--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 06. 30  
「カラマーゾフの兄弟」やっと読み終わり。

 読み始めが今月の7日あたりだったから、な、な、なんと3週間以上かかったことに! 上下巻しかないのに。
 それもですよ、上巻だけに丸3週費やしたわけ。下巻に入ったらザザーッと進んで2日で完結(いや作者逝去のため実は第一部完、ってことらしいけど)を見たわけ。
 も、ホントにね、上巻はキツかったですよ、面白いのは確かなんだけど、とにかく話が絶望的なまでに進まないんだコレが。

 登場人物の解説とか、思弁とか、過去バナとかが延々と続いて、それぞれ魅力的なんだけど、話は進まない。大した事が何も起こらない。次男イワンが「俺、こんな叙事詩を書いたんだ」とダラダラ披露するくだりなんて、読んでるこっちが発狂するかと思った。

 けど、ついに上巻のラスト近くになって、あーなってこーなってキャー大変! って辺りから俄然読み止められなくなり、当然ラストには大いなる感動が待っているわけです。

 しかし、つくづく思った。ロシア人というのがみんなこの小説に出てくるような人ばかりなのだとしたら、私は出来れば一生涯係わり合いになりたくない。どうしてそんなに長々と喋り続けられるんだ! どうしてそんなにくどいんだ! なんでそんなに押し付けがましいんだーっ。
 作者のドストエフスキー本人が「この事について二言三言、解説せねばなるまいが」と前置きして無慮数十行の描写に入る、なんて事が何度も起こるし、「ほんの1分だけお話を聞いてくださいまし!」って嘆願するご婦人はたっぷり数十分はまくし立てるし、嗚呼これが民族性の相違ということなのか。

 あ、でも、アリョーシャ君だけなら一生の間お付き合いするにやぶさかではありませんよ?(他の人物が圧倒的なまでにリアルである中、アリョーシャという存在だけにはご都合主義が注入されている気がするのは、私が見事なスレッカラシゆえであろうか)


「宇宙に至るまで世界はコスモス(秩序)、人心こそがカオス(混沌)なのである」
 そんな感じだ。
 宗教的バックボーンの違いや、その他モロモロの要素ゆえに、この作品は広く受け入れられ難いのは仕方無いと思うが、それでもなんとか翻案して一般に広める事はできないものだろうか、と強く思う。「はみだしっ子」と同様、今、まさに現代の日本が抱えるもっとも重大な問題を直撃し、解決の糸口を指し示せる内容だと思うからだ。




 さて昨夜はちょっとだけMHF。鯖(ワールド)が3倍に増設されたので、ほぼ満杯の1鯖を諦めて3鯖にキャラ作成。PSU時代のフレ達とキノコ狩りなど。

 ううーーーーん(^ω^;)
 やっぱりこのゲームは私の肌に合わない気がする。操作がとにかく難しいし。
 とは言え、PSUも最初の3日くらいはまともに動けなかったし、慣れ次第なのかな?
 でも、PCでやるネトゲなのに、チャットシステムが使いにくいのはどうかと思う。チャット窓開いているだけで走れもしないって、ちょwwwナニコレww

関連記事
NEXT Entry
おーい、こなたちゃん?
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
それもあるが、PC間でまったく同期が取れていないのは正直どうかと思う。
お互いに同じものが見えていないMOアクションって・・・・
MHF操作慣れずに早くも断念しちゃいましたw
タッチペンで出来るくらい優しくしt
ロシアの独特の言い回しは日本語翻訳家の悩みの種ってロシア語授業で聞きました
おかげで日本でロシアの本売れないってw
まのんさん>
そこまで判るほどプレイはしなかったんですが、
モンハン『も』同期ズレてるんですか。
寄ってたかって敵を倒すのがMOやMMOなんだし、やっぱそれは、ねぇ?(^ω^;;;)

ティちゃん>
あらまぁ、断念ですか>MHF
うう、一緒に何か殴るヒマはなかったか(´д`)
やっぱりアレ、操作難しいよね。

ロシアの本。
今までまったく読んだ事が無かったんです(ォィ)
翻訳物はけっこう好きですが、考えてみれば多分ほとんど、元は英語ですわw
そうか! 他のロシアの小説を読めば、ロシア人がああいう「超絶くどい」人達なのかどうかが検証できるはずね!……でもちょっとハマったので、もう少しドストエフスキーでいってみようと思います。
モンハンのそれは飛び抜けてひどい。
同じ相手を殴っていて、そのように見えたためしがない。

多分、同期をとる努力もしていはい。
まのんさん>
う、う~~ん(゜ー゜;)
ラフですねぇ……。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
昨夜22時台にコメントくださった方>
風土から考えるロシア文学論、興味深かったです(*゜ー゜)

そういえば、カラマーゾフの中でもっとも印象的だったのが
「彼は広大です、母なるロシアの大地のように!」
のあたりでした。いろんな意味でスケールやボリュームが圧倒的なんですね。

うう、こちらでもモンハン評価が低い^^;;;
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。