--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 27  
気候も良いので夫婦でポタリング。
「意外と深大寺が近いよ」と言われたのでiPhoneのマップを頼りに向かうことに。

深大寺は20年以上前に行ったきりだ。その頃はまだ東京の地理にうとく、なんとなく縁遠い場所という意識がそれ以来ずっとあった。
が、マップで確認するとおよそ8kmほど。道も難しくない。自転車ならば楽勝のはずだ。

ハンドルの中央に取り付けたホルダーにiPhoneをセットし、マップを常時表示にする。これで簡易カーナビになるのである。

スイスイと調子よく走っていたのだが、途中でなにか変な干渉を受けたのか、マップの方向表示がおかしくなった。予定のコースから外れている。

ここでマップの解釈の相違で夫の人と一悶着。
なんとか方向を見定めてコース修正。

大きな植物公園の脇を通って、マップの指示通りに細道に入ると、あらまあ、行き止まり。

ここでマップの解釈相違による悶着パート2。
来た方角へ逆戻りする夫の人。ノロノロ追いかけたら見失う。まずいことに道が二股に分かれており、どっちに向かえば良いのか判らない。
悩んでいると夫の人から着信。嗚呼、文明の利器ってステキ。

「もう深大寺の入り口までオレ来てるから」と言う。そして連れ戻しに来た夫の人について逆走してみると……そこは深大寺ではなく植物公園の入り口だった。雰囲気が似てるので間違えたらしい。

すったもんだの末、ようやく到着。
それにしても、植物公園も深大寺もけっこうな人出だ。が、以前夫の人が訪れた時は
「この三倍ほどは人が居た。ちょうどゲゲゲの女房やってた頃でブームだったから」
とのこと。
この三倍も人が居たらそりゃもうディズニーランド並みってことだと思う。

深大寺はとても広かった。



そして、あれやこれやとそりゃもう盛り沢山なのだった。お堂も仏像も多い。おみくじも何種類もある。御札が1枚300円で、売り場でせっせと筆書き量産中なのは妙な感じだ。かなりアバウトな造形のタコだかなんだかを随分な高額で売っていたりするが、被災地支援グッズである、とのこと。

綺麗なかざぐるまがいっぱい回っている一角がある。産まれずに死んだ子、幼くして死んだ子などのための如来と地蔵のコーナーであるらしい。地蔵はそこ以外にもあちこちに点在するし、すり減って判然としない道祖神らしきものもあちこちにある。

本堂の脇にはやはり磨り減った木像があった。医療祈願の像であり、自分の体の悪い部位と同じ箇所を撫でると効能がある、というよくあるパターンらしい。最近右脇がやたらと痛むので検査したら尿路やら胆嚢やらに結石がしこたまあるのが判った私は、ただちに右脇を撫でようと思ったのだが……なってこったい、像の着物の袖が脇腹をがっちりブロックしているではないか。と、届かない! 撫でたくても届かない!
しょうがない、プラシーボよりも現代医学に頼ろう。せっせと石を溶かす薬飲むよ(´・ω・`)

深大寺はとても伝統のある古刹らしい。昔から多くの信仰を集める賑やかな場所だったのだろう。いろんな願いや祈りのニーズに応えるべく、仏像やお堂が増えていったのかもしれない。なんとなく、祈りの百貨店、というイメージだった。広くて、明るくて、いろんな仏が居て。参道には名物の蕎麦屋やお土産屋がいっぱい。信心のためというよりは、物見遊山の明朗な観光客もいっぱい。
ふかしたてのそばまんじゅうやそばパン、いろんな食べ物が露天売りされていて、お祭りの縁日のようだった。

名物の蕎麦を食べる。あっさりともりそばで。
深大寺そばなので、麺は白っぽい。あっさりはんなりとして美味しかった。つゆもマイルドな味だし、わさびもキツさのない優しい香りだった。黒いそばにガッツリ系の濃厚つゆの蕎麦も昔は好きだったが、歳をとるとこれくらい軟い味わいの方がありがたい気がする。

ゲゲゲの鬼太郎のお店もある。甘味処とグッズショップ。グッズはさすがの種類の多さだ。何十年も展開し続けているシリーズなので、デザインセンスも良いものが多い。Tシャツは特に良い。あんなに高くなければ、買うんだけどな。


行きも帰りも三鷹通りという街道を通った。新緑の葉っぱが光に透けて大層美しい並木道だ。桜のシーズンはさらに凄い眺めだろうと思う。もう少しすると梅雨入りだろうし、その後はまた猛暑だろうし、最高の気候を満喫できて良かったなぁ、と思いつつ帰宅。

酷く暑くなるまでに、あと一度二度くらいはどこかに走りに行きたいものだ。
交通費がかからないってのが(・∀・)イイネ!!

関連記事
NEXT Entry
ほうれん草は茹でなくちゃ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback

まとめtyaiました【深大寺】

気候も良いので夫婦でポタリング。「意外と深大寺が近いよ」と言われたのでiPhoneのマップを頼りに向かうことに。深大寺は20年以上前に行ったきりだ。その頃はまだ東京の
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。