--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 04. 14  
 今日はマイミクSさん主催のカラオケパーティでまたまた秋葉パセラ。
 ここの「アニソン・ヒーローソング集」は、もはや厚みが辞書並みにぶっとい。「どんなものでも入れて見せましょう」てな勢いである。正直、もう、判る歌が2割を切っているのだよ……(´Д⊂
 なんと、「プラレス三四郎」のEDも実装されたそうな。あれはロボ愛者にはたまらない名曲なのだぁ。
 そして、やわらか戦車も、1・3・5とキタキタ! 見つけたからには唄わないわけにはいかない。皆さんノリノリで合唱~( ̄▽ ̄)♪ 楽しかったぁ!!

 帰りに「おっとそうだ、あそこなら買えるかもしれないっ」と書泉に立ち寄り、本田きゅん♪ のラノベ新刊「ボクの紫苑2」「円卓生徒会2」購入。どっちも近所の書店じゃ買えないんだよね。


 さてさて、幸せの宝箱から第2弾。原作・森高夕次、画・あきやまひでき「おさなづま」である。

 大変な異色である。破格な不運と幸運に翻弄される「おさなづま」が、ありえないようなインフレ的出世を果たして行く壮大なサクセスストーリーである。
「んなことあるかーい!」「いくらなんでもそりゃ無理じゃーい!」と、理性はツッコミを入れまくるのだが、強引な展開と泥臭い絵で進行する物語の中には、大人の小ざかしい経験論など軽ーく吹っ飛ばして納得させてしまうパワーと魅力を秘められており、どうしても読みやめる事が出来なかった。全10巻で完結するのだが、上昇に上昇を重ねた果ての、ささやかな大団円は見事! と言う他無いほどの収め具合であり、送り手が伝えたかったテーマ、心意気と言うべきものががどれほど確固たるモノであるかの証明のようであった。

 言葉にはしにくい、素朴な真実ってものをズドーン! と人の心に直球で叩き込むには、ファンタジーな構造がどうしても必要なのかもしれない。
 結局、人の力というものは、夢を信じることから生まれてくるから、という真理に繋がるのかもしれないけど。
関連記事
NEXT Entry
グレンとからき☆すたとか
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
大学に入ったばかりのころ。
新歓で行ったカラオケで、「残酷な天使のテーゼ」を歌ったら、先輩たちが全員で初号機の動きをトレースしはじめたっけ・・・
ああカラオケいきたい。
おさなづま
週刊アクション連載中から大好きでしたw
「めぐみのピアノ」とか「ルイジアナにひな菊さいて」とか実際読んでみたいなぁ・・・
でも読めないから超大作・・・?w
新城君>
やー楽しそうだなー( ̄▽ ̄)
カラオケは歳とるとキツイから無茶は若いうちだ!
実はさっき、とうとう発熱(オセーヨ)ホント、老いるとダメージが遅れて来るからイカンわ@w@;

Urannちゃん>
どっちのマンガも読んでたんだー、さすが!
劇中劇ならぬマンガ中マンガなわけだけど、どっちも「詳細は描かない」のがミソなのよね~。
めぐピもルイジアナも、どっちもアナクロっぽいって点で共通しているのもなかなか興味深いところです。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。