--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 31  
ガールズ&パンツァー、ついに完結。
そろそろバラツキがあった放映スケジュールも落ち着いた頃かと思います。

いやもう本当に素晴らしい最終回でした。まさに伝説級です。良質なアニメは毎年たくさん生まれますが、ガルパンは明らかに別次元の傑作になりました。

*題材が個性的であること。
*設定と物語が深く練られていること。
*演出がオーソドックスで堅実であること。
*アニメーションの本質と伝統を大事にした映像であること。
*大人数のキャラクターのそれぞれがリアリティを備えていること。
*BGMなど、音響へのこだわりが深いこと。

美点が、枚挙にいとまもないほどです。
これらの項目、ひとつを語るだけでエントリが一日分消費されるくらいに、濃いのです。

特にアニメーションとしての価値については、ウォルト・ディズニーが産みだした手法と文化の遺伝子を受け継ぐ、正統なる後継者としての称号を水島努監督に奉りたく思います。

手描きの動画では大変に困難な、戦車という複雑なメカニックの動き。
それをCGを駆使することによってダイナミックかつ生き生きと描き出し、臨場感と緊迫感溢れる映像にしてみせた手腕こそがまさに伝説の名に相応しいと言えるでしょう。


キャラクターを魅力的に描く技は、日本では大変に進化しています。特に可愛い女の子の描写は洗練の極みに達しています。つまり、可愛い女子なんてものは、アニメにおいては実にありふれたものです。

ですが、戦車という無骨な兵器を、水島監督はキャラ化してみせたのです。可愛い少女たちと等価の存在として。これはとんでもなく稀有なことだと思います。戦車はロボットですら無い、人型ではない、感情移入の困難なものなのに。

そして、水島監督のさらに恐るべき実力は、より特別な困難に挑んで成功させた点にも現れています。

それは「町」のキャラ化です。

ヒロインたちが住む学園艦、それが寄港している町は、茨城県大洗町。
なんと、戦車のみならず、この町そのものがキャラ化に至っているのです。

特定の地域を舞台にしたアニメはたくさんあります。美しい風景、独特の風景、それらが作品に溶け込んで成功した作品は、実際の地域に多くの観光客を呼び寄せ、おおいに成功する例となります。

しかし私の知る限り、そういうご当地アニメのほとんどが、どんなに良質な作品であっても、現実の眺望を、美しい背景以外の存在として描くことは無かったように思います。

ですがガルパンと大洗の関係は一味ちがうのです。

実際の大洗の町並みを戦闘フィールドとして、派手な戦車戦を繰り広げる回があります。
この回の絵コンテが凄かった!
ポリゴンとしてグリグリ動く背景。道路、街角、建物と一体化して激しくアクションする戦車。勢い余ってぶっ壊される実在の建物。

これらを、まさにその場で味わうかのような臨場感でもって描くこと。
人間と戦車の視点で描くこと。
単なる背景ではなく、視線の先にある空気の一部として感じられる存在として描くことで、大洗という町がキャラおよび戦車と同一の意味を持ったのです。町がキャラクターとしての属性をまとった瞬間でした。

結果、どういうことになったか。

大洗の町にはガルパンのファンがあまた訪れ、お祭りは大盛況。
大洗の町を挙げての大歓迎。多くの商店、駅舎、水族館、数えきれないほどの施設が、ガルパンにまつわる展示や掲示を掲げて作品の応援をしてくれたそうです。
先週のイベントには、町長と自衛隊のはからいで、本物の戦車の展示がかなったとのこと。

そして最終回の放映が出揃った今、大洗駅には

「祝全国大会優勝 県立大洗女子学園」

の横断幕が張られているそうな。

かつてこれほど地元に愛されたアニメ作品があったでしょうか。


ガルパンのフィナーレは、大会を終えたガールズとパンツァー達が、大洗の町に戻ってくるシーンです。
港に続く道には、地元の人たちが作った花道。「優勝おめでとう」のノボリ。
拍手で喜び迎える大人たちの数は、思いの外に少なく、一見は地味な凱旋です。
でも、それが大洗の町そのものなわけです。人口2万に満たない、小さな町なのです。
このささやかなリアリティを現す構図、紛れもなく大洗そのものであろう空気感を写した構図。
そこには、スタッフの大洗への感謝が溢れていました。
光る海、輝く大洗タワー、そびえ立つ巨大な学園艦。そこへ帰っていくヒロイン達と戦車の後ろ姿の美しいこと。
超重戦車マウスとの激戦シーン、知恵と勇気とチームワークが結実したあの名場面と並ぶ、一生忘れられないシーンとなりました。

この、作品と実在の町との幸福な絆こそが、ガールズ&パンツァーの伝説の最大のものだと思います。
願わくばこの蜜月が末永く続きますように。











*************************
「ガルパンの水島監督の新作が始まるそうだよ」
「おう、知ってるぞ。確か『アザゼルさん』とかいう」
「なんか可愛らしい動物みたいなのが出るアニメらしい」
「そりゃ観てみなきゃなぁ」
「ガルパンみたいに楽しい話なんだろうなぁ」

……という感じの大洗の人たちが実際にアザゼルさんを観たら一体……(汗)(大汗)



水島監督は本物の「天才」なんです! どうか許してあげて!


私的には戦車と少女よりも、極悪ラブリー悪魔たちの方がより愛おしいものであります。

関連記事
スポンサーサイト
2013. 03. 25  
ディズニーの新作CGアニメ「シュガー・ラッシュ」。

いろんな時代のゲームキャラが一堂に会している設定は、「ロジャー・ラビット」を彷彿とさせ、ゲームセンターから人が居なくなった途端に、やれやれと業務を切り上げて自由を満喫するキャラの行動は、ピクサーの「トイ・ストーリー」のようでもあります。

「コンピューターゲームの歴史も30年以上を経て、こういう作品が作られるほどの確固たる文化としての地位を獲得したのだなぁ」
と思うとさすがに感無量でした。
ピコピコとペラい音。ギザギザが目立つ、単純なドット絵。
そういう古臭い仕様に、限りない郷愁と愛着をスタッフが抱いているのがはっきり判る作品です。


もちろん、今風バリバリのポリゴンFPSゲーム風のキャラも登場し、昔のゲームキャラと絡んで齟齬が生じるあたり、昔からゲームに親しんでいる大人ほどニヤニヤできる構造だったりします。

物語は実に王道の、出会いと成長と絆のストーリー。
ややベタ過ぎるようでもありますが、そこに込められた作り手の思いや、主張がとても明確で伝わりやすく、

「多分こうなって、ああなって、結局こうなって綺麗に終わるんだろうなぁ」

などと判っているつもりで観ていても、キャラの魅力と表現の巧さにすっかり惹き込まれて、計三回はボロ泣き。隣で観ていた息子が心配するくらい。


設定や構造は、ロジャー・ラビットやトイ・ストーリーに似ているとしても、かつてのこれらの作品には伺えなかったモノがこの作品にはあります。

「こういうことはするべきことじゃないよね? すべきことはなんだろう? どんなふうに生きるべきだろう?」

そういうことを強く呼びかける、刻みこむ、訴えかけようとする、祈りか願いにも似たような、切実な主張が描かれているのです。

現代のアメリカの社会が問題として抱えているある種のモラル崩壊に対する意識が、色濃く反映されているシナリオなのだろうと思いました。
そしてそれは現代日本が抱えるそれにも密接に関連するものでもあるはずです。

文明が進化し、技術が拡大し、その恵みをいち早く享受した先進国。
アメリカと日本。
進歩と繁栄の裏で確実に進んでいったモラル崩壊や人心の変貌。
そのことにこれほど強烈な警鐘を鳴らし、かつ復旧の志しをも示してみせるストーリーが、文明と技術の申し子であるゲーム文化を主題にした作品世界で語られるというのは、壮大な皮肉にすら想えます。


絵作りのセンスこそピクサーに一歩譲る感はありますが、お話づくりの巧さは流石ディズニー、老舗の風格と貫禄は凄いなぁ、と唸らされました。
ゲームになんの知識も興味も無くても楽しめる、手堅い娯楽作ではありますが、ゲームが好きであるほど、ゲームと共に生きた年月が長いほど、深く激しく楽しめる一本でありましょう。

関連記事
2013. 03. 23  
せせせ 星界の新刊が出たぞーーーーー!!! 
嘘じゃないもん、ホントだもん。私オオカミ少年じゃないもん。
ほらっ!

「星界の戦旗V 宿命の調べ」

いや~~長かったっすねぇ。みんな待ってた星界の続き。どれくらい待たれてたかって言うと、発売前からずっとAmazonのランキングベスト5に毎日食い込み続けて、発売された途端に堂々の一位獲得。


冗談でもなんでもなく、本気で私は思っていた。
もう生きてるうちに続きを読むことは出来ないかもしれない、と。
命ははかないものだから。
私も、あなたも、だれもかれも。命は不安であやふやで、明日が確かなはずも無し。
老いが迫り、心身が衰え始め、自分というものがどんどん磨り減っていく実感の中、ある種の心眼だけは冴えてゆく。若さに溺れていた頃には見えようの無かったことが見え始める。
運命、宿命というものは測りがたいということ。
逢うも逢わぬもさだめでしかなく、どうにもならない流れをただ受け入れるしか無いということを。

僥倖にして、物語の続きに巡り逢う事ができた。なんと幸運なことだろう。長生きはするものだ。
ありがたや、ありがたや。


朝に入手して、午後に爆速で読みきってしまったけど、内容については触れない。さすがにネタバレはヤバい。
ただもうひたすらに読み応えがあった。テンポが凄い。緊張感が凄い。とにかく勢いがある。
初めて星界の最初の一冊を手にとって読んだ時のような、清新で鮮やかな印象が蘇ったようで、吃驚した。
と同時に、ある種の確固たるイメージもまとわりついて離れなかった。
そのイメージがどういうものかは言わない。ネタバレとは違う意味で、今は伏せておくべきイメージだと判断する。ただ、今まで何度か見出してきた、ある一定に普遍的なイメージだった、とだけ。


そしてついに
「第一部 完結」
である。色々と感無量。

さだめが許すものならば、第二部にもどうぞ巡り逢えますように。ひたぶるに祈るのみ。(-人-)(-人-)

関連記事
2013. 03. 23  
明日の誕生日で50歳になる。
さすがに節目と感じる。精神的にも肉体的にも。
特に後者については、年の近い女性ならほぼ誰でも実感を共有してくれるのではないだろうか。
盛大に何かが終わろうとしている感覚。
生まれて、生きてゆく意味。存在の意義。
その根幹が喪われようとしていく、この感覚。

なので逆に、おおいに明日を祝いたいと思ったのだった。

というわけで、星ゆう輝生誕50年をことほぐ金品などは、今後10年に渡り365日受け付けますです( ̄▽ ̄)


精神的にも節目を感じる今日このごろ。
いろいろと思うところがあり、長年続けてきたこのブログをリニューアルしようと思う。

といっても移転などするわけでもなく、このアドレスのままではあるのだけど。
変更点はただ一つ。

「である調をやめる」


基本ずっと「である調」で、適宜「ですます調」を使い分けてきたが、明日から「ですます」に統一することにした。

まぁ大した違いじゃないのだけれど。
それなりにテンプレデザインも久しぶりに変えてみようとは思うのだった。春らしく明るくしてみたい。



さようなら、「である」の私。
さようなら、「40代」の私。
名残にもう一本くらいエントリ書いとくかな。


関連記事
2013. 03. 13  
ガールズ&パンツァーの最新話公開が近づき、楽しみな春。アザゼルさんの2期も始まるし。

先ほど、3月24日の大洗フェスタで、自衛隊の74式戦車の展示がある、との情報を入手。
いいなぁ、見に行きたいなぁ、でも遠いし交通費も高いし……。
などと思いながらiPadで74式の画像を眺めていたら、横から息子が覗き込んだ。

「これは?」

「これはね、74式という、自衛隊の戦車なんだって」

「自衛隊の戦車は、なにに使うの?」



ポカン、となった。
なんと答えていいか判らない。

トラックなどの輸送車、炊事車、池の水をろ過して臨時のお風呂にまでしてくれる車輌などなど、自衛隊にはいろんな「はたらくくるま」がある。災害救助のアレコレで、困った人を助けてくれる車はいっぱいある。

でも、戦車は。

「うーん……そうだね、戦車だけは、戦争にだけしか使い道は無いかもね」


専守防衛の立場から戦車を使うことを考えれば、敵対勢力が上陸して占領戦を開始した場合に使うものだろうと思い、息子に判りやすいよう言葉を選んで説明をしてみたが、話がややこしくなりすぎたようでちゃんと聞いてはもらえなかった。

なんと言えば良かったのだろう。私がこれほど無知でなければ、もっと良い答えがあったかも知れないけれど。


戦車。

ガルパンのアニメとしての魅力をそのまま戦車の魅力と捉えて好きになったけれども、息子のシンプルな質問に改めて考えさせられた。

日本で、戦車を、何に使えるのだろう?

戦闘機ならまだ判るんだけどなぁ。


関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。