--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 05. 30  
 タイトルは、ニコ動発生の「らき☆すた」BGMの歌詞。
 ほーら、一度合わせてみると、もうそうとしか聴こえなーいヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


 息子の職場実習面接に同行する。
 そういえば、ジーパンやTシャツで行くわけには行かないのだった、と服装選びで大いに焦る。
 もうお判りだと思うが、太りすぎて着られる服が無いのである。

 ブラウスは3Lサイズの真っ黒の長袖があるので良いとして、問題はボトム。
 なんとかお尻を収めるサイズのパンツはあったのだが、膨れすぎた腹が苦しくてしかたがない。結局、ホック部分にゴムで姑息な細工をしてオーバーブラウスで誤魔化すことにw

 面接先の回転寿司チェーンは、オートメーションシステムを整備して経費を節減し、その分材料には気を使って安価を達成しているタイプのようだった。面接してくれた店長が「正社員は私だけです。あとはすべてパート、バイトです」と説明するのと聞いてちょっとビックリ。大胆な組織運営だと思ったのだった。こういう場所で、息子がどう立ち回れるのかは良く判らない。無事に3週間を過ごせるといいんだけど。

 面接の後、付き添いの進路担当の先生と一緒に、そこで昼食にする。息子は初めてワサビ入りの寿司に挑戦して、なかなか美味しそうに食べていた。デザートにプリンアラモードを食べたら、プリンに甘みがほとんど無くて、またビックリ。不味いわけではなく、寿司屋で出るデザートだからあっさり味にしてあるのか、と納得。ちなみに、「まかない」は無いらしいので、毎日弁当を持参しなければならないそうな。

 そういえば、2学期からは学校の給食もしばらく止まるので、弁当の日々が続くのだった。
 急激に増加している障害児数の現状に、ハコ(施設)の対応は常に遅れがちである。息子の学校も、息子が入学した年度に教室の増設などを行って、収容人数を大幅に増やしたのだが、来年度はさらにそれを遥かに上回る入学予定数であるらしく、給食室を根本から建て直さなければならないのだそうだ。

 面倒が増えるけど、しょうがないよね(´w`)


 どうも最近、著作権がらみで不穏な空気を感じるので、少しくらい勉強しておいた方が良い気がした。
 しかし私はたいへんに頭が悪いので、普通に真面目な著作権法の解説本などを手に入れて読んだとしても、ヘタすると理解できないストレスで寿命がマッハになる危険が大いにある。

 で、チョイスしたのが「2ちゃんねるで学ぶ著作権」

……とても噛み砕いてわかりやすい内容にしてあると感じるんだけど……それでもやっぱりよく判らない(ノ∀`)こりゃもうダメかも。


 この本と一緒に「円卓生徒会3」も届いたんだったわー(゚∀゚)!

 ラノベ、というのを、私は良く知らない。(ジュブナイルなら判るけどさw)
 突飛も無い設定、都合よく回りすぎる展開、やたらと色っぽいドキドキシーンの繰り返し、などなどは、「ラノベ」というジャンル世界のお約束、基本要素として、丸呑みにするべきなのだろう(文句を言う筋合いじゃない、という意味で)。

 私にとって、このシリーズの最大の価値は、著者自身の投影であろう主人公の、女性に向かう想いの特殊さである。優しい、とか、思慮深い、とか、そういうありきたりの表現では追いつかない要素があるのだ。

 愛だの恋だのという綺麗ごとの奥に潜む欺瞞の数々。
 じゃぁ、愛情ということの、本当にあるべき形、本質はどういうことなのか?
 そのことを、ラノベという形の中のキャラ描写を通して、青少年たちに伝え、世間の意識そのものを変えて行きたい、そんな願いまでもが見える気がするのである。

 あらまほしい、愛情の本質。それが、日本という国で「男らしい」とされているモロモロの要素と、いかに相反することか。ここにある思想は、ある意味、大変な反発を呼ぶものなのかもしれない。だから、どーした! 呼べば呼ぶほど、私は大喜びだ! 意識は時代と共に変わっていくもの。実状に根ざした根拠を喪い、形骸化した「男らしさ、女らしさ」というイメージだけを後生大事に抱きかかえて、本質を見ることも出来ず、変わる事も出来ない惨めな人達は、ヒステリー起こして喚き散らすのが関の山であろうから。

 グダグダ言ってるけど、まー今巻、ガーウェインちゃんの「真実」が実に泣ける。少女騎士ばかりなので、私が萌えるキャラってのはいないわけだけど、全然問題無し。少女キャラたちへの視点、視線そのものに萌えるから! つまり私、やっぱ結局、著者萌えなんやね~(*´д`*)

関連記事
スポンサーサイト
2007. 05. 27  
 カミナショックでガス欠ですよ(´_ゝ`)
 今日放映のOPからカミナが消えててますますフシュゥゥ~ですよorz
 でも
「私の彼との間には性別を超えた友情の絆が云々」
「それは都合の良い男だったという意味では」
 ツッコミ容赦無さ過ぎ爆笑w


 膝の痛みが消えたのでブートキャンプ再開。
 少しずつ継続時間が増えて、基本プログラムの3分の2くらいまではなんとかやれる。
 でも、ファイティングスタイルトレーニングがやっぱり厳しい。
 1から8までカウントして1セットとか2セットとか言うんだけど
 1・パンチ
 2・パンチ
 3・パンチ
 4・ジャブ
 5・ステップ
 6・ステップ
 7・バックキック
 8・ステップ

 これを4ビートじゃなくて8ビートでみなさんこなしておられる。
 パンパンパンジャブ、ステステキッ……ステ、パンパンパンジャブ、ステステキッ……ステ、

……でけるかーっ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
 年寄り用にテンポ落としてプリーズ。


 先週は息子の求職登録が学校であり、面接に同行。ハローワークの方と質疑応答タイム。息子は緊張するとまともに声も出ないタイプなのでハラハラし通しである。
 3年生は、職場実習が3回ある。最初の実習は、某回転寿司チェーンのバックヤードで本決まりの感じらしい。バックヤードとは、皿洗いや簡単な調理補助など、早い話が厨房(使うのが躊躇われる単語であるw)のお仕事。6月から3週間、なかなかハードな日々が待っていそうだ。


 土曜夕方のアニメ「ラブ☆コン」が今熱い。熱いというか、2週に渡って私は大谷の小僧に激怒中。
「オンドレそれは鈍いなんてレベルとちゃうぞーo(`ω´*)o!」
 それにしても周りの男はことごとく役立たずなのが、現代的って感じ?
 お化け屋敷で硬直した男を抱えて逃げるのが乙女の方なんだよねぇw
 まぁね、ものわかりが良すぎる男女がさっさとケリをつけちゃったら、ラブコメなんてそこで終了だからしょうがないっちゃぁしょうがないんだけど。

関連記事
2007. 05. 23  
 今日は暑かった。とにかく暑かった。
 気づけばツツジの花もすっかり枯れ果てて、今はバラがあちこちで咲き誇っている。それもそろそろ盛りが過ぎているようで、これからはアジサイの季節かな?

 アジサイというのは、土壌のペーハーによって色がとりどりに変化するので、戦前までの日本では忌み嫌われていた花らしい。不誠実、変節、裏切りなどをイメージさせるので、忠義忠孝の精神に合わないものとされ、庭に植えるなど考えられもしないモノだったそうな。
 戦後、日本人の意識が大幅に変化して行く中、その不思議な色合いの変転ぶりが「面白い!」ということになり、急速に普及したのだそうだ。春と言えば桜、梅雨と言えばアジサイ、みたいに思っていたが、意外に歴史は浅い風景なのだね。


 さて、息子の学校の広報委員会活動も、5月末の入稿予定を目指して作業たけなわである。
 PCを使いこなせるのが名目上私だけである関係上、デジタルカメラなどのデータの管理や出力などをこなさねばならないのだが、あっちのデータがこっちに移せないとか、このカメラとそのカメラとどのカメラのデータを全部どうこうするとか、老化が進んですぐにテンパる脳味噌を抱えてキーキー言っていると、
「無いと思っていたんですけど、ありました」
 とカメラの部品を揃えてくれる人や
「夫がパソコンを買ったばかりで、それに付いてきたものらしいです」
 とフラッシュメモリを供出してくれる人が現れたり、少し効率的になってきた気がする。

 レイアウト作りに時間がかかりすぎているので(レイアウトだから大雑把で良いのだが、けっきょく皆さん、定規など使って徹底的に丁寧に作りこんでしまうのだった……)月末は修羅場かもなのだった。

 2学期に作る予定の次号は、もっと余裕のある態勢になるといいなぁ(´д`)


 ビリー先生のアップテンポエクササイズについていくのはやっぱり無理があったのか、見事に膝を痛めてしまい、かばって動いていたら今度は反対側の足の付け根と腰に来た。
 ヨーガみたいにまったり動く運動がいいのかもしれないけど、なんか全然楽しくなさそうでやる気にならないんだよねぇ……ビリー先生は楽しそうなんだもん。やっぱ、気分とかノリって大事なんだわよね♪

「世界樹の迷宮」大詰めの模様。新しい階層で明らかになる衝撃の事実! あー、こりゃ確かにTちゃんが「攻略サイト見ちゃダメ、絶対!」と言ってくれるハズだわ。どんなオチが着くのやら。正直、戦闘はすっかり飽きちゃって、もはやプレイは睡眠薬代わりと化してはいるけどサ( ̄▽ ̄;)

関連記事
2007. 05. 20  
 ぬああぁぁーっ!

 私はッ……!


 死亡フラグなんて大ッ嫌いだあぁぁーーっ!!


 今後10年はすべての死亡フラグにむかついてやる! うわぁーーん!(>Д<;)
関連記事
2007. 05. 19  
 今日は息子の養護学校の高等部限定運動会。運動会見物もこれが最後かと思うと感慨深い。

 だが、朝から雨模様で、いったん夫婦で学校に行ってはみたものの、グラウンドに誰もおらず、
「こりゃ、中止になったんだね」「最後なのに残念だなぁ」と、とぼとぼと雨の中家に戻ったのだった。

 1時間くらい家で過ごすと、広報委員長からメールが。
「撮影用のカメラが不調なので広報のカメラを持って来てください」
 あれ、運動会は中止みたいだけど、まだ先生紹介の写真の撮り漏れとかあったのかな? 不審に思いつつ、とりあえずカメラだけもって駆けつける。

 あらーっ?! 運動会、やってるじゃん! なんで? 確かに雨はもう止んでいたけど……あの人っ子一人いなかった会場はいったいなんだったんだ?
「実は開会式だけ体育館でやっていたんです。そのうち雨も止んだので、すこしスケジュールを変更して予定通り開催となりました」

 とほほ……(´д`)

 結局、家に飛んで戻って、弁当その他を荷造りしなおして(すでに解いてしまっていた)、夫と一緒に飛び出す。今日だけで家と学校、3往復。あーあ。

 でも、無理するだけの価値はあるのだった。今年は、息子は応援団員でもあるのだ。
 短距離走では堂々の1位。
「あの欽ちゃん走りしか出来なかった子がねぇ……」
「でも、欽ちゃん走りをやってた小さな頃は、表情が明るかったよ」
 屈託なく運動を楽しんでいた子供時代は過ぎ去ってしまったのだった。
 なにがそんなに辛いのか、と訊きたくなるような苦渋の面持ちで歯を食いしばりながら、それでも誰よりも的確にコース取りをしながら、2位の選手の走行妨害もスルーして、必死の1位キープでゴールまで駆け抜けた息子。偉い。偉いとは思う。だが、ここまでベストを尽くすことに神経質になっている姿は、親として不憫を禁じえないところである。お気楽脳天気な青春、なんてものは息子の生き様には無いのだなぁ……厳しく育てすぎたせいなんだろうなぁ……(´・ω・`)

 昼食が終って応援合戦。息子は太鼓で音頭取り担当。

 最後のマスゲームは、比較的体力のある3年生男子の組体操でフィナーレとなる。
 組体操の華はやっぱり人間ピラミッドなわけだが、予想もしなかったのは、他ならぬウチの息子が頂上担当であったことだ。思えば、高等部入学以来、身長162センチ、体重50キロジャストから、3年間まったく増減の無かった子である。つまりは、ガリでチビなのだ。(顔つきもあどけないので、小学生と言っても通るくらい)一番上を任されるのは当然と言えば当然だったか。
 なんだかんだ言っても、華々しい姿が観られてめでたいのだけど(*´д`*)
 最後の運動会は最高の運動会だった。紫外線で体調ガタガタにはなったけどね。


 懐かしい「先行者」のムービー見つけたのでペタ♪
 カットをいっぱい抜き出してオリジナルTシャツを作って着てましたわよワタクシww

関連記事
2007. 05. 17  
 ひどい筋肉痛にヒーコラ言いながら、毎日ちょっぴりずつブートキャンプ。初日、10分でぶっ倒れてたのが20分には延びた……「コラッ! セットを間引きまくっているからだろうがっ」
 とにかく凄く汗をかく。下手にTシャツを汗で濡らしたままだと、それが急激に冷えて良くない。
 類稀なる美貌で有名な女性タレントが、家のリビングではすっぽんぽんで大股開きのストレッチをやっている、と噂に聞いたときにはナンジャラホイと思ったものだが、実は合理的なことだったんだな、と実感。一段落ついたらそのままバスルームに飛び込めばいいんだもんなぁ。


 アマゾンから、オタク2大巨頭による対談本「オタク論!」が届いたのでゴリゴリ読む。もうとにかく凄まじく面白い。オタクとはいつまでも子供である部分を失わない存在ではあるが、それでもさすがに初老という年齢に差し掛かってきたオタク第1世代のお二方ならではの、良い塩梅に枯れた視線がキリッと全体を引き締めるスパイスのようになっている。押し付けがましさがないのがイイ。
 
 全編これ名言至言の嵐であり、もう片っ端から付箋貼って引用したくなったのは山々なのだが、まぁなんだ、買って読むのが一番よ!



 個人的に一番感じるところがあるのは
「男は女とか恋愛とか嫌いなんですけど、それじゃモテないからバランスを取って生きてる」
 というあたり。
 恋だの愛だの、女の機嫌取ったりするのウンザリ、男同士で遊んでいる方が楽しいのに……でも「モテない」ってなにより辛いから。という感じか。

 さてさて、いったい「モテる」とはどういうことなんだろうね?
 なにを求め、なにを求めていないのだろうね?

 ちなみに「モテ」を英語に翻訳するのは無理があるそうだ。日本独特の概念と言って差し支えないのだろう。
 モテれば勝ち組み、モテなきゃ死にたくなるほどミジメな人生。

 ねぇねぇ、なんか変だと思わないの?
 それほどまで人生の幸不幸を左右する「モテ」ということ。その言葉の意味について真剣に考えたり語ったりするべきじゃないのかな、そろそろ。オタクだろうがそうでなかろうが関係なくね。多分、人間そのものの本質に関わる話になる気がする。

関連記事
2007. 05. 14  
「ビリーズブートキャンプ」
 という単語をよく見かけるようになった昨今。
 どうやらエクササイズ教則映像と道具のセットのことらしい。

 太り過ぎも太り過ぎ、もはや普通に歩くだけでも、脂肪と脂肪がぶつかり合って動きにくい状態にまで至っており
「このまま太り続けるならいっそ死んだほうが」
 と思わないでもない今日この頃。
 唐沢なをき氏のマンガのように
「デブチンじゃ、デブチンじゃ、奥様はデブチンじゃ」
 と夫の人に囃し立てられても文句一つ言えないだろうってくらいのもんである。

 で、まぁ、ビリー先生の所に入門して、ブートキャンプレッスンをつけてもらおう! と思ったわけなのだよ。
 この教則映像ってのが、なんともゴキゲンなノリになっており、観ているだけならとことん楽しそうなのである。
 畳1畳分のスペースがあれば出来る、というのも素晴らしい。なにせ都会の貧乏暮らしだし。

 さっそく開始~♪

……10分後。
「びっビリー先生私もうダメですっ!!!@w@;;;;;」

 最初の基礎編の映像が半分過ぎないあたりで見事なノックダウンであった。
 滝のように流れる汗。感覚の失せた手足。明後日は間違いなく筋肉痛。中年だから来るの3日後。
……これさぁ~せめて、テンポ5割増しくらいにゆっくりにならないかなぁ(´・ω・`)



 電王:リュウタロスと一緒に警察まで踊りだすシーンに驚愕。これなんてブルースブラザース? もう降参。電王、最高♪

 グレンラガン:なんという死亡フラグ、来週は間違いなく惨劇。イヤーッ、カミナ死んじゃいやぁぁぁ。゜(゚´Д`゚)゜。

 らき☆すた:オタクの大半がドン引きであろう、堂々の月○ネタ。いいぞ、もっとヤレヽ(´ー`)ノ
 女ってのはなぁ、男の手前勝手な幻想のネタのために生きているんじゃねーんだよ! ドン引きしてる場合じゃないよ、ボーヤ達?
「お、オレは引かない! オレは妄想と現実を履き違えるバカじゃない! オレは女性のありのままを愛する!」
 と言う君はこの書収録の「女王様でも」という短編を舐めるがごとく読むように。「女の国の門」ってのもさらに強烈でいいですぞ( ̄▽ ̄)イヒヒ
関連記事
2007. 05. 10  
 今日は午前中は広報部の編集作業、午後イチから印刷所へ説明のため出向き、その後は学校にとって返して、3時前から息子のクラスで個人面談、とスケジュールの詰まった日だった。

 編集作業が押しまくって、昼食を食べる余裕も無いままに、OZ近くの印刷所に1時前に到着。
 ところが、印刷所の戸を開くと

「学校で説明の約束があるといって、出かけたんですが」
「ええっ、こちらにお伺いしてお話を聞くって、言ったつもりだったんですけど」

 見事な情報のすれ違いが起きた模様。

 結局、どうにもならず、また来週の部会の日に来てもらうことになった。部会メンバーが揃っているところで説明して貰える方が、後々のためだとは思うけどさ、あーあ。

 印刷所連絡担当の人が「ごめんね、思い込みで決め付けちゃってたみたいなのが悪かったみたい」としきりに謝っていたけど、なんとなく、バベルの塔の伝説の真理を悟ったような気もしたのだった。思い込みばかりが深く、他に想像力を働かせることの出来ない人間が増えると、組織的活動はガタガタになって行く、ということなんだろう。

 学校そばのファミレスで遅めの昼食にしよう、という流れになり、車を出してくれたメンバーが学校まで送ってくれることになった。

 学校内の駐車場に車を入れるため、他のメンバーは先に下車して、校門の大きな鉄の門扉をガラガラ開ける。
 無事車が入って、また門扉を閉めようとしたときだった。

「うんせっと……重い門扉だよなぁ……ギャーッ!!」

 サンダル履きの足の指を、門扉の車輪に思いっきり巻き込んでしまったのだったΣヽ(゜Д゜; )ノ

 これはまったくもって私の不注意。せめてサンダルじゃなくてまともな靴だったらば、こんなに痛い思いはしなかったはずなんだが……学校の医務室で湿布をしてもらう。

 ジンジンする足を引きずってファミレスへ。うーん、こういうところって、高いわ不味いわで、できれば遠慮したい場所だが、とにかくPTAがらみって、学校最寄のファミレス集まりって否応無しに多いのだ。耐えるしかあるまい、1年間。財布にも厳しいし、ヤなんだけどな(´・ω・`)
 さすがに高齢の主婦が多いので、更年期だのバネ指だのリューマチだのビタミンが効くだの、そういう話中心。ふ、フ……ファァァ……( ´O)η←噛み殺したよちゃんと!

 時間になったので、学校に戻り、面談のほうはつつがなく終って、自転車をそーっとこぎながら帰宅。

 ええもうスイマセン、愚痴しかなくてすみません。DSの大樹迷宮に引き篭もっているよりは幾層倍人間らしい活動だとは判ってるけどね。

 すさんだので最後くらいナゴミ系。カッピバラバラ♪ カッピバラバラ♪



関連記事
2007. 05. 06  
 ゲキレンジャー>銭湯で戦闘するなw
 エレハン・キンポー:水島裕ってマジ受ける、とか思っていたら、次の師匠はバット・リーっつって、声が池田秀一って噂なんですけど。こうなったらジャッキー・石丸・チェンにもお出まし願うしかないわね。ユン・野島・ピョウも忘れるな!

 電王>銭湯に立て篭もるのはまぁともかく、銭湯関係者が誰も出てこないってのはどうかと思う、なんて常識の残る脳で見る作品ではない。固定観念はすべて捨てるんだ!

 グレンラガン>なんという総集編。早すぎだろ、常識的に考えて(こんなケースも今年はあるけど)……という不満のあらかたはおぱーいでぶっ飛ばしますかそうですか? ロシウちゃんのキャラが個人的にツボなんで出番増やしてプリーズ。

 私はここまでで自室に撤退したものの、その後夫の人が飛び込んできて「鬼太郎にも風呂屋出てキター」。

 なんか申し合わせでもあったんかしらん?



 連休はたいして何もしてなかったのだった。新宿にルーターを買いに行って、讃岐うどん食べたくらい? 息子はとしまえんにボウケンジャーショウを観に行って、入園料1000円のところを、愛の手帳割引で500円にしてもらったそうな。本当にとしまえんは気前のいい、良心的な遊園地だと思う。

 DSソフト「世界樹の迷宮」買ったんだった。これは良い! 凄くハマる! ウィザードリィと萌え要素の合体攻撃とはやりますな。
アルケミストの男キャラが特にお気に入り。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 銀縁!ギンブチ!
 ⊂彡
関連記事
2007. 05. 03  

 やー、これはちょっと観てみたいなぁ。生身じゃ再現難しいタイミングなんだけど、どこまで迫れるかな。

 息子の足指の膿瘍は、患部が皮膚表面なので切開の必要は無いらしく、毎日消毒して抗生物質を塗っていればなんとかなるとのこと。ホッと一安心だが、
「炎症が治まったら、液体窒素でジュッと焼く処置をした方が良いかも知れません」
……(´д`)
 そーゆーの、経験が無いから判らない。注射やメスよりはマシなのかなぁ。


「ハヤテのごとく」
を5話まで観る。放蕩三昧の両親がこしらえた多額の借金のカタに富豪の家に身を売った少年が執事として闘い続ける、というぶっ飛びコメディ。
 意外だったのは、少年誌連載の原作だったということ。執事ドリームっていうのは乙女のためのものだと思っていたからだが、観方をちょっと変えれば、「誰かを守り助けるために持てる力のすべてをかけて尽くしたい」という、いわゆる「騎士様願望」が変形して現れているだけらしい、と納得が行った。ナイトも執事も同じ、ってこと。「依存する女性」と「依存されることに依存する男性」双方に受ける要素がある設定ということになり、なかなかうまい所を突いている感じだ。楽しく軽快に観るにはなかなか良いかもしれない。

 予算や手間ヒマはTVアニメの常識の範囲内、つまりちょい安っぽいけど(グレンやらきすたの方が異常と言える)、深刻さを徹底的に排除して、カラッと仕上げている姿勢も評価できる。ただ、パロディネタがかなり多いのだが、マンガなら伏字で対応する部分をピー音で隠すやり方は、じっくり確認可能なマンガと違い、ただ流れて行くだけの映像では適切とは思えない。こういう寸止めはパロディの醍醐味を損なう。工夫が欲しいところである。

 なによりもこの作品の白眉は、ナレーションならぬ「天の声」の存在かもしれないけどね!
 是非、冒頭からたっぷりと堪能していただきたい。
 場合によっては「強力わかもと波動」にすっかりシンクロしてしまって、無意識のウチに「執事ィ、それは仕える者、執事ィ、それはかしずく者ォ……」と物真似を垂れ流してしまって赤面するという副作用に見舞われるかもしれないが、そういうのもたまにはなかなか良いモンですぞ?

関連記事
2007. 05. 01  
 タイトルはこなたちゃんに見える顔文字ってことで。

 夕食後、息子の足の指がひどく腫れていることが発覚。明日病院に連れて行かねば。

「なんでこんなにひどくなるまで黙っていたの!」
「……ガマンすることがたいせつなんです……」

(´;ω;`)ブワッ

 確かにお尻のおでき治療のときに暴れたから「ガマンしなさいっ」って叱ったけどさ……。

 春からのアニメの中で、最高に面白くてお気に入りだった2作品(グレン&らきすた)にたてつづいて起きたアレコレでコンボ来てたところにさらにダメージ。

 凹みすぎたので今日はもうアキマヘン。

 ニコ動だけど和み系を貼っておこう。
「ひよこまんじゅうのできるまで」

 他にもいろいろある模様(´ー`)
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。