--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 09  
この秋期待の新作TVアニメ、「ガールズ&パンツァー」第一話視聴。

大好きな水島努監督のオリジナル作品であるらしい。

女子高生と戦車? なんじゃそりゃ。と思いながら楽しみにしていたのだが、とにかく初っ端の数分でドハマリ。

CGを生かした複雑で個性的な背景動画。
セルアニメ時代なら考えられないような動きが可能になるCG背景。縦横無尽に変化する構図。ひた走る色とりどりのパンツァー(戦車)たち。

このパンツァーたちが得も言われぬ可愛さなのだ。
こういうものに可愛さを感じてしまう私は、ちょっと、いやさ、かなりおかしいのかもしれない。
可愛いと言って理解されないなら、存在感が凄い、とでも言おうか。

戦車一つ一つに、個性があり、描き手にの方には、それについての理解と愛情がある。
それがひしひしと伝わってくる映像だったのだ。

この開幕の映像だけで私的にはもう掴みはバッチリ。

その後、本編として、ごくありがちな平凡な女子の日常が始まる。
ここでも眼を見張るのは、極端にセリフが少ないことだった。
主人公の少女がどういう子であるのか、を動きと演出で見せてゆく。

小説やマンガが原作のアニメの場合、無闇矢鱈とセリフやナレーションに溢れるケースが多い。私は割りとそれにはウンザリしている方なので、こういう演出主義の静謐さはとても好きだ。


話が進むうちに、平凡な女子高生の生活だと思っていた世界が、どうやら相当に非常識でシュールな世界観の上に成り立つ異様な場であることが判ってくる。

が、そこまでをとにかく丁寧な日常感で演出してきた流れがあるので、そのシュールさも、もう頷くしかない。
「はぁ、左様でございますか……ならば仕方ないですね」みたいに観ている側が自分から巻き込まれにいく形だ。

とにかく、この世界では、健全な社会人としての女性のタシナミとして、「戦車道」というものを身につけるべきなのだ、ということだけ納得すればいい。

そして、主人公の少女は、誰かが自分を守るために尽力してくれたからには、己の都合や好みや心身を削ってまでもそれに応えようとする、義理と恩情に満ちた人物なのだ、と納得できればいい。

実に良く出来た、万全の初回だと思う。今後が楽しみだ。水島監督、どうか頑張って。

関連記事
NEXT Entry
虹とドレスと巫女服と
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
私はⅢ号突撃砲が動いているのを見ているだけで幸せです。
かわいいよ3突かわいい
Re: タイトルなし
svetlanaさん>
2話でも戦車に対する愛情は深かったですね。
私は戦車の知識はほとんど無いのですが、それでも楽しく観ています。
戦車好きな方にはたまらない内容なのでしょうね。
女子たちよりもずっとずっと戦車カワイイヨ戦車。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。