--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 11. 29  
「別海から来た女 木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判」を読んだ。

この連続殺人事件は随分話題になったし、死刑判決も下ったし、なんとなく概要は知ったつもりになって、そのまま忘れ去るところだった。
が、東京ポッド許可局ラジオにおいて、二冊のレポート本を同時に紹介する回があり、その比較検討が実に興味深く、面白かったのだ。

曰く、女性の書いたレポと、男性の書いたレポとの差異。
そこから浮かび上がってくる、木嶋佳苗という存在の異様さ。

なかなかにただならぬ女性が引き起こした事件であったらしい、と感じ、その二冊ともを図書館に予約した。とても人気の高い本らしく、100人以上の待ち。ようやっと、男性の書いた方の本が先に届いたのである。

佐野眞一氏の文章は、明確で判りやすい。スラスラ読み進む。意欲的に飛び回って多くの取材をこなされている。
えっ、そんなとこまで? と驚くくらいの遠い縁の関係者にも会いに行かれて、僅かな情報も漏らさぬ丹念なお仕事ぶりである。

が、それなのに。
そんなに丁寧に、かつ熱心にお調べになったというのに、なんということだろう。
木嶋佳苗、という人物のことがおよそさっぱり判らないのである。読んでも読んでも判れないのである。
住環境、親族の感想、学生仲間の印象、卒業アルバムの内容。
彼女に騙され、金を毟られ、殺されかけて危うく難を逃れた男性たちの言葉。
裁判に臨む彼女自身の反応その他。

判ることはある。だが、どうにもピンと来ないのには心底困った。
周辺状況は判る。上っ面の反応は判る。何が起こったのかも判る。

だが、木嶋佳苗という女性の、「人物」が判らない。ツルツルとすべてが滑り落ちていくガラスの球に篭っているかのように、見えているのに触れられないもどかしさ。
彼女が何を思い、何を考え、何に一喜一憂して、何のためにこれほどの事件を引き起こしたのか。
そういうことが、肝心かなめのことがさっぱり判らないのである。

実際のところ、著者であられる佐野氏ご本人も「ゾッとするほど判らない」という状態になられていたのではないのだろうか、と思う。
なので佐野氏は、多く推論なさる。きっとこうに違いない、という判断を多く記されている。
この本には、様々な事実や情報、本人の反応を目の当たりにした上で、氏が感じ取り、推察なさったことはふんだんに書かれている。
が、そのほとんどが、私にはピンと来なかったのだ。納得しかねたのだ。氏の義憤、怒り、許してはならないという思い、それは痛いほど伝わってきた。
それでも、私はどうしてもそれに同調することが出来なかったのだ。
何よりの重要事である、被告の動機、被告の心、それが見えてこないからなのだ。

木嶋佳苗は、こういう者です。こんな風に思い、こんな風に考え、こんな事情と動機でもって行動します。

それを知ることの出来るレポートでは無かった。これほど綿密で熱意に満ちたデータの数々をもってしても、それが判らない。なんということだろう。この異様なまでの得体の知れなさは、いったいどういうことなのか。

「嘘つきなのだ」

と繰り返し書かれる。様々な証言、記録、情況証拠などからも、彼女の言い分が嘘偽り、ごまかし、すり替え、欺瞞に満ちていることは察せられた。
稀代の詐欺師。息するようにウソをつく者。業務のように淡々と殺人をこなす者。
心を閉ざし、多くを語らず、動揺を見せぬ者。
そんな人物の心が簡単に推し量れるはずもない。

が、どうにもこうにも「判らないことが落ち着かない」状態になってしまった。
そして、被告本人の長文の手記が、ネットで読めることを知り、すっ飛んで読みに行ったのであった。
読んだのはこのページ。一部伏字になってはいる。
興味のある向きは是非ご一読を。

感想を一行で書くなら

「他人事じゃねぇよ、おおブルブル((((゜Д゜;)))) 」

そして、まずこういう感想を持ってしまったあたりが、この女性のもっとも恐るべき部分なのかもしれない。
失礼ながら、美貌の主とは言いがたい御仁。が、次から次へと男性は夢中になり、言うがままに大金を彼女に貢ぎ続けた。何が彼らをそうさせたのか。肉体的魅力、応対の物腰の色香、理由は様々あったと思う。
人物の魅力というものは、美貌だけにあるのでは決して無い、という証明のような事情だったのだろう。

「ただならぬ、特別な人物。それが判る、心惹かれる自分自身も、また特別」

こういう感慨と共感と優越感を男性に持たせることが出来る、そういう部分があったのではないだろうか。

「大抵の人には判らないだろうけど、自分には判る価値」

ある意味、無敵で至高の想い。それを喚び起こせる能力があったのではなかろうか。

そしてその能力の礎になった部分にあるものは、人としての闇、魔性、魔物としか言いようがない、様々な混沌。
人間として持つべきではない、悪しき性根。
それについては彼女本人もはっきりと自覚があったらしく、手記にも何度も記されている。
何よりも私が「他人事じゃないなぁ」と感じたのもその部分だった。本当に、私も三歩間違えれば彼女と同じ道をたどったろうという気がする。

そうならずに済んでいるのは僥倖に恵まれたからでもあるし、まったく別の生き方を選んできたからだろう、とも思う。
かろうじて人道を踏み外さずに済む生き方。
現実と心がどうしても折り合いがつかず、生きてゆくことが辛く、それでもなんとか取り繕ってやって行かねばならないストレスから、少しでも自分を救う方法。
彼女と私は別の方法をとった。
ただそれだけが違いだったのかもしれない。


書くべきこと、知るべきこと、どちらもまだまだ膨大にあるわけだが、一足飛びに単純な結論を出して今日はもうオシマイ。

「私ゃ、オタクで本当に良かったよ」

関連記事
NEXT Entry
それはヤバい光景
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
よろしければおつかいください
Re: よろしければおつかいください
> http://mixi.jp/run_appli.pl?id=3774&appParams=%7B%22image_id%22%3A13341257%7D

ああこれ、びんちょうタンならぬ、れんタンですかw
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。