--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 25  
私の親の世代には、戦争中の体験を武勇伝として語る人が居た。
もちろん、大層ウザかった。

この頃は、安保闘争などの学生運動の体験を武勇伝として語る人が割りと居て、若い人たちにウザがられているそうな。
上の世代がドヤ顔で語る武勇伝なんぞ、漏れ無くウザいものだろうとは思うのだけど。

私の世代、武勇伝なんてあるだろうか?
オタクになら若干はあると思う。銃剣振り回したり、ゲバ棒振り回したりなどという荒事チックな勇ましいものではないけれど、周囲の無理解や蔑視をものともせず、既存の価値観にキッパリと背を向けて、己が価値ありと信ずる好ましい世界の探求と創造に邁進してきた、というささやかな誇りくらいは同世代のオタクなら大なり小なり持っていると思う。
とはいえ、それを尊大な態度で若いオタク相手に振りかざしたりした日には、思いっきり嫌われるのは当然でしょうな。老害なんて言葉は伊達じゃない。

オタクじゃない同世代の人達の武勇伝って、どうなるんだろう? バブル時代にあんなことしたコンナことした、あるいは学生時代にこんなに猛烈に遊びまくった、みたいな感じになるのだろうか。んー、ちょっと想像つかない。

その下の世代になると、どんな武勇伝になるのやら。
もしかして、コンピューターゲームが共通意識のベースになるのかもしれない。あんなプレイをした、こんなにやりこんだ、的な自慢のしあいが武勇伝代わりなのかも。ゲームのキャラがアバターとなって、文字通り様々な戦いを繰り広げ、世界の危機を何度も救っているわけなのだから。

そしてさらに下の世代になると、それがもっと先鋭化しているかもしれない。対戦ゲーム、ネットゲームの登場で、リアルな存在が相手の対人戦が生活に入り込んでいたろうから。


さて、それよりもっと更に下の世代。今、学生をやっている世代。
さぁ、果たして彼らにどんな武勇伝があるのか。
武勇伝。
それはすなわち、世代間共通体験、共通知識に基づいた自慢という名のコミュニケーション。
今の学生にとって、そのネタは何だろう?


これが、どうやらほとんど無いも同然らしいのだ。
デジタル・ネイティブと呼ばれる世代。生まれた時からインターネットとデバイスに親しみ、行動情報化社会を当然として生きる世代。
彼らにとって、情報や趣味、コンテンツの選択肢はあまりに多い。
なので

「みんなが観ているから自分も観なくちゃ」とか
「とても話題らしいから知らなくちゃ」とか
「これに乗らなきゃ置いてけぼりにされちゃうから」とか

そういう意識で物事を選びとる、という行動原理をあまり持たないらしいのだ。
あくまで自分個人の気持ちを第一に、自分独りの好みを大事にし、流行っているからといって興味の無いものに飛びつくような手間をかけない。
そんなに「他のオススメ」なんぞに貪欲にならずとも、いくらでもコンテンツは溢れているのだから。

ある意味、豊かさこそが人を孤立させゆく、という状況なのかもしれない。
知らない者同士が顔を合わせ、なんとか会話を成立させてゆく共通イメージ、共通意識みたいなものがどんどん希薄になって行く世界。
それが行動情報化社会が必然として持つ側面であるらしい。

そういうことに漠然とした危惧を抱きながらボーッと考えていたら、キッパリとした予感が閃いた。
遠からず、宗教が復権するだろう、という予感。
人間は人間である以上、他者との安定した共通意識無しでやっていけるものではないから。
とことんまで希薄になった次に来るのは、絆や相互救済を求める怒涛のごときムーブメントだろう。

既存の宗教の復権、あるいは一見宗教にはまったく見えない新興のシステムの勃興。このどちらか、あるいは両方が遠からず潮流となってやってくるだろうと思う。


願わくば、それらが伝統的なボッタクリ構造をそのまま引きずって現れる、なんてザマじゃありませんように。

関連記事
NEXT Entry
銃・病原菌・鉄
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
武勇伝
オリエンタルラジオからスギちゃんへ。
昨今、武勇伝はどんどん矮小化されて芸人のネタくらいにしかならない件について....。
Re: 武勇伝
> オリエンタルラジオからスギちゃんへ。
> 昨今、武勇伝はどんどん矮小化されて芸人のネタくらいにしかならない件について....。

あるあるネタでも、それが通じる基盤が残るなら良いんだけど、それすら無くなるかも知れんから。
教育や政治や世間が均一を押し付けた時代、落ちこぼれと称して個性を蔑んだ。その後、個性や才能優遇の時代が来て個性を奨励すると、何故かデヂタルで均質化してゆく青少年。人間とわムツカシイものでつな、、、
Re: タイトルなし
まんもさん>

子供の頃愛読していた歴史漫画で、作者のムロタニ氏が江戸時代の改革や文化について
「締め付ければキリキリ締まっちゃうし、緩めればダラリとたるんじゃうし、政治というのはむつかしいものですね」
と解説キャラに言わせていたシーンを思い出しました。
欲望を煽るのは比較的簡単なのかも知れませんが、逆となりますと、ねぇ。
Trackback

まとめtyaiました【武勇伝】

私の親の世代には、戦争中の体験を武勇伝として語る人が居た。もちろん、大層ウザかった。この頃は、安保闘争などの学生運動の体験を武勇伝として語る人が割りと居て、若い
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。