--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 08. 31  
 昨夜もDDOで参加希望を出して、知らない方からお誘いをいただく。
 ボイチャで話をしてくれる人が1人いて、とても助かった気がした・・・・・・と、思えたのはダンジョン奥へ行くまでの間だった!

 ハウス・デニスという、LV4なりたて無知クレにとってはちょっと厳しい場所だった、というのもあるのだが、何がきつかったって、飛び石アクションを強いられた点である!

「飛びながら渡ってねー」「はーい」
 ボチャン。
 長いはしごをせっせと登ってやり直し。
 ボチャン。
「あの、このジャンプアクション、助走ってつけた方がいいですか?」「助走は関係無いと思うよ」
 ボチャン。
「そういう時は鎧と盾は外すべきだと思う」「脱ぎます」
 ボチャン。
「ジャンプが+10になる魔法あるからかけるね」「すみませーん」
 ボチャン。
 やっと跳べたと思ったら、罠に炙られて逃げようとしてボチャン。

 以下、ボチャンをさらに10回ほど繰り返す。
「オブさんそこで待ってて^^;これる人だけ来て」
「マリオ世代に任せとけ!」
 すみませんマリオをクリアしたことがありません。
「ファミコン魔界村で鍛えた俺にはこんなのどーってことないぜ!」
 RPGばっかやってたんです、アクションゲームできないから。

 この水ボチャンだけで他のメンバーをどれだけ待たせてしまったか。結果的に待っているだけでも進行は出来たけど。

 だが、更なる悲劇が待っていた。水の次は溶岩が待ち受けていたのである。
 水なら落ちてもやり直せるのだが、溶岩に落ちた場合は・・・・・・
 ジュッ! 
 で即死なのである。
 魂石の回収も出来ないので、メンバーに蘇生してもらうことも出来ず、酒場のセーブポイントからやり直しになるのである。

 この溶岩跳びは他のメンバーにも過酷だったらしく、何人も即死者が続出、とうとうまたもクエスト達成できないまま解散となってしまった。
 
 げっそり凹んでログアウト。
 本当に、こういうアクションは苦手なのだ。だが、この先、こういう傾向のアクションにも熟達しないと話にならないゲームになっていくとしたら、挫折するしか道が見えない気がする。

 Aさんたちのギルド「にゃんまげ」(飛びつこうかな)に入れていただいたので頑張らなくちゃ。
 でもマジ、マリオアクションは勘弁(大泣)。
関連記事
NEXT Entry
明日はあの世か
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
なんかすごいなぁ。
TRPGなら技能(パラ)で判定とかしてはい成功~とかなんですがねぇ。
しかし溶岩で即死はヒドィ・・・
「オブさんジャンプスキルはいくつですか?」
「言いたかありませんが-5」
「なにそれw」「ひでぇ」
スキルがもともと1しかないところに、重鎧を着てたからペナルティ-6なわけですわ。
やっぱりローブ着るべきかしら。
せっかく鎧が着られるクラスなのに・・・・・・ブツブツ(=w=;)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。