--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 10. 31  
 鬼のようなLV上げスピードで、あっと言う間に私を抜き去りLV51になったフォルテファイターWさん。主にアガタSミッションで鍛えたらしい。
 アガタSの敵LVは75。45未満のプレイヤーは入る事も出来ないし、ぎりぎりで突入しても地獄を見るハメになるだけの強さである。

 そんな恐ろしい所にも「なんとかなるかも~ならないなら放棄で~HAHAHAHA」と突入を促してしまう私であった。
 やはり50オーバーのPさんとPさんたちのNPCを二人、フォルテクターの軍師LV45、へっぽこフォースLV46の私。ここはとにかくボス部屋がハードである。私なんぞはもう、回復と異常回復を交互に必死で繰り返すことしかできないほどの厳しさ。ヒーコラふぅふぅと杖を振り回すのみ。Wさんが合流して、さらに連戦。ミッションの合間に Wさんから「呪いのパンプキン」のプレゼントが!
「ここでずっとSのリーダーをやっていたら、出現しましてね、たくさん拾ったので」

……私まだ逢えない(´・ω・`)

 ので、ありがたく頂戴し、部屋にどーん!
呪いのパンプキン


 コウモリがパタパタ、幽霊も常時フワフワ、いい感じの置物である。
 でも、ハロウィーンって今日が最後だよね、確か……間に合ったからいいや! Wさんありがとう!

 さて、今日はビス子がキラキラの超星運。ちょっと張り切って昼間っからアガタS。

 ガ、ガミサキ(星8闇片手爪)デターー!!……流れては来なかったorz

 日付が変わるまで超星運は続くはず! 夜も気張ってみましょうかね!!(`・ω・´)


関連記事
スポンサーサイト
2006. 10. 29  
 昨夜WさんとアガタAを回していたら、INしたばかりらしいビス子Pさんからメール。
「今日の(ウルトラマン)メビウスは良かった」
 ということらしいのだが、なにせ私は慣れないビス子フォース、アガタAの敵は結構強く、余裕が無い。
 なんかテケトーな返信をした気が。
 折り返しメールが来て、「****なのを****して***(バレ禁止)」と詳しい解説が入ったのだが、相変わらず余裕が無かった私は
「ほぉほぉ、それはそれは。ところで、今アガタAやってるんですがピンチです、助けてぇ!」

***********
「みたいな返事して呼びつけちゃった。テヘっ☆」

 と、今朝方、夫の人に語ったら、凄まじいアルカイックスマイルを浮かべた夫の人にたっぷり10秒近く首を絞められた。
 その後、片手を軍歌調にフリフリしつつ「うぅちゅうぅに平和が~くぅるまでぇはぁ~♪」とウルトラ6兄弟の歌を高らかに歌いながら私の部屋を出て行く夫。どうやら私は、ウルトラオヤジ達にとって絞殺されても文句は言えないほどの暴虐を働いたらしい。Pさんごめんなさい。

 私は実はトクサツにさほど濃いわけではないんだよね。特濃の夫の人と20年も一緒にいるゆえ、表層的な知識はある程度持ってる、というだけで。Pさんのチャットの真のお相手にふさわしいのは夫の人の方に他ならない、と以前から思ってはいるのだが、当の夫の人は
「ゲームはやらんぞ! そんな時間があったら一本でも多くトクサツを観る!」
 と叫ぶわけで、これはオタクとしてこれ以上真っ当な生き方は無いってくらいの堂々たるモノであるわけで。今は仮面ライダーブラックRX視聴中?

……力也、どこ? まだ?(*´д`*)

 メビウスは観てないけど、仮面ライダーカブトは観ているわけで。でも、もう私にとっては消化試合も同然。相変わらずラストのミニコーナーがなにより笑える。私は、天道総司の強面(こわもて)が崩壊するべきだとは思っていたが、アホウになって欲しかったわけでは断じてなかったのだ……よ……。

息子「ズバーンはズバーン! としか言わないはずなのに、どうしてしゃべっていたんですか?」
悪母「あれはね、物影に隠れた天道総司が勝手に喋って声を当ててたんだよ、アテレコって奴ね」
息子「天道総司って、だれですか?」
悪母「39週間も経つってぇのに天道総司がなんなのか理解してない君の事がお母さんは大好きだよ!」

 いやマジで。

関連記事
2006. 10. 28  

 PSUのNPCにはマガシなる存在がいる。キャスト(ロボ人種)のエライ人らしい。パッケージにも主役と並び立つサイズで扱われるほどの重要キャラらしい。カッコイイ役なのだろうと思う、ううん、知らないけど、きっとそう。

         Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ トットト ストーリーモード ヤレヨ

 主役と斬りあっているところから見ても、ポジションは「美形悪役」というところなのだろうか? 炎しょって逆光で出てきたり、高いところから見下すように現れたりするようだし。

 だが困った事に、声を演じてる方がこの方だったばっかりに、「アナゴさん!」「アナゴキター!」「マスオ君、今夜一杯どうかねw」と反応されてしまうのは、もう仕方のないところだろう。
 だがそれにしてもここまで来るともうw……愛されてるなぁマガシ。

 さて、PSUの上級タイプには「プロトランザー」というのがある。基本タイプのハンター、レンジャー、フォース、このすべてをランク5まで育てた者だけが転職できるタイプである。
「てことは、打撃も遠隔もテクニックも使いこなせる、スーパーマルチジョブ(☆∀☆)?!」

 だが、実際はそうではなく、使える装備種類こそ多いものの、Sランク武器は使えず、テクニックも一切使用不可。典型的な器用貧乏であり、唯一の特色といえる「罠使い」の部分はとんでもないゼニ投げとなるため多用できるのは大富豪だけだろう。実装された途端に「最弱」「超絶マゾイ」「PSU最高のネタ職」「迷惑なのでPT入ってこないでくださいね^^;」等々、そりゃぁもう言われ放題言われまくったタイプなのだ。

 さて、オブリーンはヒューマンである。これといって何の特色も無い代わりに、総てにおいて平均的なパラメーターが売りなだけの種族である。
……この種族ほどプロトランザーに向いている種族も無いのじゃないのだろうか?

 なんとなくテキトーに遊んでいたら、いつの間にかハンターとフォースがランク5になってしまったオブリーン。近接とテクニックをあわせて使えるウォーテクター(別名:赤魔)にでもしておくのが無難だったのだろうが、なんかここまで来ちゃったら
「プロトランザー目指さなくてどうするよ?」

 ってんで、ついにレンジャー修行の開始なのである。
 お金はあまりかけたくないので、銃はライフルとツインハンドガンだけ。ライフルには氷バレットのみ、ツインには雷バレットのみ、というドケチぶりである。

 で、野営地にいるビス子Pさんとの合流を目指して草原突破Bを選んでみたのだが……。
レンジャー開始

 弱い! 弱すぎる! ナンディスカこりわ。ハンター、フォースとやってきてLVは既に28、草原Bごときでここまで苦戦することになるとは夢にも思わずっ……! 用意した銃はいずれも星4つ、さほど安物とは言えないランクだと思うのだが。
 とにかく与ダメが低い。そして通常攻撃というのが存在せず、常時PP消費なので頻繁に持ち替えないとならない。バレットスキルが低いと状態異常も滅多に発生しないのが不利に拍車をかけている。

 ランク2にするまでに既に挫折しそうである(;´ρ`)

 見かねたPさんが合流してくれてやっとクリア。その後SFや社会問題などについてコンコンと濃い会話。ゲームというお遊び世界の中で大真面目な議論をするお楽しみというのは大人の特権の一つかもしれない。

 フォース用の武器が余ったので、ビス子キャラに移譲。唐突にフォルテファイターからフォース修行を1からやり直すつもりである。不利は承知。ウォーテクターを実はやってみたいのである。癒す殴れるウォーテクター! 赤魔再来ウォーテクター! ビーストの高い体力が前線で生きるはず! ううん、知らないけど多分そう!!



マビノギイベント話*****カボチャロースト*****

 マビノギのギルドマスターから「カボチャ討伐いきませんか」というお誘いがあったので、ティルコネイルへ。どうやら、数時間おきに各所でカボチャNMが出現し、倒すとハロウィンアイテムを大量にばら撒くらしい。

 カボチャは火の魔法で攻撃すると膨張する。膨張するほど落とすアイテムは増えるらしい。これはティルコ裏手の墓地で、みんなでファイアボルトを貯めているところ。
ティルコ墓場

墓地に人魂がいっぱい浮かんでいるようでかなり異様だ。

 カボチャ出現! ボコボコボコボコ! ボトボトボトボト! 降るが如くに落ちるアイテム。
カボチャ出現

 見事にカボチャ面をゲットしてパチリ。これをかぶってNPCと会話すると、キャンディなどのお菓子も貰えたりする。なかなかイカシたイベントだと思うのだった。
カボチャ面(σ´Д`)σゲッツ


 カボチャラッピー? 逢えてませんとも、ええ(´・ω・`)

関連記事
2006. 10. 27  
 なにやら事件があったらしいけど……めちゃ近所じゃん! 隣町じゃん! くわばらくわばら。


 調子が上がらないまま、マビノギにログイン。道は開通していたけど、PSUに夢中すぎて放置のままだった新天地に行ってみる事にする。
 かなり広い砂漠を徒歩で踏破は論外なので、愛馬の背中でぱっぱかぱ~。見た事も無い土地に向かう冒険気分は、いつだってワクワクだ。
フィリアへ

 そして、やっとかすかに見えてきた白い街並み。エルフが静かに暮らすオアシス、フィリアである。
フィリア到着

 とりあえず、NPCに話しかける……
イケメンその1

 こ、これは……
イケメンその2

 こ、ここは……!



 イケメン天国ってことですな?! そうなんですな?!!

 この世界では、エルフ族とジャイアント族は古来より深い敵対関係にあるそうで、どちらでもない種族の人間は、エルフとジャイアント、どちらの陣営を支持するのか、態度を明らかにしなければならない。もし片方への支持を固めたら、もう片方の種族はエネミーとなって、自分と自分の別キャラ(ペットもか?)全てに敵対行動を取ってくるようになるらしい。

 しかし、どっちを支持する? と問われてもそもそもジャイアント族に逢った事が無いし(未実装?)、よしんば逢ったことがあったとしても、迷うところかココ?

「アナタが求めている斧はこの金の斧? 銀の斧? それとも」

 違う違うチガウw

「アナタが求めているヒトは善い人? 悪い人? それともどっちもありの人?」

 はぁ? しょーもない事訊きまんなー。善かろうが悪かろうがどっちつかずだろうが、人はみな人ですがな。一人一人を大事にしすぎて個性も何も埋もれてしもうて、誰も彼もドングリの背比べになってしまう、「たかが人間」に過ぎまへんがな。世界に一つだけの花が世界中に咲いとったら、そら、どの花も百円均一よりも価値無いわ。てなわけでしてね、善し悪し混沌がどうであれ、誰も彼も所詮人間、たかが人間、されど人間。皆、ひとしなみに「人間」ちゅーだけでALL LIGHT(ケッコー)な存在、っちゅーことでね。ほやからね、つまりね。

 どうせやったら綺麗な方がエエに決まってるがな!


 というわけでサクッとエルフへの支持を表明しておく。お礼ということで、お試しエルフキャラカードを貰う。このキャラカードを使うと、エルフキャラを作る事が出来るのだ。だが、無料のお試しカードなので、転生させられない、という制限付き。倉庫キャラ以外の用途が無いわけで、育成することになるかどうかは気分次第なのだった。


 ちなみにこんなデータが。
 世界的MMORPGプレイヤーの数の推移らしいが、WOWというゲームのこのムチャクチャな伸びっぷりは感心を通り越して呆れるほどである。アカウント数は1000万を超えたらしい。ビス子Pさんを始めとして、私の回りのWOW経験者のすべてが、その世界の魅力を語りだすと濃いったら無い。相変わらず日本語版発売の噂すら聞かないが、いずれは挑戦しに行くかもしれないなぁ。英語の壁を突破する気力が湧いたら、だけど。
関連記事
2006. 10. 26  
 音泉のコンテンツをちょっとずつ聴いていたのだが、ストリーミング配信というシステムはダウンロードが出来ないらしく、ipodナノに入れて持ち歩けない。
「ポッドキャストなら歩きながら聴けるなぁ」と、ちょっと調べてみる。

 わ! 鴻上尚史氏の番組がある、しかもゲストが中村うさぎ女王? これはイイ!
 わ! つボイノリオ氏のもある、懐かしいなぁ、KBS京都の「ハイ水」好きだったなぁ……って、未だにあの頃のリスナーがネタを蒸し返してるってマジデスカw

 で、さらに見つけちゃいましたよ……私的現実的存在範囲内眼鏡好男子筆頭、唐沢俊一様のポッドキャストを! この方は、知性と教養と感性の深さ鋭さ、それだけでも並ぶ者無き至宝のようなお人ですが、お声がまた良いのよね~~~♪♪♪ そんじょそこらのハンパなタレントごときじゃ太刀打ちできない艶やかな響きよっ。もったいないからちょっとづつ聴こうっと(*'-')



PSUお疲れ話******急失速?******

 今日のメンテで、ストーリーミッションや新しいSランクミッションが配信されたわけだが、どっちにも食指の動かない私。SランクはLVが50に満たない状態では行く気にならないし(敵LV75じゃねぇ)、ストーリーミッションはオフラインモードもオンの1章もクリアしてないので関係無いし。

 いろいろ心身の不調が重なったのか、意気があがらない。
 ラッピーにも逢えないし! もう、ここまで逢えないと、いっそ期間終了まで遭遇できなかったって方がネタになって良いかも知れない?

 合成やらずに、素材をテキトーに売っているだけだから、メセタも儲からないのかな? ショップの方はオブリーンでログインしていないとサーチにかからないわけだし。

 A武器もっと欲しいんだけどーーーっ!ヽ(`Д´)ノ(ヴァナ時代以来の武器マニア)

 しばらく、LV26のオブリーンの方でのログインが増えそう。離席も多いかもなのだがヽ(゜ー゜;)ノ
 あるいはユニ30で「30代以上いらっしゃい」の部屋を立ててるかもしれないww
 なべて気分次第ですのでいずれも確約はいたしかねます♪
関連記事
2006. 10. 24  
 一気に冷え込んで寒い。ショウガと砂糖と茶葉を少量の水と一緒に一気にミルにかけ、熱湯を注いで飲む。(残った分は小分け冷凍にしておく)体を温めるにはショウガが最高、寒くなると欠かせないのだった。


マビノギちょこっと話*****ペットでダンジョン*****

 ギルドのTやんのお誘いで、ペットでダンジョンクリアを目指す事になったのだった。マビノギのペットは、自キャラとして動かすことが可能なのである。もちろん、行動にある程度の制限は出るのだが。

 集合時間まで間があったので、未だ未踏の新エリア・コンヌースを目指してみる。
 当てずっぽうでイリアまで飛んで、おそらくエリア境界であろう、川縁をしばらくうろうろ。カルー森東側で、今まで見た事が無かった橋が渡されているのを発見し、初渡河。やたらと経験値が多く貰えるサイなどをビシバシ。

 エルフの村はとても遠く、たどりつく前に時間が無くなりそうだったので、ダンバートンに移動。集合場所のティルコネイルへ馬を走らせる途中で、「そういえばトゥガルドアイルでクエストが発生していたはず」と、トレイシーのところで話をきいてみる。
 クエストはあっという間に終了。「死んだ振り」というスキルをたちまち習得したので、使ってみた。

 なんかペットの馬が嘲るように顔を踏みに来たんだが……まぁ、気にしない方向で。
死んだ振り

 ティルコでTやんと合流、Tやんのハスキー犬がPTリーダーになって、私の銀キツネを誘ってもらい、アルビダンジョンへ突入。

 ペットも双方かなり強いので(LV22くらい)、ガシガシ周回。そのうちアルビ下証が出たので、私は本キャラで、Tやんはハスキーのまま(証は拾った本人以外使えない仕様なので)、アルビ下ハンティング開始である。
ペットPT

 かなり敵の特性を忘れていて、散々死んだり死にかけたり(;´ρ`)アウアウ

 ペットは人キャラより遥かに足が速かったり、武器を持っていないので武器消耗が無かったり、なかなかこれで戦闘するのも有利で楽しかったりするのだった。Tやん、またやりましょう、もっと強いダンジョンでもきっと行けるね!



PSU即死話******こりゃなんぼなんでも*****

 昨夜はPさんのお誘いで、まずは二人で「ドール抜き通路S特攻」へ。
 さすがはSミッション、敵の強さが段違いである。メギドも容赦なく飛んでくる。メセタドロップがかなり美味しいのだが、脳筋二人プラスNPC脳筋二人で殴りまくるだけではかなーりHPの減りが激しい。
 軍師が合流してくれて、なんとかクリア。
 それにしても、通路Sに出現する進化系パノンはメフィラス星人そっくりであることよ。
 コルドバはケムラーそっくり、って話も出てるけど。

 パルムに場所を移し、Wさんも合流して、ラガン→ゴル・ドルバ→研究施設奪還へと向かう。
 研究施設ミッションはやったことがなかったので、どんな敵が出てくるのかもまったく知らなかったのだが、これがかなりの曲者ミッションだった。
 道中の敵は割りと普通っぽいのだが、最後の部屋がとにかく凶悪。メギドを吐きまくる中ボスがわらわらとワンコ蕎麦の如く倒しては増え、倒しては増え、やっと最後の1体を倒したかと思ったら、別のデカエネミーが一気に3体お出ましに。

 なんぼなんでもこりゃきつすぎる、せめてお宝がどっさりってことならともかく、出たのはゴミだったし!
「二度ときたくねー!!ヽ(`Д´)ノ」

 ラッピー?……逢えませんよ、ええ……(⊃д⊂)


*************
「うたわれるものらじお」最新配信、小山力也氏の反撃開始におおいに笑う。なんだ、やっぱりあの「純粋善人オジサンぶり」って演技・演出だったんだ、流石の力量と言うべきでありましょう。
関連記事
2006. 10. 22  
 PCでネットラジオを聴きつつ家事。ちょっと電子レンジを使う間に、軽く埃を取ろうと掃除機をかけ始めたら、3DKすべての電気が消えた。メインブレーカーがいきなり落ちたらしい。

「4時間かけたエンコードデータがあと数分で完了するところだったのにぃぃぃぃ……」
 と夫の人が怨霊もかくやという形相で部屋から出てくる。ひぃぃぃぃごめんなさい。電子レンジと掃除機以外に、家族3人が3人ともPCを使っていた、というのが30アンペアのブレーカーにはきつかったらしい。エアコンの類は動いてなかったので油断してしまったのことよ。


PSUハロウィン話*****ラッピーに逢えません******

 グラール太陽系は3つの惑星と1つの巨大スペースコロニーから成り立っている(現状)。
 そのうち、東洋的文化支配地域と思われるニューデイズ以外の場所では、街中がカボチャバルーンを中心としたハロウィンデコレーションで盛り上がっているのだった。BGMも軽快で気に入っている。ニューデイズだけがこの風習に染まっていない、という設定の細やかさも好みだ。他の行事も楽しみになってきた。正月とか。

 レアエネミーのラッピーが期間中はカボチャラッピーとなって、楽しいグッズを落とすらしいのだが、さっぱり出現の気配が無いのがイマイチがっかりである。

 さて、ここ何日かは、フレ達と狩りに行くのが通常化してきている。私、軍師、Pさん、Wさんの4人が中心。てーかほとんど固定。
遺跡Aにて

 4人のLVにご注目いただきたい。42、43、44、49。良い感じなのである。
 編成はフォルテファイター3人、フォルテクター1人。これはかなり極端かもしれない。
 後発開始のWさんのLVが鬼のような速度で上がって来ており、追い抜かれそうな勢いなのだった。おそろしや、おそろしや。

 そろそろSミッションも射程範囲だ。防具がかなり心もとないので買い替えたいところだが、今日はたまたまビス子が超星霊運だったので武器強化に手を出し、星6武器をドゴォォォンしてしまったりしたので相変わらずお金が無いw

 Sミッションはドロップもかなり美味しいらしいので、通路突破でもとりあえず試して見たいところだ。メギド(即死攻撃)の雨あられらしいので「ドール持たずにゾンビアタック・ランクCでも泣くべからず」という感じかな。

 固定4人中3人までが超運なんだから、来てよラッピー! マジ頼むわヽ(;´Д`)ノ
……別に星8武器ドロップでも文句は言わないけど。


********
おまけ

 マジで凄い動き。ロボットへの夢は膨らむばかりである。生きてるうちに来てよR・ダニール! マジ頼むわ。
……別にあ~る君でも文句は言うわけもないけど。
関連記事
2006. 10. 21  
 私がPCに向かう環境というのは、10年以上も前に「無料でお持ち帰りください」と店頭に放棄されていたところを夫婦でガラゴロと引き取ってきたPCラックにモニターやスピーカーを収め、その横に置いた20年物のボロボロ机にラックに入りきらない巨大筐体の本体を設置し、近所の家具屋で4000円足らずで買った激安の事務椅子に腰掛ける、という貧乏くさいものである。

 で、問題はこの安物の事務椅子。
 何ヶ月か前に、ただ座っていただけなのに、移動のためのコマ足がバキッ! と割れてしまった。
「いくら太ったからってそりゃあんまりでしょう(´Д⊂トホホ」

 結局、この時は、残ったコマ足を全部除去する事で問題は回避した。

 そして昨夜。
 ちょっとナナメ後ろに派手にもたれかかった時、その方向の足元から「ミシバキッ!」という不吉な音が。
 5方向に分岐して張り出している足の一本に派手な割れ目が発生していた。今にも折れて千切れそうである。
 
「判ってるよ、急激に太りすぎた、なんてことは。ええ、ここ最近は恐ろしくて体重計にも乗って無いし、鏡も直視出来ないし、なによりもさ、涼しくなってきたのにさ、夏前に着ていた合服が苦しくて着られないのよぉぉぉぉぉ。゜(゚´Д`゚)゜。」

「一体、夏の間、なにしてたっていうの?」


 禁煙。


……判ってますよ、言い訳に過ぎないって事くらいは!ヽ(`Д´)ノ


 とにかく、椅子の問題は緊急に対処しないとならない。吉祥寺に出向いてあれこれ物色することに。
 かなり予算オーバーになってしまったが、背面だけでなく、座面も動く、座り心地の良い椅子を見つけてしまったのでカード購入。届くのは月曜日。
座面が動く椅子、というのは実はあまり無いのである。座面が動くとどんな良い事があるかというと、前傾姿勢が取れるので、腰から背中がすっきりと伸びて、大変気分と身体によろしいのである。もともと酷い猫背体質なので、この辺りは気をつけたいのである。

 その後は、ロンロンのユニクロに出向いて、あれこれ物色。インナーウェア(ぶっちゃけババシャツ)2枚、長袖Tシャツ2枚、上着代わりになりそうなハードタイプの男性用カッターシャツ1枚。
 こんなに買って5000円未満の支払いとは……。どうか私が死ぬまで倒産なんかしないでくださいユニクロ様。一生付いて行きます。

 新しいボトムも欲しかったのだが、もはやここまで太ってしまっては、ユニクロで入るサイズは無い。最近のジーンズやパンツは、どうやらシルエットがスリム傾向に戻りつつあるようなので、なおさらである。パンタロンやストレートの後は必然的にスリムが来るか。こりゃ、80年代に流行りまくったジョッパーズスタイルも、適当に名前を変えて流行する日が来るのも遠くは無いな。


 軍師がブログでネットラジオの解説もしているので、「アクセス集中のため鯖落ち頻発」と噂になった「うたわれるものラジオ」というのを3回分ほど聴いてみる。

 小山力也氏って私と同じ歳かぁ……(´ω`)
 年齢を感じさせない、この純粋さは凄い。普通40年以上も世間の荒波に揉まれたら、ずるさ、悪質さ、冷徹さみたいなモノはある程度身に着くと思うのだが、そういう所を一切感じさせないのだ。天然無邪気のラヴラヴオーラで責めまくる相方達に対して、「善い人」以外の対応を見せず、大汗垂らしながらオロオロしている様子というのは、これは多くの支持と愛を集めるのは当然だと思う♪

 明日は山口勝平君の弾き語り? も聴こうかな。
関連記事
2006. 10. 19  
 ハロウィンという行事を日本に根付かせようというムーブメントが起きたのはいつごろだったろうか。バブルいまだ華やかだった、80年代のことだったと記憶している。原宿のキディランドを中心にお化けコスプレのささやかなパレードなどを演出して市場を確立しようとしていたわけだが、「ありゃぁなんだかなぁ」「あんな風習が日本に根付くと思えないな」という印象を述べる人が多かった。
 なにせバブリーだった時代だ。消費拡大はどんどん推進されており、サンクスギビングデーだの、イースターだのの海外風習をどんどん取り入れて根付かせよう! というキャンペーンが多かったのである。七夕ですら「サマーバレンタイン」という位置づけで捉えなおそう、という動きもあった。

 その多くが敗れ去ったにも関わらず、ハロウィンはガッツリと日本に根を張り生き延びた。妖怪を愛好する文化と親和性が良かったからなのかもしれない。あるいは、バレンタインと同様、お菓子および雑貨業界の手腕が優れていたからなのかもしれない。

 私は個人的にハロウィンは好きである。仮装を伴うお祭り騒ぎ、というコンセプトに解放感を感じるのと、子供たちを主体する童心尊重の気風が良い、と思うのだった。


 さて、PSUにもどうやらハロウィンがささやかにやってきたらしい。
 とりあえずオブリーンの私室は、以前スポーツタイプの内装を「いつでも好きなものに変えていいですから」と提供してくれた軍師の好意によって「ハロウィン・ナイト」に変更。ルームグッズも大幅に衣替え。これは、一番のお気に入りになった「リフレス・ゼリー」。
リフレスゼリー

 要するにクラゲ飼育器である。昔から、クラゲの飼育には興味があったのだが、ものすごく水質管理が大変らしく、手の届かないものとして諦めていた。

 ネトゲの世界で憧れのクラゲ癒しに浸れるとは嬉しい限りである。色合いといい、動きの演出といい、この「リフレス・ゼリー」、最高~!( ´∀`)b

 追加要素でにぎわい続けている1鯖、夜は1から5、6あたりまでのユニバースは連日満員御礼だ。この辺のユニでミッションを開始して、後からログインしたフレを誘おうとしても「入れないっ」ということも多いので、夜はなるべく、空いているユニを固定で遊ぶことに。
 選んだのは、30代以上が多い(かもしれない)ユニ30である。まぁ滅多に満員になる事は無いユニである。

 てなわけで、フレ数人に同報メールをまわし、ニューデイズへ出撃。軍師が「後で必ず返してくださいね」と、貸してくれた装備は……うは、ツインハリセン! 普通のハリセンも持ってるし。よく作れたなぁ。
ハリセン

 ハリセン、とにかくデカイ。さして攻撃力があるわけでもない、これまたまさにネタ武器。振り回すとスパーン! スパーン! と、豪快なツッコミ音が鳴る。素材はストーリーミッションで拾える「ネタ・ノート」だそうな。うははははは最高!

 闘いながら、Pさんと特濃トクサツ話爆展開。量販店でレオパルドン見かけたとか、そもそもレオパルドンってなんだとか、20代前半の若さで主題歌が唄える軍師って何者だとか、ウルトラマンパワードにショー・コスギとケイン・コスギの親子が出ていた話とか(すみません、私間違ってました、Pさんのおっしゃる通り、ショー・コスギが本当にウルトラマンのスーツアクターやっていたそうです^^;)「アメリカ人に怪獣映画は無理だ、彼らには怪獣とモンスターの区別がついていないからだ」という見解で一致を見たり。

 ですが、サウス・パークのトレイ・パーカーが作るならそこそこ期待して良いのじゃないかな? と思っている私(*'-')


 今日のおまけ♪

 アニメGR再び?

 衝撃のアルベルトお素適ぃっ(〃 ̄ー ̄〃)
 今川監督のアニメは無闇やたらとテンションが高いのでマッドビデオに流用しやすい模様。

「ファーストガンダムを愛する人は観ないでください」

……コメントは差し控えさせていただきます……
関連記事
2006. 10. 18  
 マイミクEさんからバトンが来たよ!

 昨日のうちに書かなかったのでご機嫌ナナメ、かもしれない。ひぃ。
 では行ってみよう!

****************
Q1デートの時、相手が理由もなく1時間遅刻。

 時間にルーズな奴ぁキライだ。捨てる。

Q2デートの時、相手がありえないような服装。

 非常識な奴ぁキライだ。捨てる。

Q3デートの時、相手が携帯ばかりいじってて、相手にしてもらえません。その時のあなたの一言は?

 一言も不要。コップの水でもぶっかけて立ち去るが吉。

Q4ご飯を食べて、会計に行こうとしたときに相手が「ちょっとトイレ行ってくるから、先に行って」どうします?

 逃げたって無駄だ。ワリカン分はキッチリ払わせる。

Q5相手の人とおそろいの携帯にしたい!!とか思ったことありますか?

 そうした方が、結果的に安上がりになる状況ならそうする。

Q6付き合ってまだ1ヶ月。親に紹介してほしいと相手に言われたらどうする?

 結婚前の自分のことを思い出そうとしてる……無慮20年も昔の……たぶん喜んでいたと思う。

Q7大好きな人から結婚を申し込まれました!!即返事が欲しいって。あなたはなんて答える?

 無慮20年も前の事を思い出し……多分喜ん以下同文。

Q8付き合ってる人から(俺、あたし)好みの服装にして?って言われたら?

 こういうふざけた事を言ってくる相手に対しては「じゃ、そういう感じで揃えてくるからお金ちょーだい」と搾り取って、あえてはずしたスタイルにする。「あら? なんかイメージ違う? ごめーん、今度こそアナタの理想通りにするからもっとお金ちょうだい」というのを繰り返して、尻の毛までむしってやんなさい。

Q9付き合ってる人が3年間留学するそう。あなたはどうする?

 3年間、お互いが好きなように過ごして、3年後の状況で付き合いをどうするかを決めれば良ろしかろう。

Q10次にバトゥンを回す6人。※必須でお願いします※

 受け取る度胸のある人のみ受け取るがよい。なべて勇者であることは間違いない。

============================

☆送り主バトン☆

1.送り主のことどう思う?

 普通「見た人は必ずやってね」と書いてあるバトンの類というのにはガンとして反応しないことにしているのだが、「早く書いてください」とせっつかれたら書かずにはいられない相手。
 
2.送り主のこと好き?

 だ、だからって、怯えているわけなんかじゃないんだからねっ!o(`ω´;)o

3.送り主のどんなとこ好き?

 FFXIのバリスタ(PVP大会)において下着姿で戦場に立ち
「私は神だ! かかって来い!」
 とシャウトして総攻撃を喰らい
「きゃーー」
「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
 とシャウトしながら逃げ回る、そういうとこ♪

4.送り主と遊んだことある?

 たっぷり3年以上ほど遊んでました in ヴァナ・ディール

5.遊んだらどうだった?

 パン鯖広しと言えども、この人以上に私を爆笑させ続けた人はいません。

6.送り主のこと気になる?

 元気で楽しくやっててくれればOK。

7.送り主見たことある?

 はい。

8.見てどう思った?

 そんなことよりリアルの私を一目見るなり
「なんか思っていたのと全然違う」
 とのたまったわけですが、どう思っていたのかを詳細に聞きほじりたいものである。

9.送り主に会って言いたいことは?

 言いたい事があるなら逢おうが逢うまいが手を尽くして伝えるまで。

10.送り主を何て呼んでる?

 ○○○さん。
 アルファベットでも平仮名でも○の数に変化無し。

11.送り主とどんな関係?

 30年逢わなかった後に再会しても多分友達。相手がどう思っているかはともかく。

12.送り主に告白するなら電話? 会う?それとどんな言葉を言う?

 言いたい事があるなら逢おうが逢うまいが以下同文。

************************

ざっとこんなところでござい。

関連記事
2006. 10. 17  
 さて、10万は貯めないと両手斧「アンク・トマホ」を買えないと判断していたわけだが、執念深くショップを巡った末に、出物を発見。先手を打たれないように即購入。

 こんな感じである。
新武器

 デカイ! カッコいい!!
 ちなみに、隣はフォルテガンナーに転職した軍師の新武器、グレネードである。
「どう見ても糸切りバサミです、本当にあ(ry」

 で、斧の使い勝手は如何に?

 基本スペックは以下の通り。

 PP   334
 攻撃力 1018
 命中力   84
 必要攻撃力339

 なんといっても攻撃力が鬼である。1000を超える武器は現状、他には無いはずだ。
 攻撃間隔はものすごく長い。ソードが素早い武器だと感じるほどである。当然、隙も大きい。命中率も低いので、しばしば空振り0ダメージである。

 ミッションクリアまでに叩きだせる総ダメージ量でいうなら、間隔が早く命中の良い小剣や双小剣などより劣る事はとても否定できない。隙が大きい武器は攻撃を避け辛いため、身の危険も増す。テノラ製なので、PPが少ないのもネックに感じられることだろう。 

 が、使ってみていろんな意味で驚いた。命中した時、クリティカルした時の一撃の与ダメの凄さもさることながら、PAの発動が一瞬で終わり、速攻の範囲吹き飛ばしになるのが、地味に効率が良い。

 そして、この武器の最大の肝は「通常攻撃でダウンが発生する」ということだろう。
 敵をダウンさせ、しばらく戦闘能力を奪う攻撃は、他の武器ではPAを使用しないと出来ないことがほとんどだ。ダメージを受けずに効率よく戦闘するために、PPを大量に消費しながらPA連打、これが通常の近接攻撃スタイルというモノだと思う。

 だが、通常攻撃でダウンがしばしば発生するのならば、無理にPAを使う必要は無い。PPの消費も少なくて済む。テノラ製武器の弱点であるPPが少ないという点を見事にカヴァーした性能なのである。

 小さな敵に群がられた時には不利が発生するが、大き目の敵、硬めの敵、ボス戦などに格別の強さを発揮できるはずである。

 あえて脳筋向きとは言わない。何も考えずに振り回していれば良い、というたぐいの物ではないからだ。おそらくは最高にテクニカルな武器であろう。使いこなしには大胆さと細心さが共に必要だ。

 当然の事ながら、すっかりアックスの魅力にメロメロの私。ぶんぶんぶん!! オラオラオラッ!! 転びたい奴ぁかかって来い!


 といいながら、小さな敵にはナックルを使っていたら、ボッカ・ダンガが21に。3コンボが発生するようになって、魔法少女のごとき光彩を撒き散らしながらフライングヒッププレス発動! 空中でクルクル縦に回って、尻落としである。
尻落とし1

 こんな感じね。
尻落とし2


 これ、男性キャラがやってもこんな光出るんですか……?w

 軍師とPさんと組んで回っていたら、ステキお侍様ロールプレイの人がPTに来て、なんとなく意気投合、中継地点で座りこんで雑談開始。スパロボの話題あたりからオタクトークがどんどん凄い事になって
「やっぱ類は友を呼ぶんですかね」
「それはもう鉄板です!」
 絶好調だったのだった。当然パトカ交換ですわよっ♪



 今日はマビノギで銀玉アルベイ。私の分と、Tやんの分をまとめてこなす。
 これでギルド脳筋トリオ全員が次のクエストのトリガーアイテム「黒い玉」を揃えた事になった。S君Tやんいつもありがとう!

 黒玉ダンジョンはさらに厳しい内容らしいので、いったんここは俗世に帰還し、しばらく修行を積んでから再挑戦ということに。あせらずじっくりがんばりましょう(´ー`)

 ところでこんな企画があるらしい。なんと夢のある企画であることか。自分のデザインした装備が、服が、世界の流行となるという……! 改めて、マビノギというゲームの特殊性と、ユーザーの心理に寄り添う形のハートフルな運営方針を貴重なものだと感じるのだった。どんなデザインの新装備が現れるのか、心待ちにしようと思う。
関連記事
2006. 10. 16  
 週末は、久しぶりに頭痛、発熱、おまけにリバース付きのエライ体調になってしまい、すっかり寝込んでしまったのだった。体を鍛えなきゃダメだわw

 日曜はちょこっとだけマビノギ。ギルド脳筋3人組によるアルベイダンジョン銀玉攻略。
 だが、しかし!

「親分(ギルマス)、てぇへんだ! 操作を忘れちまったぁ!!」
「最近もっぱらぷっすん(PSU)だったしねぇ」
 マビノギの戦闘時操作ってのも、かなり繊細な代物で、指になじませていたつもりがなかなか思い出せない。なんとか態勢を整えて出撃。
……銀玉の敵ハードすぎ(ノ∀`)閉鎖部屋でガーゴイルの群れって勘弁してください。
 全滅したりもしたが、練れたチームワークでどんどん進行。無事、S君の分の黒玉かけらゲットで終了。明日は私の分をどうか宜しく(*'-')♪


 さて、上位タイプ、A、Sランク武器、新テクニックなどの実装で活気付いているPSU。
 ビス子キャラはフォルテファイター以外の選択肢など考えてもいなかったので、とっとと転職。
 最初の目的はアックス(両手斧)を手に入れることである。

 が、しかし!!

 両手斧「アンク・トマホ」はとんでもなく高かった! 手持ちのメセタじゃ足りない!
 斧のみならず、Aランク武器は軒並み超高価なのだった。PAのディスクも1万もする。新テクニックにいたっては覚えるだけで1万2千。メセタ回収に気合が入っているなぁ。なにが何でもインフレは阻止する! という意気込みであろうか。

 新しい服も欲しかったのだが、ともかくも10万メセタ貯めて斧と斧PAを買うまで贅沢は自粛するのだった。

「ラガンで稼ぐ!」というわけで、Wさんと軍師とPさんをどんどんPTに勧誘して、サーチ&デストロイ! Wさんが驚異のスピードでLV30になってたので、Aを選べたのが美味しかった♪ 軍師は新テクニック(これってほぼ自殺テクじゃ……)で死にかけるし、Pさんは早くもボッカ・ダンガを21以上にして、魔法少女のようなキラキラしい光をまきちらすし、賑やかで楽しゅうございましたヽ(´ー`)ノ

 明けて今日、月曜。朝から夕方まで、イチロー連発でまったくログイン出来なかったのだが、一体ナゼに(´・ω・`)???

 おまけ。軍師が作って1stキャラの部屋に飾っているディ・ラガン生首。うーん、さすがの迫力!
ディ・ラガンの首

関連記事
2006. 10. 14  
 朝から家族3人揃って「アタゴオルは猫の森」を観に行く。

……帰ってきたら倒れた(´д`)まだ、頭痛がする。
 私はこういう「パーツごとには良い物もあるが、根本がダメ」という作品に触れると脳がコンフリクト(葛藤)を起こして消耗するのである。

 とにかくオープニングの数分で、席を蹴って帰りたくなった。以前、私はこのブログで、アタゴオルを「独立孤高のユートピア」と書いた。まったきファンタジーとして当然のことであるが、アタゴオルには現世の俗が入り込む隙などありはしないし、もし無理やり俗を持ち込むとしたら、それは作品世界の中枢を叩き潰し、息の根を止めるに等しい行為となるのである。不出来なミュージカルシーンを延々と展開するあの導入は、もしかして「原作通りのアタゴオルを期待してこれを観る者、すべての希望を捨てよ」という宣言だったのかもしれないが。

 だが、それが終わって物語らしきモノが動き出すと、意外と心地良い映像世界が展開され始めるのだった。特にヒデヨシの言動と、山寺氏の演技は素晴らしく、「ああ、ヒデヨシだ、まさしくこれはヒデヨシだ」と、ほのぼのさせられた。冒頭や中盤に何度か、工夫もひねりも足りないベタベタの歌謡ショーが展開されるのには心底うんざりしたりしたが(どうして日本人はミュージカルシーンを作るのがこんなに下手なんだ!)、ヒデヨシとヒデコが太鼓をボンボコ叩きながら、テキトーな歌を唄って歩くシーン、これはまことに結構だったと思う。このお気楽極楽感こそがアタゴオルの真髄の一つであるから。

 だが、話が進むにつれて、どうしようもない違和感が募ってくるのだった。
 キャラクターが観念的なことしか喋らない。
 なぜ、そういう観念を持つに至ったのか、ということが描かれない。

 そして、どこまでもヒデヨシだと思えていたヒデヨシの言動がどんどん妙になっていく。
 やがて、説得力のある展開の無いまま、お話は観念のみの対決のクライマックスを迎え、あっけない収束で終わってしまう。

 これはもう、脚本がダメ過ぎると断じるほか無い。ヒデヨシは8割がたはヒデヨシであったが、残りの2割は物語にもなってないダメ構成の脚本の犠牲となったが如く、ヒデヨシではない言動を強いられていたのである。残念無念。

 CGのクオリティはまぁまぁであり、目を見張るシーンも多かった。ゴージャスで華麗な映像が観られればそれで良い、という方には意外とお薦めかも知れない。

 個人的には、アタゴオルという世界にゴージャスも華麗も薬にもしたくないほど似合わないものと考えるがね。

「力ではたどりつけない世界。それがアタゴオルです」
 この言葉の意味を理解していたスタッフはいなかったのかもしれない。

「世の中にはどうしてもわからせられないことというのがあって、それを知っているか、いないかの、どちらかなのだ」(アーサー・C・クラーク『都市と星』より)



 夫「大人には陳腐、子供には難解。何の期待もせずに観て、これほど失望したってのも珍しいよ」
 私「でも絵的には良いところも在ったんだよ、だから『ゴミじゃぁっ』と切って捨てられない」
 夫「映像的にも、俺には最初から最後まで居心地が悪かったけどなぁ。どういうところが良いと?」
 私「ギ……」
 夫「ぎ?」


「ギルバルスかっこえぇえっ!!(´¬`)」


 あうっ、なんですか、その白い、冷たい視線は! 私の人生はエエ男に脳汁出してナンボのモンやと、何時もゆうとりますがな、ええ!
関連記事
2006. 10. 13  
 今朝、PSUの公式を確認すると、ゲームガードに弾かれる不具合についての対処方法が記されていた。
「ここからダウンロードして、解凍して、上書きしてください。上書きするデータの場所は『ドコソコのナニガシのホニャララ(意味不明の記号羅列)』です」

 とりあえず、ダウンロードする。解凍もする。問題はこの先だ。

 さて、私の頭の中には、データをダウンロードした次にやる事として入っている例は
 1・自動的に上書きされるから放っておく
 2・解凍するとなにかウィザードとかいうものが立ち上がって、指示に従っていると上書きされる
 3・解凍するとなにかアイコンが出現するので、それをクリックすると上書きされる

 この3つである。

 上書き? 自分でやらなきゃならないの? それって、フォルダを指定先のフォルダにドラッグ&ドロップじゃだめなのかなぁ(´・ω・`)?

 とりあえず、目に付いたPSUと書いてあるフォルダに、解凍したフォルダを重ねる。何も起こらない。
 フォルダの中にファイルが2個入っているので、それを移動させてみる。何も、起こらない。

……どこにウワガキすればいいんですか(^ω^#)ビキビキ

 結局、PSUの名のついたフォルダがもう一つ別の場所にあったのを見つけて、そこにファイルをずずずいーっと引っ張って落とすことで、無事上書きは完了。DNS設定を以前のに戻しても繋がるようになった。

「ホント不親切だよねー。そもそもフォルダの場所が(意味不明の記号羅列)だって言われただけで判るわけ無いじゃん!」
「……一体何年パソコン使ってるんだ? その表記以上に判りやすい表記なんて無いじゃないか、普通判るんだよそれで!!」

 私が意味不明だと感じ、夫の人が普通だと感じた表記とは以下の様式である。

"C:\Program Files\SEGA\PHANTASY STAR UNIVERSE\online.exe"




 えぇ、皆様、どんな感想もご自由に。
「んな事もわからねぇような阿呆がPCでネトゲなんかすんな!」とでもなんとでも。

 でもやはり、これを私の感覚の「普通」になるまで翻訳するとしたら
「コンピューターのCドライブ(ハードディスク)の中の、プログラムファイルというフォルダの、さらにその中の、PSUのフォルダの中にある実行ファイルです。Cドライブは、スタートメニューを開いて、マイコンピュータをクリックすると見つかります」
 という事になるのだが。
「ダウンロード・解凍が済んだフォルダの中のファイルを、そのフォルダの中に移動してください」も追加で。

 そんなにダラダラと書き連ねなくても良いように、独自の様式を持った言語体系のようなものを作り上げ、何事も迅速に済ませていくためのシステムが成立しているのだ、と理解しているが、やはりそれはあくまで「特殊な専門言語」であり、「日本語」しか知らない人たちには通じないのだ、ということを専門家の方々は認識しておくべきだと思う。

 コンピュータは家電として進化していくべきだという私の長年の主張があるわけだが、そのためには、まずこの辺の意識のすれ違いのようなところから改善が必要だと思うのだった。

 あるいは、初等教育段階から、母国語を教えるのと同等の比重でコンピュータシステムについて教育していくのが当たり前の社会にしていくか、ですな。(こっちは始まっていると見ていいのかな)

 とりあえず、私のWindowsに関するスキルがまた少し上がった、ということで(´ω`)

 昨日のメンテおよびVU予定にまつわる話は、もうあちこちで書かれていることなのでスルー。現場の大混乱が透けて見えるような一夜だったとだけ記しておく。

 今日はちょびっとだけオブリーンのフォースLVをあげようと、パルム野営基地でPT探し。
「爺でも良いという人募集、美女大歓迎」
 という素敵コメントを見つけたので、思わず乱入。リーダーは爺フェイス青野武ボイスのビーストさん。
「わしの魅力にみんなメロメロじゃ!」と、獣化変身。「これで美女のハートもわしづかみじゃ!」とカットインの笑顔がキラリと光る。いやー、楽しい、この上なく楽しい。

「何歳くらいまで美女と思ってもらえるんでしょうか?」と訊くと
「死ぬまでに決まっておるじゃろうが。愛は永遠なのじゃよ、オブリーン?」
「そうですか~いや~実は、リアル43歳でしてσ(゜∀゜」


 チャットで賑やかだったPTの空気が凍りついた。やっぱ、ドン引きですかw
 あえて空気を読まない、というのもたまにはオモロイものですよ、えっへっへ( ̄ー ̄)

関連記事
2006. 10. 12  
 昨夜、PSUに繋ごうとしたら、ゲームガードに弾かれる。そりゃもう何をやっても弾かれる。再起動しようが、ルーターをリセットしようが、OSアップデートしようが、無駄無駄無駄無駄ァッ!!

 かなり煮詰まった頃、「どうやらゲームガードのサーバーのドメインが書き換わっているらしい。DNSを書き換えれば接続可能」という情報を見つける。

 DNS?
 なにそれオイシイノ(´・ω・`)?

 とにかくさっぱり訳がわからず、毎度のごとくパニック状態で大騒ぎ。Wさんが電話でいろいろ教えてくれたのだが、困った事にOSのバージョンが違うので、私はどこをどうクリックするのかすら判らない。
 次に、スカイプで軍師のアドバイスを受けながら「ひょっとしてこれかぁぁぁっ」と探し当て、なんとか書き換え完了。

 Wさんと軍師がマイルームに来てくれていた。

 私「ごめんごめん~すっかりパニクっちゃってさ~」
 軍「パニックじゃない日があるなら聞きたいなぁ・・・」
 私「あるでしょ、まともな日くらいっ」
 軍「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いつ?」


ヽ(`Д´)ノ


 まぁともかくどこか行こうってんで、3人で狂信者の杜へ。ちょっとボスがきつかったけど、なんとかクリア。BじゃなくてCにしておけば良かったか。
狂信者の杜


 今日はまたまたVUディ。メンテが予定より伸びるのはもはやPSUのお約束。上位タイプとLV上限解放で、しばらく熱くなりそうである。


 さて、こんなスレッド見つけちゃったわけで。
 なんという良スレ。心の底からほのぼの。
 いずれ、ユニ30あたりで「30歳以上いらっしゃい♪」部屋を私も作ってみようと思う。
 本当はユニ40で「40歳以上ハッピーカムカム♪」とやりたいのだが、流石に誰も来ないと思われ?
関連記事
2006. 10. 10  

 こまめなヴァージョンアップが続き、また12日にけっこうな追加が来るPSUである。

 次回のVU最大の目玉は、やはり「上位タイプ開放」だろう。今まで「ハンター」「レンジャー」『フォース」の3タイプしか戦闘バリエーションが選べなかったわけだが、今後はハンター強化版だとか、ハンターとフォースの複合職だとか、幅がぐっと広がるのである。

 LV35まで育てたビス子のハンターは、強化ハンターにする予定。骨の髄まで脳筋。

 が、そのためにはハンターランクが10まで上がっていなければならない。ともあれ、フォースランク10を目指す軍師と一緒にこつこつミッション周回。途中、はやLV40達成のPさんもお誘いして、ドラAからエンドラムの残党まで。

 なんとか二人とも無事ランク10に。上位タイプいつでもコイヤー!!ヽ(`Д´)ノ


 この日は、FFXIのLS仲間で、戦士カンスト仲間でもあったSさん(PSUではKさん)ともやっと逢うことが出来たのだった……あらぁ可愛い女の子になっておられる♪
Kさんと1

 3人揃ってLVが綺麗に同じだったので、トリオで狩りに繰り出す。
Kさんと2


 で、特に面白かったのが、武器や戦闘の立ち回りなどについて熱いウンチク合戦となったこと。さすがKさん、さすが濃い、さすが戦士。また一緒にどこか行きましょう!



 グイン・サーガ新刊「快楽の都」を読み残しているので、今日はここまでっw
関連記事
2006. 10. 08  
 気候が良いので息子はディズニーランドへ、親は図書館周辺の散策へ。体力無いので午後はグッタリ(;´ρ`)


 さて昨日はまず、ヴァナでフレだったミスラさんのショップがついに検索に引っかかったので、ルームグッズを爆撃に行こうと企む。
「やっぱこれだよな~、パン鯖一の怪獣オタクだった人だし。材料あるし!」
 てなわけで、てくてくパノンをこっそり投下。でも、ディ・ラガンの首の方がもっと良かった気もしたのだった。(材料無いよ!)

 その後、モトゥブで遊んでいるWさんを拉致って、行った事が無いと言うニューデイズへ連行。
「温泉! 温泉! 混浴だよ? 行きたかろう!!」と勝手に決め付けて、オンマゴウグ討伐に突入。ちょびっと強化されているっぽいのだった。イソギンチャク投げてくるし。

 部屋に戻ると、わー! 桜の花が部屋にあるじゃぁありませんか! 
桜(オハナミ)

 足跡を見る限り、おそらくはミスラ(この世界ではビス子)Pさんの爆撃返しと思われ。ありがとうございます、桜大好き♪(´ー`)


 食後、軍師と一緒に鉱山にモト・アッシュを取りに行く。人気ミッションなのか、あっというまにフルPT。このPTが、私的PSU史上最高と言っても良い、オタクトーク炸裂の賑やかさ。良くまぁここまで濃いネタについていけるメンバーが集まったものだとしきりに関心。

 ネタ関連で、軍師がこういうアドレスを送ってくれる。こ、これはウケルw
 お返しにこのネタ送付するわっ。

 爆笑PTが一区切りついて、「別キャラでも育成しますかねぇ」と言いつつ、オブリーンに戻って部屋を見ると……ソファーベッドにお客様が!! ビス子Pさんじゃありませんかっ!
Pさんと

 思わず胸が詰まった。くどいようだが、PSU世界では打ち合わせ無しに邂逅はほぼ無理なのである。足跡から私の部屋に来られるとしても、私がいるとは限らない。いつ部屋に現れるのかなど判るはずも無い。
 私に逢うために、Pさんがどれくらい待っていてくれていたのかも判らない……とにかく、言葉を喪うほど嬉しかったのだった。

 軍師もやってきてあれこれチャット。ちょうど3人ともLVも近いし、Pさんがケイコウトウを作りたい、という話も出たので「インバーターサーキット、取りに行きますかぁ」ということに即決。

 インバーターサーキットは、パルムの最奥ミッションのロボが落とす。が、このミッションの敵というのが、かなり厄介なのだ。編成はLV30台のビス子、ビス子、ニューマンフォースなわけのだが、とにかく殲滅に時間がかかる。特にハチロボの回避の高さは尋常ではなく、命中低めの私とPさんの攻撃は0ダメ行進。軍師のテクニックがとにかく頼りになるわけだが、数もめちゃくちゃ多いしってんで、ひーひー言いながらの大激戦となったのだった。

 が、しかぁしっ!! かなり進んだところで、突然まったく動けなくなる。そして、回線切断。ワールド1、2、共に同時に落ちたらしい。一体なにがあったのやら?

 十数分後、やっと入れて合流するも、もう時間も遅かったので、そこで解散。Pさん、またサーキット取りに行きましょうね!



 と、思っていたら、今日午後遅めにログインしたら、Pさん、もうサーキットゲットしてる! しかも合成も成功してるっ!! おめでとうございます!
ケイコウトウ

 で、これがケイコウトウ。「100ワットの明るさ」だそうな。持ち手も何も無い、まさに蛍光灯管。しかも振り回すと音がなんだか凄い。電球のフィラメントがシュイン、シュイン、と切れて行きそうな微妙な音。
 なんでしょうか、このネタ満載感は。こういう凝ったお遊び演出は、私は大変好きである。ネタ武器もっとプリーズ!
関連記事
2006. 10. 07  
 昨日の日記にも書いたが、PSUの世界というのは一つのワールドに万単位のプレイヤーが集う仕様で、しかもその中で何十個ものユニバース(サーバー? マビノギ風に言うならチャンネル?)に分かれている。パトカを交換していない知人と、どこかですれ違って逢うことなどほぼ不可能な広大さなのである。

 テルやウィスに相当する機能も無いし、簡易メール機能というのは発信も受信も手間がかかり、しかもログアウトするたび、内容はすべて消えてしまう。FFXIには『/sea all ******』と打ち込むだけで、誰がどこにどういう状態でいるのかがすぐ判るという神仕様があったものだが、世界のボリュームがワイド過ぎるPSUにそんな贅沢を望むのはどうやら無理っぽいことらしい?

 ゲームの基本がMMOではなくMOだとしても、ネットゲームである以上、コミュニティ機能というものはいくら充実していてもし過ぎるという事は無いと思うのだが如何。


 で、とうとう私はお金も無いのにショップを開くことにしたのだった。ショップを持っていれば、「ショップ検索」でもって、マイルームを見つけてもらうことくらいは可能になるのである。

 ただこの「ショップ検索」もかなり問題のある代物らしく、例えば「オブリーン」で検索をかけてみても、私がログインしていなければ引っかからないらしい。検索一つにもとても時間がかかる。検索表示数にも限界があるため、検索結果に出してもらえる時間が30分限定だという話も聞いた。

……もーちょっとなんとかなりませんかね、こういうところ。

 なにはともあれ、ショップを開くために必要なアイテムを買いに行く。
「ショップ開くなら部屋の模様替えもするべきだと思いますが……」←軍師

 確かにそうかも。私の部屋は内装は、初期型のままほったらかしなので、いささか殺風景というか、貧乏くさいのは否めない。
「じゃ、内装リフォームチケットも買おうかねぇ」
 ってんで種類を確認してみたのだが、今のところイヤになるほど選択肢が少ないのだった。

「いっそ思い切って、この「スポーツ・ナイター」にしようかな。そういえば、昔は良く野球のナイター観に行ったなぁ。東京ドームになる前の後楽園球場とか、神宮とか。緑がいっぱいで、爽やかな風が吹いて……うーん、神宮球場のナイターはいつも最高だったわねぇ……荒木大輔カッコよかったなぁ(´ー`)……」

 こってりとオバハン回顧ののち、チケット購入。いざ、リフォーム開始!


 こんなんなっちゃった。スポーツ・ナイター


 派手すぎるよ! クリスマスでもあるまいし、赤と緑の取り合わせって、そりゃ見事な補色対比。よくよく見ると、スポーツ・ナイターと言っても、野球じゃなくてサッカーコンセプトだぁ?
……サッカーには何の興味もございません(○`ω´○)

 軍師が見物にやって来て言うにゃ「このタイプはショップ検索でも紹介があるので他でも見られるんですが、「スポーツ・デイ」は無いんですよねぇ。見てみたいなぁ。デイタイプに変更してみませんか?」

 デイですかい。真昼間仕様ですかい。ただでさえ派手なサッカーコンセプトがさらにパワーアップするんですかい。

「チケット代、俺が出してもいいですよ?」

 自分の部屋でやれやヽ(`Д´)ノ

 すったもんだの末、デイタイプのチケット代と、さらにそれを私が気に入らなかった場合、別のタイプに変更するための費用も負担するから、という条件の元に、再びリフォーム開始! このケバケバしい赤緑混在よりはマシな物になるであろうか?








スポーツ・デイ
もっと派手だよorz

 派手というか、より軽薄な感じに。赤と緑に負けないくらい、青とオレンジもこれまた補色なんだよなぁ(;´ρ`)

 でもなんかネタとしては美味しい気がするので、耐えられなくなるまではこれを保持してみよう。

 えー、素材を適当な値段で置いておりますのでよかったらお立ち寄りくださいm(_ _)m

関連記事
2006. 10. 06  
 さて、大型VUが実施され、惑星モトゥブへの道や新ミッション開放など、大きな期待と共に大量のアクセス者が殺到したメンテ開けのPSU。20回ほどリトライしてログイン。ちなみにワールド2の方は一発であっさり繋がった。リトライにかけた時間も10分も無かったし、まずまずの滑り出しだったと思う。

 食後、軍師と一緒に新エリアめぐりの開始である。これは、やっと行ける様になったモトゥブの酒場でのショット。
酒場

「オヤジ、酒もってこーい」
「乾き物もよろしくねー」
 この世界、椅子があればちゃんと座ることが出来るのが素晴らしい。特にこのスツールは向かい合って座れるあたり、いかにもそれらしい感じが出ていて、とても気にいった。
 ネットゲームの肝は、いかにその世界に感情移入をさせるか、という演出にある。一見、ゲームシステムとなんの関わりも無いように見える、こういうささやかな生活感のコーディネイトは、実は大変重要なものであると、私は考えているのだった。

 が、まずガッカリしたのは、モトゥブならではの新ファッションに期待していたのにスカを喰らった事。初期服以外売って無いとは……ここはどんな貧しい辺境ですか? ってことか?

 服を買うあてが外れたので、武器ショップに駆け込んでテノラ・ワークス製のソードと槍を購入。ナックルと双小剣のスキルがカンストしてしまったので持ち替えようというわけだ。

 てなわけで、新ミッションエリアに新武器持って突撃ー!
モトゥブミッション

 ディ・ラガンの先のルートも含めて、手当たり次第に回りまくる。ちょっとまたガッカリしたのは、目新しい敵の少なさ。
「こいつら、草原や緑林で出てきたエネミーの使いまわしじゃん!」
「挙動が違うから良いじゃありませんか、この鳥なんか、吐くのは炎じゃなくて雷ですよ?」
 いやー、悪いけど納得いかない。パルムとニューデイズのエネミーはまったくタイプが異なっていた。3つしか惑星が無いのだから、モトゥブもその2つの惑星とはまったく違う生態系を持っているのだという設定にして欲しかった。

 ぶっちゃけ手抜きとちゃうんかい!? と言いたいだけだけどね。

 オンマゴウグの使いまわしのボスと遭遇した瞬間、ガッカリ砲にはエネルギー充填120%。
 しかもこのオンマゴウグもどき「ディマゴラス」、滞空時間が長すぎて、ハンターはほとんど攻撃できない。超苦手なハンドガンを撃とうと、主観で狙いをつけようとした途端に、紫色のイソギンチャクのようなモノをぶつけられて気絶してししまったりする。こっちは手が出せないわ、仕掛けてくる攻撃はイヤラシイわで、ハンター的にはPSU最悪のボス。軍師の弓が無かったら倒せなかったかも知れない。たかがCのボスなのに! こちとら31なのに!

 弱体されて不遇タイプとなってしまったレンジャー救済ボスなのかもしれないとは思うのだった。
 プレイヤーは弱体、敵を厄介に。こんなイヤミな調整は別のネトゲでもうウンザリなんだけどっ?!ヽ(`Д´)ノ

 部屋に戻って、ソロでモトゥブで死にまくったというWさんも含めて3人で雑談して落ちた夜でちた。


 今日はふと思い立って、ハンター18LVだったオブリーンをフォースに変更してみた。フォースの動き方について軍師が詳しいコラムを書いてくれていたので、参考にして動いて見たくなったのである。

 なかなかこれも面白い! 俗に言う「引き狩り」スタイルで楽々と敵の群れも処理できる。火力もハンターよりあるようだ。レスタと火と氷しかテクが無いので、他のも試してみたいところである。
フォース1
フォース2




 さて、Sさんを始めとして、FFでの知人が何人かワールド1には来ていて、お互いの部屋を行き来したりもしているのだが、なにせ万単位のプレイヤーが1つに集うシステム故か、サーチ機能というものが無いに等しいので、見事なほどにまったく逢えないヽ(゜ー゜;)ノ
 リアルで日時と場所を指定でもしない限り、知人と偶然にどこかで出会うなんてのはほぼ無理なのではないだろうか。一度逢えさえすればパトカ交換で居場所も判るようになっているのだが。
 どうにも、この辺のコミュニケーションの困難さ加減にはなんとか対策を施してもらいたいところである。

 てか、Sさんっ、今日なんかマイルームすれ違いタイムラグ、たったの数分でしたわよっ! いつになったら逢えるのかしらぁーーーー(⊃д⊂)
関連記事
2006. 10. 05  
 まずはこちらをご覧になって♪

 前々から噂は聞いていたけど、こういう状況は心の底から素晴らしく、かつ、稀有な事だと思う。ある意味、ネットゲームという仮想世界で味わえる中での一つの究極の喜びが、此処にあるのではなかろうか。馴染みが深すぎるガンダムという世界で遊ぼうという気には私は今はなれないが、現時点、このゲームをプレイしている方たちには、おそらくは「今現在」にしか成立し得ないであろう奇跡のような時間を思う存分味わっていただきたい。

 この先、ネットゲームが一般化するほど、こういう幸福はありえなくなっていくような気がするんだよね。あるいは、珍しくも無くなっていく、と言うべきか(´ω`)
 それにしても、ブログの画面から音声がありありと飛び出して聞こえて来た気がしたというのは流石に初めての体験だったかも。


 さて、長期メンテナンス中のPSUである。今回ストーリーモード関係のメンテは早期に終わったらしく、「まぁほんじゃずっと放置だったストーリーモードやってみようかねぇ」とアクセスしてみたのだった。

(解説しよう! PSUというゲームは、ネットワークモードとストーリーモードに分かれた仕様になっている。世界観に基づいたサーガ(物語)が楽しめるのはストーリーモードの方なのだ。ネットモードの方には現在ストーリーというものが存在しない。世界だけが在って、そこで他人と遊べるだけ、という感じに過ぎないのだ。なお、PS版ではメンテナンス中でも問題なくストーリーモードがプレイ出来るが、PC版の場合は、「メンテ中はストーリーモードもプレイ不可」が当たり前になっている。なぜそんなややこしい事になっているのかということまではデータの管理がどーのこーのと複雑なので知りたい方は独自に調べていただきたい)

「えっと、確か、ちょっとだけやってみたので、不細工なチンピラ兄弟とPT組んだ辺りまでは進んでいたはず……」
 なのに! セーブデータがありませんって言われちゃったよ(;´Д`)
 しょうがないのでまた最初から。何度見ても、この凄まじいクオリティのイベントムービーには意気消沈。

 が、前回とは私のリアル戦闘スキルが段違い。ザカザカと敵を片付けながらどんどん進める。

 こ、これは! 思っていた以上に面白い!?

 戦闘と強化ばかりが主体で、かなり味気なさも感じるようになって来たネットモードの現状だったわけである。ましてや、ミッションの選択肢が余りに少なく、同じところをぐるぐる回るのも飽きかけていた最近でもあった。幸い、昨日今日のメンテで、大型アップデートが来るわけだけれども……。

 このゲームは、世界がどういうところなのか、どんな物語が進行しているのか、という知識を持った上で、なんのために戦うべきであり強くなるべきなのか、という目的意識というものを補完してやるべきなのだ、というのが判った気がする。

 つまり「ネットで楽しみたいならストーリーモードもやるべし」という結論に辿り着いたわけなのだった。

 世界と物語が分離されている、というのは、ゾッとするほど現代的であるとも言える。
 現代的だからと言って褒めちゃぁいない。ぶっちゃけ、そういうのは嫌悪対象だ。世界も物語(つまりは個人的なヨシナシ事)も、渾然一体だからこそ面白いのだ。「世界の中心が自分」と思っている人間が増えている昨今、そういう人達にとっては、この分離性は大変に心地良いモノなのかも知れないが。

 ともかくも、分かれてしまっているものは仕方が無い。ネットワークモードをより楽しみたいと願うなら、ストーリーモードもやりましょう。これだけは多分ガチ、である。

 あー、でも、2章で出てきた、ゴーグル使ってどうのこうのというシステムは凄くイヤだったかも。そこで疲れて放置中だったり(´・ω・`)

 ちょい乾いた感じの内容なので、「LV30到達記念・ニューデイズ中継地点にて」の爽やかな朝日(多分)ショットで〆とこうかね。
多分朝日?

関連記事
2006. 10. 03  
 今朝、夫の人とコンビニに入るとコレを見つけてしまったわけで。
やわ戦グッズ

「パパ、買って('∇')♪ 買って('∇')♪ 買って('∇')♪ 買って('∇')♪」
 有無を言わさず2個ほど引っ掴んでレジへ行く。
「パパ、ありがとっヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノありがとっヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノありがとっ」
 箱側面のラレコ先生のコメントが実にナイスなので、見かけたら是非手に取る事をお薦めする。では、すみやかに退却ーっ!



マビノギあの世話*****脳筋トリオが今日も行く*****

 いまだシナリオG1がクリアに至らないギルド仲間、S君とTやん、そして私の3人とで、待ち合わせの上、アルベイダンジョン攻略進行。
アルベイ前にて


 赤玉ダンジョンや緑玉ダンジョンなど回りまくる。ラグが酷くてさんざんだったりしたが、トータルでかなり稼いだのではないだろうか。3人とも残るは銀玉ダンジョンのみ、という段階になったところで仕切りなおし。

 スイッチ叩きを担当することが多いのだが、今日も私は絶好調でビンゴを引きまくる。
「すげぇ、神が降臨してる」
「降臨とは失敬な。むしろ私が神そのもの!!」ホホホホホ( ̄▽ ̄)

 また銀玉ダンジョンもよろしく!



PSUご案内話*****かかって来いドラ*****

 馴染みの無いゲームの世界では、知らない常識、学ぶべきルールなど、知識の山に立ち向かわねばならないのは当たり前。
 
 やってきたばかりのWさんにあれこれ私なりに情報を……って、「1を訊かれたら30喋る」悪い癖はどーにも治らない。自分がそれをされたらオーバーフローするだけなのになw

「控えめにしなくちゃな~」と思いつつ、今日はディ・ラガンにひっぱっていってしまったのだった。LV12と18のハンター二人だけで、かなりデンジャーだったが、アイテム使いまくりで勝利!
「逃げ回れば、死にはしない」ってとこかしら(´ー`)
ディ・ラガン再アップ分


 ビス子の方は、軍師のフォースともどもまもなくLV30に。ディ・ラガンAも間近ナリよ! 軍師謹製メイガラインのエクストラスロットにHP回復パーツも付けて、張り切って行くじぇー!


関連記事
2006. 10. 01  
 コミックマーケットの代表、米澤嘉博氏が亡くなられた。心からご冥福をお祈りします。

 同人誌即売会という文化を作り出し、推進し、かくも見事な大輪の華と咲かせたその偉業を、私たちオタクは決して忘れる事はありません。コミケの魂よ、永遠なれ。


PSU再会話*****ビックリしたなぁもう*****

 いつものごとく、軍師とパルムやらニューデイズやらで暴れまくり、LVも27になり、「ふー、今日もいっぱい稼いだザンス」と一息ついていたら、ケータイにメール着信音が。
 確認してみてビックリ。およそ2年ほどぶりの古いフレからからではないか!(ぶっちゃけ、リネ2時代の血盟主ですわよYさんっ)
 もっとびっくりしたのは「PSU始めたのですが」という内容。

 なんで私がPSUやってるって知ってるのかwwwこれがブログを書いて(満天下に恥を晒して)いる、ということなわけだな(ノ∀`)タハー


 ともあれ、どのユニバースのどこに居るのかを確認して逢いに行く。
 リニアラインのミッションに引っ張り込んで、軍師と二人がかりで戦闘指南。
 キーボードだけで操作をこなしたいらしいけど、やっぱりコントローラーをなんとかした方が良いと思うよ、ウン。
 でもゲーム慣れしているのか、初日の私よりは遥かにマシな動きだったそうな。FFやリネ2とはいろいろ作法が違うので最初は大変かもだけど、まぁきっとなんとかなるんじゃないかと思われ。がんばりなされーヽ(゚∀゚)ノ
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。