--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 02. 13  
 いったん退会なさっていたマイミクRさんが戻ってこられていたので、またマイミク申請! ありがとうございます(´ー`)
 このマイミクさん、今は外部ブログも持たれていて、小さなお子さんとの日常を綴られている。ときどきムービーもあり、赤ちゃんがモチャモチャと遊んでいるのを見ているだけで、あれ、なんだろう、目から水が(つд・)
 自分の子が小さな小さな生き物だった頃。可愛くも憎らしかった頃。


 過ぎた日々が2度と戻らないことに泣けるのかもしれない。


 考えてみれば、もともとYoutube等というのは、こういうプライベートムービーの置き場所として作られたのだったっけ。すっかりエライことになっとるが。とかなんとか言いながら、今日もツボに入るオタク映像を漁る日々。アイドルマスターすごいなぁ。見れば見るほど
「ずるい」
 という気分になってきた。このアイドルマスターのシステム、クォリティでもって

 女性向け美少年育成ゲームの一日も早い実装をヨウキュウスル

「ホスト育成ゲー?」
「それはちょっと方向性が違う!」
「(決して悪し様に言ってはならないマスコミを牛耳る御大の名)もどきになって、たまにお気に入りをつまみ食い?」
「何言ってんだ! バンバン(折檻音)」
 あまりにベタすぎるのもかえって外しそうだしなぁ。

 ここはやっぱり、王子育成ゲーか!
 ヴェネツィア、オスマントルコ、はてはアーブ帝国皇帝選出方式まですっ飛んで鑑みるに、まぁだいたい8人くらいの王子たちが、全員1兵卒から始めて、激しい出世競争を勝ち抜いた1人だけが王、皇帝、元首、まぁとにかくトップになれる! ってんで、知力、戦略、駆け引き上手、カリスマ性だって必須だし、体力と精神力も無きゃぁイカンわなぁ……ネット対戦で次々と敵を打ち破り、もっとも版図拡大に貢献したものこそがすべてを統べる玉座に!……って、すでに女性向けゲームとして一般性を根こそぎ失っている事に気がついた。アカンがな。



 ちまちまプレイ中のWow、LV50到達。
 同じ日にLV60になったまのんさんとパチリ。アウトランドで早川(ズバット)健風帽子ゲットだそうな。PVPやりまくって貯めたポイントでゲットした肩パッド、トゲトゲから赤い妖気が立ち登ってて、スゲー怖いよー、そんなの、癒しと蘇生をつかさどる僧侶の装備じゃないよー。ただ、Wowのプリーストのムチャクチャな強さを見てると、プリーストって実は「僧兵」って意味なんじゃないかと思うところしきりナリよ。
50と60

関連記事
NEXT Entry
要らない廃品回収
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
プリンス★メイカー

王位継承権第10位の王子(6歳)と、その執事(プレイヤー 性別選択可)
王座を巡って権謀術数を繰り広げて王座を目指すもよし
政経人徳に優れた官僚を目指すも、また王位を捨てて野に下るのも自由。



とか、どっかのゲームをパクって作るとか。
ショタ王子とアンジェリーク風な執事にしておけば
それなりに売れると思うんだけどなー
鈴木さん>
いいですねぇーー(´¬`)ヨダレ
ネット対戦要素と、美麗さを保ったままのポリゴン神動画ももちろんぶち込んで。

究極的には、乙女心を満たすそういう存在は、チューリングテストを突破できるAIが生まれてやっと実現する、と見てはいますが。
ボールが消えたり、指が増えたり、隕石が降ってきたり。
「わしの波動球は108回プレイすることで覚えるぞ」
全国対戦ももちろんばっちりヽ(´▽`)ノ
プリンスオブテニヌ 発売日未定
ありがとうございます!
私も初めはブログなんてするつもり全くなかったんですが いとこに勧められてなんとなく始めてしまいました(;´Д`A ```
実際子供が心の底から可愛いと思ったのは 二人目が産まれてFFする時間もほとんど取れなくなってからというダメ母ですm(。_。;))m
この子が最後の子供かもしれない・・・と思うと成長するのが嬉しい反面とっても寂しいですね(>_<")

色々と人生の先輩としてこれからも色んな話を聞かせてくださいね!よろしくお願いしますm(._.*)m
あのゲームの凄さは、やはりスタッフの「愛」ではないかと。
企画が立ち上がったのが役10年前、そこからゲームを成立させて声優をキャスティングして、ダンスはモーションキャプチャーして・・・
ここまでこのゲームを作り上げてきた、クリエイターたちの愛情がたっぷり詰まってるからこそ感動があるのです。
歌なんて、(アーケード版では)9キャラ×10曲で90回レコーディングして、全員のキーを一致させるために1オクターブ+1音ぐらいしか使えないのをなんとかやりくりして、オーディション対戦のためにすべての曲を2分ちょっきりに収めて、なんて愛がなければできませんよ。
件のFF11のオペラシーン再現にしてもこのゲームにしても、愛があふれんばかりに垂れ流されているモノは受け手にも感じるものがあるのですな。

まあアーケード版はあまりにも見た目がアレ過ぎて、恥かしくてプレイできない人が多発したらしいですが・・・(^^;
ティちゃん>
プリンスオブテニヌwwww
これはいける! ただ、作るのに時間をかけすぎると流行りが廃れてしまうかっ?!……コンセプトだけ生かせばいいよね。キモは「萌えカスタマイズ(育成)&対戦」だから。萌えのクォリティが高ければ勝つる!

るりにくさん>
いらっしゃいませ!('∇')/
私が「親として真っ当な愛情」をそれなりに理解し始めたのは息子が10歳くらいになってからです、ダメ母どころか害毒母でしたorz
ブログを見ていると、るりにくさんがお子さんにどれほど手間ヒマかけてるか、いろんな努力をしているかわかります。
そういう記録が残ることって凄く意味が大きいと思うんですよ。なんていうか、「愛されていた、という確信」に勝る人生の宝って無いと思うんですよね~。無理のない範囲でこれからも頑張ってください!
 あのムービーって、テープ録画をデジタル変換して云々だったんですね、いずれツールとかでもっと手間が減るといいですねぇ。

新城君>
アイマスってそんなに時間かけたプロジェクトなんだ!
以前新城君からいろいろ話を聞いてた(放置しておくとケータイに泣き落としメールが来る、とかさ)時点では私、「新手の水商売か?」くらいの認識しか無かったんだけど……夢魅せる、ってことに怒涛のパワーが注がれてるのが、ムービー観てやっと実感できた感じですよ。とにかくサイバラ風に言うなら
「ドエライことになっとるがな!」
という意味ではFF7並みの衝撃です、ハイ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。