--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 23  
DQX(ドラゴンクエスト10)がPCにやってきます。
ずっと任天堂の据え置き機、Wiiでないとプレイできなかった、あのドラクエ初のMMORPGが。
当初から気になってはいたのですが、いろんな事情で見送ってきたタイトルでした。

ですが、初期投資ほとんど無しでプレイ出来るとなれば、これはもう飛びつくしかありません。

まずベンチマークテストを堪能。とてもよく出来た、絵本のようなストーリー仕立てのベンチです。運営のセンスの良さが伺われます。

幸い、数年前に購入したロートルマシンでもそこそこの数値が出ました。クライアントのダウンロードも、パッチ当ても、MMORPGとは思えないほど素早く終わりました。とても軽快に作られたプログラムなのでしょう。

操作も簡単です。迷わずにサクサク動かせます。
画面は一見は簡素に見えますが、モーションがとても凝っていて、キャラデザインへの尊敬が感じられます。漫画らしさが生きていて、よくまとまっています。

キャラメイクをするにあたって、自分自身だけでなく、兄弟姉妹を一人設定するよう指示されます。
しばらく考えて、「兄」を選びました。
名前は、若くして逝ってしまった実の兄の名にしました。
顔も、超絶美男だった兄になるべく寄せてみました。


物語が始まります。

兄が、なにやら大きな動物の背に乗って現れて、一緒に乗るよう手招きします。

dqx1.jpg

この画面を眺めて、数分ほどもボーッとしてしまいました。
泣けます。
はるか昔に喪われた可能性が、目の前にあるのです。
同時に、なんとドラクエらしいのだろうと思いました。
ドラクエ4を初めてプレイした時のことを思い出します。
あの頃、私は乳飲み子を抱えて、母親業に忙殺されていました。僅かな隙を見つけて立ち上げたファミコンソフト。
そこでは、私はまだ10代なのだと告げられます。なんの運命も始まっていない、無限の可能性を持った存在だというのです。

気づけば、ボロボロと涙がこぼれていたことをはっきりと覚えています。
この先、いつ終わるともしれない育児。24時間営業で、一日の休みも許されない日々。確定された人生。
だけども、画面の中の私には、とっくに消えたはずの可能性が蘇っているのです。得体のしれない、白紙の可能性が。二度と戻らないはずの少女の日々が。

「誰がなんと言おうと、ドラクエには大いなる夢がある! かなわぬ夢を生きるもう一人の自分、という夢が!」

あれから四半世紀。
ドラクエ、というタイトルが提供しようとする夢。それは少しも変わっていないのだなぁ、ずっと貫かれているのだなと、感慨ひとしおでした。



ひとしきり、オフラインモードで初心者向けの手ほどきを兼ねた軽いクエストが続きます。
正直、フィールドでの戦闘は、かなり退屈でしかもスローモーで、キツかったですが。
ひたすら簡素なので、ゲーム慣れしていない人には丁度いいのかもしれません。

いろいろあって、オフラインモードという名の導入が終わります。イベントシーンはなかなかの迫力。良い演出というのは画質のスペックの影響なんぞ関係ないのだな、という感じです。


そして、再びのキャラメイクです。
今度は人間以外の、五つの種族から選ばねばなりません。どのレイスもそれぞれ魅力的です。

ですが、何を選ぶかはとっくに決めていました。それがあまりにカワイイのが、DQXをやる動機の一つでしたから。

dqx2.jpg

というわけで、プクリポはじめました。
名前は「ビビデナ」ちゃんです。
およろしく♪


とはいえあくまでβなので、本サービス前には消えてしまう子なのですけどね。


関連記事
NEXT Entry
庭園のごとき癒しの場
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
プクリポちゃんかわいい♪
こちらではお久しぶりです。
オフラインモードのくだり共感しました。
私も乳飲み子を抱えた頃にRPG始めた口です。
大変さはそちらのほうが格段上でしょうけれども、家(家事・育児)→保育園に送る→仕事→保育園から迎える→家(家事・育児)のトライアングルの中でもがくようにゲームをしてた頃の事を思い出しました。
あの頃に比べたらものすごく楽な毎日だけど、いつまでも夢は追っていたいものです。
ビビデナちゃん見かけたらお伴させますね^^ノ
Re: プクリポちゃんかわいい♪
せりかさん、お久しぶりです(=゜ω゜)ノ

つくづく、若さって可能性ですよね。
時が過ぎるほどにそれが減っていく。

ロールプレイングゲーム、というのは年配者向けの遊びなのだ、という想いがどんどん強くなります。
若い人は架空世界の可能性なんかに時間を費やすなよ~、と時々思います。
とはいえ、PC版βなのに、お子様が多い様子ですね。さすがドラクエ。
たまに同年代ぽいオジサンもおられます。これもまた、さすがドラクエ。

βは出来ることが少ないので、最近はさすがにログインも減ってますが、いつかどこかですれ違えることを夢見ています。サポでもいいので宜しくですヽ(´ー`)ノ
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。