--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 09. 25  
「アクションゲームが苦手だった貴女がよくそこまでハマるねぇ」

自分でも不思議で仕方がないのだけど、PSO2は演出やプログラミングが絶妙なのか、操作感が素晴らしいので頑張れる、というところ。

ゲームの操作感というのはとても微妙で繊細だ。
クリエイターの曖昧なイメージを、絵や動きやインターフェイスといった形にちゃんと置き換えるための労苦は大変なものだろうと推察する。

「なんかこう、ズヴァーっ、と、ビシっとザザーッって感じでそこはね、頼みたいのよ」みたいなこと言われて、なんとかしなきゃならないんだぜー、と、プログラマーの友人たちが良く言っていたのを思い出す。

アバターの動きが思いのままになるような一体感。
実際はボタンをカチカチ押しているだけなのに、まるで自分の全身がそう動いているかのように錯覚させる操作。
PSO2の洗練度はかつてないほど高いと思う。といっても、こういうたぐいのゲームはPSUとモンハントライしか知らないけどね。

さて、いい加減卒業するべきなのに、逆に「もうちっと頑張らないと」と思わせる出来事が起きてしまったのだ。

フォース40で浮遊大陸をウロウロしていたら、ポロッとレア武器を拾ってしまったのだ。
名称が、画数の多い字でモニター画面では良く見えない。
その名を「朧(おぼろ)」と言う。
日本刀のイメージの、双剣だ。

oboro2.jpg

なんじゃら随分、派手ですな。
「あの、忍者、というよりはNINJA!! という感じの武器」とはチームメイトの言。確かに。

oboro3.jpg
これは横からみたところ。


で、この朧という武器、どうやらとんでもないモノらしいのだ。さすが最強フィールドで採れる武器。鍛え抜けば異常な強さになるらしい。ショップの相場もムチャクチャ高いのだ。

そんな武器がソロであっさりゲットできるあたりが、ユーザーフレンドリーだと思う。


さて、そんな結構なものを拾っても、私のプレイヤースキルがとにかく武器に見合わないお粗末さ。防御が出来ない。回避も出来ない。被弾しまくり死にまくり。

これじゃせっかくの朧が泣くってんで、チームのみんなにあれこれ教えてもらう。(PSU繋がりの縁で小さなチームに入れてもらっている。が、誘ってくれたKちゃんはもうめったにログインしなくなってしまった。ぐぬぬ)

双剣の特徴は空中殺法。ジャンプに攻撃を組み合わせると、フォトンの力(SF的な何かと思いねぇ)で延々と滞空しながらアクション出来る。
これに武器特有の技をうまく組み合わせて、敵からの攻撃をほとんど受けずに一方的にタコ殴り出来る、はずなのである。

なにせ
「コンボってなんですか?」
という初歩的質問からやらねばならないへっぽこぴー。
はい練習練習、とか言われながらロックベアだのダークラグネだのにゼイゼイと挑んでいるうちに、少し動きが判ってきた。

で、朧を装備して、技で敵を空中高く跳ね上げて、そこに殴るわ蹴るわの一方的な蹂躙を加えることが出来るようにはなってきた。
この、敵を延々と跳ね上げ続ける動きがとても楽しい。そしてオールドオタクは思い出すのだ。

「まるっきり、チョムチョムだのーw」

解説しよう。チョムチョム(舞舞)とは「あしたのジョー」に登場するボクシングの技。
アッパーパンチを連続で繰り出して、相手を空中で痛めつけ続けるという世にも怖ろしい技なのである。

蝶のように舞い、蜂のように刺す、という言葉もボクシングにはあったけれども、双剣のアクションはまさにそんな感じ。小柄でほっそりしたアバターにしたので、よく似合う。

oboro1.jpg

刀身は細身で薄青く光っている。抜けば玉散る氷の刃。まさに業物(わざもの)の風格。

チョムチョム中の連続写真も撮ったのだけど、あまりに動きが速すぎて全部ブレブレだったのは残念至極。
さぁ今日も華麗に空中殺法!(の、練習)

関連記事
スポンサーサイト
2012. 09. 19  
私のブログを見てPSO2を始められたマイミクさんと、たまに一緒に狩りをする。
輝く赤毛の色っぽいお嬢さん。

昨夜のこと。

「その大きな羽根のようなものは、なんですか?」

ん、これ?



これは、「アステラ」という武器です。一昨日買ったばかり。
ファイターにしか使えない、双剣という武器のレアものです。

いやしかし双剣なのにこのサイズはなんだろう。なんかイメージが違う。
買うときはまさかこんな有様になるとは思いもせず、性能と名前で一発決定だったのだけど。

「アステラ」とは「星」のこと。

元はギリシャ語のAsterだろうと思う。
ラテン語ではステラ(Stella)。
アステラ、アストラ、アストロ。
どんどん派生して、ポルトガル語ではエストレラ(Estrela)。
そして英語ではスター。

星の名を持つ私としては、星のモチーフには強いこだわりがあり、アステラと聞いては我慢できるはずもない。

「なんでアストラじゃないのだろう」

そりゃその響きにしちゃうと「レオの弟かよ」とか言い出す老オタクが必ず居るからじゃなかろーか。

しっかし、大きさや形状にはいささかの不満が。
これで星って言われてもなー。うーん。

aster2.jpg

双剣はとても動きが軽快で、一発のダメージは小さいものの、手数で勝負の武器。女性アバターには向いていると思われる。

総じて、ハンター系の武器アクションはダイナミック。モノによっては凶暴過ぎて、私ですら引くレベル。
スペース・ツナ、という名前の、どう見ても巨大マグロであるそれを、ぷるぷると振り回しながら戦うネタ武器を見た時には、マジでどうしてくれようかと思った。困ったことに強いんだよね、ツナ。あ、SS無いやw

関連記事
2012. 09. 15  
なんかもう足元にジリジリと火が迫るような気がしてきた世間の情勢。
干魃、食糧危機、戦火とテロ。デモ。経済危機は解決の兆しもなく、国内に目を向ければ政局は混迷の極み。

「いったい何が始まるんです?」

いいえ、とっくに始まっているのですよ。
さぁ、幾度となく繰り返されてきた人類の行動パターンを私たちは止められるだろうか。
人類が初めて手に入れた強大な力、高度情報社会というツールは、それの抑止に使えるのだろうか。

困ったことに、今のところ、抑止よりも煽動に有利に働いているようにも見えるのだ。
だけど、ネットというツールの持つ可能性を私はまだ信じていたい。
ここでそれを有効に使えねば、文明の持つ意味なんて何だってんだ、って思うよ全く。

********************


とは言え、どうにも怖ろしいのだけは困ったもの。
でもって、困ったことにPSO2がやめられない。
どう見ても、現実からの逃避です、本当に恥知らずな話だね。
でも今日も狩り行くよっ。


PSO2には有料のガチャと無料(ゲーム内のコミュニケーションで貯まるポイント使用)のガチャがある。
その無料ガチャで、素敵な帽子を引き当てた。真っ赤なテンガロンハットである。

可愛い色なので、初期に装備していた赤と黒の鎧を引っ張りだしてコーディネイト。

redhat.jpg

なんか、レンジャーかハンターって感じになったが、このまま平然とフォースやテクターをやっている。

フォース40
ハンター30
テクター20

今こんな感じ。
いつ、卒業できるだろう……世相と未来を怖がっている間は無理だな、多分。



関連記事
2012. 09. 15  
ジュエルペットサンシャインの最終回にて、ペットのヒロイン・ルビーと、人間のヒロイン・かのん、両方に愛されて、最終的にルビーを選んだ御影くん。
なんとなんと、人間を卒業してジュエルペットになってしまったという衝撃の選択。

まさかその御影くんと新シリーズのキラデコで再会できようとは!

スレ立ってますね。

この二人の距離感が、なんか、良いのだ。
ごく当たり前の存在として、ボーイフレンドが居るのだと告げるルビー。舞踏会で逢うのだと。
ショックを受ける乙女のピンク。なにげに、ルビーを見下していたのかしら、この子は?

そして現れるボーイフレンド。紛れもなく、最終回であらわれた、ペット化した御影くん。隣町のグラナイトです、と名乗るのだった。


そしてルビーと息ぴったりで踊りまくって

「じゃ、また来年!」

とあっさり別れていく。

なんとも円熟した絆を感じるではないか。

御影くんの存在が今のシリーズでもちゃんと生きていることも、ルビーとの大人っぽい雰囲気も、妙に嬉しかった。

そして、舞踏会でも様々なキャラ模様を通して、人間側のヒロインのピンクちゃんが、やっぱりさりげなくジュエルペットたちを見下している、という性根も垣間見せる。

相変わらず、この作品に関わるスタッフの力量の深さを感じたのだった。

と言うことは、大きい流れとして、このほのかな差別意識の解消を目指してキラデコの終盤は動いていくのかなぁ、とぼーっと予想してみる。期待、期待。

関連記事
2012. 09. 10  
夫の人が拾って見せてくれた動画。

「フカシギの数え方」

まず、正四角形がある。
1つの隅から対角線上の隅までたどる道筋は、2つ。

「ではこの四角を二分割して4つにしてみましょう。対角線の隅までたどる道筋はいくつになるかな? 同じ道は通っちゃだめよ」

「6通り?」
「いいえ、このとおり12通りになります」

いっきに6倍。

では2×2から3×3になったら、どうなるか?

「このとおり、184通り!」

では4×4になったら……というのを淡々と続けていくのである。

が、命題の単純さに反して、現れる数字は世にも怖ろしい倍率で増大していくのだ。
ついにはパソコンにも手に負えなくなり、ならばスパコンでと……だがしかし……。

「おねえさん、もうやめて! 死んじゃうよ!」

「それでもね。私はみんなに「組み合わせ爆発のすごさ」を教えたいの!止めないで!」

軽く背筋が凍りそうな戦慄。数学というものの深遠と深淵。底知れぬものを垣間見た恐怖のようなもの。

最終的には
「スパコンというものが何なのか、何が出来るのか、そしてどう凄いのか」
ということが明確にイメージとして叩き込まれる動画となっている。

世界は広い。世界は深い。知らないことが無数にある。果ての無いもの。
人類の叡智をどれほど重ねようとも、世界を手にするスベなど無いのだろう。
たまには、そういう現実に気づくことも必要なのじゃないかな。

関連記事
2012. 09. 07  
「まだそんな遊びにうつつを抜かしておるのかね」

はい。困ったことにやめられない止まらない。PSO2の狩り。あれよあれよとフォースがレベル上限40に。
経験値が入らないのは楽しくないってんで、おもむろにハンターを上げ始め、こちらももう21。

とにかくシステムが快適なのだ。そして狩りのモーションが凝っていて楽しい。
もともと反射神経が鈍く、アクションゲームは成果が出せずに大嫌いで、じっくり進められるRPGが好みの私。

そんな私が毎日、画面狭しと暴れまわるハンティング無双を続けていられるのだから、システムと演出がどれほど洗練されているか推して知るべし。

12日には大型アップデートが実装され、新クラスも開放される。フォースからテクターに、ハンターからファイターに進化出来たりする。

こりゃぁもう当分止まらない模様。

となると、考えねばならない。
PSO2は基本無料だ。
が、ショップやトレードなど、MMOならではの基本仕様は課金しないと使えない。
ショップなどは無くても遊べることは遊べるのだが……。

「そんだけ楽しんだからには代償を払って当たり前であろう、評価経済的に考えて」

まったくもって。
パッケージを買うなり、月額いくらかと決めて払うなり、評価をマネーに替えてメーカーに還元すべき、という気がしてきた。
それくらい、楽しんでしまっているのである。SEGAさん頑張ってる。SEGAさんありがとう。それなりにお支払いさせていただきます。



***************ワンダーコレットの消失****************

前回のエントリで、魔法少女玩具と紹介させてもらったフォースの投擲武器、ワンダーコレット。
物凄くお気に入りで、大金かけて強化をし、毎日愛用していた。

その武器が今日、忽然と消えてしまったのである。
無い。カバンに無い。倉庫も必死で探すが、無い。
真っ青。ワンダーコレットは私のメイン武器。これが無かったら満足に狩りも出来ない。一体なぜ消えてしまったのか?

結論として、バグとかハックとかそういう禍々しい話ではなくて、単純に私の凡ミス。
どうやら特殊能力合成の際に、うっかりぼんやり、消費してしまったらしいのだ。

「ロックかけておかなかったのですか?」

……かけておかなかったのですねぇ。そりゃ、うっかりで溶かしてしまうことも、あるわねぇ。

なにもかも自業自得。行動が不注意なのが悪。
歳をとっていろいろボケてて、だからなお一層、何事も注意深くなければならないという教訓なわけだが、なんかもう、泣き濡れる元気も無いというか。ボーゼンというか。


ただ、もう本当にシミジミ思うのだ。
馬鹿でアホでボーゼンとしてしまうような状態になってしまうのも、悪くないことかもしれないな、と。
震災からこっち、持ち前のシリアス病をこじらせ続けて、自分自身を袋小路に追い詰めてしまっていた昨今だった、とも思うので。


残暑とはいえめっきり秋めいてきたようだが、私のバカンス気分は、まだもうちょっとだけ続くんじゃ。

関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。