--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 01. 28  
 今日知ったサイト。面白すぎるw

 それはさておき、仮面ライダー電王初日である。カブトも終り、もう日曜朝にせっせと起き出して朝食を作ってTVを観るという習慣も終ると思ったのだが、ともかく1話だけでも観てみようと思ったのだった。

……。

 何このヘタレと大根と脳筋バカしか出てこない第1話。


 ってだけじゃあんまりかもだし、可憐な白カブTちゃんの要望もあるしで、ちっとだけ。

 気弱で無抵抗主義でとことん運が悪いらしいかよわげな少年、良太郎君が主人公。なんと平成生まれ、息子と同じ歳ですかいっ……って、ボーヤ、こら坊や。人に助けてもらったらちゃんとお礼を言わんかい! そこは「すみませんでした」だけじゃなくて「ありがとうございました」だろう!

 なにか拾ったから、届けなくちゃ。
 うん、まぁ、それは。

「それは、私が落としたモノなの、とても大事なものなの、返してーっ!」

 ちょwwここまで悲鳴みたいに嘆願されてなんで返そうともしないんだ、逃げ出すって何それww

 大体、悪ガキ集団が去ろうとしている背中に向かって空き缶を投げ捨てようとして、狙いが外れて奴らの背中に当たってボコボコにされるって、君、あのね。

 君は運が悪いんじゃない。不運なんだとしたらそれは単に君が、不注意で、考え無しで、ボーっとしていて、経験から学ぼう考えようという気概に欠けているからだ。運がどうって話じゃない、失敗を繰り返しているだけの人生だってことなんだよ! 自分の無能さを運のせいになすりつけて責任逃れしてんじゃないですよ全く。

 ちゃんと運の良い状況だってあるじゃん。勿体つけて地面から怪異がぬーっと顔を生やした瞬間、容赦なく自転車で轢き潰してるし。こういうミもフタも無いタイミングって確かにツボだったので爆笑。

 そういえば悪ガキは悪ガキの方で、落とし物の心当たりを仕事中の大人に尋ねて時間を取らせておいて、やっぱお礼も言わないのな。ホント、観てて不愉快だな。どんなシツケ受けてるんだよっ!


 で、なにやら強そうな奴に体を乗っ取られて、またその強そうな奴ってのがミもフタも無い脳ミソ筋肉の暴れん坊。
「オレは前フリはしない……云々カンヌン……」
 してんじゃん! ひょっとしてバカか?

「バカか?」
 敵の怪人にまであっさり見切られてるし!

 だが、脳筋バカをヘタレ少年の叫びが封じ込める。どうした脳筋。なんか弱味でもあるのか。昔、心優しい弟を不幸な成り行きで死なせたとかナントカそういう類のトラウマとか。それともこのヘタレ良太郎君、なにか特別な力でも持ってるのか。

「君は、『特異点』だったのね!」

 特異点んンン??

 オ~ガス! ちゃら~ん♪ オ~ガス! ちゃら~ん♪

 と速攻頭に鳴り響いたのは私だけかっ!?

 ともあれ、特異点だったことが判った良太郎君は、未来世界からやってきた列車「デンライナー」に拉致され、桃太郎(赤っぽい)や浦島太郎(水色)や金太郎(キンキラ)、果ては龍の子太郎(マイナーだな)まで手下として駆使しつつ、時空をまたにかけた活躍をすることになるらしい。そうか、悪い太郎たちを統べる良い太郎だから良太郎なのか。いや、知らないけど。
 なんにせよ、愉快より不愉快の占める量の方が多かったので、来週から日曜の朝は好きに過ごせそうである。めでたし、めでたし。

 ちなみに夫の人が
「あのイケメンがいっぱいいた喫茶店(の設定)は、ある種の人達にとっては美味しいのじゃ?」
 と言うのだが、ある種の人って、腐女子とか腐人とか貴腐人とかって呼ばれる人達って意味?
 そうかもしれない。狙っているのかもしれない。だが狙っているとしたら大いに的外れである。マドンナ的美女の店主を巡って抗争を繰り広げている男性の群れなんぞに(いかにそれがイケてる若い男性ばかりであろうと)ヤオイ女性がトロール漁法みたいに引っかかると思っているとしたらそれは甚だしい間違いだ。
 そうしたい場合、喫茶店の主人もまた男性でなければならない。店主も、常連もみんなでよってたかって、どこかしらポヤーっとして抜けた感じのか弱い主人公のことをせっせと気遣ったりかまったり、「世話を焼かせてもらえる権」だの「迷惑かけてもらえる権」だのを争いあって火花を散らしてこそ、ビンゴである。
 やおう女性というのは、自らの女性性そのものに絶望を抱いている存在である。故に、自らの夢や理想を託す幻想の世界に、女性キャラが関わることを忌避する人が多いのだ。忘れたい、逃げ出したい、「自分が女」だという事実を、女性キャラを目にしたとたんに思いださずにはいられないからである。やおい女性が男性同士の人間関係に固執するのは何故か、という疑問に対する、これはとりあえずの大雑把な解答だ。と、無理やり昨日の日記に少しだけ関連付けて、ここまでっ!



 SL追記。

 日本語チャットを表示するには、実はArial Unicodeというフォントファイルが必要らしい。(Macならデフォルトなので、手間無しで日本語チャットが可能だそうだ)だがこのフォント、以前は無料配布されてたそうだが、今はオフィスなどのソフトを購入しないとならないらしい。
 私の選択肢はどうやら3つ。

 1・オフィスを購入する(フォント一つのためだけにンなことでけるかっ)
 2・金は払わず、ネットのどっかに置いてあるかもしれないファイルを探し出してDL(そんなケシカランことでけるかっ)
 3・諦めて日本語版が出るまでローマ字のみで発言する(相手が日本語使っていたら見えないぃぃ)

 3しかないか今ンとこ。
 たまにJuki Brightという名前でうろついているかもしれません。日本語チャットだと、多分、見えてません……(´_ゝ`)

関連記事
NEXT Entry
解凍レンジ?
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
>電王
個人的にはギャグ色強くてなかなか面白かったのですが。
(登場人物に対する不愉快度は同じです、モモタロス以外)
カブトは期待値が高かったのですが、電王は0どころかマイナスなのでもう心を広くしてみようと思っています。
しかし一番心配なのは龍騎と同じ落ちになりそうな気配がぷんぷんしてるのが・・・
http://japan.trymicrosoftoffice.com/default.aspx?culture=ja-JP
ここからOfficeの体験版が落とせるのでフォントも一緒に落ちてくるのでは?。
ドラマとか登場人物が気に入らなくて途中で見なくなっちゃう人なので私には無理そうです・・・(´・ω・`)
やっぱり日曜の朝は私とは縁遠い存在(ノ∀`)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
>君は運が~ですよ全く。
おもわず「すみませんでしたっ!」と謝ってしまいそうになりました。

>日本語チャット
4.スカイプ
龍騎の時点で製作側がインタビューに答えて

’仮面ライダーじゃないと売れないから、別の企画だったけど仮面ライダーにした’

と発言しているのを見て以来、平成のライダーへの興味はほぼなくなったなぁ。
映画のキャシャーン、デビルマン、鉄人28号等と同じ、過去のコンテンツの食いつぶしという感じを受けてねぇ・・・・
これですか!
http://www.nicovideo.jp/watch?v=utsbslj5CPdkg

ツッコミ面白すぎです^^;
キョウちゃん>
龍騎と同じオチ……ごめん、それ見てないので判らない(´Д`;)ヾ
日本昔話からネタ拾い、というのを考えると、カブタックとかの明朗路線まで開き直って欲しかったところです。妙に中途半端な気がするわん。後期試験あと少しだからがんばって!

パパの人>
うう、ありがとう……まだ踏ん切りがつかないのでもちっと後で試す!

ティちゃん>
若いうちって、寝ても寝ても足りないよね。
歳を取ってくると、連続寝が出来なくなって早起きになっちゃうんだよw
老けてからの早朝幼児番組鑑賞ってのもオモムキあっていいよぉ('∇')

Yamaさん>
aa,yama sann da.
simijimi to yama san da.
って、ちがーうヽ(;´Д`)ノ

新城君>
いぁいぁまぁまぁ。努力とか根性とか気合とかって精神論は嫌いなんだけど、それが無かったら無いで屁理屈や言い訳ばかりこねくりまわして人を煙に巻いて逃げるとか、それすらしないで運のせいにする、なんてのなぁ、やっぱ創作の中とはいえ、ゲンナリするのよね。お笑いにまでもって行くならともかく。

スカイプは最近切ってることが多いです。けっこうパワー喰いみたいで、重くなるわけ(´Д⊂

まのんさん>
食いつぶしというのは平成ライダーについては不適切と言えます。利益が出ているからこそ、何年にも渡ってシリーズとして継続しているわけですし。
っつっても、まのんさんが言いたいのはきっとそう言うことじゃないのね。特定のヒーローの名を冠する限り守らなくちゃならないものがあるだろう! って事なのかな。
で、仮面ライダーの場合、それは『何』なんでしょうね?

せりっち>
こ、コレは! 動画にコメントをつけられるシステムってこれかぁ! ネット実況・ライダースレの発展形だなぁw
リメイクとシリーズを混同してはいけないんだろうけど
いい加減、水戸黄門みたいな感じなのよねぇ・・・


まぁ「子供用」で作ってるんだが。
(そもそも大人があーだこーだ言うのが間違ってるキガス)
鈴木さん>
水戸黄門並みに様式美を確立している成功例として戦隊シリーズがありますね。30年の実績は伊達じゃないですw

子供向けに作られてる(はずの)作品について、大人があーだこーだ言うことが間違ってる、とは私は思ってないです。
「そんな子供の見るようなものをイイ歳して!」
というのは、オタクとして覚醒した思春期のころからどれだけ言われてきたか数え切れませんが、それをはねつけて意志を貫徹してきたからこそ、今の私の幸福がございますので。
つまり、「様式美」としての知識があるもんだから
「この演出は■▲」「造型がまるで●●」「脚本が~」と、そんな感じ。

知識量に比例してアラも見つけやすいというべきか。
正直食傷気味なんだと思う。

戦隊、ライダー、ウルトラマン・・・あとなんかあったっけ?

そろそろ新しい「ヒーロー」を生み出さないと
「売れないと困る」→「ライダーってつけときゃヲタが観る」
そんな構図は寂しいものがあります。



想像なく先人を模倣して腐っていくだけなら
いっそ滅んでしまったほうがマシだ(`・ω・´)
(模倣が悪いとは言わん。だが粗悪なレプリカではなく洗練して魅せれ)
鈴木さん>
昨年度は、戦隊ライダーウルトラおよびリメイク以外の特撮ヒーロー番組は3本もあったそうです(私はいずれも観てませんが)。「牙狼」「リューケンドー」「セイザーX」。これは豊作と呼ぶべき数だそうです。
従来の人気ヒーローシリーズとは関係の無い新ヒーローが生まれ得る土壌は、継続して市場を保てるシリーズ物があってこそ、と言えます。

リメイク企画ばかり多い現状は寒いものだという見解には私も全く同意です。
好みが細分化され、1つのタイトルにつき利益が大きく上げにくい現代、タイトル数が増大して、クオリティが反比例で下がって行く状態がずっと続くとしたら、世界に誇る日本のオタク文化ももはや袋小路ということになりますので、まことに憂慮すべき事態でもあるのです(´・ω・`)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。