--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 23  
猪瀬東京都知事が、日本の標準時間を現在より2時間早める提案をし、政府が検討に入ったそうです。

提案書をネット上で見ましたが、つまりは金融市場の活性化および日本市場の優位性獲得が主な目的で、省エネとゆとりあるライフスタイル実現、という狙いもあるようです。

省エネやライフスタイル改造については、過去何度もサマータイム提案が受容されなかった例でも判る通り、およそ日本人の意識に沿わないことと見なすのが大多数の見解ではないでしょうか。


2時間早めることによる、金融の優位は納得できる話です。
ならば、金融業界だけが変貌すれば良いことではないのでしょうか?
なぜ、それ以外のすべての国民までもが金融業界に従って不自由を我慢せねばならないのでしょう?


24時間、休みなく従事する立場の人たちというのは数多く居ます。

その最たる例が、命に関わる人たち。
四六時中、世話が必要な対象をケアする人たち。
すなわち、乳児を抱えた保護者や、重篤患者の看護、介護に携わる職の方々。
他にも、警護や通信やインフラ保持、それが途絶えれば人命に関わるシステムに携わる方々。
命と社会のために24時間休みなく戦い続ける人々は数え切れないほど居ます。

そういう業態の人たちは、主に三交代などのシフト制で不規則に働くことが常態化しているはずです。
(乳児の母にはそんなシフト交代すらありませんがね)

金融業界がそういう制度になってはいけない、という理由は私には思いつきません。


「いやいや、それよりも全国いっせいに時間を変更した方がロスが無くて良いはずです」

ということですか?

冬の朝を2時間も早めたらどうなりますか?
様々な事情で遠くの学校に通わねばならない小学生を、寒い暗闇の中、通学させるのが国のためだと?
ただでさえ通常の生活に困難のある障害児と保護者が、適した学校が不足してるばっかりに、毎日遠距離通学せざるをえない現実を肌身で知っている私にとっては、なんと馬鹿げた提案か、と思ってしまうわけです。

まだサマータイム制導入の方がよほど現実的だ、という気すらします。

もしかして、アレですか。
交渉術の一つ。
とうてい無理! という要求をまず出して、それよりは少し低い水準の要求をのませるというテクニック。
落とし所というか、狙いどころはサマータイム制度?
個人的にはサマータイムにはさほど嫌悪感を持ってはいませんので、試行くらいはあっても良いかと感じます。

ですが、全国的に標準時間を変更するという案件は、これこそ国民投票レベルの民意確認が必要な事項ではないかとも思うわけです。



とは言え、都知事はご自身のTwitterにおいて

「そういう考え方もあるのか、ということから議論が深まっていくこと」

を重視なさっている意味のことを述べておられるので、そういう意味では無駄な提案ではないかな、と。




実際、24時間金融市場というのが実現した未来というのは結構ワクワクしないでもありません。

「兜町は眠らない」

なんて、映画か何かのタイトルみたいじゃないですか?

あっ、ぜんぜん省エネじゃないw
ダメかやっぱ。

関連記事
スポンサーサイト
2013. 05. 11  
ドル円の為替相場が100円を突破したそうです。
政権交代が起きた昨年末からこっち、円は下がり続け、株や不動産は上がり続け、金融に関わる方々はずっと狂騒状態。
終わらないラプソディを踊り続けているように見えます。

新しく日銀のトップになられた黒田総裁は

「物価の2%上昇を目標に」

と、思い切った金融政策を実行なさったとか。



相場などに手を出したこともない我が家。
株だの為替だの、とても恐ろしいもの。
バブルとその崩壊を目の当たりにした身としては、そういうたぐいのモノに手を出せば必ずや酷い目に逢う、という気がしてならないから。


お金は銀行に預け、無駄遣いはしない。
ただひたすら、毎日つましく倹約で生きる。
それ以外の身の処し方は知らないわけです。



倹約方法の一つとして、食材を安いスーパーでまとめ買いする、というのがあります。
月に2、3度は、自転車で遠くの肉専門スーパーまで買い出しへ行きます。

一昨日、そこでいつもの買い物をしようとして、びっくり。
ほぼ底値の、輸入物のブタコマ肉が無いのです。

いや、よく見るとちゃんとありました。でも値段が違っていたので、ぱっと見、同じものとは思わなかったのです。
100g59円が69円になっていました。

「うわっ、円安のせい? 仕方ないんだろうけど、一気に10円も上がっちゃぁ、お値打ち感もほとんど無しやん」

同時にいろいろと、いっぺんに思い出しました。
最近、食品がかなり値上がりしていることを。
一見、値段が変わらないように見えても、分量が減っていたり、品質が下がったりしました。
1kgの小麦粉が700gになったり。
砂糖・食塩不使用だった野菜ジュースが、パッケージを変えて、食塩添加になり、味は水っぽくなったり。


日銀総裁、黒田さん?
物価上昇2%の目標達成には日数がかかる、と仰せのようですが、その物価というのは、何処のなんのお値段のことでしょうか? 
私の身の回りでは、2%の壁なぞとっくに軽々突破しておりますよ?



結局、円安や株価上昇などと言って好景気を報じても、世の中の隅々までお金が行き渡るわけで無し。

そのくせ、もっとも身近で底値のものほど素早く値上がるものだということでしょうか。


株が上がる→お給料に変化無し。
円安になる→食品が即値上がり。

いやはや、実体経済という言葉を最近覚えましたが、報道の言葉の上っつらとは激しく掛け離れるものなんですねぇ。
億ションが良く売れるようになっただの、車の売れ行きが伸びただの、パズドラの会社の評価額が1兆越えだの、そんな報道のなんと虚ろで無意味に響くことか。

人間が生きるために何よりも必要なモノ。
食料と、エネルギー。
この最優先度の2つがどんどん高価になっていくこと。それが大多数の庶民の生活を容赦なく損耗させる社会が、『景気が良い』『豊か』などとは到底考えられないのです。

ですが「資本主義社会とはそういうものなんだから」ということであるならば。
庶民もまた、これからは変わらねばならないのでしょう。今までの生き方、つましいやり方、身を処するそれなりのやり方が通用しなくなる世になってきたのでしょう。

では具体的にどうすればいいのか?

勉強するしかないのでしょうね。経済や、金融や、マネジメントというようなことを。

「なんとなく、それなりに、適当に」

という感じでなんとかなってきた時代はもうとっくに終わっていて、文字通りの『油断も隙もない社会』になっていくということ。
正直、こんな歳になってボケ始めてすらいるのに、もっとも苦手だった分野「経済の勉強」をガリガリ囓らねばならないのか、と思うと。

無理ッ! って気しか、しないんですけどね(´д`)

東京はお台場の科学未来館にて、「お金」にまつわる特別展示があるそうで、イロハを学ぶためにも行ってみたいところです。

関連記事
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。