--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 30  
NHK朝の連ドラ「純と愛」を夢中で観ている。とにかくドキドキハラハラ、そしてピュアな思いの交流にほっこり。
現代社会に潜む問題の数々に切り込みつつ、異様な設定や意外な展開の連続で、本当に目が離せない。

このドラマに、ヴェテランの女性弁護士が登場する。
この女性がこれまた圧倒的な美貌と、強圧的な態度のコラボでもって、それはそれはラスボス臭ふんぷんたるおっとろしい存在なのだ。
なにがなんでも他者を自分の思い通りにせずにはおかない、という意志の塊。
光とも闇ともつかぬ激しいオーラ。
味方につければこれほど力強く頼りになる存在も無いだろうし、敵に回せば悪魔よりも恐ろしい相手になるだろう、そんな女性。

「**しなさいっ!」
「これは命令よ!」

いやいや、ヒロインの純ちゃんも、その相方も、とっくに成人した身である以上、そんな命令に従う理由も義務もありませんからーっ! 
頑張れ純ちゃーん! 
折れるな純ちゃーん!
 
しっかし、これほど堂々たる意志と態度と法と道理を振りかざして来られたら、たいていの人間はこらえきれずに唯々諾々と従ってしまうしかないのじゃなかろうか。多少の意志だの気力だの蛮勇だの、そんなものが通じない相手というものがあるのだなぁ、と思わせる登場人物なのである。

法曹というものを熟知した人、というのは、ある意味では現代社会においては最強の種族の一つなのではないだろうか。
弁護士に対抗できるのは弁護士でないとならないのではないだろうか?

「対消滅に対抗できるのは対消滅だけですっ!」

などとナディアの科白を思い出している場合では無いけれど。



とか思っていたら。
意外なネタをネットで今朝方見てしまった。
詳細は伏せるが、だいたいこういう話。

とある個人事業主が、大手の契約先とトラブルになった。契約先は支払いを拒み、弁護士を立てて要求しても、ケイヤクガ-などと言を左右してはぐらかす。
ついに弁護士は、こう述べたそうな。
そちらがやったこと全部、社名も担当者名も含めてネットに晒してやる、と。
大手契約先も弁護士を立てて反論。
それは脅迫だ、と。

「もちろん脅迫である。訴えたければ訴えろ。結審するよりはるかに速く、そちらの会社の評価が地に落ちるだけである」

翌日、大手側は支払いに応じる旨の連絡をしてきた、という話。

この話が本当かどうかは知らない。だが、有りそうな話だとは思う。それほど、ネットを通じて評判を落とされることの恐怖は現代社会ではシャレにもなんにもならないのだ。

法ですら対処不能のこの威力。
さぁ人類よ、このメディアと一体どう付き合う? 
平穏に使いこなして社会を守っていくために、私達に必要なことはなんだろうね?


関連記事
NEXT Entry
のぼうの城
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。