--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 12. 31  
今年最後のエントリは「ジュエルペット サンシャイン」。
見始めたのはつい最近だ。ネットで「とにかく凄い、とんでもない」という評判を目にして、興味本位で観てみたらもういっぺんでハマってしまった。
お話はどうやら懐かしのヒット映画「フラッシュダンス」のパロディ。名シーンのなぞりっぷりが丁寧過ぎたり、シナリオの生々しさに感心したり。
そしてなによりキャラクターの可愛らしさ。ただ可愛いだけじゃない。設定が奇妙で異様なのだ。マスコットキャラのジュエルペットは小動物サイズの二頭身であるにもかかわらず、普通に人間たちと対等な存在として社会で生きているらしい。どれくらい対等かというと、異種族間恋愛が当たり前に成立しているのだ。ぬいぐるみみたいなマスコット的ジュエルペットと人間がガチでラブなのだ。それがあくまでごく自然に描写されるので、脳みそがぐるーっとねじれる感覚があった。

気づけば軽く依存症にでもなったかのように毎週チェックするようになった。

作画はいつもクオリティが高い。そして演出が何気に高度だ。シナリオはかなり野放図で、毎週方向性がバラバラだったり、シュールだったり、
「いったい誰に向かって発信してるんだ!?」
と画面に向かって叫ぶくらいに徹底的にマニアックなパロディに徹していたりする。

特に今日放映の回は無茶だった。一本丸々、「イージーライダー」のパロなのだ。そりゃあもう細部までこだわって凝りまくった画面に口あんぐり、そして爆笑。どこへどう転がるかまったく読めない謎展開。
ああこれ、懐かしい。「うる星やつら」だ。それもスタジオぴえろ時代の、押井・伊藤コンビの脂がノリまくっていた頃の、あの感じだ。
そしてたまたま登場キャラが、今私が一番ご贔屓の女性声優の豊崎愛生ちゃんと沢城みゆきちゃん演じるラブラとエンジェラペア。もうこのペアの幼くて切ないくらいの高音ボイスで埋まる時間の幸せと言ったら。無上の我得。

そして、可愛さだけじゃない、実に身も蓋もない生臭い少女のエゴイズムがボロボロっとこぼれ出てきてしまうくだりが毎回あるのが、この作品の一番の価値と魅力だと思っている。



人生通して、サンリオキャラクターを愛好したことは一度も無かったのだが、ジュエルペットに逢えるならピューロランド行こうかしら、と妄言を吐くくらいにハマっている。
ただ、商品に印刷されたジュエルペットたちは妙に魅力が褪せているように感じるのだ。
やはり、動いてナンボ、アニメの中で生きていてこその存在か。

主題歌も、OPED共に良い。カラオケで練習したりしているが、流石にあの高音は出しかねる。だからと言ってキーを下げてしまうと、主題歌としての魂、「乙女心」エッセンスが台無しになってしまう。難しいもんだね。
ババア歳を考えろ自重しろ、とかいうツッコミは受け付けんぞよ。来年も、歌いたい歌、歌いたいように歌っていくもんね!

関連記事
NEXT Entry
迎春
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。