--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 09. 20  
ずいぶん間があいてしまいました。

ライフスタイルが大幅に変わったため、駄文を連ねる余裕がしばらく無かったのです。


「そのライフスタイル変更というのに、ネトゲが含まれているのはどういうことかね?」


ええ、まぁその。

あの相当さんざんだったFFXIVが、「新生」として帰ってきまして、これが実に良い出来でして。

ありとあらゆる問題点を徹底的に改善し、独自要素も取り入れ、まったく別のゲームに化けていました。
個人的には、ようやっとWOWを超えるモノが出てきたなぁ、と思っています。


なかなか新ライフスタイルは多忙でして、まとまったプレイ時間は取れません。
ですが、ほんの20分くらいでもこなせる遊びが多いので、まったり進行で楽しめます。ありがたいことです。

キャラは旧FFXIVと同じにしました。

これは、LSの絵師さんが描いてくれたマイアバターです。あまりに可愛い。お気に入りです。

カテリナアイコン



ゲームとしても優れていますが、特に気に入っているのは、いろんなパロディネタが仕込まれている点です。

自社パロディも多いです。
「我々の」「コリブリ」「いやらしい」などと、ファンコミュニティから生まれたネタまで縦横無尽にぶち込んでくる前のめりのサービス精神、大好物です。


もっとツボに入ったのは、かなりオールディーズなSF小説ネタが大量に投入されていること。

このページの下の方に、FATEというコンテンツの一覧があります。
タイトルを見れば、SF好きの方ならかなりニヤニヤ出来るかと思います。

砂丘エリアで巨大なワームを退治した時

「砂漠の神皇帝」

と表示された時にはひっくり返るかと思いました。個人的に大変思い入れ深い作品ですが、実にマイナーなネタと言えましょう。かなり濃いSFファンの方がタイトル付けをしているのだろうな、と想像すると幸せな気分になります。


SFは長らく冬の時代であります。
浸透と拡散を経て、雲散霧消してしまった、とも言われてきました。

ですが、さらに時代は巡り、再結晶が始まるのかもしれません。

人類はネットという未曽有のツールを手に入れて、激変の時代を迎えています。
揺らぐ価値観。
覆る常識。
なにが正しくて、何を信じるのか。
確固たる自分というものを、どうやって持てばいいのか。

そんな混迷の今だからこそ、SFはなおいっそう必要とされるはずだ、と私は思っているのでした。



さて、寝るまでもうしばらくあるので、ちっとクルザスでも行ってきますかね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。