--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 09. 02  
 ワールドコンのディーラーズルームに浪花愛さんのブースがあった。
 商業出版でのお仕事はずっと押さえていたとは言え、同人誌の方は、ここ数年まったくSF大会やコミケなどのイベントに行っていなかったので、何年分も読んでいなかったことになる。
 冊数にするとかなり膨大だ。
 一時に買うと重くて持ち歩けないので、昨日と、今日と、2日に分けて購入。
 まぁ分けて買っても、帰る時はいっぺんに持たないとならないんだけどねw
 クリアファイルやメモ帖をサービスでつけていただいた♪
 ご子息が息子と同じ学年なので、そういう関連の話題でしばし歓談。思えばアニパロコミックスという雑誌で初のご懐妊と同時に日常実録マンガを開始なさっているわけで、もう20年以上続いていることになる。エッセイマンガとか育児マンガとか実録物というジャンルは今でこそ珍しくもなんともないが、あの時代、あれはほとんど他に例の無い試みだった。(セツコ山田さんの「ゴルゴさんち」くらいか)いわば草分けなのである。
 不思議なもので、ずっとずっと読み続けていた身としては、ほとんど交流など無いにもかかわらず、浪花さんのご家族が他人という気がしないのである。じかに本を売っていただけて、お話もさせていただけたのは本当に嬉しいことだった。ずっと読んできたし、これからもずっと読むと思う。今後もお体を大事にして、ずっと描きつづけていただきたいと思うのだった。

 今日は朝からたっぷり入浴して、朝食はとっとと済ませ、それでもゲキレンジャーには間に合わず、キャビンの小さなモニタで電王とグレンラガン鑑賞。

 ああ、グレンラガンは良い話だった。
 難しい理論を語られて、脂汗を流すだけのグレン団の面々。
 さくっとリーロンがまとめると、たちまち安心したように頷く面々。
 さらに難しい理論を生首が語って、さらに脂汗を流して、リーロンを振り返るも救いは得られず、「量子論かな」とボソッと頷くロシウに向かって放った言葉が

「お前バケモノか!?」

 ああ、そうだろうとも。頭を使わない、使えない、使いたくも無い、けど愛と気合と熱血なら理解できるぜっ! てな君たちにとって、ロシウはまさにバケモノなのだろう。そこが良い!! バケモノだからこそ、私はロシウが大好きだった。これって、大江戸ロケットのアニメ版の八丁堀の台詞と同じだね。
 冒険者の資質と施政者の資質はまったく相反するものであって、お互いがお互いに無い物を認め合って支えあってナンボな世の中なのだという視点を持ってドラマを描けるグレンラガンのスタッフもまた、ある意味バケモノなのかもしれない。


 チェックアウトを済ませて、大会会場へ。朝一番の企画「日本特撮の映像快感 映像がSFを語りだす」へ向かう。パネラーは特撮解説の第一人者、池田憲章氏。
 語る語る語り倒す、あまりに目まぐるしく面白く、一瞬も気が抜けない。どこまでも「SF」であった円谷英二氏の偉業について、今こそ取り戻されるべき視点について、池田氏の舌鋒すさまじく、とどまるところを知らない。本当にこの人は、プロの中のプロだと思った。解説がエンターティメント足りえることを誰よりも端的に示せる方ではなかろうか。終盤の拍手も、熱く、大きいものだった。

 ここでエキサイトし過ぎた私は、見事な燃料切れを起こしてしまい、12時からの星雲賞授賞式からマスカレード(コスプレ練り歩きショー)へ流れるメインイベントに挑む気力がどうしても湧かず、帰途につくことに。

 帰りの電車の中で、浪花さんの本を読み込む。
 ご主人とご子息が一緒にFFXIで遊んでおられたことを初めて知ってビックリ。「ありがとう」と返事することが出来ないので、辻ケアルから逃げ回るとか、ジラート実装でチョコボに乗るときチョコボの音楽が鳴るようになって大喜びとか、クリスマスに電飾トレントが出現したとか、ことのほか、心和んだことでありました。さすがは浪花さんち(*^▽^*)


 さぁ明日から二学期だ、毎日弁当を作る日々がやってくるぞ!
関連記事
NEXT Entry
超絶寒い秋の風
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
大会で一瞬お見かけしたのですが、ちょうど携帯画面を見ていらしたので、お声をかけそびれました。失礼しました。
MIKAさま>
土曜にすれ違って、ちょっと頭を下げあっただけのご挨拶になってしまって、こちらこそ失礼いたしましたm(_ _)m
ご子息もお元気そうでなによりでした。
今大会、さすがのワールドコンで、参加した方はとても多かったようなんですけど、会場の構造の仕様上、すれ違って挨拶しただけで、お話するほど余裕の無い再会が多かったのはちょっと残念でありました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。