--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 12. 14  
昔からスケジュールがキライだった。夏休みの計画なんか立てて守ったことも無いし、他者の都合に合わせて予定通り動くことには多大なストレスがつきまとった。
やるべきこと、やりたいことはいつも曖昧にごっちゃになって、なんとなく感覚で行動を決めていた。
それでおおむねはやり過ごせたし、大した問題も無いと思っていた。

だが最近はもうそれでは済まなくなってきた。カンで行動を選び取れていたのは、「TODO」すなわちやるべき事の整理が脳内で出来ていたからであり、それを記憶出来ていたからだった。
今ではもう記憶が出来ない。整理も出来ない。脳内の希望もTODOもすべてがただのカオスになった。
やりたいこと、やるべきこと、なにもかも思いつかなくなり、ぼーっと時間が過ぎてゆく。
そんなザマでも生きて行けるのだからなんと幸せな恵まれた立場だろう、ということでもあるのだが。

さすがにヤバい、と焦りを覚えるようになってきた。このままでは還暦を迎えるより遥かに早く、要介護の痴呆になってしまいかねない、と。

そんなわけで、毎日ノートを書くようにした。
最初は一日数行、その日の行動を箇条書きする。だんだん書く量を増やしていく。行動だけではなくて、思いつきや感想を付け足してゆく。
これを繰り返していくうちに、昔はあんなに嫌っていた「スケジュール」の概念が無理なく受け入れられるようになっていった。
そしてやっと、TODOを並べて管理出来るようになった気がする。あんなにメモ嫌いで、手帳嫌いで、「TODO? なにそれおいしいの?」とガチで言ってた私が、iPhoneのリマインダーをせっせといじるようになった。

勿論、未だにやっぱりなにもかも面倒くさくなり、メモもノートもTODOもほっぽり投げてgdgdイジイジとうずくまって過ぎる日もあるのだけど、そういう風になった後は必ず大変に嫌な気分になる。
なんて時間を無駄にしたのだろうと。

それにしても、ノートを手書きしていてストレスになるのが、持ち前の「地獄の悪筆」と書き取り能力の無さだ。
20代頭あたりにワープロに出会ってしまい、「これさえあれば私でも文がスラスラ書ける!」とばかりに飛びついて以来、字が汚かろうが書けなかろうが、ほとんど気にせず生きてきた。
結果、ノートを書いても、平仮名とカタカナばかりの、しかも自分ですら判読不能のムチャクチャさ。
iPhoneの漢字アプリでチェックしてみると、小学校高学年で習う漢字すら書けない始末。中学校の漢字だと、20点とか0点とか、そりゃもう悲惨な結果になってしまった。
あまりに戦慄したので、毎日「手習い」と称してせっせと練習に励んでいる。歳なので、成果はあまり上がらないのだけど。つくづく、文明ってものが人間をどれだけダメにするか、という一例だと思う。

若いころのように素早く頭は働かない。身体もどんどん動かなくなる。たとえ寿命が100まであるとしても、基本能力が低下しきってしまっては、時間は有って無きが如しだろう。ぼーっとしがちになったとはいえ、いや、だからこそ、時間を無駄にしては勿体無いばかりなのだ、と最近思う。



こういうページを見つけた。一日三分割、というストレスの減らし方、だそうな。

考える時間。
行動の時間。
怠ける時間。

何事もすぐにカオスになりがちな昨今の脳内。こういう分類は有効だろうな。

思考がぐるぐるし始めてgdgdイジイジまっしぐらになりかけたら、「今は思い悩む時間じゃない」と念じるようにしようと思う。

そもそも「考える」と「思い悩む」はまったくの別物で、これをこそ分けるべきなのだろうけどね。

関連記事
NEXT Entry
gdgd妖精s
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。