--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 05. 30  
マクロスFを7話まで観る。

いいわーいいわーすっごいいいわー! もう観る麻薬状態。これほどまでに宇宙戦闘が快楽であるのは今まで知らない。ありがたや。長生きはするものである。
馴染んでくるとキャラ達の物語も楽しめるようになった。アルトもシェリルもランカちゃんもみんな良い子だ。「私の彼はパイロット」を歌うシーンや、戦闘しか知らなかった種のゼントラさん達が穏和な表情になって牧童をやっているところなどを観ていると
「嗚呼、長い年月が流れたんだなぁ」と感慨にふけってしまうのだった。まこと、円熟を感じる作品である。文句があるのは歌唱だけだね。

親が鑑賞しているところに息子が興味深げにやってきて「観る?」と誘うと
「いやいやいや、ぼくのキライなせんそうです」
うん、そーだね。戦争を好きになんかならない方が良い。
でも母みたいにうっかり戦争が好きになっちゃったりした場合は、こうやってウソの戦争を楽しむべきなんだ、ホントでない戦争を味わうことで、ホントの戦争を望まないで済むようになれる。これぞ平和貢献というもの。



アーサー王物語(アンドレア・ホプキンス著)読了。次は「アーサー王百科」だー!
アーサー王、面白い。高校生のころに円卓騎士物語は読んだのだけど、当時の私はさっぱり理解できてなかったことを思い出す(理解できたのは伝説の悲恋・トリスタンとイゾルデの話のみ)。
何が面白いって、人物の行動とかが、とにかく突飛。ぐだぐだ。一貫性が無い。なんでやねん! なんでそーなるねん! と突っ込みの嵐である。

このカオスっぷりには理由がある。アーサー王とその周囲の物語というのは、広大な地域と年月に散らばった膨大な伝承の寄せ集めだから、というのがその一つ。また、時代背景、精神文化、風習などの違い。一人の人物についての話を、まったく立場の違う国々でてんでバラバラに書いたりもするので、キャラぶれも当然すさまじい。魔女とか神秘のアイテムとかボンボン出てきて、ものすごいスピードで話が進んだり進まなかったり。めくるめくような、情熱と混乱の祭りである。
この隙だらけでガタガタのお話が、長年にわたって多くの人の心をとらえ続けた理由がやっと判った気がした。想像の余地がふんだんにあるからなのだ。読み手のロマンをたっぷり滑り込ませる隙間だらけだからなのだ。

て言うか、そもそもロマン、ロマンス、という言葉そのものの語源が「騎士の物語」という意味なのだそうな。

戦いと愛に生き、あるいは死す。そういう夢は広く万人に求められる、人類の基本のようなものなのかもしれない。マクロスFも、21世紀の騎士物語(ロマンス)だということなんだろうな。グィネヴィアみたいな糞女が登場しないように切に願うよ。



関連記事
スポンサーサイト
2008. 05. 27  
クッキー焼いて待機。
だって観てると無性に甘いものが食べたくなるし。
視聴率も15%前後と好調らしい。
そりゃぁもうヒロ君ともこみち君、観てるだけで気持ちイイもんね。
でもシナリオはアホの極みよ。ホントにもうね。

マクロスフロンティアを3話までやっと観る。
すこぶる気持ちいい。

とにかくメカ戦がいい! すごくいい! 
人間が映るとどうでもいい! 一気に陳腐化。でも主人公のアルト君は初代マクロスのより100倍は魅力的かな(´ー`)
ED歌の子(シェリル)、歌姫って設定らしいけど、歌のしょーもなさには辟易。こういうところはこの作品の肝なのだから、いくらなんでももうちっと上等なのはいなかったのかね、真面目に探したのかね、と思うわけ。あれじゃぁリン・ミンメイ(飯島真理)の方がずっとマシだった。声にアピールがちゃんとあった。とはいえ、後者を褒めるつもりもまったく無いけど。


最近、図書館で神話などの本を借りてきて読んでいる。アーサー王がらみも(限りなく神話)。


「おお、日本史上最強の女傑!」

神功皇后って人なんだけど。
早死にした夫の意志を継ぐ感じで、なんと身重の体で軍勢を率いて海を渡り、産気づいたら「まだ早い!」と石を腹に巻き付けて押さえ込み(!!!)見事隣国を従えて凱旋、その後60年以上の長きにわたって君臨した、とあるそうな。
うひょースゲーおもしれー、と、もうちょいと調べてみたら、実在性はほとんど無い、てのが判ってがっかり。関西の人なら住吉大社(すみよしさん、と呼ばれてる)に祀られてる存在ってことで、親近感は高いだろうと思うけど。
どうやら卑弥呼と存在性が合体している節もあるようで、まぁ興味ある向きはこのあたり関連をググってみてください。

関連記事
2008. 05. 13  
アリエネー展開の連続に目も覆わんばかりだがやはりイケメンから目が離せない「絶対彼氏」の落ちつきどころとしてはやはり

婚姻と繁殖は人間同士でやって、ナイトはアンドロメイドガイとしてサポート役、2人と1体で末永く幸せに暮らせば良いではないか良いではないか

あたりが収まりどころか。問題は嫉妬の解消だろうけど、さぁどう処理するのかな。

嫉妬プログラムを削除したら自我も消えちゃった、てことでも起きれば私の目からウロコも落ちるってもんだけど。そんなコアなところまでシナリオ行くかな?


開発者・並切(佐々木蔵之介)がとても良い。実のところ、若いイケメン2人を堂々押さえ込んでトップに躍り出る勢いの存在感。喪男でマッドなサイエンティストなんてツボすぎる。嗚呼私ゃアンタの過去バナが知りたい♪



関連記事
2008. 05. 13  
以前できてたことができなくなってる。
以前覚えていたことを忘れていく。
以前は判っていなかったことが判ってきてるから、いいっちゃいいんだけどね。

久しぶりに長文をブログに書いてたら、指先のミス一つで全部消えた。さっき。
「以前なら」ちゃんと保存しながらやってたのに。やれてたのに。
「なんとなくめんどくさくて」
ちゃんとできなくなって来ていることが増えた。
そのうちたいへんなことをしでかしそうな気もする。

光触媒の本が面白かった。
いとうせいこう氏の「職人ワザ!」が面白かった。
テノリオンというインターフェイスが面白そう。12万じゃ買えないけど。すぐパチモン来そうだけどw

電話できて、音楽聴けて、動画観られて、ネットできて、カメラになって、ゲームできて、財布になって、読書リーダーになるケータイが欲しい。まだですか。

「まえだまえだ」という漫才コンビを息子が観ていて
「こんな子供がお笑いをやってるなんて……」
とつぶやいた。
なんたる迷惑。お笑い志望の息子を説得し続けてようやく堅気の仕事に就かせたというのに。
それはそれとしてもだ。

子供をこんな形でTVの商品にしてしまうことの意味と結果。
お笑いなんて子供でもできる、なんて意識が蔓延することの以下同文。
周りの大人は考慮しないのだろうか。よからぬ事にならねば良いけど。

「伊丹の前田兄弟」
なんてのはン十年に1度の激レアケースだと断言しておくよ。




関連記事
2008. 05. 01  
 マイミクS君発掘の爆笑動画inニコ動御紹介。

 ドラゴンボールGENJI

 なんじゃこりゃぁぁぁ!
 キモい! キモすぎる! キモすぎて笑うしかない!
 まさに80年代の黒歴史ではなかろうか。

 ちょっとリサーチしてみたくなったなぁ。
 当時、彼らの大ファンだった乙女達にとって、これは「フツーにありのステキ映像」だったのかどうか。
 そして、今観たらどう思うのか。
 ついでに、今はどういう相手が萌えなのか。



 思えば30年以上前、セーラー服の中学生だった頃の私はジャニーズ出身のタレントに激萌えだったころもありました(´w`)

 けど……。

 ヤマトやガンダムに熱中するようになった頃から、価値観が激変していったんだわねぇ……ちなみに私は長らく「一山十円」という言葉が気に入りだったのだけど、若い人にこの表現が昨今は通じないw
しょうがないので「一山百円」にレートを上げたり「百円均一」とか言ってみたりするんだけど……え、なんですか? いやぁねぇ、私は何もジャニーズの話なんてしていませんよ? ジャニタレと百円均一なんて何の関係も無いですとも、あるわけ無いじゃないですか、ねぇ?( ̄▽ ̄)ヲホホホホ




関連記事
2008. 05. 01  
 最近、TVのある部屋に引っ越したので、視聴機会が増えた。
 夫の人が「お宝鑑定団」が大好きで、日曜午後の再放送を、なぜか自室ではなくて私の寝床の裏の方のTVで見たがる。
 なんとなく付き合って見ていたら、たまに価格をドンぴしゃで当てたりもできたりして、なかなかに楽しい。ゲーム攻略感覚で骨董をしげしげと観察するようになってしまった。

 そのうち、猛烈に「ホンモノ」が見たくなってきたので、夫の人と上野の博物館に出向いたのだった。
 東京暮らしも長いのに、上野の博物館には行ったことが無い。動物園なら何度も来てるんだけど……ハイ、ご存じの方にはもうお判りですね。

「ど、どっから見たら良いんじゃーいΣ(゜д゜lll)!!」

 上野の博物は想像を絶するボリュームだったのだった。
 
 そもそも、博物館と、科学博物館は別だし。
 博物館だって、テーマ毎に何棟もあるし。
「と、とりあえず、骨董がありそうなところから……」
 ってんで、東洋館から攻めることに。
 いやー、この建物だけでももの凄い物量なんだなぁ。ガンダーラ様式仏像から始まって、紀元前から清朝陶磁器までまで、そこはもう「博物」ってからにはアレヤコレヤの怒濤のごとし。
 困ったことに、私はこういうところに来てしまうと、一つ一つをじーっくり見てしまって「抜く」という事が出来ないので(抜いて眺めはじめたら、なんのためにここに来たの? ってくらい何も得られないのが判っているので)疲労困憊する。
 でもとても面白いので、小休止を挟みながら頑張る。
 陶磁器のあたりで、特に心に残る壺に出会った。
 深く艶々とした濃紺。中央部は白抜きになっており、ピンク主体で桃が描かれている。
 よく見ると、ピンクのコウモリも飛んでおり、根方からは怪しげなフォルムの霊芝が生えている。
 コウモリは中国では福をもたらす目出度いものらしい。霊芝と桃も、長寿繁栄に繋がる生命力の象徴。
 とかなんとか解説を読むより先に、その壺から飛び込んでくるイメージってのは、もう端的に
「エロース」
 以外の何ものでも無いのだった。
 ぷっくりとまろやかな形状。どこまでも深い紺。なめらかな筆致の桃の実の色香、贅沢にかけられた釉薬の塗れたようなつややかさ。
 夫の人と二人で「この壺エロいよねぇ」「あ、やっぱりそう思う?」「まさにエッチだね」「いいねぇ」「色っぽいねぇ」と萌えまくる。
 まさか骨董が色気を出すとは思っていなかった。このインパクトは、陶器ならではのものだと思う。平面の絵画では出来なかろう。
 帰りに土産コーナーで、その壺の絵はがきを発見したのだが、写真に撮られたその壺のなんと魅力の減じられていることか。艶も足りず、色も褪せている。なにより存在感が無い。
「やっぱ現物だよ! 3次元だよ! ライブでないとこの魅力は味わえないわよ!!」

 後ろ髪を引かれる思いで東洋館を後にし、本館をちょっとだけ見て、さすがに足腰と眼がガタガタになったので帰宅する。3時間近くも見まくっていたことになるわけで、運動不足の豚婆にはハードであった。だが至福の3時間でもあった。上野の博物のこれでも10分の1も見ていないようなので、リベンジを固く決意する。

 博物巡りってのは、老後の楽しみとして大変に良いのではなかろうか。
 若い頃には、こういうものの魅力はさっぱり理解できなかったのだけど、いろいろ知識を蓄えた上で眺めると、あらゆるものの味わいの深さが違う。
 それにいたるところに「博物」の展示ってあるしね。死ぬまで楽しめるんじゃないかなぁ(´ー`)



関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。