--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 02. 24  
東京ポッド許可局の最新回で、新札が出るとしたら誰の肖像になるか、という話をしていた。

そろそろスポーツ界から出てもいいのじゃないか(長島・王およびなでしこの澤)、クリエイターならどうだろう(黒澤明)、誰でも知ってる人なら良いのか(渥美・寅さん・清)、と検討が進む。

そこはやっぱり手塚治虫さんじゃなかろうか、と思っていたら、やはり名が挙がった。

が、ここで即座に
「それはあり得ないですよ」
と指摘が入る。

なんでも、手塚さんはとある思想団体と関わりがあり、そのため国民栄誉賞も政府が難色を示して実現しなかったんだから、というエピソードも紹介された。



えー、それは知らなかったなぁ。びっくり。そういう理由で授与されなかったの? まったくの初耳だった。そして、おそらくはお札になることも無いだろう、という事も。なんだかなー。


クリエイター、アーティスト方面から黒澤明監督の名が挙がるのは当然という気もする。
でもオタクとしては、宮崎駿さんの方が望ましい気分。

ノーベル賞受賞の人なら良いのでは、とか、将棋の羽生名人なら良いのでは、とか、サザエさんもしくは長谷川町子さんとか、いろいろ挙がる。

ふーむ、国民的キャラクターってことか。
それなら藤子Fさんも有りじゃなかろうか。ドラえもんとサザエさんと、どちらの生みの親がより相応しいか?



結局いろいろ乗り越えさせてでも、1万円札には手塚治虫! という流れになったのが嬉しかった。


なお、歴史上の偉人でも、その子孫が現在の政府の要職などに就いておられる場合は選定対象にならない、という慣例も紹介されていて、なるほどなぁ、となった。公正を欠くからだろうか。

誰にとっても問題の無い、マイナス点の無い著名人という条件はなかなか難しい。そういうのをしみじみと考えさせる内容だった。


個人的に、この人ならかなり可能性高いだろう、と思った人物を一人、挙げておく。


宮沢賢治。

3年後でも100年後でも、多分いけると思うのだけど。

関連記事
NEXT Entry
息子の疑問
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。