--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 12. 30  
「深淵を覗く時、深淵もまたお前を見つめているのだ」

という言葉がある。ニーチェだったと思う。

ネットを通じて個人が世界に繋がる時代。
つまり一つ事あらば、一個人に世界中からアクセスが注がれるということ。

ネットに何かを発信するということは世界と対峙する覚悟が必要なのだということ。
その理解も覚悟も無い野放図が、俗に言う「炎上」を招くのだろうと思うのだった。



話変わって今年も冬のコミケが開催された。
二日目も無事終わったようでホッとしている。

が、これを見て何も思わないわけにはいかない。

http://mantan-web.jp/2012/12/30/20121230dog00m200011000c.html


たった独りの悪意によって、幾万、幾十万の人心が害されたか。
これほど極端な例は少ないとしても、類似の問題が昨今多くはないか。

ごくごく少数の人間の非常識がもたらすクレームや狂乱によって、大多数の常識が破壊される。たった一人の問題行動が原因で社会のルールが変更を余儀なくされ、多くの利益や利便が損なわれる。そんな事例があまりに増えてはいないか。


深淵を覗ける位置に居れば、深淵の影響が及ぶ。
世界に届く方法を手に入れれば、世界にしっぺ返しも喰らう。

が、非常識を撒き散らして世に害悪を及ぼしたことへの支払いは如何なる形でなされるか?

因果応報というものが世の摂理だと思ってはいるけれど、こういう事例に出くわすとその信念がグラグラ揺らぐ。

怒鳴って脅せば世の中だって変えられる? そんなテロリズムが当たり前の世になっていいのか?
いや、よくはない。
そんな社会でどうして安心してやっていけるだろう。数しれぬタブーにビクビクしながらありとあらゆる人の顔色を伺って生きねばならない社会になっていいのか?
いや、お断りだ。

他者のクレーム、他者のテロに怯えずにすむ心と社会のために、今何をするべきか。
もう、今すぐ、なんとかせねばならない。もう猶予なんか無いのだ。とっくに手遅れなのかもしれないのだ。
他人任せにしてちゃいけない。
僅かな悪意で社会のルールが揺らぐのならば、その逆だって可能なはずなんだから。


関連記事
NEXT Entry
謹賀新年
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。