--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 06. 30  
見終わった。面白かった!
もともとTVをほとんど観ない私が(アニメ特撮はノーカンなw)、このごろはTVドラマをいくつか観てたわけだけど、まーなんつーか、ことごとくヒドイわけですよ。(´皿`)イーッ  ←こんな顔になっちまうようなお粗末なものがデフォなわけ。

でも今日のMWの0章は、普通に良かった。
ちゃんと、まともな「ドラマ」を観た、という気分になれた。
それにしても佐藤たけるんの演技は良い。安心して観ていられる。
ヒロイン役の谷村ちゃん、狂言回しに徹した玉木君、他のキャストもみんな手堅い巧さで、こういうまっとうな創りのモノを観ることができるとホッとする。話も、映画本編にすんなり繋がる形できれいに収めてある。まことに結構な小品、というところだ。

とはいえ、映画の方まで観にいくか、ということになると微妙なんだけどね。エヴァ破も控えてるし。明日、割安デーだから行きたかったんだけど、PTAがあるしなぁ(・ω・)
でも映画版のMWって、肝心要のホモ要素が削除されてるって噂。ダメじゃん。アカンやん。
そこを削り取って、最大のタブーもクソもねぇもんだ、ってぇくらいのキモなのにさ。まぁ、噂に過ぎないけど。実際公開されて、評判を聞いてから観に行くかどうか決めよっと。あ、エヴァ破は評判にかかわらず観るけどね。なるべく、巡回先の日記の感想とか見ないように逃げまくりの日々。

ああ、もうじき七夕かぁ。
昨年は息子とルンルンと飾り付けとかやった気がするけど、やっぱり七夕に願い事をする、ってのは理不尽だと思うのよね。息子にも先日くどくど説明したのは
「無理矢理引き離されて、1年にたった1日だけ会ってデートできる、って恋人同士に、なにかお願いをする、なんて酷い話があるか!? デートを楽しんでいる神様が、下界の人間のあれやこれやの世話を焼いたりするわけないだろう! だから願いをかけるのは勝手だけども、叶うだろう、なんてこたぁ思わないこってすよ!」
ってこと。人の恋路を邪魔するヤツぁ馬に蹴られて死んじまえって昔から言うじゃぁないかぁ。それくらい、カップルなんて自分らのことしか目に入ってないし考えないし、他の事なんかどーでもいいし、何を言おうが願掛けようが、無駄無駄無駄ァッ。
ま、願いを形にして外に出すことで、自分の目的意識が明確になるって効能はあるだろうから全否定はしないけどねぇ(´w`)
「願ったら叶うべき」とかって思っちゃってるヤカラが多いのは大いに考えモノでございますわよ(´w`)
関連記事
スポンサーサイト
2009. 06. 28  
プラモ
台場1


台場2

じゃないよ










行ってきたじぇ! ガンダム、台場に立つ!

テルテル


なんという勇姿。

ジェレミカン435


バンダイの本気を見た!
まさかここまでの物を作って見せてくれるとは。
どれほどたくさん撮影しても、この圧倒的なまでの威圧感、存在、マッスの迫力を伝えることなど素人の写真でできるはずもない。
今、そこにガンダムが居る、という事実。
ただ近寄るだけで、たちどころに脳内再生されるBGM。
でどど、でどど、でどん! でどど、でどど、でど! ぱっぱっぱ! ぱーぱっぱっ♪
ああ、渡辺さんの音楽は素晴らしかった……(;∀;)
熱い、熱い、どこまでも熱かったあの時代。
青春まっただ中に叩き込まれたエポックの衝撃。
どれほどの若者がどれだけ熱狂し、いかに人生を定められたことか。

そして、今ここに実物大のガンダムが大地に立っている。
そのまま動き出さない方が不思議なくらいの精巧さで。
なんだか、青春の収束を見た気分だった。


だが、何よりも見ものだと思ったのは、実はガンダム本体よりも、それに群がり、撮影を繰り返す人々の姿だったかも知れない。
実に多様だ。
私たち夫婦のような、ガンダム青春ド真ん中なオタ中年が見に来るのは何の不思議もないのだが、「えーっと、なぜここにおられるんですか? なぜそんなに嬉しそうにカメラを抱えておられるのですか?」と言いたくなるようなノンケの方たち、それこそ還暦過ぎからピチピチお嬢さんまで。
まぁ中には「大仏みたいなものかぁ?」と、口元を歪めておられたマッダームも居たけどさ。

実はまだこのガンダムは完成はしていないのだ。正式な公開は7月だ。
ただ、大地に立っているだけの状態なのである。未整備のフェンスと泥地に囲まれている。
いずれ足元の整備も進み、関連商品を商うショップも建ち並び、夏休みの観光スポットとして華々しいオープンを迎えるのだろう。
ガンダム好きなら、一度は足を運んで見る価値はあると保証する。
ガンダム好きでなくても、だ。
巨大ロボットの存在感、それはただそこに在るだけで、イベントなのである。
そんな希有な事象に巡り会える機会は人生にそうそう無いはずだから。



台場3


関連記事
2009. 06. 19  
夫の人が見つけてきた神動画。(たちまちランキング1位になってるw)



ヒロそっくりの執事ロボが私にお茶を淹れてくれる日はいつ?
はやくw
はやくw
はやくw
関連記事
2009. 06. 19  
話の内容はまったく気に入らなかったのだけど、MR.BRAINの1話に出てきた、市川海老蔵君の素晴らしい姿が忘れられず、思い出してはハァハァ(*´д`*)
あのインパクトと色香は並みの役者にはけっして出せまい。ヒロ君と同じフレームに2人だけでいるカットは、わけも判らないくらいエキサイトした。「もっと! もっと絡んで!」
一瞬でしたけどね(´・ω・`)
あの1カットだけで、夏コミに同人誌が出現してたって不思議じゃない、そんな感じだったわいな。
大河ドラマ「武蔵」をなんとかゲットしなくちゃ。
舞台も観に行きたいなぁ。

そういえば、BECKをイッキ読みしたのに感想は書いてなかったんだった。とても力の入った、熱い良作だった。表現というものに対してのこだわりが感じられる。適当になんでも流してやってしまう若人が読んだら、場合によっては生き方そのものが変わってしまうかもしれない、それくらいのパワーはある。人気があるのもうなずけた。ただ、34冊もかけてやる話ではなかったろう。最近、大コマばかり使うマンガが多すぎる。限りある資源は大切に(`_´)!
そして原作が良いだけに、映画化には不安がますます増大した。読んだ人なら判ると思うが、作中で糾弾されているような商業主義的構造が、まさにこの作品そのものに適用されているわけだ。なんという皮肉だろうか。
そりゃぁ私個人としては、ヒロ・タケル・ムカイリーの執事ーズがやっさもっさしているってだけで心幸せになってしまうことは確かなのだが、それとこれとは別に考えないとねぇ。


さて、杉田智和のアニゲラをずっと聴いていたわけだが、ここ2回ほどはもう凄すぎる。
杉田ぁ!(もはや呼び捨て)お前なぁ!('Д')
面白すぎるだろ!!
とりあえずだな。鯖名とキャラ名を晒せ、とまでは言わない。
だがせめて種族とフェイスタイプくらい教えるが良い。う゛ぁーんだな? う゛ぁーんであろうな?(タルだのハゲガルだのと言われたら我の怒りは有頂天)
んで、LV70↑でブブリムの敵にWSがスカった、と言ってるあたり、ジョブは狩か侍とみた。どーかなw

関連記事
2009. 06. 10  
グイン最新刊「遠いうねり」発売日ということで、夫の人を駅まで送っていった帰り、開店準備中の駅前書店に傲岸にも押し入って「グインの新刊ありませんか」と要求する。
せっせと荷ほどきしていた店員さんが「ちょっとお待ちください」と店の奥に消えてゆき、すぐに1冊だけ掲げて戻ってきてくれた。
確認してお礼を言うと、店員さんが首をひねりながらこう言う。
「この巻で、最後なんですね?」

いいえ。今年いっぱいは刊行が続きますよ。

精算しながらさらに店員さんは言う。
「未完で終わっちゃうんですね」

そうとは限りませんよ。あの方のことですから、途中をすっ飛ばして最終巻を先に書き上げておられたかもしれませんよ。
タイトルだけは何十年も前から決まっていたんですから。




書店の店員さんと取り引き以外の会話というのは、そういえば今日までしたことなんか無かったなぁ、と思いつつ帰宅、一気に読了。
刊行は続くけれど、「あとがき」が付くのはこれが最後なんだろうと思う。日付は、サイト日記の最終更新の翌日。
最終巻があるのではないか、というのは全く完全に私の妄想の話であって、本当に存在するのかどうかということについては私は知らない。知る由もない。
「普通無いだろうけど、あっても驚かない」と思うだけである。何度も何度も吃驚させてもらってきた、どんなに驚くべきことがあろうと驚くべきではない、そういうスケールの方だったから。

いやマテ、もしも最終巻「豹頭王の花嫁」の原稿が存在するとしたら、多分あとがきも付随しているはず。「あとがき作家」という称号もお持ちであったことだしなぁ。




閑話休題。

杉田智和、と言えば、仮面ライダーキバのキバットバットや、ハルヒのキョン。
声質も芸風も、私はかなりお気に入りだった。

だが、彼がここまで濃厚なオタクだったとは知らなかった! 心底驚いた!('Д')
興味のある方は「アニゲラ! ディドゥーン!」で検索GOGO。ゲームについてが特に濃い。私はあまりゲームはやってはいないけど、それでも笑える。物真似も巧いし……ますます贔屓にしちゃいますわよw


関連記事
2009. 06. 03  
キタキタキター!
キタキタですぞぉ!
スクエアエニックスの新作オンラインゲームだー。
とりあえずは、美麗すぎるムービーに震撼してもらおうか。

さすがスクエニ、としか言いようがない。たくさんのCGトレーラーを観てきたが、やはりスクエニはどのゲーム会社のそれより頭一つ抜きん出ている。
ムービーから判断するに、FFXIの正統な後継となっているようだ。
ではみんな! 新世界エオルゼアで逢おう!( ̄▽ ̄)ノ


たっぷり1年くらいは待たされそうだけどなorz



もう一本テンション↑の情報といえば、やはりこれ。
「BECK 水嶋ヒロ主演で映画化」

しかも共演として佐藤・電王・たけるん&向井・しーさま・理の最強執事軍布陣。なにこの極楽仕様。

ぶっちゃけ「バンド映画の決定版を目指して」だの「音楽は日本映画の中でも一番のレベルを目指す」だの、まぁ制作発表時にこんな大言壮語をぶち上げて、それが実行されたためしなんぞ滅多に無いことを人生経験的に知っているので、内容的にはあまり期待はしないでおく。(映画を撮ったことのない素人がいきなりメガホン握って、まっとうな良作が作れてしまう、なんて事態もそれこそ30分の1くらいの低確率ではあって、その低確率に絡むことのできた幸運をヒロ君は持ってはいるんだけどね……そんな幸運がまたまた来るとも思い難い)
ファンなのにこんなことを書くのは忸怩たるものがあるのだが、本気でそういうことを目指すのであれば、楽器を弾けない役者なんぞをキャスティングしたりはしないはず。根本から間違った企画と言える。山ほどオーディションを重ねて、ロックに熱意のある真っ当な才能を掘り出してくるべきなんだから。そっちの才能が満ちてさえいれば、演技の方は芋でも大根でもかまやしないのよ。だがこれでは、どう見たって「人気漫画に人気イケメンぶっこんでカレーライスに仕立て上げりゃぁ客がバカスカ釣れまさぁ」てな代物としか思えませんな。

でもヒロ君はものすごい努力家だし、器用さも感性も持っているし、カリスマギタリスト目指して猛練習はしてくれると思う。指のタコが、水ぶくれが、出血が……というふうな苦労譚も、また宣伝の中に頻出するであろうことを予言しておく。ああでもねヒロ君。本当はそういう方向じゃなくって、まず演技の基礎を出血気味にやるべきなんだぁ君は……(´д`)
役者稼業を続けるつもりが無いなら、別にいいんだけどね(´д`)

音楽スキルを磨いて、奥さんバックアップ方面に転進、てのは良い感じかもしれないし。

ともあれ、原作をサクッと入手。
読むぜー超読むぜー♪

関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。