--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 10. 30  
熱愛発覚だそうな。

今年元旦の私のブログ内容がこうなっている。奇しくもヒロ君、絢香ちゃんの両方に言及の在る内容。自分で確認してちょっと可笑しかった。

私が歌手の歌唱を褒めることというのは、特にTVなどのマスメディアに露出している日本人の若手歌手相手に対しては滅多にあることではなく、およそ特異と言って良いケース。(何しろ紅白歌合戦を視聴している時間の大半が、外ヅラばかりの自称歌手なる能なしどもへの罵詈雑言噴出で埋まるのだからして)

アイドル的ではなく、高圧的でもなく、ただただ歌いたくて歌っている、歌うことの意味を知っている、まさにシンガーの名にふさわしい、「実」と「真っ当」を感じさせる歌手だったと記憶している。

良い相手と巡り会えて良かったね。
物事の「ほんとう」が、いったいどういうことなのか。
それが何より大事なお互い同士であれますように。
彼女が本物のシンガーであったならば、そういう人と共にある人生というのは、平穏なものではありえない。
けど、いずれにしても、独りでいたとしても、平穏な人生なんてものが無理でしかない、ヒロ君もそういうタイプだろうからね。
いろんな事がこの先あるだろう。人間関係とは妙なもの。相性が良すぎても、同類過ぎても、思い遣りが有りすぎても、むしろそれだからこそ破綻しちゃうことも多いもの。
何があろうと起きようと、それこそがお互いの魂の糧になりますように。

傷つけられ、振り回され、消耗させられ、ボロクズのようにズタズタになって、愛してるのか憎いのかすらわからなくなって、すべて捨てるか自分が死ぬかあるいはいっそ殺してしまおうか。そこまで思いつめるようなことがあったとしても、

「あの唄を聞いたらぜんぶ許すしかない」
「あの演技を観たらすべて許すしかない」

そういうところを目指して欲しい。がんばれ、若人。


*****************



「いや~しかしぶっちゃけ、なんつーか、もっとゴミみたいなしょーもない小娘とどうのこうのって可能性もあったわけで、あれくらいちゃんとした歌手がお相手で良かったよ。私が見込んだ実力の持ち主って感じでさぁ……」
「なんか、偉そうなシュウトメみたいだな、『アタクシの眼鏡にかなうお嬢さんでないとね』みたいな」

!!!!!

若手男性タレントについて、あーだこーだ、ああするべき、これはダメ、挙げ句の果ては「私が育てた」等々をネットでほざき散らす年配女性は「バーチャルオカン」と呼称され忌み嫌われているという……(´_ゝ`)
じっ、自重。


関連記事
スポンサーサイト
2008. 10. 29  
「ケメコデラックス!」「かんなぎ」それぞれ初回だけ視聴。

ケメコの方はさすがの水島努演出。バトルアクションシーンのハイテンションとスピード感は相変わらず。
けど「ドクロちゃん」や「大魔法峠」のようには心をそそられないのはなぜなんだろう。
キャラの配置、設定など、あまりにありふれた要素ばかりで、「ヒロインが二頭身のヘンテコスーツに入っている」という異常性以外に、なにも新味が無いからかもしれない。どっかで見たような人物、どっかで見たようなドタバタ、どっかで見たようなそこそこのクライマックスしか無いのだろうなぁ、と1話から見透かせてしまって、多分今後は観ないと思う。

「かんなぎ」は格調高さと、ギリギリまで研ぎ澄まされた感性の炸裂が感じられて、実に結構だった。こちらはこの先も見続けていたい、と思わせるだけの魅力が画面から溢れている。ヒロインも、特別な清楚と気品に満ちており、凡百の萌えアニメのそれとは一線を画しているレベル。

しっかし、かんなぎといい、ケメコデラックスといい、「なんの変哲もない男子のところに突然降って湧く美少女と騒動」というパターンであり、
「なぁなぁ、そろそろまったく違うナンカ、やってくんないかいぃ('Д')!」
と、うる星やつらで青春を過ごしたおばちゃんは思うわけだよ。ぶっちゃけ、こういうタナボタ恋愛なんて吐き気がするほどウンザリなんだわねっ。


青春つながりで、極度の高中年ホイホイ動画をペタリンコ。次々と動画が移動していくので終わりが無いところがミソ。作業用に最適だが、年代によってはまったく作業にならなかったりするデンジャーも潜むので要注意であります。




1029.png

腰痛でしばらく安静&通院してたんで、必死に減食しても単なる横ばい(´_ゝ`)
関連記事
2008. 10. 24  
唐突に、夫婦そろって「天体戦士サンレッド」にハマる。

これは、イイ(・∀・)!
「らき☆すた」同様、日常にべったり貼り付いた生活感の「あるあるネタ」中心なのだが、これまたらき☆すた同様、クソだるい日常に潜む笑いを絶妙な演出タイミングでだれることなく見せていく。これができるのは、手練れ(てだれ)のクリエイターのみである。もちろん原作の質も高いのだろうが、一見超チープなアニメと見せかけておいて、隠し持ったカミソリのごとき切れ味がチランチランと舞い光る様に痺れっぱなし。主題歌も大変に魅力的で、是非カラオケで歌いたいノリの良さだ。

そしてもう、ヴァンプ将軍の萌えキャラぶりといったら!
声を担当する山田ルイ53世なる芸人さんのことは「なんかテレビでルネッサーンスとか言ってる人?」以上の認識は無かったのだけど、いっぺんにファンになってしまいそうだ。
悪の組織を率いているにもかかわらず、なぜか気弱なオカンみたいな、でも感受性豊かで心優しい将軍に、DQN系ヒモのサンレッドに日々消耗させられているであろうかよ子さんが意気投合して色んな話を振って楽しそうにしているところなんぞ、人生の妙のエッセンスを見るようであった。(当然、拗ねたサンレッドとケンカになるのも含めて)

ニコ動などで最新話が見られるので、興味のある方は是非。今日の深夜には4話目がリリースされる模様である。
関連記事
2008. 10. 24  
1024.png

うううむ。下げ止まりというか、反発が始まっている。
どうやら、ダイエット初期特有の急に下がる段階が終了したようだ。
「もう運動しないと下がらないわっΣ(゜д゜lll)」
ということで、とりあえず天気も良いし、片道30分の小金井のドン・キホーテまで自転車で走る。
30分走り、店内を見回って(何も買わず)40分(ォィ)、また30分かけて帰宅。

帰宅すると、リビングの電球の大きい方が切れている。
「明日もドンキに行って、買ってくるよー」

幸い天気も良いので、また走る。またしても余分なアイテムに目を奪われ店内フラフラ。
ふと、ある商品に目が止まった。
「こ、これは!……どう見てもビリーバンドです本当に(ry」
もちろん、商品名はただの「シェイプアップバンド」。でも形状といい素材といい、そのもの。

「ビリーズブートキャンプを再開するかぁ……」

目覚めて今朝。雨がけっこう降っている。
こりゃ今日は自転車は無理だなぁと腹をくくって、昨年秋ごろくらいからお見限りだったビリーズブートキャンプを再生。ワンモアセッ!

かっ、硬い! 体が動かん! ああ、とにかく無理しちゃダメだ、初日みたいなモンだから、ちょっとだけやって朝風呂入ろう。

結局20分ちょいでギブアップ。久しぶりの割りに頑張ったよなぁ、それにしても自転車なんかとは比べ物にならないくらい汗出るなぁ。
おや? いつもなら風呂あがり後しばらくしたら汗が引くんだけど、運動した後ってなかなか汗が引かないなぁ。代謝が上がってるのかな、いい感じである(゜▽゜)

またちょっとずつ毎日ビリーやって、天気が良ければ自転車で遠くに行って、とにかく基礎代謝を上げないと、もう減食だけじゃダメっぽいよなぁ。まぁ頑張ろうっと。また2日後か3日後くらいに筋肉痛が来そうだけどさ。歳とるってヤーネ。


とか、大変に前向きな午前中だったわけなのだが。

午後1時30分。
いっ、痛いっ!
腰が、腰が痛いぃぃぃぃ!
筋肉痛とかそんなじゃなくて、単に腰が痛い! どーしよーーっ(>_<) ←アホ
関連記事
2008. 10. 21  
「      は危険な社会を作り出す凶器」

うーん、私だったらなんて入れようかな。
「資本主義」かな。
「学歴偏重主義」かな。
「人種差別」とか。
「カルト集団」なんてどうかな。
「アナーキズム」とか今どうなんだろ。
ある種の支配体制で苦しみ抜いた人なら
「共産主義」と叫ぶかも知れない。
信仰のある人なら
「無神論」と説くかも知れない。

うぅぅむ、どうも、コレ! とか言えないなぁ。私、バカだし。こんな強烈な定義をズバッと断言できるほどの、見識とか教養とか知性とか持ち合わせてないし、良く判りませんよ。「危険な社会を作り出す凶器」の定義ねぇ。

え?
絵がそうなる、だって?
まさかそんな。
昔から言うじゃん、「絵に描いた餅」って。
紙に描いた絵が、危険な凶器になるだって?
で、絵がいっぱいモニターに出てくるだけの「ゲーム」が、そうだってぇ?

いやぁ、まさか。
バカだから良く判りませんが、いくらなんでもそんな世迷い言っつーか、妄言吐いてる人がいるなんてねぇ、いあいあ信じないワケじゃないですが。昨今、奇天烈な人も多いしね。(モンペとかなんとか?w)でもなんにせよ、そんなことを本気で信じてる人が居たとしたら、そんな人を信頼はとてもできませんな、うん。

社会がとんでも無いことになってるのだとしたら、そこにはもっと重い、深い、大きなものがあるはずだと思うよ。自分の気に入らないものはとにかく規制しろ、闇に葬って当然、と疑いもなく信じ、主張してしまうような思想を産み育ててしまう土壌のような何か、とかさ。


1021.png

なんかちょっと上がってるよ! 上がってるよ!><
関連記事
2008. 10. 17  
これは愛♪

「五龍奇劍士 METAL KAISER」


きっと愛♪
「Chinese Original Tokusatsu Hero--Armor Hero鎧甲勇士(Opening)」

全部愛♪
「金甲戦士」



みんな、どこまで日本の特撮ヒーロー好きなんだと。
がんばれ! 本家を超えてゆけ!

アタシ的には、特に五龍奇劍士は、平成ウルトラシリーズより心地よかった! 
関連記事
2008. 10. 17  
クローズドβに当選したというメールが来たので、SEGAの「iA(インターネットアドベンチャー)」にアバターなどの登録手続きをしてみる。

うーん、これは、日本風の味付けで、簡易に作った「Seconde Life」みたいなものだろうか。
とりあえず、操作感がメタクタで、お話にならないレベル。ネトゲの綺麗なポリゴン背景に慣れた私にはきつすぎる。
唯一、面白そうだと感じたのは、サイトのページにリンクした3Dゾーンが作成されて、そこでチャットで交流可能だというところ。たとえば、私のこのブログにリンクしたアイランドで、アバターチャットが出来る、ということだ。島に家を建て、いろいろコーディネイトもできるらしい(未実装)。
アクセス数の多いブロガーさんのアイランドには、ものすごい数のプレイヤーがひしめくことになるのかもしれない。タレントのサイトのアイランドだったら、ファン同士で盛り上がったり、仮想ライブになったりするのかも? こういう発想には未来を感じる。
だが、基本的なシステムがもっと洗練されていないと、ユーザー拡大は難しいだろうね。とりあえず、マウスで視点を動かしたら、楽々と360度回せるくらいは最低限できないとね。

週末は、カレーなど、簡単でカロリーの高いメニューが多くなるので、平日になるべく節制ー(´_ゝ`)

1017s.png
関連記事
2008. 10. 14  
通信簿なんて何十年ぶりじゃろぉのぉ、フォフォフォフォ(´w`)(作成はこちらへ)

tushinbo.png

性別が男性なのはともかく(パソコン通信時代から、自己申告しない限りは男性と思われていたしw)、年齢が11歳って判定ってのはぁ!Σ(゜д゜lll)

いいんだ。死ぬまできっとガキだ。

はふー。ガマンできなくてバタートーストにベーコンエッグ食べちゃった。
1014.png
関連記事
2008. 10. 12  
「ドキッ! 男だらけの水泳大会」と聞いて「水嶋ヒロの海パン一丁姿が見れるぅっ!?*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆」とばかりにTVに貼り付き今か今かと待っていたというのに

「オレ塩素アレルギーで参加できないんだ」


と観客席にいるとは!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻ソリャネーヨ

とはいえ、幾十人いるとも知れぬ美少年大集団の中でひときわ燦然たる美麗さはたっぷり堪能できたからいいや(´ー`)

このドラマ、天道総司とぼっちゃまのみならず753も出てたんねw可愛い可愛い♪

このドラマにさきがけて、イケメンヒーロー特集なんてのもやってたので見てたんだけど、そっちではスルーだったのが残念。戦隊史上最高の超絶美形集団であったところの「星獣戦隊ギンガマン」から、一番、そのあの、お顔がムニャムニャだったブルーがチョイスされるという皮肉さ加減も、世の定めの不可思議さのようなものを感じさせますのことよ。

最近、TV見る時間が増えてるなぁ、ワタシ。当社比3000%ぐらいじゃw(過去20年統計)
関連記事
2008. 10. 12  
はいはい、待望のウサビッチ続編配信開始だよー♪
10月末にはDVDや関連商品の販売も開始らしい。ネット中心で作品を展開して、どこまでの収益を出せるのか、注目のコンテンツである。ああ可愛い。グッズ片っ端から欲しいぃ。

今日は夫の人と自転車で小金井公園まで。この公園は、設備も素晴らしいが、ひんぱんにフリマが開催される点もお気に入り。100円のコーデュロイシャツや30円の石けん、エビスビール(じゅるっ(´¬`))のマーク入りポロシャツを300円で買ったりして、大きなエコバッグはパンパン。満足満足。帰り道、松屋でビビン丼を注文。味が濃くてとても美味しかったが、半分ちょいしか胃に入らず、残りは夫の人に食べてもらった。満腹度調整はうまく行ってるとは思う。
1012.png

う^^;うう^^;;;

またニコ動ネタでアレなんだけど、あまりにぶっちらばっているので貼ってしまう。
「強力わかもとソロステージ3本立て」

コメントに「若本の無駄づかい」とかあったけどw……まったく、ナンテコッタイ/(^o^)\
それにしても、ついに無料お試し提供に突入とは……繁栄も昔日の夢ってとこ?

むしろリネージュ2にフリートライアルがあるなら戻ってみたい気もしてきた。こんなの聴いてたら懐かしくなっちゃったし。
だが公式を久しぶりに覗いてみたら、ネカフェや商品と抱き合わせの形でなければ無料サービスはまだ無い模様。がんばってるなぁ。なんか、やたらとサーバーは増えてるし。まだまだ元気そう。


今日のゴーオンジャーは、話がやたらめったら生臭くて、そりゃまぁバカ受けはしてたんだけど(初めてゴーオンイエローに感情移入したわwあとゴーオンブラック可愛いすぎる)、洒落にならない終わり方に「え? それでいいの?」とポカーン('Д')
あまりに現実的なバッドエンドを、幼児に突きつけない方が良いと思うのだけど。
もちろん、あの姉が今後もたまには出てきて、最終的に懲らしめられて改心するとかいう展開があるのならともかくね。あの姉に比べて、ガイアークたちのなんと人の良いことよ。侵略者どもより、同胞の方が心あくどく卑劣だった、なんて容赦の無さは、戦隊物ではかなり稀少かもしれない。

キバについては……これ以上イケメン増やさないでくれ! ひー!(マジ悲鳴)
753のエピソードがもはや同人誌ネタレベルになっていて、涙を誘います。いいぞもっとや(ry
関連記事
2008. 10. 11  
イイハナシダナー(;∀;)その1
「公的資金投入の薦め G7ガン無視」

今年2月の記事。これ、ぜひぜひ、コメントまで含めてご覧いただきたい。18番のコメントから急に日にちが飛んでいて、全部併せて読んだ上での面白みである。

経済の「け」の字も判ってない私ですら、ここ1、2ヶ月の動きはあまりに強烈すぎて、ガン無視はできなかった。幸い、ネット上には多様な情報が溢れていて、その中には小学生だってもっとまともな見識を持っているだろうと罵られても仕方が無いくらい、経済というものに無知無関心だった私ほどのアホウにも理解できるほどに優しく噛み砕いた解説もあるのである。まっこと、ありがたいことであった。特に、経済の「け」のそのまた基本のイロハのようなことがらなどを、ヴァナ・ディールの風クリ相場などになぞらえて語ってくれたネ実の識者の皆さんには格別深い御礼を申し上げます。

私ほどの無知でも判る。現在の世界の経済状況は、かならずや私たちのホンのすぐそこの未来の生活にちょくせつ影響を及ぼす危機。何の資産も持たない一庶民として何をすべきか、なんてことまでは私には不明だが、踊らされてパニックになることだけは避けねばならない、これだけは鉄板だろう。
次に、「だれかがなんとかしてくれるだろう、してくれるべき」などという甘っちょろい期待は持たないこと。国だろうが人だろうが、自分のことは自分でするべき。誰も護り助けてなどくれないのが、当たり前だと肝に銘じるべきなんだよね。


と、まぁこんなことを考えたりしているのが常態の私なんだけど。

ブラブラとネットを見回ってたら見つけた、こっちはマジで良い話だなー(;∀;)その2
「昭和60年、テヘラン」

AA(アスキーアート)を駆使した、絵巻物スタイルの大長編である。マンガ文化から発展した日本独自のAAの奥深さ、ネットという限られたデータ交換の中で感動を伝えるために凝らされた工夫なども含めて、日本人に生まれて良かった、と心から思える作品。
ちょっとトルコに行ってみたくなった。
ちなみにトルコ料理は中華、フランスと並んで世界三大料理と讃えられているそうな。じゅるぅっ(´¬`)

……昨日、今日と、ちょいと多めに食べたら、たちまち跳ね上がるグラフたん。いやんっ。連休はまだあと2日あるのよっ。
1011.png
関連記事
2008. 10. 10  
ダイエットでもっとも危険なことは、むやみな減食で栄養障害を起こすことである。
これまで3回に渡って、ほぼ0カロリーな食品について述べてきたが、もちろんこんなものばかり食べていたら大病を患い、命も落としかねない。血や肉(脂肪にあらず)として身体を構成するのに必須な食品まで欠いてはならないのである。
タンパク質は特に重要な栄養である。
だが、動物性タンパク質は脂肪とセットになっていることが大変に多い。
そこで、なるべく低脂肪なタンパク質を選んでいくのが望ましいのである。

牛乳は低脂肪に切り替える。ただし、不味い。物によっては、水分で文字通りの水増しをされて価格を下げている粗悪品もあるので、まぁこんなものは飲めた物ではない。生乳100%を選べばマシ。

大豆加工品は強い味方である。納豆とダイエットの関係についてはどっかのマスメディアがミソをつけてしまったが、納豆が大変に消化の良い高機能食品であるという本質には何の変わりもない。しかもローカロリー、なおかつ調理の手間も不要。独特の臭みをイヤがる人も多いが、薬味を工夫してみよう、私は納豆にもお酢を垂らすのが最近やみつきになっているのであった。
そして納豆以上に有効なのが豆腐。
「いますぐとにかくガツガツ食べて腹をふくらせたい!」
というときに最高。コンニャクでも寒天でも満たされない飢餓感にも対処する実力の持ち主なのだ。
やはり大豆のタンパク質が持っている滋味というものが、舌先から快楽欲求に応じてくれるからなのだろう。
幸い私は血圧だけは低いので、あまり塩分を気にせずに、ダシ醤油やポン酢など、気ままにかけまわしてスプーンでプリンのようにパコパコ食べている。すりゴマを散らすと満足度アップ。
もちろん、豆腐もまた安かろう悪かろうであり、安すぎる豆腐の不味さといったらもう犯罪的である。これも低脂肪乳並に「水増し」がまかり通っているからだ。高ければ美味いという保証も無いのだが、こればかりはいろいろ食べ比べてベストチョイスを自分なりに見つけるか、豆乳とにがりを買ってきてレンジで自作する手もある。

動物の肉ということになると、安くてローカロリーなのはやはり鶏肉。それもササミか胸肉。
ここで必殺技・鶏ハムを大プッシュ。
鶏胸肉の皮を剥ぎ、1枚に付き砂糖と塩をコショウを小さじ一杯ずつ塗って、ビニールに包み、冷蔵庫で何日か放置。
それを茹でたり焼いたりして火を通せば出来上がり。
詳しい作り方は「鳥はむの館」を参考にすると吉。
ウチでは、塩漬けにした豚バラと一緒に燻製にしちゃう。燻材にお金は確かにかかるけど、はっきりいって、どんなお客様にも自信もって出せるほどの味に仕上がるし、市販のハムやベーコンのボッタクリ加減を考えると、さほど高い費用とは感じない。

こんな感じかな(´w`)

ん~、なんか昨日あたりから、頭がボーッとするかも。
炭水化物(糖分)減らしすぎかな。
秋だよねぇ……火星赫奕、木犀馥郁、過ぎる夢幻は影の色……くっそーw芋とか栗とか美味しそうだよねぇ(食うことばっかりかい)。モンブラン食べたいなー(´¬`)
1010.png

関連記事
2008. 10. 08  
体重計を使い始めてからン週間。どうにも結果が出ない気がして辛い。
こんな感じである。

1008.png

一番下まで数値が行けば、30代のころの体重に戻るので、そこで試合終了で良いのだが。なに? この横ばい。毎日あんなに苦しい思いをしてるのに!o(`ω´*)o

ママチャリは負荷がかかるので、意外とダイエットには良いらしい……という談話を夫の人に話すと、
「毎日、井の頭(いのかしら)公園まで往復せい」
「えー、そりゃ、往復で1時間くらいだから、ちょうど距離はいいけど……道が危険だし、排気ガスもたっぷり吸いそうでヤダ」
「じゃ、石神井(しゃくじい)公園だ」
「排気ガスは吸わなさそうだけど、アップダウンは激しいし、道は複雑で危ないし」
「じゃ、小金井(こがねい)公園だ!」

小金井公園。
割と良いかも知れない。距離的には井の頭公園よりちょっと遠目だが、街道に沿っていけば良いので、道のりが安定している。それに、公園そのものも大変に広く、サイクリングルートもあるし……。
「うん、小金井が一番良いかも知れない」
と私が結論付けると、夫の人はこう言ったさー。

「自転車こいでも、こがねい公園」

晒してやるブログに晒してやる!


さて、減食作戦、今日は昆布編。
昆布は豊富な栄養と滋味を持ちながら、カロリーはほぼ0。値段が高いのは珠にキズだが。
チューインガムのように細く切って、モグモグ噛むと大変に良い、というのを、昔知り、妊娠中の肥満対策として、小腹が空いたら食べていた。なにせちょっとでも腹が空くと、猛烈に気分が悪くなって仕事にも何にもならなかったので、合間合間にちょいちょいモグモグ、それこそ朝から晩まで……。
その結果。
生まれた息子の髪は信じられないくらい黒々フサフサしており、とても新生児には見えないほど。そう、昆布には増毛効果もあったのだ。未だに息子の髪は大変なボリュームと硬さを誇っており、2センチ以上伸ばせない(ツンツン立ちまくるので)有様。ま、まぁ、禿げる心配だけは無いと思うよ、母に感謝するが良い(^ω^;)

閑話休題。
妊娠中にあまりに昆布を食べ過ぎたので、もうすっかりイヤになっていたのだが、そうも言っていられない。
毎日、みそ汁用のダシを取るため昆布を使うわけだけど、ダシを取った出がらしを千切りにして、煮物やきんぴらに加える。2番ダシも出るし、煮物の味もちょっと上がるし、食べられる量も増えるし、悪くはない。ただ、口当たりは良くはない。ちーと問題である。

おやつとして、スコンブ、というのがある。良く売ってるよね、コンビニとかに。
あれは、実は簡単に家庭で作れるようだ。「酢昆布 レシピ」で検索するといろいろ出てくる。
えーっと、酢に砂糖を合わせて、漬け込んで……なんだ! これってつまりすし酢じゃん! てなわけで、買い置きしていたすし酢に一握りほど刻んだ昆布を投入。一晩置けばすっかりスコンブ。
ある程度かじったあとの残りを、ネットに入れて天日干し中である。乾けば歯ごたえも増して、口さびしい時のスナック代わりになってくれるだろうことに期待。

嗚呼……新米の美味しい季節ですね……お腹いっぱい炊きたてゴハンが食べたいっすー……(´・ω・`)

関連記事
2008. 10. 07  
午前のエントリでグインアニメ化にちょっと触れたけど、気づいたら公式ページが大幅リニューアル、スタッフや制作会社が公表されてますのよっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/アタフタ

キャラ原案:皇なつきさんというのはイイ線だと思う。麗しすぎるほど麗しいナリス様に期待!

個人的に何より嬉しかったのは、音楽:植松伸夫氏であること。ブラーヴォ! ブラーヴォ!
うう……(TT)……感涙……。
大好きなんですよ、この人の音楽は。(特に人生のある何年かにおいて常にBGMだったし^^;うん、あは、エヘ♪)
言うこと無し。最高。サントラ全買い今から確定。

植松さん、どうか、なにとぞ、グイン・サーガを宜しくお願い致します。
世界がどれほど音楽によって輝くか。
誰よりもそれを理解しておられる方と信じて、伏してお願い致します。
関連記事
2008. 10. 07  
「嵐を呼ぶアッパレ! 戦国大合戦」実写にスピンアウトされるそうだ。
こりゃぁなかなかの珍事ですな。

今から予言しておく。
「興業を超えたとしても、アニメを超えはしないだろう」
原恵一氏の技量はそれほど高い。

青空侍を演じるのは、SMAPの草剛氏だそうで、こりゃ参ったな、ワタシ的な印象としてはこの人って、むかーし山藤章二御大が「あの夏バテしたお公家さんみたいなアンチャン」て評した一文に尽きるんで。侍として、漢として、そして何より骨の髄からの高貴な喪男として、どこまでも立派だったキャラをちゃんと演じられるのだろうか。不安。

とはいえ、実写版の監督は、アニメで描かれた戦術性の映像化に注目しているそうで、これはなかなか見所有りかもしれない。
たとえば、陣立てなどがちゃんとしている、「陣形戦」というものをまともに映像化している作品など、私はほとんど観たことが無いのだ。スターウォーズだのロード・オブ・ザ・リングだの、大合戦を描くのに大群衆がそのまま激突するだけの無能極まりない絵ならイヤほど観てきたけど。もうアフォかと。ヴァカかと。オマエラいくさ(戦)を何だと思ってるのかと。

話はすっ飛ぶが、春から放映予定のグイン・サーガのアニメ化において、私がもっとも心配しているのが、実は「ちゃんと陣形戦を描けるのかどうか」なのだ。もちろん、キャラデザがどうなのかとか、ナリス様(キャー!×1000)をいったい誰が演じるのか、とか他にも気がかりは山とあるけどさ。

グイン・サーガの冒頭である「辺境編」では、公女将軍アムネリスが率いるところのモンゴール軍1万余と、グイン指揮する蛮族セムの1000にも満たないゲリラ集団が丁々発止の競り合いを繰り広げる展開が、まさに物語の核であり白眉。
10倍の戦力比を、知略を尽くし、地の利を活かし、卑劣極まる謀略に手を染めてまで、ひっくり返さんとする様。これこそがもっとも重要なポイントなのだ。(グイン超強いとか、姫様カワイイとか、イケメン激萌えとか、そんな事ァ二の次だ!)こういう部分をキッチリと描ける技量がスタッフにあるかどうかが、アニメ化成否の鍵を握る。

どうかうまく行きますように。
どうかうまく行きますように。
祈るしかないのであった。

関連記事
2008. 10. 06  
週末は、家族で「さらば電王」を観に行った。
前作「クライマックス刑事」が、あんまりにもしょーもなかったので、実のところ、まったく期待はしていなかったのだが、実に爽快に楽しめた。アクションシーンの熟成ぶりは観ているだけで気持ちが良いし、良太郎とイマジン達との絆の深さや、「記憶こそが時間」という本編のテーマをさらに展開した形で「命が引き継がれていくことの意味」を感じさせる収束はファイナルにふさわしい素晴らしさ。文句無し。
電王があまりに稼ぐので、この映画も当たりすぎてしまうと、せっかく「さらば」とか「ファイナル」とか「これで最後」と謳いまくったにもかかわらず、やっぱり新作やスピンオフ企画をやらざるを得ない状況が起こるかも知れない。それを見越してか、映画の冒頭に流れるアニメ短編の内容に思いっきり皮肉と主張をこめて見せたあたりもなかなか笑えるのだった。

帰りに、夫の人がスターバックスでキャラメルフラペチーノなる飲み物をやたらとでかいサイズで買ったので、味見させてもらう。

!!!!!!(☆∀☆)!!!!!!キラーン!

あんまーい! うんまーい! なにこれなに。天国みたいな味。美味しすぎる。
これコーヒーじゃないでしょ。
飲むケーキかなにかでしょ。

ダイエットで糖分が不足気味の脳みそのシールドが決壊して、ちゅーちゅーしすぎてしまった。
それでなくても週末は、減食が難しいのに……(´・ω・`)


というわけで、本日は蒟蒻編である。

コンニャクは、寒天と違い、出来合いで完成している状態なので、食べるのには手軽な方である。
ただ、独特の臭みがあるので、これを除去するのが望ましい。

私の処置としては2タイプ。
まず、シラタキ。
こっちは細いので、臭みが抜けやすい。ブツッと切って、ザルで水をザーザー流して洗うだけ。
これにお出汁と、リンゴ酢をかけてつるつる食べる。リンゴ酢は米酢と違って酸味は薄目だし、優雅な香りもあるのでお気に入り。値段も安い。私はけっこう何にでもかけて食べるのだった。
何もかけずに、そのままみそ汁やスープに投入することも。ただ、みそ汁の場合、全体的にかなり水くさい感じにはなってしまうかな。
一度、カレーをかけてみたことがあるけど……いやぁー、これは、失敗、失敗ヽ(;´ー`)ノ

そして、普通の板コンニャク。
これはまず適当に切って、お湯で茹でて、よく水気を切り、お鍋でちょっと煎って水気をさらに飛ばしたところに、常備の「調味液」を入れて煮る。しばらく置いて味をしませてから、汁気が無くなるまで煮詰めてタッパーに保存。おかずにもできるし、小腹が空いたときにちょいちょいつまむのに良好。
「調味液」というのは、醤油と味醂と日本酒を1:1:1の割合で合わせたもの。私はこれをボトルに入れてあれやこれやと使い回しているのだった。煮物がサクッと作れていいよ! これに柚を加えると「柚庵地」という典雅な名前になるらしい。
スーパーによっては丸い一口コンニャクが売ってることもあるので、それを使えば切る手間もなくてもっと楽♪

棒状に切って茹で、味噌田楽もいいなぁ。ただこれは、作りたてでないとイマイチかも。



イマイチといえば……土曜夜の「Room of King」はかなり、その、はぁ、観ているのがキツかった……。
特に、プラダショップに立てこもってヒロインの頭に銃を突きつけていた犯人が、「贈る言葉」を歌われただけで、ボタボタ涙をこぼして投降するくだりなんぞまさに「すみません、アタシ帰っていいですか?(;^ω^)」
いや家に帰って観ていたんだけど。そういう意味じゃなくて。もちっと形而上の帰るべき場所へ。

ヒロ君すごくがんばっているんだけど。
なんとか彼の持ち味が出せるような展開になってくれると良いなぁ(´Д⊂

関連記事
2008. 10. 03  
「EVEの時間」

おお、いい! これは凄くいい!!
正統派ロボ物の香気。
たまりませんなー(*´д`*)
この先の展開に期待!

ロボ物として、アニメではないが「新・自虐の詩 ロボット小雪」も素晴らしい名作なので是非。

関連記事
2008. 10. 03  
とにかくダイエットしなければエライことになる!
ってんで、私の場合、食品知識がどうこうよりも、自分自身との精神的闘争の方が遙かに攻略の難しい命題なのである。この異常な食欲はいったい何なのだろうか。食欲と言うよりは、飢餓感としか言いようが無いのだが……。

腹が減る。腹が減るとついでに頭もおかしくなる。腹が減ってはなんにもできない。だからといって欲望のままにむさぼり続けてきた結果が医師も呆れる高脂血。

減食はせねばならない。
だが、同時に、空腹をも回避せねばならぬわけだ。
と、なると?

カロリーの無い物で腹を満たせばイインダヨ(゚∀゚)!!

しかし、言うは易し行うは難し。カロリーの無い物というのは、ぶっちゃけ美味しくないのだ。逆に言うなら、美味しい物は高カロリーってこった。美味しくて体に良くて太らない。そんな都合の良い食べ物なんて、この世にあってたまるか、なのである。もしもあるとしたら、そりゃ神の食い物(アンブロシア)ってこってすよ!

しょうがないので、美味しいどころか味もセセラもない、低カロリー食品をなんとか飽きずに食べ続けるための、工夫が大事だということ。

で、まずは寒天。
一時、これもバナナ同様、ブームになったせいで店舗から姿を消すほど人気だったのだが、今はいつでも買える。ありがたや。
とはいえ、行きつけの24時間スーパーでは、粉寒天しか売ってないのだ。あとは水で戻してサラダに入れて、っていう刻み寒天くらい(割高なので買わない)。
粉寒天1袋を500gの水で溶き、沸騰させたあと、タッパーにいれて放置しておけば固まる。
それをサイの目に切ってスプーンですくって食べるのがデフォルト。

だが、この寒天、なんとも不味いんだよねぇ。空虚な味わいというか。とうてい、そのまま食べられたものじゃない。すぐ飽きてしまいそうだ。
仕方がないので「必要カロリー」と割り切って、蜜をちょっぴりかけて食べる。
わずかな蜜で美味しくするためには、やはり蜜の味と香りが大切。一番良い感じなのがメープルシロップ。だが、高価なのが困った物。
あと、蜂蜜。これも最近は、収穫量が落ちているので昔のように安くはない。安い物は混ぜ物で薄められていたりするので、味も香りも台無しになっているので、買うだけ損。
寒天と言えば黒蜜だろう、ってんで、ちょうど家に黒砂糖もあったし、自作もしてみる……出来上がりを味見すると、なんだこりゃー! こんなの黒蜜じゃなーい!Σ(゜д゜lll)黒蜜ってのは、もっと、こう、ものすごい濃厚な香りとこってりした甘みのモノのはず! な、なんでやー!
どうやら、途中、アクをすくいすぎてしまった模様。つ、次こそは!o(`ω´*)o
今日は、明日お見舞いに持って行くスイーツ作りの日でもあったので、カスタードクリーム(油脂抜き)を作り、余ったのを寒天に合わせて食べてみた……う~ん……ビミョー……(´・ω・`)
最後に、意外な伏兵として、きな粉を御紹介。いちおう砂糖をちょいと混ぜたものだけど。これが意外と寒天に合う。大豆タンパク質も取れて良いかもしれない。

ふと、思い出す。
カーチャンは日本海沿いの港町の出身だった。家は網元で、家族も親族も皆漁師。海の恵みがどれほど豊かかを、よく聞かされて育ったものだ。
子供の頃、寒天をよくおやつ代わりに食べていたそうだ。
「テグサ(寒天の元になる海草テングサのことらしい)は、船からいくらでもすくえるし、それを鍋に放り込んで煮て、冷めたら固まってるから、そのまま食べるだけ」
「砂糖は? 蜜は?」
「そんなもん、いれへん。そのままで美味しい」

カーチャン……なんかおかしいよ? こんな味気ないもの、そのまま美味しく食べてたとも思えない。
もしかして、粉末になるまで加工されてるからダメなのか? テングサをそのまま煮込んで作った寒天は、実は自然の滋養に満ちた味わいだったりするのか? もしもカーチャンが山岡士郎だったらば
「一週間待っていろ。俺が本物の寒天ってものを(略)」
てなことになったのか? 
死ぬまでに一度、そういうダイレクト寒天を食べてみたいものである(´ー`)
関連記事
2008. 10. 02  
巷ではまたゾロTVに煽られたブームのせいでバナナ不足に陥っているらしい。

フッ┐(゜~゜)┌

mixiや実録系コママンガ誌などで紹介されていたので、私もやってみたのだ、この朝バナナダイエット。もう何ヶ月も前のことである。
タイトルからすでに結論だけど、まぁまったく効かなかった。
このダイエットは、朝食に、バナナもしくは他の果物(何でも良いが、一度に食べるのは一種、という縛りあり)と水のみを摂る、昼食や夕食は普通に食べてOK、というもの。

バナナは他の果物に比べて腹持ちが良い、栄養価も高いし、バナナ特有の粘りが胃腸をゆっくり通過するのに役立つので糖質の吸収もゆっくりなので……などという話もあるわけだが。

私に言わせれば、はぁ? でしかなかった。
バナナが腹持ちが良い? そりゃ一体なんの冗談ディスカー!?!?
朝、バナナと水(500ccくらい)のみでとにかく済ませる。
1時間もせずに、猛烈に腹が減ってくるのだ。それはそれはまさに凶暴としか言いようのない飢餓感だ。いっそまるきり朝食抜きで、空っぽの胃で昼まで居た方がマシなんじゃないか、って言いたくなるくらい。
バナナの量を倍にしてみた。
結果は同じ。
5時半にまともな朝食を食べて出勤する息子と一緒にバナナと水を摂って、2時間後には今度は夫の人を起こしてもう一度朝食支度となるわけだが、この時にはとっくに七転八倒のハラヘリ状態になってしまっている。
無理にここでガマンしても、9時、10時、11時、と何度も飢餓の山が襲ってくる。12時になるころには精神的にガサガサ。
バナナの量を通常の3倍にしてみた。
結果は同じ。ええい、私の胃腸はバケモノか!?

結局、1日3食が1日4食になってしまっただけで(5時半にバナナを食べ、8時にトーストやミルクやベーコンエッグを食べていた)痩せるわけなどなかったのだった。だって、お腹が空いて、気が狂いそうになるんだもん。精神的にヤバすぎたんだもん。
ただ、たった1つ確実な効能として、お通じが大変に規則正しくなる、というのはあったので、全くの無効というワケでもなかったとは言えるのだが。
結論として、私に朝バナナダイエットは効かない! ガマンが足りない人間に有効なダイエットではない、これは。このダイエット法で痩せられる人がいるとしたら、その人は他のダイエット法でも痩せられる意志と根性の持ち主ってことなのだと思うし、ましてや「ネットで話題」「TVでやってた」「みんながウワサしてるから」って理由だけで飛びついてしまう精神性の持ち主では、まったくの無駄以上に逆効果もありえるかもだろうと判断するものである。

もっと着実な減食を、ということで、100グラム単位まで計れるデジタル体重計をゲットしたのが10日前。
ルーズリーフノートに粗雑なグラフを設定して、食卓の脇に吊して、その前に体重計を置く。日に何度も体重を計って、グラフに付けて……グラフを見ながら食事をする毎日! 嗚呼っなんということだ、世間の目よりも何よりも、自分の体重に自分が追いつめられる日々! 下がっては上がり、また下がってはすぐ上がる折れ線の脅威! ギャー、ホラーじゃぁぁぁあ!

……2kgほど落ちました。
もちろん誤差の範囲でし(;∀;)

いっそのこと、このブログに体重グラフを日々大公開! しちゃえばますます自分を追いつめる感じになって効能アップか!? とも思ったのだが、グラフ作成って思いのほか大変なんですなぁ。私、エクセルとかのデータ管理ソフトの知識無いし。Web上で簡単にグラフ作成! っていうツールは、数値設定や打ち込み方がさっぱり判らんし。マウスでちょんちょん、とつついていくだけで作れる折れ線グラフって無いもんですかねぇ……。

関連記事
2008. 10. 01  
なんなの、ねぇ、これってなんなの、ねぇねぇ?(^ω^)

公式ページのどこをつついてみても、なんにも他のリンクとか出てこないし、ググっても情報が無いも同然だし、放映日まであと3日だし、これって本当に放映あるの? 
まぁどうでもいいけど。4日はヒロ君主演(Wだけど)の「Room of King」観るんで忙しいんで。

子供の頃からなぜかギリシャ神話は好きだったんだけど、その成立過程とか、歴史における意味などは、つい最近古代史をかじり始めるまでよく判ってはいなかった。ギリシャ文明、ギリシャの文化というものは、牧歌的な神話の世界とはおよそ色合いの違う、先進と開明と洗練の極みであったことも。

ギリシャの後のローマ帝国でもそうらしいが、このあたりの古代の人たちは、神話や信仰というものを、社会を円滑に運営していくためのシステムと割り切って、使いこなしていたようだ。
なんだって主神ゼウスがああまで好色かつ無節操、欲望のおもむくままに片っ端から御乱交におよんでいたかというと、小さな小さな都市国家(ポリス)が乱立して成立していたギリシャ文明の安定のためだったわけですな。
「おらが国にも神さんを!」
「あーハイハイ、んじゃ君らゼウスと誰それの子孫ってことで」

この場合、神も祭礼も、人間に都合良く使われ、改変されつづける存在だったわけだ。
意識上では上位にあっても、無意識では神の世界は人間と同等かそれ以下の位置付けだったのかもしれない。だからこそ、ギリシャの神々はああまで良くも悪くも人間的魅力にあふれ、愚かで失敗ばかりくり返し、物事を進めるために無理矢理の神通力を振り回すばかりの、親しみやすくてイヤらしい群像となっているのだろう。子供にも、とても判りやすい存在だったのだ。

ギリシャの文化は、神々の素晴らしい像を多数残しているが、これがたいていの場合、ようするに「美しい人間」の枠から出てないんだよね。神が自分に似せて人間を作ったから、ってぇことになってるけど、あにはからんや、神なんてものぁ実は人の安心と幸せのために利用されるだけの存在にすぎないんだってことを看破するほど怜悧な人たちが生まれちゃうほど理知的な文化でもあったわけで、
「もし牛が文明を持ったら、神の姿は牛に似るだろう」
なんて思想がちゃんとあったそうで。ベリークール! 痺れる憧れるっ! ギリシャ超カッコイイ(・∀・)!

それはさておき、「オリンポスのポロン」の歌は神レベルです。


やったろーぜ、やったろーぜ、やったろゼウス~♪……あ、こっちはEDかw




あーっイケネェイケネェついでにこんなのまで思い出してしまった。私は観てないんだけどね? 公開当時、とあるオタクが集う掲示板において鑑賞ツアーが行われ、あまりといえばあまりに素晴らしいお笑いの連発にみんなで爆笑また爆笑していると、前列方面に座っていた女性が立ち上がって振り向いて
「こんな素晴らしい映画をそんな態度で観るなんて! あなた達、人として最低です!」
と面罵したという……その後、その掲示板にて急速に「人として最低教」が勃興し、「人として最低」は褒め言葉としてパラダイムシフトしたのであった。まだインターネットも在るか無しやの昔々の……

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< ……お話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/        
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。