--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 12. 31  
年末準備で忙しい。
今年は大いに真面目に大掃除をやった。
息子には、自室だけでなく、初めてそれ以外のエリアの大掃除も依頼。
トイレ、洗面所、風呂、玄関。
2日に渡って生真面目に勤めてくれた。これほど大掃除が負担でなかったのは人生初だと思う。
もちろん、要領がわかってないのでずいぶんとぞんざいだったりするから、仕上げ掃除は必要だったのだけれども……。
「以後、君を我が家の掃除大臣に任命する!」
「わかりました! キレイズキーだ!('◇')ゞ」 

年末だけじゃなくて頻繁に掃除してくれたまへ。

30日、夫の人はコミケの手伝いでビッグサイトへ。
丁度同じ日同じホールで中島梓さんの「浪漫倶楽部」ブースがあるはずなので、購入をお願いする。
なんだかんだで7000円近い買い物になったようだが、内容はもう垂涎の重厚ぶり。矢代俊一シリーズやグインサーガの、それはそれはウハウハな、コミケならではのアレヤコレヤの数々。むっふっふっふっふ♪ 年末年始のお楽しみたっぷり確保で幸せハッピー♪

本日はおせちや雑煮準備。
朝から山のように根菜などを切ったり茹でたり。
今は息子と交代である。
キッチンが小さいのでいっぺんに2人は立てないのである。
息子の担当は揚げ物全般。ヒレカツ、唐揚げ、肉団子の予定。

今年はつくづく良い年だった。
年頭に「脳内ツバメ1000羽育成」を掲げたりしていたと思うのだが、リアルにおいては水嶋ヒロ君の大躍進、二次元キャラでは10年いやさ20年に1人出るか出ないかってくらいの超逸材・ルルーシュとの邂逅、その他にもまぁイロイロ、人生最高! ってくらいの素晴らしき一年だったと振り返っておくのだった。

来年はいよいよグイン・サーガアニメ化! 天下の国営放送キター!(゚∀゚)ウヒャヒャ


さて、昨日見つけたこれは「オマエラのヨメを当ててやろうサイト」の記事。
英語だけど、かなり簡単なので、気軽にトライしてみて欲しい。わからない質問はサイト翻訳にGOだ!

チッ、「クリスタル公アルド・ナリス」も、「レオナルド・メディチ・ブンドル」も無理でしたぜw
まだまだだな(´_ゝ`)フッ



1231.png

ぜ……ゼィゼィ……(;´Д`)
関連記事
スポンサーサイト
2008. 12. 25  
「クリスマスプレゼントにルルーシュのフィギュアをくれ!」
と、ずいぶん前に頼んでおいたわけです。

そしてワクテカの当日。赤ワインと赤バラまでおまけに抱えた夫の人がくれた包みの中には箱が3つも!
1個でよかったのにw

ちょい開けて並べてみた。


「スラッとしてるのが、PC前にでも置いて、観賞用ね」

P1020705.jpg

値段が安いわりに、造形の出来がとても良い。さすが元造形士だった夫の人のセレクト。
姫君のように優しく笑っているのに、手にしているのは銃。さすがルル。これぞルル。

P1020706.jpg

薔薇の似合う子だよね。

P1020707.jpg

「これは愛玩用にね」
「なるほど!」

P1020708.jpg

↑いろいろパーツが同梱されているこのパックはアクションフィギュアと言われるもので、関節などを動かして好きなポーズ、表情にできるというもの。

「これはもう好きなだけグニグニといじくり倒せる、つまり調教用」

P1020709.jpg

とりあえずは大人しい感じで載せておくw
真っ先にorzのポーズを取らされた可哀想な図は非公開だ。

「オレ、スザクも買ってこようかなぁ」
「なに、アンタはスザクを調教したいと?」
「『土の味』だよ土の味!」

あのシーンを再現しようというのか……w止めないけどw

息子にはトーマスのDVDの他に、ドンキホーテで買っておいたヤッターマンのコスプレ衣装。大喜びで着ていた。惜しむらくは、スリムすぎる息子にはブカブカだった点だけど。

今年は良い年だった。
卒業と就職が決まっていた息子と眺めた春の桜を超える年はもう来ないかも知れないってくらいの極上だった。
クリスマスも滅多にないような最高だったと記しておくのだった。生まれて初めて作った鶏の丸焼きは星が飛び散るくらい美味だったしね(・∀・)!








1225.png

ギャワーッ! Σ(゜д゜lll)

関連記事
2008. 12. 24  
相変わらずの糖分不足でボーッとすることが多い日々。
ロミオちゃま♪ の新刊「人類は衰退しました4」をイッキ読み出来ずにまだ半分。ボケ過ぎだろjk。

とは言え今日はクリスマスイブ。はりきってスペシャル献立にしなければ!

ここ何年かはローストチキンを作るのが我が家流だ。
で、今年もモモ肉を買いに出たら、ブラジル産と銘打った丸ごとチキンの冷凍が、国産丸ごとの半額以下の値段で売っていたので、ついつい買ってしまう。肉のハナマサ万歳。
あとは自家製トリハムや、玉子のサンドイッチ、ケーキは夫の人のリクエストで「みかん」のケーキである。それもなぜか「缶ミカン」が良いらしい。
イチゴはこの季節高いし、大いに安上がりでありがたいことであるヽ(´ー`)ノ

ただ、クリームの泡立てでとても手が疲れてしまい、デコレーションはなんだかヨボヨボっぽくなったのだった。最近のケーキって、昔とはデコレーションコンセプトが違うねぇ? 今風にオシャレにしたい気もしたんだけどさ……どうしてもトラディショナルになってしまったあたりに、オノレの年寄り振りを再確認なのだった。

きょ、今日くらいは、おなかいっぱい食べても……い、い、いいよねぇ^^;;??


1224.png

ここ2週間ヨコバイだよ!
クリスマスごちそうのあとには、年末年始のお餅とおせちが控えてるよ!
怖いよタスケテ……
関連記事
2008. 12. 19  
何のことかと言われれば「メイちゃんの執事」の事だと答えるのだった。

キャストの詳細発表があったりしたのだが、これがまた見事な特撮系でガッチガチの布陣。
以下参照。

●仮面ライダー執事
柴田理人   水嶋ヒロ   カブト            「仮面ライダーカブト」
柴田剣人   佐藤健     電王             「仮面ライダー電王」
六本木     加藤慶佑   イクサ           「仮面ライダーキバ」

●シツジンジャー
根津       姜暢雄     クワガライジャー   「忍風戦隊ハリケンジャー」
赤羽右近   高木万平   ゲキブルー       「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
赤羽左近   高木心平   ゲキブルー(偽)   「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
松城ひかる 中村知世  ボウケンイエロー   「轟々戦隊ボウケンジャー」
水沢聡美   ホラン千秋 ナイ             「魔法戦隊マジレンジャー」
仲本夏美   星井七瀬   ミューズ         「轟々戦隊ボウケンジャー」
秋子       石野真子   白鳥スワン       「特捜戦隊デカレンジャー」

●その他
神田       阿部進之介 インパクターロギア 「超星神グランセイザー」
山田多美   谷村美月   神代アイ         「生物彗星WoO」
華山リカ   大政絢     銭形海           「ケータイ刑事 銭形海」
春平       杉本哲太   岩動哲朗         「鉄甲機ミカヅキ」

ワーイ!∩(゚∀゚∩)
イクサの加藤君も出るよ! 名ー護! 名ー護!
あとカブトの黒包丁の人(阿部進之介)とかさ。この人、良かったんだよね、雰囲気が。
黒包丁って何? とか訊かれたら……シリアス展開だったカブトが夏の終わり頃、盛大に崩壊してトンデモない馬鹿話に突入したことがあって、それ以来我が家ではぶっ飛びテラカオスな展開のエピソードのことを「黒包丁」という符丁で表し続けている、ってくらいの強烈な回にゲストで出ていた人。

いやもう本当にイロイロと楽しみです(*‘ω‘ *)

明日は渋谷でヒロ君のトークショー、明後日は新宿紀伊国屋でヒロ君の握手会……私はどっちも行かないけどさ……黄色い歓声の少女たちの群れにごま塩頭の豚婆が混じっているってそりゃどうよ? って気がしたし、着ていく服も無いし……(´・ω・`)
もっと減量しないと昔の服はまだちょっと。
テレビ雑誌などにインタビュー等が載ってたり、年末年始のバラエティ番組にも宣伝で出たりするだろうし、クソ忙しいだろうけど、体に気をつけてがんばって欲しいなぁ。

んー、何か日々、ネタが無い。
本がね、読めないんですよ。マジで。漫画ですらちびちびとしか読めない。ボーッとしてます。サンレッドの原作マンガは素晴らしかったけど。それでもチビチビ。
あと、ネトラジの「コードギアス・はんぎゃく日記」を聴いてたら、新井里美ちゃんのパーソナリティにすっかりハマってしまって、自分で言うのもなんだけどスコブル純真で素直な性質のアタクシったらすぐ影響されちゃって、受け答えがめっきりサトミッコ調子なのだった。


1219.png

先週末に残り物をアレコレ食べたら爆上げになったのを、必死で戻した週ですた!(>_<)
関連記事
2008. 12. 12  
マイミクさんが暮らすマンションが、面白いことになっているらしい。
オタク業界で長くお仕事をなさっているマイミクさんは、一家揃って濃いオタク。オタク同士で結婚なさって、お子さんも自然とオタ文化に馴染んで育ったという状況は我が家と似ているかもしれない。
そんなオタク一家が暮らすマンションに、とある会社が越してきた。
どうやら、ゲームなど、オタク向けコンテンツを製作する会社であるらしい。
他にもその道の入居者がおられたこともあり、今や12世帯分あるそのマンションは、1世帯の一般家庭を除いて、ほぼ全部が「オタク」な入居状況ということらしいのだ。
いろいろとオタクならではの交流もあるらしい。

まるでトキワ荘みたい、とマイミクさんはおっしゃる。

トキワ荘、それはかつて日本漫画史の創生期に、「神様」手塚治虫氏をはじめとして、漫画家になろう、素晴らしい漫画を描いて漫画文化をもっともっと広げて行こう! という志を1つにする若人たちが集って暮らしていたアパートのことである。
そこでの暮らしがどういうものであったかは、「まんが道」という作品を通してご存知の方も多いと思われる。

同様に、漫画家が寄り集って共同生活をしていたケースは少女漫画界にもあり、こちらは「24年組」と言われるそうそうたるメンバーが参加していた。大泉サロン、と呼ばれていたらしい。

どちらも古い話である。
だが、私はむしろ新しいライフスタイルとして、「共同生活」を提唱する。
志というより、趣味を同じくする者同士、寄り集まって暮らすこと。
オタクには独身者も多い。若いうちならまだいいが、オタクも第一世代はそろそろ高中年と言ってよい年齢になってきた。
いつまでも、今までのような生活が果たして可能だろうか?
疑問を抱え、不安を持っている人も多いのではないだろうか。

恋愛資本主義に席巻されつくした日本人の意識として、
「家庭とは、愛し合った男女同士が結婚して創るもの」
という観念が動かしがたくあるかも知れない。(かつては地縁血縁のつながりを重視して、個人の感情など無視した形での婚姻が当たり前だったのだが、そこまで古い話は置いておくとして)
そろそろ、こんな観念は古びたものとして見直す時ではないだろうか。
恋愛ではなく、趣味や嗜好を絆としたコミュニティで、生活を支え合う形が、新しいライフスタイルとして一般化していくべきなのではないかと思うのだ。
オタクライフに特化したインフラが整ったマンション、あるいは共同ホーム、そういったモノをあれこれ夢想するのは実に楽しい。
ペット持ち家庭に特化したマンションが増えつつあるくらいなのだから、オタク向けマンションだって作れるはずである。プライベートも大事に出来て、それでいて、緩やかに趣味の共同体を維持できる生活。
そういったものに必要な要素は何だろうか?

夢物語ではなく、20年後、30年後を見据えて、ちょいとみなさんで考えてみませんか?


***********

1212.png

おっしゃぁ('Д')!
着られなくなって、タオルでキャンディ包みにされてクッションになっていたセーターが、1枚現役に復帰したじぇー♪
関連記事
2008. 12. 06  
ヤッターマン実写版の写真が、掲載メディアによって、微妙に違うものになっていたらしい。
これは相違した2枚の写真を重ね合わせてGIFにしたもの。
なにやってんだオマエラ、って感じである。こりゃ詐欺の範疇だろう、と思うのは私だけか?
最近、往年の美人女優が信じられないほどのアンチエイジングぶりを発揮して麗しい尊顔を公開しているケースにアレコレ目を剥いていたりしたのだが、どれもこれも信用できなくなってきたなぁ。美顔とは別の次元の修正がどっぷりと施されているだけかもしれないではないか。
実際にこの目で見たもの以外は信じちゃならないし評価もできない、そういう時代に我々は突入したと見るべきだろう。
何ヶ月か前に、実際の写真と見まごうばかりの見事なCG美女のスチールを見た。背景まで細かく作り込まれたソレは、見事なものだと感心はするが、異様な不安もかき立てるものだった。
CGでここまで「写真」と変わらないものを一からクリエイトできるということの意味はなにか?
もはや我々にとって「証拠写真」というものの意味が無いも同然になった、ということなのである。
逆に言えば、捏造CGを証拠写真と言い張って、他人を陥れようとする事例が今後出てくるだろう、ということでもある。

当たり前のように情報が捏造されてばらまかれる社会。
流されることなく、真価真実を見抜くためにはどうすればいいのか。経験を積み、心眼を磨き、つねに警戒を怠らない人生にすればいいのか?
なにもかもを疑いの目でまず見なければならない社会なぞ、平和な社会だとはとうてい思えないのだが。

ただ、放送されたものや記録されたもの、そういうモノの価値がどんどん下落し、実際の経験、ライブというものの価値が上がっていくという傾向は、個人的には歓迎するべきものだと思っている。
特に音楽、芸能というジャンルにおいては。
録音調整だのCG修正だので誤魔化しを塗りたくった偶像として集金道具にされる状況など、それを演じさせられる当人にとってすら不幸の源になるだけなのだから。
人間を偶像に仕立てて、金を貢がせて、さぁ、誰が幸せになるのだろうね?

貢ぐ側に決まってるだろう、金を払って幸せを買っているのだからほっとけ、てか?


さて。
人間ではない、一から創造された偶像を信じることの幸せを肯定した場合。

このニュースをどう考えたらいいのだろう?

とりあえず考えるのは後回し。
嗚呼気分が悪い。昨今、ここまで不快なこともめったに無かったよ!ヽ(`Д´)ノ
関連記事
2008. 12. 05  
夫の人の誕生日なので、ケーキを焼く。
リクエストに応えて、チーズケーキ。

***お釜でチーズケーキの作り方***

クリームチーズ1箱
砂糖80g
プレーンヨーグルト(生クリームでもOK)200cc
玉子4個
小麦粉大さじ2
レモン汁(半個分)

上記を全部まとめてフードプロセッサかミキサーでガーッと混ぜる。
炊飯器のお釜に流し込んで、普通に炊飯。

出来上がり!(・∀・)

***********

アホほど簡単にお釜で美味しいケーキができるのでお試しあれ。



……ところが!
お釜から取り出すときに、ああっ!
事故って崩落!(´Д⊂
……取り出すのはよく冷ましてからにしましょう。焦りとズボラは失敗の元。

無惨に崩れ割れたチーズケーキをみながら「せっかくの誕生日祝いがこれではあんまりだよなぁ」と、もう一度買い物へ。桃缶と生クリーム(植物性)をトッピングしたデコレーションケーキも作ったとさ。スポンジは、ホットケーキの材料をこれまた炊飯器で焼いたものさっ!

1205.png

あ、あ、あうあ(^ω^;;)
関連記事
2008. 12. 01  
「元素をビジュアル化しストーリー仕立てで覚えてみた」

神だ!
萌えの神が舞い降りた! これぞ神の仕業(しわざ)!

ああああああ「有言(アルゴン)」萌えぇぇぇー(*´д`*)♪♪♪

*************

アニメ化も近いし、久しぶりにグイン・サーガ1巻を読み直す。
かつて、リンダというキャラはとても斬新で新鮮な活発系のヒロインだったと感じたものであったが、平成も20年な現代においては、どこにでもいそうなありふれた美少女キャラになってしまっていることに、あらためて驚愕したのだった。
破格の衝撃だったダーティ・ペアだって、今では別に珍奇さの無い存在になっちゃってるよなぁ(´・ω・`)

読書をするとどうしても食べたくなる。
1巻を読み終わるまで時間はかからなかった代わりに、思いっきり食べちゃった……(´д`)

乱高下ハゲシス。
関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。