--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 18  
あるTweetを目にした。

「女性アイドルの異性交遊が発覚すると、ファンの男性はアイドルを攻撃して、彼女の相手の男には攻撃しない。
これが男性アイドルだった場合、ファンの女性はアイドルではなくて相手の女性を攻撃する」


うううむ。
これが一般的な事なのかどうかは正直よく判らない。

でも、ある古い怪談を思い出した。

昔々、とても睦まじい夫婦が居た。
が、妻は病に倒れた。今際の際に彼女は夫に頼みごとをする。
「私が死んだら家の庭に葬ってください、お願いですから他の誰とも結婚しないでください」
妻を深く愛していた夫は、彼女との約束を守って、庭に墓石を建てた。
しばらく悲嘆にくれていた夫だったが、しばらくして後添えを迎えた。
新しい若い妻は、庭に前妻の墓があることを僅かに不気味に思ったが、夫は哀しみを忘れたかのように新妻である自分を慈しんでくれたので、幸福だった。
ところが。
女の霊が枕元に立ったのである。
霊は言う。
「この家から出てゆけ、あの人の妻は私だけ」
その話を聞いた夫は驚き、対策を講じたが、護衛むなしく新妻は前妻にとり殺されてしまうのだった。


題名などは忘れたが、大体こんな感じの話だったと思う。
この話の作者は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)。人づてに聞いた話、となっていた。

「おかしいじゃないか、前妻が責めるべきは約束を破った男のほうであって、新妻になんの罪があるのか」

と彼が問うと、語り手はこう言ったそうだ。

「男ならそうかもしれませんが、女の考えは違うのです」


そういえば、源氏物語においても、ツンデレ中のツンデレ、プライド高き六条御息所は存命中は生霊となり、死後は悪霊となり、源氏の妻たちを次から次へととり殺していくのだったっけ。
が、源氏本人をとり殺したりはしないのだった。それなりに恨み言は言うけれど。


なんにしても、男は女を、女も女を憎み責めるパターンってことになる? だとしたら女の立場ってやっぱ弱いわな。
それが、男性あるいは女性の本能に根ざした反応に拠るパターンなら、ってことだけど。

愛する異性が自分以外の同性と通じた場合、憎みたくなる相手はどちらか。
本当に、男は異性を、女は同性を攻撃しがちなのか?

逆のパターン例がどれだけあるかも、ちょっと検証したいところではある。

関連記事
NEXT Entry
Facebookに軽くウツ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback

まとめtyaiました【男は女を、女も女を責めるとな】

あるTweetを目にした。「女性アイドルの異性交遊が発覚すると、ファンの男性はアイドルを攻撃して、彼女の相手の男には攻撃しない。これが男性アイドルだった場合、ファン
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。