--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 06. 25  
 とても忙しく、Twitterしかできず、アニメも週に3本くらいしか観られません。
 今季はFate stay nightを特に熱心に観てました。
 初めての話なのに、特別に懐かしい。
 そういう不思議な思い入れのある物語。

 もう十年以上前。
 FFXIというMMORPGでディープに遊んでました。
 LSと呼ばれる仲間システムに多数所属していました。そのうちの多くが、それぞれサイトをもっていたりして。
 そのサイト内の個人スペースに、ある日書き込まれた文章に惹かれたのです。

 「 体は剣で出来ている
  血潮は鉄で、心は硝子
  幾たびの戦場を越えて不敗
  ただの一度も敗走はなく
  ただの一度も理解されない
  彼の者は常に独り剣の丘で勝利に酔う
  故に、その生涯に意味はなく
  その体は、きっと剣で出来ていた」


 ひどく印象的な文章。ドラマティックで耽美。
 これはいったい何だろう? この人の創作? はてさて?

 ほどなく、その投稿に他のメンバーの返信がつきました。

 「僕の知ってる***そのままなんですけど偶然?」
 正確な文章は覚えてませんが、こういう感じの書き込みだったと思います。

 どうやらコピペであって、オリジナルではないらしい?

 由来を知りたくてググってみると、なにやら殺伐とした絵が出ました。
 剣。疲弊した様子の人影。寂寥の荒野。
 そして英文字のみのタイトルぽいもの。

 アニメじゃないらしい、マンガでもない、小説でもないらしい?
 なんだか良くわからないまま、荒野のイメージと耽美な詩文だけが記憶に残りました。


 MMORPGの記憶も遠く薄れ、そのLSの名前も、サイトの在処も、まったく思い出せません。
 それなのに、あの印象的な詩文だけはずっと記憶に残ってました。

 「体は剣でできている、血潮は鉄で心は硝子……」

 十年以上の時を経て、あの詩文(詠唱)に再会するとは。
 なんの脈絡もなくあの文を個人スペースに貼り付けたあの人は、当時何を思っていたのだろう? 知るすべもありません。


 「Fate stay night UBW」。
 「FateZero」が大好きでしたし、今回のシリーズも堪能しました。容赦無い哲学と美学。それらは十年以上前から確立されて、ずっと熟成され続けてきた世界観だったのでしょう。


 滅多に長文を書く暇も無い日々ですが、Fateがさらに個人的に特別な作品となったので、思い出とともに記しておきます。

 Fateもだけど、シドニアもジョジョも良かった!
 来季、ここまで粒ぞろいのお気に入りに出会えるかしらん?
 Twitterにこもる壁をぶち壊して駄文を書き連ねたくなるくらいの何かに。

 期待はいつだって持っているべき。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
02 | 2015/06 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。