--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 11. 22  
あまり評判が芳しくないらしいガンダムAGE。
でも私はお気楽に毎週楽しんでいる。ハマるというほどではないけれど、結構好きなのだ。
どこが良いって、青春臭さが無いのが良い。
思えばファーストの時代から、ガンダムは少年少女の物語だった。アムロたちが抱える青春期特有の屈折や痛みなどが、安彦良和氏の繊細な絵作りを通して先鋭的に描かれていたのも人気の要因だった。
シャアに至っては中年になり一国の統治者とまでなってもまだなお、捻くれた青春から脱出できないままのガキオヤジのままだった、というあたりが相当に私をウンザリさせてくれたものだ。

さて、低年齢層向けに特化したAGEの主人公・フリット君。当然、まだまだ子供だ。青春、という自意識はまだ彼には遠い。行動原理は単調で平板な正義感のようなもの。そして母の思いの延長線上から一歩もまだ動けないでいる。
幼いとは言えないけれども青さもまだ訪れない、割れる前の卵のような、ツルンとした清涼感。
いわゆる青春の蹉跌を一切感じさせない単純さが、今の私のツボなのだ。
エヴァ以降定番化された、青春真っ盛りキャラたちのグジャグジャとややこしい自意識の表現に、自分がどれほど食傷していたのかを毎週確認しながらAGEをニコニコと観ている。

ここ何回かは、社会が腐敗した巨大コロニーでの戦争ごっこに巻き込まれるという、なにやら昭和中期のアニメ・特撮のようなユルユル杜撰なシナリオと演出になってしまっていてさすがの私も頭を抱えているのだが、基本的には「円卓の騎士物語のようなガンダム」なのだろうと捉えているので細かいことは気にしないようにしている。

だが、ふと今朝方思いついた。
これは、3代100年を描くストーリー。
清々しいフリット少年もほどなく成長して子を成して退場するはず。

そしてその後を継ぐ2代目の主人公は。
多分きっとこういうセリフを吐く気がしたのだ。

「ガンダムなんて大嫌いさ!」

でもって

「親父がなんだ、アスノの血がなんだ、なんでそんなものを背負わなきゃならない」
とか
「あいつらが始めた戦争じゃないか、クソみたいな大人、クソみたいな歴史、知らないよそんなの」
とか
「俺はやりたいようにやる、俺のためにそうするんだ」
的な、いたーい痛い煮詰まった青春的反抗を撒き散らすツンデレ系になるのじゃないかと。
でもってお話も設定もなんだかやたらリアルっぽく悲劇的になっていって、ガンダムのデザインもゴテゴテと華やかなディティール重視のケバい風情になっちゃったり……


していったらどうしよう(´・ω・`)……。
そうなっても笑ってみていられると良いのだけど。


で、さらに時代が進むと、3代目はなにやら妙に達観した、軽やかな思いやりに満ちた草食系男子がひたすら調和を願って行動する(ヒロインはもちろん凶暴で戦闘的)という現代的なオハナシに……。

ともあれ、私の大好きなAGEのデザインコンセプトもあまり先は無いかも知れない。本当に、AGEのオモチャはカッコ良過ぎて、購買欲を抑えるのに毎週必死である。
で、これ、オモチャ周辺は売れてるのかしらん。一番肝心なのはそこだよね。小学生が熱狂してくれているのかどうか、周囲に小学生が居ないのでよく判らない。
今週登場した格闘系の赤い丸々パーツも、私好みなんだけどなぁ。私が好んだからといって売れる確証になるはずもないわな。とりあえず模型屋の前を通ると大変危険なので、なるべく目を伏せて通行する毎日なのだった。まぁこれがまたいい雰囲気のプラモショップがあるんですよ近所に。

あっそうだ、AGEシステムの発動シーンは一番好きなシーンなのでバンクでまた見せてくれないと許さないわっ(`・ω・´)!

関連記事
NEXT Entry
野球の思い出
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。