--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 21  
相変わらずPSO2がやめられない。
が、狩りをそっちのけでチャットに耽っていることもある。

先日チームメンバーと武器のデザインについて話していたネタがきっかけで、一気に戦国談義になっていったのが面白かった。

「槍のモーション、和風っぽいよね、西洋風じゃないよね。戦国無双みたいな?」
「無双と言えば、杉田氏が出てましたねぇ。加藤清正で。石田・福島・加藤で豊臣ギャグトリオ」

いかな愛しい杉田出演といえど、そっち方面は私は疎くてですねぇ。

「史実通りならこのトリオ、離散してしまうわけですが」

史実を意識してたら、ああいう世界は楽しめないと思うのだよ。

私は10歳になるやならずの時点で、書斎にあった池波正太郎氏などが書いていた児童向けの日本史の本などが大好きで、それ以来の歴史好きなのだ。つまり、オタク歴よりも歴女歴の方が長いのだ。年季が入りすぎなのだよホッホ。
渡辺謙の伊達政宗に惚れ込み過ぎて原作小説も全部読んで、信長の次に贔屓にしていた身としては、「レッツパーリィ!」とか言われても、いくらソレが中井和哉の渋い声だとしても、どうしても愛好は出来ないのだよホッホ。

あと石田三成もけっこう好きな武将なんだよねぇ。

「無双にもエピソードがありましたね。大一大万大吉」

?? なにそれ?

「旗印だそうです。『万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる』」

知らなかった。
けど、涙が出そうになった。
ああ、いかにも三成だ、と思った。その思想。その願い。それは、私が今まで彼について抱いていたイメージに、実にすんなりしっくり来るものだった。
考え過ぎで、屁理屈好きで、人付き合いの下手だった不器用な男。
有能だけど、融通が利かず、嫌われ者だった男。
神経質で、頑固で、そのくせ迷いの多かった武将。
無欲で純粋すぎた敗将。
大一大万大吉の言葉を知って、ますます私の石田三成キャラが強化されてしまったのだった。


細川ガラシャもゲームキャラになっているという話になり(なんだよこのビジュアルはw)そこから甲斐姫を語る流れに。

「甲斐姫?」←(完全にド忘れ)
「忍城の攻防のさいに、ひょっとして、あの姫が1人無双したんじゃないかと噂されてる人です」

ん? もしかしてそれ映画?

wikiってみると、公開間近の「のぼうの城」の登場人物であることが判る。(甲斐姫のwiki)
(のぼうの城という言葉が出る前に「蜘蛛巣城?」と口走ってしまったのは赤っ恥であったことよ)

のぼうの城は、樋口真嗣監督渾身の一本。本来は昨年公開の予定だったのだが、水攻めのシーンがあったがために今秋まで延期になってしまったのだ。なんともタイムリーな話題に。
でくのぼうの城主は野村萬斎(キャーキャー大好きキャー)。噂の無双姫・甲斐は榮倉奈々ちゃんが演じるとのこと。寡勢で大軍を処するというワタシ好みの話でもあるらしいので、かなり観たくなってまいりましたぞぉ。


だがまぁ、この甲斐姫の無双エピソード。
もし本当にあったことだとしたら、そんな美女美少女だったはずなんか無いって思うのが私流。
鎧兜の重量、知っとるかね。武具武装の扱いにどれほどの修行修練が必要か知っとるかね。
ジャンヌ・ダルクみたいに自分はいっさい暴力は振るわずに旗だけもって走っていたっていうならともかく、まともに戦闘に参加して成果を上げる存在だとしたら、そんなの鉄板で女マンモスか女ゴリラ、グインサーガのネリィ公女みたいな、男武将とまったく見分けの付かない筋骨隆々のもっさり容姿だったはず。でなきゃ立ってるだけで精一杯なのが関の山ってやつですよ。

とはいえ、見かけはどうあれ、陣地および前線に若い女性が一人居る。
たったそれだけのことで、周囲の殿方のスペックが無闇矢鱈と上昇した、って状況は実にありそう。

甲斐姫の祖母がこれまた、71歳という高齢の身で篭城戦を指揮した女傑とされているそうで、こっちの方が今の私にはビンビン来ますねぃ。
若さも美貌も体力も喪っても、経験と知識に裏打ちされた実力は発揮できる可能性。美少女に生まれ変わる夢を見るより、こっちを追求するほうがはるかにマシな方向なんだろうな。

関連記事
NEXT Entry
純と愛で思ったこと
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
甲斐姫について
お久しぶりです。

最近はPSO2もご無沙汰で14レベルのままです。

さて、甲斐姫の事なんですが今日偶然
甲斐姫に関する本を買ってきました。
「のぼうの姫 秀吉の妻になった甲斐姫の
実像」三池純正著 宮帯出版社

まだ読んではいないのですが読みやすい
文体なので一気に読んでしまえそうです。

読み終わったらMIXIに感想を書きますね
Re: 甲斐姫について
栗太郎さん>

甲斐姫の本ですか。それは面白そうですね。タイムリーです。感想、お待ちしています。
wikiを見る限り、伝承の存在でしかない、という印象が拭えません。あまりにも都合の良すぎるキャラに思えます。

PSO2、私も少しログイン時間が減りました。戦闘フィールドが増えない(ハードさが上がっただけ)ので、流石に若干、飽きてきてます(汗)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。