--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 16  
息子にこう問いかける人が居た。

「毎日働いてるの? 偉いね。仕事は、楽しいですか?」

「はい」
と答えた息子だったが、たちまち半べそのような顔になってこう続けた。

「毎日、大変です。苦労しています」

血の気が引いた。息子は毎朝キッチリ決まった時間に起きる。決まった時間に家を出、決まった時間に帰宅する。
グズグズと嫌がったり、愚痴をこぼしたり、遅刻したりサボったりするようなことはけっして無い。
なので、毎日それなりに機嫌よく働いているのだと思っていた。だが、就職してもう5年目。親が気づかなかっただけで、実はそんなに辛いのか?
ストレスや鬱憤が溜まっているのか? 
変化の無い人生に疲れ始めたりしているのだろうか? 軽くパニック。


「そ、そんなに毎日辛いの? 困ったことがあるの? 苦労してるの?」

と慌てて訊くと、息子は言った。

「苦労の無い人生なんて幸せじゃない」


言葉が無かった。
どこでそんな言葉を手に入れたのだろう。
いつ、そんな知見を身につけたのだろう。

借り物のセリフなのか、彼なりの思惟なのかは判らない。でもなんとなくホッとした週末のヒトコマ。

関連記事
NEXT Entry
けんおく
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
良い息子さんですね
Re: タイトルなし
栗太郎さん>
ありがとうございます。
お陰様で、今日の各種検査でも何の異常も無いとのことで、健康で毎日過ごしてくれる以上のありがたみはありません。
ごくごく稀ですが、実にクリティカルだったり、深かったりする言葉を発します。
そんな日は、めったに無いような特別なオマケの日のように思います。
Trackback

まとめtyaiました【苦無くて幸無し】

息子にこう問いかける人が居た。「毎日働いてるの? 偉いね。仕事は、楽しいですか?」「はい」と答えた息子だったが、たちまち半べそのような顔になってこう続けた。「毎
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。