--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 03. 17  
 沈みっぱなしのさなか、夫の人と久しぶりに中野へ行く。
 商店街を冷やかして、激安うな丼の店で腹ごしらえの後、メインディッシュの「オタク魔窟」ブロードウェイへ。

 大型書店で「NANA」最新刊を買って、適当にブラブラ見て回る。
 2年ぶりくらいだけど、まさにテラカオス(゜▽゜;)

 それにしてもオタク商売ってとにかく男性優先、男性主体。私は男性向け萌えにも反応する回路は持ってるから見所は多いし楽しいのだが……。

 低調ゆえの哀しさ、エネルギーがまったくもたず、たちまち消耗し尽くし、ギブアップ。
 まだ探索を続けるという夫の人を残して、出口を求めてフラフラと移動。
 何も考えられない、ダルイ、しんどい、はやく駅に行って乗り物乗らなくちゃ、出口、出口はどこ……

 その時。
 左手側に不思議なオーラを感じた。まるで、手招きをするかのような。
『おいで、おいで、こっちへおいで、さぁいらっしゃい……』

 落ち着け! 幻聴だ! ←心のもう一つの声だが軽く無視。夢遊状態で店内へ。

 ハイ、女性向け同人作品コーナーでしたぁ。
「ああ、特撮コーナーがあるぅ、なにこれ、クウガのエリアは70センチ位もあるのに、カブトって数センチしかないwとりあえず、イカス天道総司の本は無いのッ?」
 とか
「FFXIってエリアは……無いから『FFその他』カテゴリになってるーっ! イケてるエル♂の思いっきり隠微で背徳的なムニャムニャ本とか無いのかしらっ……!!」
 などと漁るうちに、気がついたら、ぶっ倒れそうなほどに消耗して疲れていたはずの身に、萌えパワーゲージがギュンギュンと上がって生命力がみなぎって来た事に気がついた。

 嗚呼、萌え力は偉大なり。

 結局、FFXI関係はどれも健康的なものばかり、表紙に下着姿のエル♂とガルカが並んでいるのを「もしかして??」と買ったりしたが、帰って開くと内容は超健全コメディ。普通に書店に売ってるコミックアンソロジーとまったく変わらない楽しい本だったのだったorz

 カブトの方も、特に耽美数値の高そうな表紙をセレクトして買ったのだが、内容はギャグー!(⊃д⊂)

 たくさん笑ったから良いということにしておこう(´w`)
 ホントにそゆのが必要なら、イベント行って探すしかないわねん。
 
関連記事
NEXT Entry
PC電源ご臨終
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
面白すぎました(笑)
思わず噴出してしまいましたよ~(*´艸`*)
私もFF11のアンソロジーってあるの最近知って
本屋で買ったことあるんですが
やっぱりそういう同人誌もあるんですよね~
イベントに行ったらw
昔はイベントに行って本を並べてる側だったのですが
今度は買う側になってみたいな~と日記見てて思いました(笑)いやぁ~懐かしい~♥(っ→ܫ← )♥
中野って女性向けがメインと聞いていたので、てっきりそっちが目当てかと・・・って旦那様もいっしょでしたか。

私もそろそろアキバのジャンク屋が恋しくなってきたなぁ・・・
るりにくさん>
いやぁ~もう、はまりやすい罠にはまったというか。欲望の方向と全然違うものをつかんでしまうというw
今日は秋葉原の同人ショップに夫の人が案内してくれたんですが、そこには男子向けのものしかなかったんですね。FFXIのカテゴリには、ケシカランほどはしたないプリッシュちゃんが表紙の本とか(´Д`;)ヾ
そーゆーのではない、健全なコメディが、女性向けのラインに流れていたのかもしれません。

私も学生時代はずっとマン研だったので、大阪、京都、神戸、あちこちの同人誌即売会に行きまくってました。
売るのも買うのも楽しいですよね~~(*´д`*)
本場のコミケはもう何年も足が向きませんが……あそこに行くには莫大なパワーが要りますw

で、思い出したんですが、東京・池袋には今「乙女ロード」と呼ばれる場所があって、まさに「そういう」同人ショップや、執事喫茶とかがあるらしいんです。
もう突撃するしか無いっ(☆ω☆)! って思ってます。

新城君>
中野ブロードウェイは、9割以上男性向きだと思います。もしまだ未体験ゾーンなら、秋葉とはベクトルの違う魔窟ぶりを見物に、一度足を伸ばしてみたらどうでしょう? ちょっと遠すぎるのが難点かなぁ……。あとPC関係がほとんど無くて、サブカルが混じってたりするのよねん。
濃いよ!!ww
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。