--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 06. 26  
starbrave

@kyoivy なるほど、中二病はシュメール人の時代からあるっぽいもんね。もっとも、これについては集合無意識というよりは、人間という存在の「公式」みたいなもの、ということで片付くのかも知れません。
06-25 21:39

@kyoivy そっか、無理か。残念。セルロースならなんでもってわけでもないようですしね。全世界的宗教改革は、これがまさに集合無意識なのか、と初めて思いましたよ。神話伝説の類似については、ほぼパクりなのだ、って気が最近してるし。
06-25 16:19

関連記事
スポンサーサイト
2010. 06. 25  
アジモフ博士の「世界の年表」を借りて読んでいたのだが、貸し出し期限内に読み切れないことが明白になったので、「いったん返却して、また借り直そう」と、図書館に出向く。だがしかし
「予約が入っておりますので、再度お貸しすることが出来ません」
と言われてしまった。

だが、めげない。
私が借りていたのは、ソフトカバーの普及版の方だった。練馬区の図書館には同じ書のハードカバー版がもう一点、所蔵されていたはずだと思い、そちらの方の予約をお願いしてみる。だがしかし、PC画面を確認していた司書の人のが言うには
「これは、お待ちになっても難しいかと思います……」
モニタを覗くと、貸し出し日が1999年とかなっている。
10年以上借りっぱにしてる奴が居るだと!?
どこの恥知らずだよ(以下40文字ほど見せるに耐えない罵詈雑言)ヽ(`Д´)ノ! とっとと返せよ!

仕方ない、塩野さんのヴェネツィア史、「海の都の物語」の続きを借りて帰ろう。
……1巻しか残ってない。だ、誰だー! 根こそぎ借りていったのはー!ww

がっくしを肩を落としたのだったが、今となっては軽く懐かしいローマ人物語の棚に、「ローマ亡き後の地中海世界」が上下巻揃っているのを発見し、いっぺんに機嫌を直してキャッホランラン♪ と今帰ってきたところなのである。さぁじっくり読もうかね。


しかし、私もたまに返却期限を遅らせてしまうことは確かにあるのだけど、10年以上ってのは、無いワー! 酷いワー! 図書館の本を持ち去ったり、切り抜いたり破り取ったりする不逞の輩が増えているとは聞いているけど、本当にモラル低下の甚だしいことよ。


関連記事
2010. 06. 25  
starbrave

「BC500頃、世界各地で同時多発的に宗教的改革が起こった。儒教と道教、ジャイナ教と仏教、ゾロアスター教、ユダヤ教、ギリシャでは神秘的秘技ブーム、イタリアではピュタゴラス教、イオニアでは合理哲学が」……ユングさん、出番ですよユングさーん( ̄◇ ̄;)!
06-24 20:58

て、ツァラトゥストラことゾロアスターさんはなにを騙り、もといお語りなのでしょう。読んでない、読んでないよっ! 大雑把には善悪二元論?
06-24 20:29

アジモフ様世界年表、やっとキュロス大王あたり。さて、SF映画といえば2001年、音楽は「ツァラトゥストラはかく語りき」。で、ツァラトゥストラ=ゾロアスターだと、今初めて知る私。どひー!
06-24 20:27

で、ふと思ったんだけど、セルロースを分解して発酵でアルコールに出来るってことは、途中、糖分になってるってことだよね。それ、わざわざ燃料にしなくても、人間のカロリーにならないのかな? 要するに、食用に。
06-24 20:23

関連記事
2010. 06. 23  
先日のツイートにも書いたが、古着(主にダメになったTシャツ)をバイオの力でエタノールにする技術というものがあるらしい。まぁざっとこんな感じの。

で、この技術を生かした衣料リサイクルをいくつかの企業が始めている、ということらしいのだけど、私はこれは、リサイクルではあってもエコではないのだろう、と判断した次第だ。
それはペットボトルや古紙のリサイクルが、加工にかかる手間やエネルギー、人件費などを考えると、まったくエコどころではない、さらなる資源の浪費増加になっているだけ、という構造がここにもあるはずだろうと考えたからだ。

エコだなんだとみんなが「地球に優しく」などというゾゾ毛の立つような言葉を連発し始めてから幾星霜。
世で標榜されているエコが実はまったくエコとはほど遠い現実にしかなっていないという事実を、いったいどれほどの人が把握しているのだろうか?
最近では「オール電化」という言葉を見聞きするたびに首をひねっている私なのである。
「やっぱ~、地球に優しいし~」とか言ってオール電化を喜んでいるのを目の当たりになぞしたら、「オイオイ君君、そりゃ違うだろうよ」とツンツンつつきながら説教の一つも垂れそうである。

料理をするのに、電気を使うこと。湯を沸かすのに、電気を使うこと。暖房に、電気を使うこと。
これらの行動が、どれほどの資源の無駄遣いであるのかを、君たち知らないのかね? と。
湯を沸かすのも、肉や野菜を焼いたり炒めたりするのも、必要なのは要するに火力。熱、である。
熱を生み出すのにもっとも単純で手っ取り早いのが、何かを燃やすことである。
だから、ほんのちょっと前まで、人間は煮炊きをするのに当たり前に何かを燃やしていた。主に、乾燥した植物を。あるいは、油を。
これは、実にロスの少ない、つまり実にエコロジーなエネルギー利用なのである。

そこに、電気というエネルギーが現れた。いろんな形に変換できる便利なエネルギーである。灯りになったり、動力になったり、通信媒体になったりする、驚異のエネルギー。
あまりに便利なので、文明は一気に進んだ。
そして現代。
ありとあらゆる料理も、清潔な暮らしのための入浴に必要な湯炊きも、すべて電気でやっちゃいます! 排出する炭素(CO2)も少なくなって、地球環境に配慮なのです! という「オール電化」の住まいが盛んに宣伝されるようになったのだ。

おいおいちょっと待ちなぁ?
そのオール電化に使われる膨大なエネルギー、電気、は、どうやって作られるのだ?
貴重な天然資源である燃料、石油を盛大に燃やして回すタービンが生み出すのではないか。
そのまま煮炊きに使えるはずの燃料(石油)を燃やして、それで生まれる電力をまた熱に変えて。
この過程で、どれだけのロスが発生して、無駄にエネルギーが空費されているのかを、知らないのかね?
私はオール電化の家に住んだことは無いから、その便利さや快適さは知るべくもないのだけど、その無駄さ加減がどれほど馬鹿げているかということくらいは判るのだ。
料理も風呂も暖房も、ガスや石油でやれば済むことではないか。熱を得る、という目的だけならば、こちらの方が遙かにエネルギー効率は上であり、エコロジーにも叶っているはずなのに。

「ガスで煮炊きするとCO2がたくさん出るんですよ、IHなら出ないんですよ?」だと?

火力発電所がCO2を出してないとでも思ってるのかね君ィ?

いったいどこの誰がどんな目的でもって、資源浪費を促進するだけのオール電化などというシステムをかくも拡大させようとしてるのだろうかね? それも「環境に良い」などという欺瞞でもって。
そうすることでごく少数の限られた人たちがでっかく儲けられるから、という想定しか私には出来ないのだが。

確かに、掃除のしやすそうなIH調理器を見ると、主婦としてはピクピクと来ないわけでもない。
でも私は、この「電気で調理」という文明の利器が、結局はさらなる資源の無駄遣いでしかないことを知っている。だから全く欲しいとは思わない。我が家のガスコンロは老朽化が激しいが、買い換えるならやはりガスコンロのつもりである。とは言え、短時間の暖めに使う電子レンジの存在までは否定したくは無いけどね。


そんなこんなを考えていたら、ふと来るべき未来のキッチンの傍らにあるべき機械の幻視が浮かんだ。
毎日出る生ゴミを、投入口に放り込む。あるいは、紙ゴミを。着なくなった服やダメになったタオルなども。
投入されたゴミは、然るべき「もやしもん」たちにかもされて、バイオ燃料になる。燃料は、燃料電池システムにまわって、家屋に電力を供給する。
ゴミ処理問題とエネルギー問題に同時に対処するシステム。
技術が進めば、冷蔵庫並みのサイズの家電として存在しえるのではなかろうか。分解と発酵に熱量が必要なわけだけど、冷蔵庫の出す排熱を流用するとかしてコスト削減出来るかも知れない。(などと、冷蔵庫の脇に置いておくだけで作れる自家製ヨーグルトを啜りながら想定)

まぁ、この私が夢想してしまった以上、実現確立はかなり高い、と言っておく。
電動アシスト自転車も、対戦型コンピューターゲームも、GPSも、無線によるネット通信も、私が夢想してから大体20年くらい過ぎるまでにはちゃんと現実化したもんね。
だからこのゴミを電気に換える家電も、私が生きてる間にはなんとかなるのじゃないかと思うのだった。
そのころまでには、美貌のロボ執事も私の傍らにどうか居てくれますように(-人-)

関連記事
2010. 06. 22  
starbrave

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000024-zdn_pc-sci なんだよーこのニュースヽ(`Д´)ノ  てかそれよりβテスト参加権、クレクレおーヽ(`Д´)ノ……ヤダよ、β権付きニューマシンなんて買わないお!
06-21 22:00

@kyoivy いえ、その番組では、エコとはあまり言わなかった。あくまで「リサイクル」に成功、という趣旨でした。それは、間違っていない。焼却するしかなかった木綿製品を、エタノールという形で再利用出来るのは確か。でもコレをエコと誤解する人は多いのではないか、と思うわけです。
06-21 19:06

@kyoivy TVでは、酵素開発を個人が成功させて、それを企業にアピールして…という流れとして紹介してました。でも一見エコに見えて実は浪費が増えてるだけ、という本末転倒が此処でも起きてるのじゃないかと思ったわけ。堆肥みたいに簡単に出来るのならともかく、ねぇ。
06-21 14:02

関連記事
2010. 06. 21  
starbrave

あの技術は、ゴミ処理を行う自治体が使うべき。焼却場の出す熱を転用できればリサイクル効率はさらに上がるはず。あるいは安価な余剰電力を利用できるようにするとか。ようは酵素と酵母の使用に熱量がかかるところをもっとコスト削減出来れば吉、のはず。太陽熱が使えると良いのにね。
06-20 19:30

TVで、綿をエタノールにする新技術が紹介されているのを見た。企業ぐるみでリサイクル事業として成立させたという。しかし、賭けても良いが、これで精製されるエタノールで得られるエネルギー以上のものが費やされるはず。つまりこれもまた、未来への新たな借金なのだろうと思う。現状では。
06-20 19:24

夫の人が帰りの電車でiPadを使ってる人を目撃したそうな。相当離れた位置からでもモニタが見えて、何をやってるのかはっきり判ったそうな。それどんなスーパー液晶。つまり、電車内等で宣伝媒体として使えるってことね。実行する企業は出るかな? 私はそんな電車に乗り合わせたくはないけどね。
06-20 19:20

新宿から帰路なう。眼鏡市場はかつてない程対応や検査、調整がきめ細かく、価格も安い。仕上がりには一週間かかるけど、これは私のレンズが、近視乱視老眼の3コンボで特注だから仕方なし。フレームは小振りのメタルレッド。人工ルビー付きフレームが欲しかったけど、婆ァ全開になったので回避した!
06-20 15:03

プリキュアは、もう本当に、つぼみちゃんが良い子すぎで、ほとんど泣けるレベル。かつてのプリキュアヒロインには反発とかイヤな感じしかうけなかったのだけど、何が違うのかな。やっぱ、慎ましくて古風なあたりかな。真面目で、探求心があって。えりかも、なにげにセリフが古いのがいいo(^▽^)o
06-20 11:42

そして、脚本が「八手三郎」と記されていた点に、あれこれ邪推をせずには居られないのでした。翻って、Wの面白さに癒される。今回、野心的という意味では過去最高じゃないだろうか。そして、今青臭いワナビーにも、かつて青臭かった老オタクにも、それぞれ痛い話だわねぇ(´ε`)
06-20 11:36

家事しながらでも日朝キッズはみるよ!? 戦隊はもう、煮詰まりが臨界点を突破してると思う。ゴーオンジャーあたりから、ヤバイとは思ってるけど、本当にもうコレ以上は、シリーズの首を絞めるレベル。売りたい、の立場ばかり押し付けると買い手はドン引きするだけなのに。
06-20 11:29

早朝からノンストップで家事、雑事。そして夫の人とこれからメガネ市場向かうなう。もうね、遠くも近くも見えなくて。高かったんだけどな、現レンズ。断腸の思いで買い換える!
06-20 11:23

関連記事
2010. 06. 20  
starbrave

緩募:腕の良い呪術師。「空腹になるほど食べることが出来なくなる呪い」が必要。あるいは、腕の良いお祓い師。「何かをポリポリ食べ続けないと本が読めない呪い」に侵されてるので、これを解呪しないことには、早晩、人生が詰んでしまうー。
06-19 19:46

義祖母お見舞いの後、秋葉原へ。夫の人がキャラグッズの店に案内してくれて、ウサビッチのシャツを二枚購入。しかし、レディースしかないとはなんたることか。夫の人にはプーチンのシャツを着せたかったのに! アキバもすっかり変わってしまい、私の知ってるアキバは縮む一方のようである。
06-19 13:29

関連記事
2010. 06. 19  
starbrave

Amazonから、本田透きゅんの「ろくでなし三国志」が届き、ちょっと序章をつまみ食い、のつもりがまったくもって止まらない。本田きゅん、この本、飛ばしまくってるなぁ。挑発的なまでに。そして口調は軽くても、内容の容赦の無さっぷりも、いつも通りの様子♪
06-18 20:31

アジモフ様の世界の年表に取り掛かったけど、これ、無理、多分無理。物理的に無理。重すぎる。持ってられないのだもの。机上で閲覧するもの。確認資料として生涯傍らに持ってて下さい、って本。早々に諦めて、ヴェネツィア本の続きを借りてこようかな。文庫だもん、あれ。物理的軽量の幸せ。
06-18 12:20

最新版アニメ会ラジオにて、水木ファンの三平三平君(名前からしてもう)が、ゲゲゲ女房について熱く語ってる件。アニメを観るようにドラマを観るアプローチが意外なのと同時に、夫婦をカップルとして萌え目線で捉えるあたりがなんとも。私はシゲさん萌えだけど、男性は視点が違うのは当然よね。
06-18 12:13

我がブログのエントリタイトルが、ツイッターまとめという捻りも芸もない塵芥の連続になって、しかも頭悪そうな妄言に占められている現状は遺憾なれど、やっぱツイット。朝から生ムカイリーを堪能。つくづく稀有な個性の主。知性、品位、オタク的ハマり性がポイントか。
06-18 12:02

関連記事
2010. 06. 18  
starbrave

アジモフ博士、300ページちょいの近東の歴史において、モンゴル崩壊からWW2終了までがラスト20ページだけって、投げやりにも程がありゃしませんか。別の意味でウケたのでいーんですけどっ(笑)
06-17 17:37

近東の歴史終盤。えっと、トルコ人がキリスト教徒を殴る>キリスト教徒殴り返す>サラディン様(キャーッ♪ キャーッ♪)が殴り返す>リチャード獅子たんが殴り返す>ジンギスカンが世界中を殴り始めた、大変!←だいたいこんな流れ? のあたり? アジモフ博士駆け足過ぎてよーわからんとです^^;
06-17 16:18

この夏、気になる映画。借り暮らしのアリエッティ、トイストーリー3、戦隊&ライダー。この3つが息子も観たがるラインで、他には原監督のカラフルが観たい。宇宙ショーへようこそ、もきになるところ。多すぎ!一夏に五本もみてられない!( ̄◇ ̄;)
06-17 16:03

FFXIVベンチマーク結果。OSはXP、コア2デュオ3.16ギガ、NVIDIA8800GTで、LOW設定で1580しか出ません。どーしよ♪ どーしよ♪(半泣き) PC買い換えケテーイ?
06-17 15:17

明日のゲゲゲ放映直後のバラエティにはムカイリーがゲスト出演だそうで、思わず朝から色めき立つアタクシ♪( ´▽`) 一方、ヒロ君はキッパリハッキリ干されてる状態らしく、でも元々芸能に執着が無いので、さして気にしてない、という噂。さもありなん。転身すればいーじゃん、って思う訳です。
06-17 12:45

今日のゲゲゲ、夫の人待望のバナナの回。なんかおとなしめというか、上品すぎる演出で、やや物足りない。「ひもじかったので」という原作の言葉に漂う切羽詰まった印象が伝わってこないのが惜しい。滅多にない美味に思わずムシャムシャ、てイメージなんだけどな。
06-17 12:37

あーしまった、はやぶさ散華動画が削除されていたので、他のに差し替えたら、またツイッターにながれちゃったわ。いやしかし、今日も暑い。深夜の馬鹿力録音を聴きながらバリバリ家事。汗ダラダラ。体脂肪、落ちろ!
06-17 12:28

関連記事
2010. 06. 17  
starbrave

@pipechair 改めて、本と言うハードな存在の意味を問い直すような書が多かったのですよ。質感、量感がもたらす独特の感覚というか。なんでもかんでもデジタル化されてしまう流れの中で、確実に損なわれるものは、ある。情報ではなくて、物である事の意味、みたいなものですかね。
06-16 20:08

上石神井駅そばの古書店に夫の人と出向く。学術書中心の品揃えで、ちいさいながらも充実の空間。百円の箱にも、掘り出し物がザクザク。再現無く金を使いそうな危険さに、早々に退散。買い漁っても良いのだけど、保管場所が無いって問題が重大なのだわね。
06-16 19:30

iPhone4はなんかスゴイらしい。もちろんiPadもスゴイらしい。でもってマックミニもさらに小さくなってスゴイらしいし、任天堂からは新型DS(3D)の発表があってスゴイらしい。とりあえず私は、iPad用保護フィルム「インビジブルシールド」(軍用保護素材転用)にビビビ受感。凄い。
06-16 10:22

せっせとアジモフの近東の歴史を読んでるけど、面白くても、なんか興奮のツボが違う。ぶっちゃけ「萌え」が足りない。塩野さんの歴史本はとにかく燃えと萌えがあるのが良い……つまり、アジモフ氏は「聞いて書く」だし、塩野さんは「見て書く」タイプだからなのかな。私は勿論「見る」派だし。
06-16 10:18

祝・ゲゲゲの女房視聴率20%突破。ムカイリーしげさん魅力的すぎるので当然w  そして祝・はやぶさ2プロジェクト予算増額検討。ま、あれだけ華々しいドラマを観ちゃった国民の怒りは買いたくないよね、選挙もあるしw
06-16 10:15

関連記事
2010. 06. 15  
starbrave

幾億里 障り尽きせぬ 旅の終 星と輝き 華と散るらむ   ところでこのプラネタリウム観たいんですけど。どこがいいかなぁ。 http://hayabusa-movie.jp/
06-14 12:38

関連記事
2010. 06. 14  
2010. 06. 13  
はやぶさ! はやぶさ!! 
おかえり! 
ありがとう!
そして
さようなら!


小惑星探査機「はやぶさ」。
数々の致命的なトラブルに見舞われつつも、JAXAの驚異の技術力により幾たびも復活を繰り返し、7年の歳月をかけて宇宙(そら)を馳せ、見事地球に帰還を果たす。
それが今日。
だが、しかし。

還って来る日が、はやぶさ最期の日。
小惑星イトカワのサンプルカプセルを投下した後、はやぶさの小さな機体は大気圏に突入、あっという間に燃え尽きる予定となっている。
一瞬の光芒を放つ流星となるか。
その質量はあまりに小さく、肉眼で確認することは不可能だという。
たとえそうだとしても、今日のこの夜、日本中のそこかしこで、はやぶさが居るはずの西の空を、数え切れないほどの人たちが見上げ、声をかけ、帰還を讃えて名残を惜しむことだろう。

変態的とまで呼ばれた執念の技術力。




この動画こそが日本中にJAXAとはやぶさの奮闘を知らしめた。かくいう私も、ニコ動でこれを観るまで、はやぶさがどんな目に遭ってきたのかを全く知らずにいたのだ。
だが、この動画を観てつくづく思った。これこそがまさに日本人の魂の真髄だと。
少ない予算、ギリギリまで削ぎ落とし洗練させたシステムと運用。ただひたすらの倹約と効率の追求なしには、やっていけない、ちっぽけな島国の民族が有史以来培ってきた創意工夫と不屈の根性。
そして、何よりも日本的だと私が感じる、この動画に込められた想い。
無機質でしかないマシンに、機械に、対人同様の感情を移入できること。
想いをかけることができること。
涙することの意味。
工業用ロボットに、コンピューターに名を与え、仲間として愛でるその心。
外国人が奇妙だ不思議だと首をひねろうとも、私は「それこそが日本人なのだ」と胸を張りたく思う。
今日ほど、日本に生まれて、日本人であることが嬉しく、かつ誇らしく思う日もない。

ニコ動には他にも多数のはやぶさ動画がある。
初夏日曜の夕刻、ひととき、宙と星と希望の夢に想いを寄せてみては如何だろうか。










そして、Googleもはやぶさの帰還をテーマにしたトップページにしてくれた! すぐに変更されてしまうだろうが、ばっちり保存しておいてくれるわっw



関連記事
2010. 06. 10  
starbrave

そして体重は増える一方。計るたびに不幸になる日々! 毎日1時間歩け、とか、泳げ、とか、そういうのにシフトして行かなくちゃならないの?(ToT) 雨の日も寒い日も、家で気軽に安定してやれたからこそ良かったのに>ビリキャン
06-09 14:06

仙腸関節、てな場所を傷めたらしい腰痛以来、下半身の運動が出来なくなって困る。ストレッチがほぼ全滅。左の腿の内側から後部にかけて、筋全体を傷めたみたいに激痛が走るから。今朝は、ビリキャンで鍛えたはずの右腿の前面肉に、痙攣みたいな痛みが起きてビリキャン緊急中止。どうなってんだろう?
06-09 14:00

また病院なう。軽くなったとはいえ、咳が取れないから。百日咳が流行っている、と言う話しも聞いたので、ちと不安になって。今までなら、勿体無い、って放置してたと思うんだけど、最近やたら不調が多くて気分が荒れがちなのである。
06-09 09:04

関連記事
2010. 06. 08  
世界の年表に先んじて「アシモフ選集 歴史編12 近東の歴史」に手をつけているのだった。
西洋史は最近少し読んだし、中国史も隣国の歴史ということでわずかくらいは囓っている。(そもそも日本の歴史を知る上で中国のそれと無縁で済むはずもない)
だが、中東のそれとなると、インドなども含めて、私はほぼさーっぱりなのだった。
歴史も知らねば現状も知らない。
そして、過去をわきまえずに現状を把握することは、私には出来ないのだと最近思い知った次第。

博覧強記の大天才・アジモフ氏は、主にSF、そしてミステリ、科学解説などで知られているが、それらと同じくらいの比重でもって歴史の研究と解説に人生を費やした人でもあった。

そんなアジモフ氏の歴史書は、やはり他の歴史家のそれと一味違う。視点が科学者的であり、創作家的でもあり、つまり怜悧とロマンという相反する要素の間を埋めるように、多様な位置に置かれている。読む人によっては散漫を感じるかも知れない。だが私にとっては、脳のアチコチを一遍に刺激されるようで、大変に心地よく面白い。
そして、まさにこれぞアジモフ! と何よりも強く思うのだった。伊達にアジモフ様アジモフ様とン十年お慕い続けてきてはいませんのよっオホホホホ。



さて近東の歴史、ということは、人類最古の文明・メソポタミアのそれから始まる。
スメール(シュメール)人の物語、なのであった。
チグリス川とユーフラテス川に挟まれた、自然の恵みに満ちた三日月地帯、メソポタミア。
不安定な川の恵みを支配するべく、用水路を巡らせ、作物と生活に必要な水を確保する灌漑農業。
だが、大地を通過して来る水は、塩分を含む。その水を撒き続けることによって、農地は塩分過多になり、作物が育たなくなり、集落は滅びてしまう。
大麦は多少の塩分は厭わず育つ穀物なので、現代に至るまで作付けされている。

このくだりが、目からウロコだった。
大地と水と太陽の恵みがあれば、農業は出来るだろう、という気がしていたが、そんな甘いものではないようだ。
文明社会というものは、結局は人の口をいかに養うか、ということが何にもまさる第一前提であって、その基本が農業にあってこそ発達する。
天の恵み、地の利、それがどういうものなのかによって、どんな文明社会になるのかが決定されるということなのだろうか。
で、日本はどうなのだろう。
日本は水に恵まれた国土だが、河川の距離は短く、流れは速く、振った雨はすぐに海に流れていってしまう、と学校で習ったはず。
米は、塩分に強いのだろうか、弱いのだろうか。
私はそういうことはほとんど全く知らない。
日本の社会を知る上で、農業(主に米作)を知らずに済ませることは出来ない、ということなんですかね、アジモフ博士ーっ?


閑話休題。
スメール人は、建築、を作った。日干し煉瓦を積むことによって。天と神に近づこうとして、ジッグラト、バベルの塔を作るほどの、それは洗練ぶりだった。

スメール人は、文字を作った。粘土に尖った棒を押しつけて刻み、焼き固めることによって保存する。(ハードコピーの原点がまさにコレ)

スメール人は暦を作った。1年を12ヶ月に割り、1日は24時間、1時間は60分で1分は60秒とした。
(規則正しい暦が無ければ、作物の植え付けをいつして良いかわからなくなる。正確な暦は、農業を守るために無くてはならないものであり、文明を支える基本なのだった)

スメール人は、度量衡を作った。作物を効率よく管理、分配、保存、取り引きするためである。

スメール人は、車輪を作った。それまで地面を引きずるしかなかった運搬という作業の効率が、桁違いに跳ね上がった。

スメール人は、金属を作った。青銅による武器は石器に対して圧倒的な強さを誇り、戦いを勝利に導いた。

そして。

スメール人は物語を作った。
史実の記録ではないフィクションが作られたのだ。世界最初の叙事詩「ギルガメッシュ」である。
(そこ! こんなもん鳴らすな! エクスカリパーとか言い出すな!)

ギルガメッシュの伝説は、後世のあまねく世に流布し、様々な創世記、神話の原型となった。
人間にとっての「物語」のパターンがすでにこの時代に出来上がっていたのかと思うと、リアルな人生とかけ離れたストーリー、ドラマ、ロマン等々、現世現実ならぬ「幻世幻実」というものに対する人類の執着というものは、まさに業とでも言うべきものではないかと、改めて思うのだった。

文明が起き、国家が生まれ、争い合い、英雄が生まれ、統一と支配がされ、帝国となり、栄え、衰え、外敵に襲われ滅び、スメール人は消滅していった。
「トロイ戦争に先立つ700年前、ローマという小村の築かれる1100年前」とアジモフは記す。

そして私が何より驚いたのは、このスメール人という文明の存在を人類が知ったのが、19世紀の終わり近くだった、という事実である。
人類初の歴史を作った文明と民族の存在は、人類の歴史のつい最近にいたるまで、存在しないも同然であった、ということ。
ではいったい、現時点で、人類ごときがわきまえている「歴史」など、いかほどのことだろう?
これから、どれほどの発見があって、どれほど塗りかえられていくのだろう?

いずれはギルガメッシュも読まねば。
そして、人類文明発祥の時点から、いかに人類が骨の髄まで「人類」に他ならず、今も昔も変わらぬ心がそこにあるのだろうなぁ、と予測するのだった。
だって、かいつまんで聞いた話では、英雄と英雄どうし、つまり男と男が、殴り合うことで仲良くなる、というあまりに良くあるオハナシがすでにそこにちゃんとある、ってことらしいのだもの。嗚呼度し難き者汝の名は漢也。


関連記事
2010. 06. 08  
starbrave

アジモフ様の「世界の年表」を計ってみた。1500グラム。iPad二台分強でした。……iPad、そうとう重いなこりゃ。
06-07 12:49

上石神井駅前で献血なう♪……とつぶやきたかったのに、またしても断られなうヽ(;▽;)ノ ドリンク二本とタオル頂戴してウマーなう。
06-07 11:25

関連記事
2010. 06. 07  
starbrave

突然にマキァヴェッリからアジモフに浮気したくなり、今日借りてきたのは「世界の年表」と「近東の歴史」。世界の年表の分厚いこと、重いこと、重いこと! これきっと、iPad3個分くらいの質量あるな。こういうものこそ電子図書で、軽ーく、字も拡大して読みたいですよ。嗚呼、老いたなぁ私。
06-06 23:19

予約してた本が届いたので、図書館へ。最近、図書館はいつも混んでいる。不景気で、無料の楽しみを求める人が増えているのだと思う。そして今日、こんな貼り紙が。 http://twitpic.com/1uc6d5
06-06 11:30

関連記事
2010. 06. 06  
starbrave

@kyoivy んと、ジスロマックの他、テオロング、アレグラ、アスベリン、ムコソルバン、リン酸コデイン。多くない? いや、確かに効いてはいますけど。副作用もガッツリ、だからw
06-05 07:42

関連記事
2010. 06. 05  
starbrave

さて案の定というか、ツイートしてたらブログに長文書かなくなった件。さらに今朝方夫の人に「ツイートまとめの方、頭が悪い人に見える。キャラ変わってる」と言われる。ツイートは気分で書くし、長文は左脳で書くし、当然じゃん! キャラのペルソナが単一だと思われる方が余程心外だわ('Д')!
06-04 09:06

昨夜に引き続き、副作用でなんとも気持ちが悪い。昨夜は夕食後すぐに寝込んでしまってそのまま朝までゴロゴロだった。今夜の投与分でとりあえず抗生物質は終わるので、その後の咳止めとか消炎剤のたぐいはもうやめようかな。とりあえず咳の度合いは減ったけど。減らなかったら泣けるよね。
06-04 09:02

関連記事
2010. 06. 04  
starbrave

副作用か、胃がムカムカ。だけど、夕食後は一日一回の抗生剤(治療の要)も飲まねばならぬし、なんとか少しだけ食べ…おかしいな、ムカついてても、食べると美味しい。なんてことだ、私ってどこまで口卑しいのだろう。人生通じて肥満と闘い続けるわけだよコレじゃ!!
06-03 18:29

サンダル買っちゃった。珍しいことに、甲を締め付けるパーツが一切無い。地獄の幅広甲高足の私にはありがたいし、何より発想にビビビと来たので。 http://twitpic.com/1tfkw7
06-03 11:45

「キャラフレ」こりゃなんぞー ときメモオンラインの後継者? や、やってみようかなww http://charafre.net/pc/
06-03 09:15

まだマキアヴェッリも消化しきれてないのに次に読みたい本を夢想中。塩野さんのヴェネツィア史の続き、聖ヨハネ騎士団の話、ローマ人の物語その後編等。で、急にアジモフの歴史解説も読みたくなったなぁ、と。調べてみたら、練馬区の全図書館には204冊のアジモフ本が。流石アジモフ、パネェっす!
06-03 09:10

たくさんの咳止め薬の副作用で、頭がかるーくラリパッパ。あと他の薬の副作用もあって、これは見事なお通じストップ。毎日一キロずつ体重が増えてゆく激ヤバス、ボスケテw
06-03 09:03

@kyoivy なるほど、さすが薬学。頼りになるわぁ♪( ´▽`) 薬局実習頑張ってね。
06-03 08:59

関連記事
2010. 06. 03  
starbrave

@kyoivy そうそう、それそれ、ジスロマック。抗生剤といえば、かっきり八時間おき、とか言われてそだった身としては、どんな魔法つかってるのかと。不思議!
06-02 23:55

@kyoivy そうだよねー(⌒-⌒; )あと、一日一回、三日飲むだけで七日に渡って効果あり、という珍しい抗生剤が出ました。便利な世の中になったもんじゃのうw
06-02 19:14

一日一回、一日二回、一日三回と、薬が6種も出て、レントゲンも撮られて(異常なし)、総計3000円超え。イタタタタ、痛ーい(T ^ T)
06-02 16:58

Skype仲間たちに諭されてついに観念、病院なう。仲間の一人が、体内にカビが侵入してどうのこうのという体験談を…ヒィー許してー!(◎_◎;)
06-02 15:32

@aoakamiiko こちらこそ! ごぶさたしてます。宜しくお願いします(^O^)/
06-02 14:28

さて、超めずらしくも、外タレに一目惚れしてしまった、少し前のアタシ。お相手は、アイアンマンの、トニー・スターク。そして今また、パート2のポスターで、けしからぬ色香を振りまいておられる。困った。ぶっちゃけ、前作はオモロなかったんや…今回どーなんだろ。
06-02 12:07

原恵一監督のアニメ映画が今年は観られるんだね(カラフル)! キャッホーイ! 声優じゃない人たちにアフレコさせるみたいだけど、原監督はそういう人たちの使いこなしは慣れてるはずだし、なんら問題なかろうかと思われる。
06-02 11:38

アニメ会のヲタめし! 116回を聴く。まさかの「杉田智和委員会第2回」! さすがサンキュータツオちゃん、どこまで杉田が好きなのか。いや、その気持ちは凄い判る。もうこうなったらゲストに呼べ! それか君がアニゲラのゲストに行け! アニメ会とアニゲラの夢のコラボライブも有りか!?
06-02 11:33

関連記事
2010. 06. 02  
starbrave

昔からキャラメルがけのポップコーンが大好きだったのだが、つい昨日、簡単に手作りできる事を知る。決め手はほんの一振りほどの重曹らしい。割りとあっさり目に仕上がった。いやぁ、最近は何でもレシピがネットで探せて良いなあ。桃ラーも牛角のキャベツタレもレシピ有るよ!
06-01 14:48

結局、基礎体力のなさ、というか、抵抗力の弱さが問題。具体的には血球の働きが弱い。さすが献血を断られるだけのことはある。ほんの小さなかすり傷も、すぐ皮膚が真っ赤になって長引く。血球を強くするにはどうしたら良いのかな。やっぱ、鉄分?
06-01 12:46

鎮咳去痰剤を自作したら、悪化した件( ; ; )。つまり、薬(大根飴だけどさ)が届く範囲から炎症が上下に分かれて逃げた! 以下もやしもん的表現「薬が来たぞー」「届かない所まで逃げろー」「やぁここは鼻腔だ」「ここは気管支だ」「居心地いいなぁ」 出て行けお前ら!!(怒)
06-01 12:35

関連記事
2010. 06. 01  
starbrave

戦争の技術、まだまだ読中。「勇猛であっても統制の取れない兵士は、臆病ではあっても秩序正しい軍隊よりも弱体」似たような事がヒストリエ最新刊でも語られる。軍に入った事はないけど、ネトゲやってると実感する事実なんだなコレが。古代からそうなんだし、近代戦では尚更、なのかな。
05-31 16:35

喉に炎症が居坐ると、とにかく困るのが咳。特に、寝入ろうとすると襲ってくる発作は最悪。ここまでこじれたからには、古来の知恵に頼ろう、てなわけで大根買った。刻んでハチミツまぶして放置。しみ出たエキスは、市販薬が裸足で逃げだす効き目の鎮咳シロップなのであります。買うと高いしね。
05-31 14:31

野花が可愛い季節 http://twitpic.com/1skrmm
05-31 06:34

関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。