--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 12. 18  
総選挙が終わった。東京では知事選も同時に行われ、好天にも恵まれ、かつて無いほど混雑した投票所もあったらしい。

が、蓋を開けてみれば投票率は戦後最低。

自公が圧勝し、右傾化、改憲の可能性などを指して、

「危険だ」
「日本が終わる」

などの声も上がっているという。

何を言っているのだか。
そんなことよりも何よりも、この「投票率の低さ」こそが恐るべきこと、真の危険の正体のはず。

大災害にみまわれ、原発に代わるエネルギー確保のために貿易収支は赤字になり、日本経済は転がり落ちる一方。
これほど国が大変なことになっているのに。
戦後最悪の国難のさなかの総選挙だというのに。
投票率は最低。

これを怖れずに何を怖れるというのか。

投票に行った人は、それぞれが様々な想いをもっていたと思う。
そのひとつひとつは相反するものもあるし、すべての人が納得する政治などというものはあり得ない。
民意というものはバラバラなのが当たり前だろうと思う。

だが、この「投票に行かなかった人たち」の民意こそが実はもっとも大きなモノなのかもしれないのだ。

それはおそらくは、ごく単純なもの。だからこそ、大きなもの。

石原慎太郎氏が政見放送映像で語った「ふわっとした民意」という言葉は、実はこの「投票しない人たち」の意識を表すのにもっとも相応しいのかもしれない。

すなわち

「そんなものどうでもいい」

政治のこと、国のこと、税金のこと、生活の全てに関わること、国民としての生き方そのものに関わることであるのに。投票とは、自分自身がそれに参画できる最もカジュアルな手段なのに。

「そんなことどうでもいい」

それらを無価値とみなすこと。
無関心。無知。無責任。無気力。

「どうでもいい」という言葉に潜む心の意味には「無」がついて回る。

戦後もっとも「どうでもいい」とされた選挙。
選挙を終えれば、議員でもなんでもない庶民が政治に対して出来ることはほとんど無くなるように見える。

でもそうじゃない。
政治なぞできずとも、戦う力も持たずとも、私達に出来ることはある。

「どうでもいい」という無の意識をわずかでも減らすこと。
そのために出来る小さなことは数限りなくあるはずだと思うのだった。
どんな小さな事でも良いから。

それは、一日に言う「ありがとう」の言葉をたった一回増やすだけでも、そう出来るはずだと思うのだった。


関連記事
NEXT Entry
ど・れ・にしようかな
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。