--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 10. 15  
 テレビ局は逃げだした! ズザザッ


 さてまずはここをご覧いただきたい。

 こちらも。

 mixiに行ける方はこちらも。



 TV屋のやり口の愚劣さゲスさ加減に関して今更クドクドしく語る気にもなれないほどだが、ことこの件に関しては、人類にとってのまったくの新メディアであるところの「ネット」発生の文化の台頭による既存メディアの衰退の予感に脅え狂った故のパニック行動として見るべきであり、興趣そそるものではある。

 見苦しくジタバタするより、とっとと諦めて、積極的に新ジャンルの取り込みにかかった方がよっぽど賢明なはずだがね。
 もちろん、そんな賢明さが無いからこそこうやってますます自分で自分の首を締めるようなことをやるんだろうけど。素早く引導を渡してやった方が慈悲かもね。



 さて、長い人生、生きていれば何が起きるかは判らない。
 つつましく生きているつもりでも、いつナンドキ世間の脚光を浴びる立場にならないとも限らない。
 そんなつもりなどまったく無くても、マスメディアの取材の大波が押し寄せてくる可能性というのは、どこにでも転がっているのである。
 そしてその果てに待っているのは、ほぼ例外なく悲劇である。

 メディアに乗るも乗らないもお好み次第であるが、もしどうしても回避したい場合。

 マイミク葉山さんのブログに簡潔な撃退方があったので、ご紹介させていただきます。


 よぉござんすか?

「実際に放送される、編集後VTRの事前チェックが必須条件」

「実際に放送される、編集後VTRの事前チェックが必須条件」


 さぁ、メモに書いて電話の横に貼っとくのよ!


関連記事
NEXT Entry
痛いよー
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
TBSという、普段から「雑な」ことをしている放送局に対して取材をOKした時点で負けと思うんですが・・・
svetlanaさん>
TBSってそうなんですか? 以前納豆のデータ捏造がどうのこうの……あれはまた別局でしたか……。

TV(マスメディア)で取り上げてもらえる、ということに甘美な誘惑を感じずにすむ人というのは少数だと思います。ですが、実際にそこで何が起きるのか、についての詳細を知る人も、また少数なのだと言えます。

忘れてはならないことは、既存のマスメディアというものにおいては、そのすべてが『編集』されうる、ということです。(生中継ですら「流すべきではないと判断した」要素を封じることが可能です)
この一件だけを、関わった一局だけを問題として片付けて良い事だとは私には思えません。

ネットで何かを発表する、ということも含めて、メディアとの関わり方をどんな人でも一人一人が心得ておくべき時代が来ている、とも言えると思います。
Svetlanaさんに同意。

私的にTBS最大の悪行は、日本人初の宇宙飛行士として自局のアナウンサーを飛ばした一件。
もともとNASDAがスペースシャトルで送り出すために計画し、訓練まで行っていたものを、金にあかせてロシアにねじ込み、日本人初飛行を横取りする形でバイコヌール宇宙基地から打ち上げさせました。
おかげさまでバイコヌール基地に飾られている歴代飛行士の肖像の、秋山氏の下には

’金で宇宙飛行士の席を買った男’

といった意味の文言がかかれているそうです。
日本の宇宙開発の歴史に泥どころか汚物を塗りたくったTBS

やることなすこと下劣な局のインタビューを受けた事がそもそもの間違いだと思います。

ちなみに秋山氏本人は、TBS自ら仕掛けたにもかかわらず、有名になったことで局内の激しい嫉妬を浴びて嫌がらせ、左遷等さんざんな扱いの末退社しております。

もうね、なんともね

まのんさん>
宇宙開発がらみのその気持ち、良くわかります。

それでもやはり、ここは一社を叩き、その一社に応じた無辜の個人を責めて済む話とは思えないと繰り返します。
例えばでは、他局なら安心か? 信用できるのか?
「冗談じゃねぇやとんでもねぇ」
が私の答えです。

撃退例を紹介させていただきましたが、実の所。
「VTR事前チェック」を条件とした場合に、引き下がる局はまだ良心的な方だと考えています。

「ええ、ええ、もちろんチェックお願いします^^」
と言っておいて、直前になったら言を左右にして応じない。
あるいは「もう明日放映なんです、とても変えることはできません、どうかコレで行かせてくださいっ!!」と土下座で丸め込む。
あるいは「実は担当が直前に逃げ出しまして、私どもといたしましても、なんとも^^;」などと言ってくるとか。

世間というのはそういうものなのです。 

さて、かくも「世間」を信用も信頼もしていない私のような生き方は果たして正しいでしょうか? 
正しいわけがありません。

今回、TV局の言うことを「信じた」人を責める事は、正しいことでしょうか?
本当に責められるべきは「何」でしょうか?
最近喧伝されている「情報リテラシー」の考え方は、「情報を疑う」ところからスタートします。
情報は「人間」によって取材・編集されて流されているものなので、どれだけ取材者が公平を期そうと思っていても、どうしても「取材者の見方」が入ってしまうもの。
「公平な情報」というものは世の中ありえない、という立場に立って、ある一つだけの情報を鵜呑みにするのではなく、できるだけ多くのニュースソースを確保し、一つの情報を可能な限り多面的に捕らえて、(情報の中の)「大事な部分」と「大事でない部分」を切り分ける能力。これが「情報リテラシー」なのです。

個人的には、今後数十年~数百年を考えて、「義務教育で最低限の情報リテラシー教育を行ったほうが良い」と考えています。「ちゃんとした教育が行われる」という前提ですが。
アッコリアルタイムで見てましたが

おおっ、こんなとこまでミクが侵食と驚いて
もしやミクの「アッコメドレー」が聴けるのかとちょっと期待しつつ
みたくもない亀さん問題を尻目にぼーっとまっていたら
作成会社のコメントはまぁ日曜お昼の視聴者にはこれでもいいかなと
おもったけど、実際に演奏しているシーンになると曲はすぐ終わり
よくわかんないにいちゃんや助草コスプレやらで
うわっ、やっちゃったとあきれつつ荒れるだろーなとかおもってたら
案の定荒れてますな。。^^;;

ps:携帯にネギ回すハチュネロイツマ動画落としてます(w
背中痛いので短めのレスご勘弁。

新城君>
「ちゃんとした教育」が誰でも受けられるほどの民度の高い社会であるならば、おそらくは情報リテラシングの必要性が無いと思われます。なんていうジレンマでしょ。

Yamaさん>
>>荒れるだろーなとかおもってたら案の定荒れてますな。。^^;;

「ネットにおける騒動伝播の速さは、怒っている人の数に比例する」
TV離れに拍車かけてどうするんでしょうね、まったく^^;

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。