--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 08. 11  
制ケータイ、というものを導入している学校があるらしい。

先日拾ったニュースでは、地域デバイス、というものもあるらしい。
震災によって町ぐるみで避難せざるを得なかった地域の人たちが、かつての地縁を保てるよう、独自のシステムをもったデバイスを配布されている、という話だった。告知や交流が主な用途だとか。

インドでは貧困家庭に政府がケータイを配布する、と決定した。

中国の僻地では、未だに水道すら通っていない村でも、スマホを持つのが常識になっているそうな。

なんという浸透の速さだろう。デバイス革命、と後の世で呼ばれる時代なのかもしれない。

1人1個のデバイスを常に携帯して生きる人生。それが当たり前の世界。
そんなふうにデバイスというものが当たり前の、空気のような存在になりつつあるならば。
次に来るのはデバイスのローカライズだと思う。それも様々な形の。
主に、小規模なコミュニティに特化したものが人気を呼ぶのじゃないだろうか。制ケータイや地域交流デバイスはそのさきがけだろうと感じた。
学校や行政という、ややお固い公共のものよりも、趣味や興味に絞りこまれた娯楽要素の強いデバイス。
そういうものは、むしろ機能は低くて良い。出来ることに制限が多いくらいの方が良い。
限られた目的のためだけに存在するデバイス。そういうものが、遠からずマーケットを賑わすようになると思う。

一番ありそうなのはファンクラブデバイス。アイドルやアーティスト、プロスポーツ、作家、作品etc。データベースやファン同士の交流の場を提供し、かつこまめに更新され続けるデバイスグッズ。

あるいは教育にのみ特化したデバイスなど。



ぶっちゃけですね、ソニーさん、任天堂さん、こっち方面に良い金脈がありそうですぞ?
子供のため、という目的に特化したデバイスを独自に造っちゃったらどうですか。
提供するのはゲームと教育。
そして、厳重で繊細なフィルタリングを設定して、子供に相応しくない情報は一切通さないデバイス。

うまく作れれば、飛ぶように売れまっせ。ネットが抱える闇の部分から、わが子をなるべく切り離しておきたいと望む親は多いので。

ゲーム方面はともかく、教育方面はノウハウが少ないでしょうから、既存の教育産業を抱き込んでしまうと良いかと。
さらには通信事業も抱え込めれば、フィルタリングや料金体系を含めたシステム構築がスムーズになるかも。

同様の発想で、高齢者層に特化したデバイスも当然需要があるはず。軽くて操作が楽で画面が大きくて、ライフログやモニターを自動でやってくれて、不測の事態にも対応してくれるシステム付きの。


とは言え、本来あるべきデバイスの未来は、どこまでも汎用性が洗練され続けることだとは思うけど。
理想がどうであれ、人間の本質は、他者との差異を求め、優位性を獲得することにあるのだから、多様で雑多な混沌に流れていくものなのだと思う、結局は。

問題は、そんな多様性を保てるほどに、人間社会が豊かさを維持できるかどうか、なんだけどね。アメリカの旱魃と不作の報道は、今実は一番怖い話だ。



関連記事
NEXT Entry
我々は寝ないんだお
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。