 成長したパシリは何タイプもあるのに、すべてがメイドみたいな美少女ロボばっかりらしいのだ。

 ドアホンダラァッ!! 美青年タイプも実装しろぉぉぉぉっヽ(`Д´)ノ
関連記事
2006. 09. 20  
 さて、まったく操作の仕方も判らず、まるでストリートファイター2を初めてプレイした時のようにひたすら敵めがけてガチャガチャするだけのPSU戦闘だったわけだが、昨夜はソロで一番簡単な場所に突撃し、動きの基礎をじっくりおさらいしてみる。

「えーっと、1が攻撃、3が拾う、4が必殺技で、2がキャンセルと装備変更……?」
 なんとなく判ってきたら、動くのが楽しくなってきた。

 そこへいきなり軍師のセカンドのニューマンがPTに入ってやって来る!

 ひえぇ。この世界、PTに入るのに手続き無しですか。「入りまーす」「はいどうぞ~」も無しですか。常時乱入OK?

 かなりビックリしたけど、かようなイケメンなので許す。
psu09191

 でも範囲魔法使うときに、ひっくーい声で「ふふふふふふふ……」と不敵な笑い声が響くのはちこっとだけエロ怖いかも(*'-')ドキドキ

 でもって、リボンがかかったプレゼントの箱を山のように頂戴する。
 わーい、武器や防具がいっぱいだ! 序盤の金策に苦しまなくて済むわ! 
ありがとおぉぉぉぉヽ(゚∀゚)ノ♪

 かなり順調に動けるようになって、褒めてもらって嬉しいし、なにより戦闘がすごく面白くなってきた。LVも上がったので、別のエリアに行ってみることに。
 今までいたのは巨大なスペースコロニーだった。惑星に降りるのだという。惑星間シャトル? 
「出発まで10分待ちなんてこと無いだろうね?」
「ありません」(MMOで船に乗るってったら延々待たされる気がするってのはもはやトラウマ)

 なかなかカッコいい惑星間航行のムービーをはさんで、緑なす星の草原へ。開放的で実にいい感じだ。
psu09192

 マビノギ、DDO同様、とにかく戦闘は忙しい。いちいち手をコントローラーから放してキーボードでチャットする余裕なんかない。スカイプでずっと話していたので不便は無かったけど、知らない人とPT組んだらどうなることやら。このゲームもボイチャ標準装備にならないかなぁ。

 狩りを終えてマイルームでゴソゴソしていると、なにやら背後に怪しい気配。

「あっ!」
 と言うまもなく、いきなり進入して来た軍師にどどーん! とでっかいヒマワリの置物を設置されているではないか! この世界、他人の部屋に入るのも挨拶・ノック・交渉不要の制限無しですか。どっしぇぇ。

 まぁ向日葵、なかなか綺麗だからいいや。
psu09193

 軍師のマイルームにも遊びに行ってみると、マイショップが開店していたり、部屋は置物でいっぱいだったり。ムシキングのインテリアにはちょっと笑った。巨大ソニックもいる。鉄道模型もある。うーん、なんかスゴイ。

 今日も午後、ちょっとだけログインして3人目のキャラも作って、マイルームでゴソゴソしていると、またも背後で怪しい気配!

 あまりにビックリしたので慌ててキャラチェンジして、軍師をサーチしてテルで文句の一つも言おうとしたら……テル機能が無いの? この世界?

 TellとかささやきとかWisなどど呼ばれる、1対1の秘密通話モードというのはどんなネトゲでもあるのが当たり前だと思っていたので、これもかなり衝撃だった。

「そうでもしないと、ただでさえMO要素が強いですから、閉鎖的な人間関係で完結してしまうことを避けるためじゃないですかね」

 いやぁ、単純に不便なだけだと思うよ、やっぱり。

 とにかく、軍師の部屋にすっ飛んで行って問い詰める。
「さっき倉庫キャラの部屋に怪しい気配があったんだけど?」
「さっと向日葵を置いてきただけですが?」

 向日葵テロリストか君は。


 LVもけっこう上がって来て、敵も強くなってきた。知らない人と初めてPTも組んだ。今後の一番大きな課題は、より的確な動きをするために視点移動をスムーズに行うこと。
 それにしても、慣れないコントローラーの使い過ぎで左手の親指が痛い。大昔、スト2始めて2日めでこの場所に水ダコが出来たっけなぁ(*'-')トオイメ
関連記事
2006. 09. 19  

 とにかくまともに動けないPSU。いえ、単にボタンの数字配置が日本のそれとは違っていたので、大混乱を招いた、ってだけの話なんだけどね。

 ずっとスカイプで軍師の音声指導を受けながら最初のミッションをやっていたわけだけど、いっぺんにいろいろは覚えられないのと、覚えたつもりが片っ端から頭から漏れていくのと、もともと反射神経がろくでもないのと、その他諸々の理由により、もう惨憺たる感じ。

「慣れるしか無いッスねぇ」

(´・ω・`)

 SS撮り損ねちゃった。今日はちゃんと撮れるかな。


 さて今日はマビノギ・ギルド仲間のTやんのG1クエお手伝いの日。

 フィアードダンジョンで保存の魔法の粉取りの後は、ラビで3人RP。
 割り振られた役は弓使いのマリーちゃん。旧式とは言え、超絶スキル・アローリボルバーを持っている。これはあらかじめ5本の矢をセットしておけるというもの。

 ところが、アリーリボルバーをつかおうがマグナムショットしようが、果ては通常遠隔攻撃ですら、なぜかスッカスカ。まったく敵に当たらない。

「相手がスケルトンだから?」
「オブさん、ちゃんと99%になってから撃ってますか^^;?」

 忘れてた(´・ω・`)遠隔ってチャージタイムあったよね。

 ホント、最近、頭の具合が良くないなー。
関連記事
2006. 09. 18  
 さていよいよアマゾンからソフトが到着したので、喜び勇んでファンタシースターユニバース(PSU、ぷすとも略される)にログインを試みる。

・・・・・・繋がりません(^▽^)

 やっとワールド2に入れたので、せっせとキャラメイキング。チュートリアルをこなすが、ともかく操作がうまく行かない。いったんログアウトしてボタン配置など見直してみる。

 さて、もっかいチャンレジ! と思ったら。

 繋がりません(^▽^;)

 さんざん粘るも無益。諦めてストーリーモードの方をちょびっとだけ進める。CGによるムービーイベントのクォリティに唖然茫然。悶絶死しかけた脳裏に「ヴァナ・ディールに還りたい」という想いがチラッとよぎったのは我ながら痛かった。痛すぎたので、この夜はとっとと就寝。

 明けて早朝。昨日どうしても入れなかったワールド1の方にサクッと繋がったので、こっちにもキャラを作ってみる。

 チュートリアル後、マイルームでエモーションの確認などしていたら、突然蹴りだされる。
 その後、どんなに試しても1鯖2鯖に繋がらない。

・・・・・・(^ω^#)ビキビキ


 午後からどちらかの鯖で落ち合う約束をしていた軍師Gさんからケータイに連絡が来て、ビービー愚痴りながらアドバイスを貰う。
「フレームスキップを3に設定してみてください」

 ゲームのオプションに確かにその項目があった。ぽちっとな。

 おお! あんなに酷いリトライだったのに一発通過! さすが『軍師』!

「さてじゃぁどうしましょうかね。1でも2でもいいですよ、どうせ前衛キャラ作るだろうと思ってどっちにもニューマン(回復技持ち)のキャラ用意しておきましたから」

 見抜かれすぎだ、私。ええ、もちろん脳筋ですとも。1鯖にビースト、2鯖にキャスト。どっちも元気幼女系。

 その後、軍師と二人で低LV上げ開始となったのだが、操作が全く身についていない私は右往左往するばかり、すでにメインキャラが30も超えている軍師にはさぞ頭が痛かっただろうと思われる。


 さて。
 今のところ、特筆すべきはキャラメイキングの魅力に尽きると思う。顔立ち、体型、髪や目の色など、かなりきめ細かく作りこめるようになっており、なんとかけ声までエディットできる。女性キャラの場合、ババァ声まで選択肢に入っているのには仰天した。軍師のキャラはすらりと長身のイケメンで、しかもかけ声がまるで子安武人のピッチを低めにしたような艶々とした美形声で、こりゃもうタマランもっと喋ってぇ~~ん♪ の桃源郷。

・・・・・・どこかに塩沢兼人声の美形はおらぬか(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)??
 森山周一郎みたいな渋声のオヤジでも可!
関連記事
2006. 09. 17  
 カブト劇場版を観て以来、「何が来たってしょーがねーやー」と達観したつもりで淡々と臨むつもりだったのだが、さすがに何かがぷっちんとキレちゃいましたよワタクシ。低気圧のせいかしら、忍耐が薄れたわ?
 夏のどっかのあたりで以前の天道と今の天道がすりかわっていて、もともとのまっとうな天道は今ひよりと同行中、ってことになりませんかねコレ。

 そんなことより、もう最近、影山が好きで好きで。影山を演じている内山君の演技と心意気が好きで、というべきなんだろうけど。汚れを一手に引き受けて、なお光り輝くカットがあるというのは、役者として本物である証明。

 サソード?
 疾く散れ。

 とは言ってもあのノリの扱いではラストシーンまで元気に遊んでいそうだ。 ヤツデンワニみたいに。



マビノギあの世話*****意外とあっけなく*****

 さて、マビノギメインストリームG1(第一章ってことか)も大詰め。リアル土曜にしか開かない「あの世」への扉目指してバリ黒魔族ダンジョンにソロで挑む。

 準備をアレコレ整えて突入したのだが、拍子抜けするほどクリアは楽だった。なにせダンジョンが1層しかないのだ。

 扉を開けて、こんな渡り廊下を越えて
anoyo2

 はい、もうあの世。狭い。セコイ。敵しょぼい。イケメンNPCが一人だけいるので殺風景なのは許してつかわす。
anoyo3

 ここで死んだらナオサポが使えない。蘇生してくれる人がいなければ、またバリ入り口まで戻される。しかも、日付が変わってしまったら、また土曜まで待たないと再訪は不可能だ。

 だが、「ゾンビ50匹斬り」のクエストを完遂すれば、死んだらNPCの近くで復活可能になる。
 つまり、あの世に到達したらまずやっておかねばならないのが、ゾンビ討伐というわけだ。

 目の前でゾンビ相手に死にかけている人がいたので、PT編成。その人の知り合いらしい人も来て、3人、つぎにギルドのMちゃんが来てくれて、思いのほかゾンビクエは早く終わった。

 あとはアルベイダンジョンをしつこく周るクエの後、G1のラスボスってことのようだが、いっぺんにはできないからいったん現世に戻ってまた来週、って感じかなぁ。


 たださぁ、何日か前にアマゾンでPSU(つい、ぷっすん、と呼んでしまう)のPC版ソフト注文しちゃったんだよねぇ……いやぁ、2割引だったもんでつい。出来心で。
 なかなか来ないんだけど、来ちゃったらしばらくそっち中心かも。
関連記事
2006. 09. 15  
 キックベースボール大会参加のため、調布まで行っていた息子が帰宅して開口一番、
「ヒデヨシの映画が10月公開されます、声は山ちゃんです」

!!!!!

 慌てて検索をかけてみると、これこのとおり

 ますむらひろし描くところのアタゴオルシリーズは、私にとって特別の思い入れのある作品群である。

 今を去ること30年近く前、マンガ(アニメという言葉は在るか無きやの時代)大好き女子高生だった私は、書店で1冊の本に出会った。
 ハードカバー装丁、立派な化粧箱に入った豪華本、「アタゴオルは猫の森」である。
 価格は2500円。大卒の初任給が10万そこらの時代、マンガ本としてはべらぼうな高値であったと言えよう。私の月の小遣いは1000円。とても気軽に買える本ではなかった。家庭の事情でバイトはままならなかったのだ。

 だが、私はそこに描かれている世界に一目惚れした。惚れて、惚れて、惚れぬいた。気が狂うほどにその本が欲しかった。何ヶ月も切り詰めてやりくりして、買える金が貯まるまで、その本が売れずにいつまでも鎮座ましましている四条河原町の書店を通りがかるたび涎を垂らした。

 ようやくそのいとおしい本を我が物にし、どれほどの満足感と期待に震えながらページをめくって行ったか、今でもありありと思い出す。
 そして今でも驚嘆にあたいすることだと思えるのは、それほどの過剰な期待を裏切るどころか、満たしてはるかに余りある内容の本であった、という事実だ。

「力ではたどりつけない世界。それがアタゴオルです」と、当時作者のますむら氏は語っていた。
 アタゴオル。豊かな感性と才能が生み出した、独立孤高のユートピア。現実離れしていながら、不思議に満ち満ちていながら、そこには奇妙な実在感が在った。どこかに確かにこういう世界があるに違いない、そう思わせる説得力を持った異世界だった。

 あれから長い年月が過ぎた。「捨て捨て病」をしばしば発症する私は、どんどん蔵書、コレクションの類を処分し続けて行った。だが、「アタゴオルは猫の森」を捨てることはできなかった。

 私の蔵書は趣味に走った濃い物が多かったため、知的障害のある息子がそれらを手に取ってくれることは無く、この先も無さそうだ。
 だが、この本だけは例外。
 息子もまた、アタゴオルを愛し、繰り返し読み、ヒデヨシと共にその世界で遊ぶ日々を持ったのである。

 久しぶりに押入れから引っ張り出してみる。
アタゴオルは猫の森


 幼子に愛された本の宿命として、さしもの豪華装丁も擦り切れてボロボロになったが、それこそが、この稀有なマンガ本の勲章だと思っている。

「やっとアタゴオルが映像になる日が来たんだねぇ、お母さんはこの日をね、本当に……何十年も待っていたんだよ?」

 20年以上前、セルアニメにてパイロットフィルムが作られたことはある。ヒデヨシの声はなべおさみ氏が担当していたと記憶している。
 数年前、シチューのCM映像になったこともある。僅かとはいえ、動くヒデヨシが観られて嬉しかった。全きファンタジーとしては当然のことなのだが、時代と世代を超えて愛される存在として世間に認知されているのだと確認した気分だった。

 10月に公開される映画は、フルCG製作のようだ。良い作品になっていてくれることを心から期待する。久しぶりに息子と連れ立って観に行くつもりだ。




 NANAの16巻、ハチクロ10巻(完結)、プライド6巻、愛読マンガの新刊を3冊もまとめ買いした日でもあったんだが、こっちの感想は後回し。

 DDO推奨コントローラー(なんとクライアント料&30日無料チケット同梱という太っ腹)を昨日の午後にネット注文したら、今日の午前中に届いた。速っ!
関連記事
2006. 09. 12  
 マビノギというゲームは、ソフトを起動すると、プレイヤー同士の交流の場である「自由掲示板」が真っ先に開くという、独自の仕様を持っている。面白そうな話題はマッタリと眺めてからログインするのが習慣だ。

 で、今日朝っぱらからそこでこれが紹介されててぶっちらばったオブリーンであった。

 なんだこれわ!!?! とりあえず、見たことも聞いたことも無い! ホワーッツ?

 浮かんだ疑問はまず、二つ。
「この作品の製作年代はいつ?」
「この作品が公開された国のオタクの皆さんは、この作品をどういう認識、評価、位置づけをしておられるのか?」


 ググればすぐに情報が集まるのがネット時代の良いところ。

 これから察するに、製作年代はかなり古い。一つ目の疑問は解決。
 二つ目の疑問の答えらしきものに関しては、確たるものは掴めなかった。風説ではなく、生の声に触れたいところである。

 また、この作品と同じ監督の作品だということも判った。こちらは有名どころである。なるほどね。


 ついでのおまけCGにてよみがえる姿。



 さて、シリアルナンバーを喪っていたセキュリティソフトだったが、幸いマイページのシステムが大変フレンドリーなものであったため、無事、無料で再ダウンロードがすぐにできた。

 でも、インストールし直したら、マビノギとIEの操作が激重になってしまった(´;ω;`)

 ブラウザは我慢するが、マビノギの操作が重いのは困る。重いとまともにプレイできないゲームだし、そもそもなんのために再構築したかというと、重いのを軽くしたかったからで……困ったなぁ(´Д⊂
関連記事
2006. 09. 10  
 PC再構築、やっと一山を越えた感じになってきた。

 またもCドライブとDドライブを入れ替えて、スカイプやマビノギ、iTunesなどをダウンロードする。
 辞書の登録データを抽出し、インストールもした。画像データやMP3などもDドライブからコピーする。
 

 かなりいい感じになってきたと思う。ホッと一息つける感じ。

 昨日から今日にかけて私を煮詰まらせた最大の問題は「メールアカウントのパスワード誤認」であった。

 とにかく、記憶していたパスワードでアカウント認証ができないのだ。このままではメール受信がまったくできなくなってしまい、大変困ることになる。

 で、旧環境からメールパスワードを取り出す、この作業がどうしても出来なくてのた打ち回る羽目になっていたわけだ。

 私は、パスワードというのはどこでも同じ様なものを使っている。だから、メモは取らないのが習慣だった。どこでもパスワードを要求されたら脳内の記憶に頼れば済んだので。

 だが、メールパスワードは数少ない例外だったらしい。おそらく、あまりにも昔に取得したアカウントなので、プロバイダから送られてきたパスワードを変更もせずに使い続けていたのだろう。
 あれこれ試し、なんとか旧環境から移行出来ないか、確認できないか、試行錯誤を続けたが、すべて虚しかった。

「MACでポストペット使っていたときには、こんな苦労しないで済んだのに!!」

 MAC時代は、メーラーのフォルダをずずーっとドラッグ&ドロップでコピーすれば、メール環境なんかあっという間に再現できたモノなのだが。

「大体、WindowsってMACOSのパクリだろうが! なんで便利なところまでちゃんと真似ないんだ!ヽ(`Д´)ノ」
 という類の罵詈雑言がしばらく我が家に満ち満ちたのだった。


 結局、どうしてもパスワードを確定することが出来なかったので、プロバイダのサポセンに電話をする。パスワードの再発行を依頼すると、「プロバイダの契約者ご本人様のご確認をしないとなりません」とのたまう。

 つまり、我が家に電話をして、夫の人(契約者)が応答して、納得するまで質疑応答を繰り返さないとだめよ~ん、というわけである。

 日曜で、夫の人が在宅だったので、その辺はすぐクリア出来た。
 だが、新しいパスワードが使えるようになるのは明日の午後9時以降だと言う。

「日曜にサポートいてよかったじゃん。それに以前、似たようなことあったとき、再発行には千円取られて、しかも郵送だったんだぞ? 恵まれている方だよ」

・・・・・・ヽ(゜ー゜;)ノ


 とにかく、パスワード問題は暫定的に解決を見たのである。

 だが、アレコレ考え込んだのは確かである。
 パスワードの管理の問題。これは、この先ますます肥大化する傾向にあると思うのだ。
 このごろとみに頭がパーになりつつある私は、不安を禁じえない。

 同じようなパスワードを使い続けることのリスク、多様なパスワードを使ってそれを管理し損ねることのリスク。

 紙に書いておいて、その置き場所を忘れたらどうするか?
 データとして保存しておいても、それをロストしたらどうするか?
 思い出深い語句をパスワードにしたつもりでも、よる年波で忘れてしまったら?
「生涯、このパスワード一つで行くぜ!」
 一つ漏れたら皆漏れますな。

 最近、「秘密の質問と答え」というのを設定して、パスワード管理を楽にしてくれるシステムも確かにある。
 だが、これもやっぱり、あまりにボケてしまった脳では対処できないことも起きそうだ。

 私、最近、自宅の電話番号すらとっさに出てこない時があるんだが……(´・ω・`)

 当然と言えば当然。電話番号の類はケータイに登録してしまっているので、昔みたいにダイヤルすることや、プッシュすることも無くなってしまったからだ。体が覚えている、という言葉があるが、かつて電話番号はそういうものだった。現代はそれも消滅しようとしている。


 モノが数字限定の場合、やっぱりここは、日本民族ならではの伝統形式を生かして、脳裏に焼き付けるのが良いかもしれない。
 つまり、語呂合わせというやつ。

「電話はヨイフロ♪」とか
「いい国作ろう鎌倉幕府」とか
「花井のドアホ、死んだらワシ泣いて喜ぶ」(じゃりん子チエ)とかのアレ。

 どうしても語呂にならないナンバーだったらしょうが無いんだけど(´・ω・`)

 若いママが、子供関係の暗証ナンバーを、子供の出生時体重4ケタで押し通す、って事例があったなぁ。これならめったに破られない。良い発想だと思う。それに、経験の無い人にはピンとはこないだろうけど、「出生時体重」というのは、母親にとって忘れ難い数値なのである。真面目に育児に励んだ母親ならば、ね。10グラムの増減に一喜一憂しながら育てるんだからさ。

 問題は、数字のみじゃ収まらないパスワードを要求された場合なんだよなぁ。類推されない、しかも忘れない、そんなパスワード。この先、どうやって設定して、どう管理していけばいいのやら?

関連記事
2006. 09. 09  
 PC再構築の闘いは続く。

 だがもはや投げ出しそうである。

 それでも、HDにWindowsやドライバをインストールしてベースを整えるくらいは出来るようにはなった。
 問題はその先だ。

 旧環境の移行。これが思うようにはいかない。
 あまりにいかないので疲れ果てて、けっきょく旧環境をCドライブに戻してしまっている。

 2個のHDをCドライブと外付けケースに今度はこっち、今度はあっち、と交代で入れ替えを何度もやるハメになっており、こんなことを繰り返していたら、ピンが曲がったりしてオシャカになるのじゃあるまいか? と不安になってきた。

 せめて外付けHDから起動できればすこしは手間を減らせそうなのだが、この外付けケースでは起動ディスクには出来ないようだし。

 いちいちでっかい筐体を運び降ろしてパネル外してどうのこうのってのもバカバカしくなってきたし。
 いっそパネルはずしっぱの内蔵剥き出し晒し上げマシンにしちまうぞゴルァ!

「冷却がうまく行かなくなるからやめなさい」

 ぶーぶー。


 メールアカウントやクッキー、貯め込んだデータなどの移行もさることながら、かなり重要度が高いと見ているのは、IMEの辞書である。

 3年以上も使いまくり、独自語句もかなりの登録数のはず。これを移植しないことにはまともにPCを使える気がしない。

 なんとかしなくちゃ。


 データのクローニングだけなら楽なのに。
 不具合のあるところだけ直すとか入れ替えるとかって出来ればいいのにぃぃぃ。゜(゚´Д`゚)゜。


 もう今日はやーめたっと。

 イライラの余波をかぶり続けている家族も、もういい加減カワイソウすぎだし(´・ω・`)
関連記事
2006. 09. 09  
 夕食後からOS再インストールに悪戦苦闘すること数時間。
 水木しげる風に言うなら「壮絶な戦いだがまだ勝てない」。

 とにかく、Windowsを再インストールしても、重要なドライバが見つからないことが判明。
 なにしろネットにすら繋がらないのだ。ネットで最新ドライバを落としてくることも出来ない。

「明日、LANカードとか、ドライバ込みで買いに行かないとね」

 ちょっとマテヤ!!!! それって何の冗談? パーツが壊れているわけでもないのに、ドライバソフトを紛失したからといって、わざわざ別のパーツを購入しないとならないってか?

 ンなアホンダラな真似は私の流儀では無い!

 旧HDには1週間前の環境がそのまま残っている。つまり、ドライバも存在しているはず。それを移植すればいいのではないのかっ!

 だが、結論から言うと、そんなことは出来ないらしい。

 ここまでの段階で、250ギガの再フォーマットも含めて、3時間は経過。

 しょうことなしに、またも筐体のフタを外し、旧HDをCドライブに乗せ代える。とりあえず、PCは1週間前の環境に戻った。以前のセキュリティソフトも壊れずにまだある。

(ちなみに、フォーマットする前に新しいセキュリティソフトのシリアルナンバーを控えておくのを忘れていたので、4000円足らずを支払ってダウンロードした新ソフトの権利は電子の海の泡と消えたのだった。ああ、あの金があったら、あの金があったら。買えたはずのもの、出来たはずのこと、多くの可能性が走馬灯のように脳裏をよぎってウンウンと唸るハメに)

 250ギガHDの方には、ドライバ不足とはいえ、何物にも汚染されていない、まるでオトメの如き素直で素早いOSがインストールされているのみ。こっちを、外付けケースに入れて、Eドライブとして認識させてみる。

「CドライブのWINDOWSフォルダをそのままEドライブに上書きしてやれば、足りないドライバを補えるんじゃないの?」
 私のこの発言を聞いて、目を点にした夫の人は
「寝るわ・・・・・・」
 と逃げ出そうとした。私、そんなに非常識なことでもイイマシタカ?

 MACならともかく、Windowsではそういうことは出来ないらしい。

 スッタモンダの数刻後。

 コメント欄でTやんが素晴らしいソフトを紹介してくれていたので、LANの正体を突き止め、最新ドライバのダウンロードに成功した。

「これをEドライブに入れてやればネットに繋がるHDになるんだねヽ(゚∀゚)ノ?」
「そうはいかない。起動ディスクで展開しないとならないから」
「じゃ、Eドライブから起動すればいいんだね?」
「Eドライブから起動するためにはBIOSを変更しないとならない」
「なんだよまったくぅ。MACなら起動ディスクの切り替えなんてワンタッチなのにブツブツ」

 BIOS画面にするには、起動時になにかのキーを超連打すれば良いらしいのだが、起動時に画面に指示が出る時間があまりに短く、何度も見直しても良く判らない。

「どうやら、TabかDelキー、どっちかって読めるんだけど?」
「俺は連打じゃなくて長押しでいつもやるけどなぁ」

 だが、TabやDel、どっちを連打しようが長押ししようが、両方押しまくろうが、BIOS画面とやらは一向に出現してくれないのだった。

 ぶちっ。
「私、ブチ切れますわよ!!!!!!!!」by Dr.シャントット

 いいからとっととBIOSとやらを呼び出しやがれやゴルァァ!! と、バンバン机に当り散らしても有効なはずも無い。

 夫婦ともども疲れ果て、「今日はこのくらいにしといたる!」とミッションはいったん中断。

 最後に、ブログのコメントに返事だけでも書いておこう、と、ブラウザを立ち上げ、書き込みしようとしたら・・・・・・アレ?

 字が打てない。

 アレ? なんで???? プチパニック。

 はっ!

 さっき、HDを差し替えるとき、ケーブルを全部抜いてカバーはずして・・・・・・。

 マシンの裏に回って見てみると、なんとキーボードのケーブルはマウスのポートに刺さっている!

・・・・・・(ノ∀`)



 刺し直して再起動してこれを記しているのだった。
 今日はこのくらいにしといたる。お休みなさい。

関連記事
2006. 09. 07  
 羊を飲み込んだヘビの写真みてしもたー( ̄△ ̄;)
 昔から象を飲んだヘビの絵という例えがあるけど、まさに羊のフォルムが、こう、ちゃんとあって、うう、うぷ。


 さて、PCの不調は、HDを初期化してOSを再インストするべきらしい。
 そのためには、引っこ抜いた旧HDを活用しなければならないのだが、なにをどうするのか良く判らない。

 で、帰宅した夫の人に向かって「ハエが手を摺る足を摺る」のポーズで粘着すること数分。すりすりすりすりすりすりすりすり。

 食後、「これあげるから^^;」と外付けHDケースをくれた夫の人であった。わーい('∇')


 とはいえ、やっぱりそもそも手順が判らない。具体的になにからどうすればいいのだろう?
 夫の人は「マイクロソフトからOSの再使用許可を貰わないと再インストールできないらしい・・・・・・」とか言ってるし。はぁ? なにそれ?
 マック相手なら夫の人は相当なスキルを持っているのだが、Windowsとなるとまるで勝手が違うらしく、顔色が悪い。

 これは困った。



 手元には、先日引っこ抜いた旧HD(80ギガ)と外付けケース。
 そのHDからデータをクローン移植した250ギガHDが、現在PCで稼動中。

 旧80ギガHDを外付けHDに変身させて、そこに個人的なデータを移しておき、250ギガ内蔵を初期化してOSを再インストール、外付けから必要なデータを再移植。

 流れはこれで良いとして・・・・‥細かい手順が判らない(´・ω・`)

 とにかく私はPC改造については素人なので、思わぬ手違いでなにもかもパーにしそうで怖ろしいことこの上ない。
 で、夫の人の方は、なにか些細な手違い一つ起きただけで、私が地獄の鬼嫁と化すのが常なので、さらに怖ろしい想いをしているものと思われ。

 ええと。

 どなたかWindowsに詳しい方、確実な「初期化して再インストール」の手順をご教授願えませんでしょうかヽ(´Д`;≡;´Д`)丿スミマセンスミマセン


 それにしても「OS再使用許可をマイクロソフトから貰わないとならない」って、面倒くさいこと言うなぁ。マックでそんな手間かけさせられた覚えなんかないんだけど。



 さてさて、PCフリーズの恐怖に怯えながらも、転生日和なのでまたまた10歳に生まれなおし。
 こんどのキャラはノーブルな感じにしてみる。
私の黒い鷹(実はハヤブサ)

 これは、年老いた灰色オオカミを転生させたハヤブサを腕に止まらせているところ。カッコ良くて、けっこう強い。お役立ちアイテムも時々拾ってくる。らぶらぶり♪
関連記事
2006. 09. 06  
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=82770&media_id=14

 それも我が最愛の曹操様にキャスティング!!
 もうこのニュース見て以来、頭の中身が
「きゃーーーーー♪」
「きゃあぁぁぁ~♪」
 と右へ行ったり左へ行ったりと大騒ぎなのであった。ああ、楽しみ(*'-')


 さて、今日はセキュリティソフトを別のメーカーのものに変更した。
 スパイウェア防止、迷惑メール防止など、機能が前のものより増えている割に値段は安いし、更新料は0円らしいし、なんとなくPCも軽快になった気がする。

 が、しばらく使っていてちょっと困ったことになっていることに気がついた。
 マビノギをプレイしているとフリーズしてしまうのである。
 特に、ダンジョンなどでたくさんの敵に囲まれたりすると、たちまちにカチンコチン。
 タスクの終了も受け付けず、PCをリセットするしかないのだった。

 ファイアーウォールの設定などをいじってみたが、良くならない。困ったなぁ、相性悪いのかな。DDOでは今のところ問題は出ていないのだが

 DDO、無料期間は今日で終わりである。明日以降もプレイを続けるなら、クライアント料プラス最初の月額料金、合計3000円を払わないとならない。

 正直、課金を払って継続するかどうか迷っている。
 ちょっと最近PCがらみでお金を使いすぎているから、というのもあるが、交流が少ない効率優先の戦闘特化Grpの一般化、セイもなにも聞こえない街中、無言で回復や強化をかけあうだけの酒場のあり方など、首をひねることが増えてきたのだ。
 ゲームとしては大変良く出来ていると思うが、どうも、私がネトゲに求める要素の、大事な何かが欠落している気がしてならない。

 無料期間が終ると、雰囲気が変わる可能性も否定はしないけどね。
関連記事
2006. 09. 04  
 どうもグラボが壊れてからこっち、PC周りが不穏である。
 昨日はやっと、新しいHDに古いHDのデータを流し込んでクローン化し、それを取り付けなおしてメインHDにする、という作業をこなした。

 新品のHDになっても、操作が快適になった気がしない。高速化のためのあれこれをちょっと試していたら、セキュリティソフトが「おかしくなられた」。

 てんやわんやですっかりブチ切れて不貞寝したりしたのだった。


 使い残しの無料券で家族で一日遊園地レジャーしたりしてぐったり、てなこともあったのだが、どうも調子の浮沈が激しい。新米買ってご飯が美味しいのでますます食べすぎが止まらない、という問題もあるし。食欲あるのは良いことばかりじゃないよぉっホントに!


 さて、マビノギ・「あの世」への扉を開くべく張り切っていた先週末だったのだが、家族でレジャーしたら帰宅後昏倒してしまい、けっきょく果たせず。土曜日にしか開かない扉なので1週間ポッカリとするしかない。反動で新ペット買っちゃった(銀キツネ)あー可愛い。弱いけど。
 成長が頭打ちになった灰色オオカミも、(加藤)ハヤブサ(戦闘隊)に転生させる。
 マビノギでは、自分自身がペットに乗り移って操作ができる。ハヤブサでログインすると、空中を滑空あるいは羽ばたきながら自由に動き回るという、なかなか稀有な感覚が楽しめることを発見。蝶のように舞い、蜂のように刺す、ってのが理想の戦闘スタイルなのよね。


 本人リアルじゃデブだから尚更(´・ω・`)


 Aさんからお誘いメールをいただき、DDOでダンジョン攻略も。
 たまたま一緒に遊べる他のフレがいなかったので、Grp編成を試みる。
 が、未だに私はDDOのコミュニケーションシステムに慣れていないので、失敗失敗また失敗。参加希望が来て、「わ、わ、わ」とか3秒戸惑っているうちに、勝手に断りを出してしまう仕様ってなんなんだろう。
 慌てて詫びTell入れてるうちにも、また参加希望が来て、また自動断りが行ってしまうし。
「なんやねんこれー!」
 パニックを起こして半べそかいてたら、Aさんがススッとリーダーを代わってくれたのだった。
 ヴァナでもDDOでもタンカーのAさん、実はこういうところが真の盾役だと思う。精神的にというか生き様というか。
 これは空跳ぶAさん 空跳ぶロボ


 DDOというのは、アメリカ産のゲームだからか、Grp編成時は無言誘い、無言加入が基本となっている。パパッと組んでササッと潜ってパラッと解散。シャイな人には向かない作法だと思う。
 私は野良Grpでいきなりボイチャも平気のヘイザの厚顔無恥だが、それでも、いや、それゆえなのか、DDOで一つだけ耐え難くなってきたことがある。

 街が静か過ぎるのだ。セイがまったく聞こえないのだ。
 港、市場、横丁、裏通り。人が一番集まる酒場ですらそうなのだ。行きかう人は多いのに、ざわめきが存在しない。
 なぜなのだろう? みんな、お行儀良すぎ?



 さて、某PSU方面ではなんだかとってもスゴイ事が起きてる模様。南無三。
関連記事
2006. 09. 01  
 不穏な題だが、なんてことはない、単にゲームの話。

 マビノギのメインストリーム第1章、通称G1が大詰めに入ってきたのである。

 なかなか厄介な人数規定PTクエストなどをギルドメンバーの協力を貰ってこなしつつ、いよいよ女神救出に向けて異世界への扉を開く、というところまで。

 この異世界(あの世)への扉、リアル土曜日にしか開かない、というかなり厳しい制限付き。

 自分自身はまったく手出し出来ない幽霊となって、ただただ他のメンバーが闘うのを見守るだけ、という地獄のようなマゾいクエストなどもあったりして、一筋縄では行かない進行だ。

 とはいえ、かのプロマシアミッションという地獄めぐりをくぐって来た身としては、どれも散歩みたいなものに思えるけどね┐(゜~゜)┌


 ギルマスからドロップ品のヒナギク貰ったり。
 このヒナギク、女性が装備すると髪飾りなのだが、男性が装備すると口にくわえるお笑いグッズとなるそうな・・・・・・絶対男性向けだってコレ! てなわけでギルマスに押し付け戻し。ブハハハハハハハハ!
口に花

関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。