--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 26  

今日、引っ越しです。

息子を障害児クラスのある学校へ通わせるために、この街に越して来て、16年。

桜の綺麗な街でした。
NTTビルのそばには、味わい深い枝ぶりの桜の古木がありました。

新居の隣の敷地は広い耕作地で、そこにも見事な桜がたくさん並んでいました。

毎年、降り注ぐような豊かな花吹雪を楽しみ、時に桜に降り積もる雪を味わい、季節を過ごして気付けば相当な年月が過ぎました。

もう、どちらの桜も無くなってしまいましたが。


16年。
小さかった息子はメキメキ大きくなり、養護学校を無事卒業し、職にも恵まれました。

就職を控えた春の日に、息子と二人連れだって石神井川のほとりをそぞろ歩き、川縁にひしめく桜を眺めたこと。
あれこそが、私の人生で最高の桜の思い出です。あの石神井川の桜には、いつまでも健在でいて欲しいものです。

この街で、最も幸せな時代を生きました。

ありがとう上石神井。
急行停車駅なのになぜか開発が進まず、お店が次々無くなっていく切ない街でもあったけど、穏やかで優しい人ばかりののどかな街でした。
ありがとう、ありがとう。



新しい街でも頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
12 | 2014/02 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。