--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 03. 04  
石神井公園そばのふるさと展示館に、「江戸の妖怪展」を見に行った。
小さな展示場だったが、かなり充実していて楽しめた。(残念、展示は今日でおしまい、悪しからず!)

黄表紙などが中心の展示で、当時の人々がどんなにこういう絵入りの書籍を愛好していて、よく売れたか、というのが伝わってくる。というのも、出来がピンキリなのだ。今でも妖怪好きに大人気の鳥山石燕の絵から立ち昇るオーラの凄さが半端ない反面、明らかに物真似でしかないものとの落差。つまり、需要が多かった、市場の裾野が広かったということが伝わってくる展示だった。

なんてこともない、おそらくは大変安価であったろう、子供向けの玩具としての妖怪双六、札のたぐい。
絵も稚拙、印刷もガタガタ。
が、私には奇妙なまでにそれらが意味あるものに見えた。
製作年代をみると、おりしも今一生懸命読んでいる、鉄血宰相やナポレオン三世、アレクサンデル一世のせめぎあいの時代(幕末)。
およそ不思議な気分だった。着物を着た子供達が埃にまみれて路地で遊び、木と紙で出来た粗末な長屋で野菜ばかりの食事を摂っていた頃、遥か西方では銃と大砲で殺し合い、工場から絶え間なく煙と製品が吐き出され、植民地から得る物資と富で奢侈に耽る貴族と権利に目覚めた民衆が争い続け、鉄道が伸び続け、選挙で選ばれた皇帝が万国博覧会を開いたりしていたのだ。
一見、圧倒的なまでに文明が劣っているかのように見える当時の日本。
だが、それだけだろうか?
その頃の、欧州の庶民の子供達は、どんな玩具を持っていたのだろうか?
庶民の娯楽は、どんなものだったろうか? こんなにもさりげない、当たり前の存在として、絵と文字の印刷された玩具の文化はあっただろうか?

多分無い。大衆は字を読めない。教育、文化、芸術は貴族のもの。もちろん富も。だからこそ革命が起きたのだ。

サムライの国では、都市部の庶民のほとんどが本を読んだ。
娯楽のための絵草紙、黄表紙、浮世絵(フルカラー印刷!!)から童子の札遊び、双六遊びに至るまで、識字教育のバックボーンがあった。
欧州では考えられないレベルで、教育と文化と娯楽が人々に浸透していた、それが江戸時代の日本だった。

普通に日本人として生きている限り、ありふれて珍しくも無い、古ぼけた、ちょっと前の時代の遺物。
それがちょっと視点を欧州にずらして見ただけで、どれほど不思議なモノに見えることか。ゾクゾクするねぇ。


歌川国芳の絵も多数あった。この人の絵は信じられないほど力強く、躍動感に満ち、仕事は多岐に渡り、特に妖怪などの想像上の産物を描くと異彩を放つ。圧倒的だった。
おそらくはあまりやる気が出なかったのだろうな、とハッキリ判ってしまう安易な役者絵も含めて実に面白かった。この人の絵は機会があればまた見に行きたい。

関連記事
NEXT Entry
ちょっと開いたらもーダメよ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
寺子屋
数年前、江戸東京博物館の特別展で
寺子屋の特集を見て思ったのですが、
そのころ、寺子屋では個人個人にあわせて
テキストを使っていたという……。
もちろん、生徒を鞭でしたがわせるなんて
論外。
識字率が高かったということは
日本が世界に誇れることだったと思いました。
そして、江戸時代からオタクはいたんだとも
思いましたとさ(^_^;)。
Re: 寺子屋
MIKAさん>
識字率や文化水準の高さは、すなわち社会の余裕の現れかと思います。徳川幕府三百年の平穏な治世あってこそですね。その代わりに文明度や意識や技術の隔たりも起こしたわけですが。欧州の血みどろの戦争の連続を垣間見ると、戦乱が技術革新を促進して行くこと、平和が安定と文化度と沈滞を促進して行くことと、どちらが良いのか悪いのか。なかなかなんとも言えませんが。
オタクというのを、コンテンツ消費が大好き、想像上の何かが大好きな人達、と定義するならば、日本に限ったことではなくてずっと古代からあり続けたタイプだろうと思います。
日本に昔からそういうタイプが特に多いとしたら、平和で豊かな国土状況と、日本語が持つ独特の構造ゆえではないかな、と思っています。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。