--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 10. 14  
 3週間にわたる職場実習もつつがなく終り、疲れも見せず元気いっぱいの息子。
 ただし、内定がもらえるかどうかはかなり微妙なので、その点には不安があるのだが……。

 ともあれ、今日は待ちに待った埼玉・鉄道博物館の開館日である。

「初日に行くの? ものすごく混むと思うよ?」
 と何度か止めたのだが、ガン! として譲らない。どうしても初日に行くと言う。
 お弁当を持たせて送り出したが、午後のニュースでは3000人以上の人が詰めかけ、当然徹夜組もおり、大変な賑わいであったとか。

「そりゃーそうだよね、日本最大規模の鉄道博物館のオープンですぞ! 全国津々浦々から筋金入りの「鉄」が押し寄せるのは火を見るより明らかだし……生涯に何度も無いイベントだと思って経験積むのもいいかもね」
 とか言っているうちに息子帰宅。
「どうだった?」
 と尋ねると、たちまちゲッソリした顔になって
「人がいっぱいでした……ディズニーランドみたいにいっぱいでした」
……(´∀`;)

 それでもまた行きたいと言っている。
 最新型のSLシミュレーターがあるらしいので、次は乗れるといいねぇ。



 ここ数日、私は腰と膝と肩と首筋が痛くてたまらない。
運動しないと……運動……ああ、今日もご飯が美味しい……涼しくてついうたた寝しちゃう……ぬぁーっ! また太ってきたぁ!(((´・ω・`)))ボヨボヨ

関連記事
NEXT Entry
勇者は撃退の呪文を唱えた
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback

鉄道博物館

鉄道博物館鉄道博物館(てつどうはくぶつかん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、埼玉県さいたま市大宮区と北区 (さいたま市)|北区の大成町に2007年10月14日に開館予定の鉄道に関する博物館である。東日本
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。