--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 11. 03  
 老人ホーム訪問後、息子は「電王ショー」目当てで遊園地へ。親は疲れて帰宅。
 一休み、一休み……と思っていたのに、うっかりニコ動で「万年時計の謎に挑む」って動画をつい観始めてしまい、夫婦そろってやめられなくなる。
 これは本当に凄いよ!
 一見の価値を保証する。

 この時計の作者の心底怖ろしい所は、奇想発想を自分の手で実現させるコンパチ能力を備えていたところだろう。
「こんなものあったらいいな」と夢見る心。
「どうすればできるかな」と、探求する精神。
「こう工夫してこう組めばいいかな」と閃く知力。
「じゃ、作るぞ!」と実際に手を動かす職人魂。

 天は二物を与えず。人間のパラメータなんてものは大抵偏るのが普通だ。夢ばかり見ていれば頭はパーだし、知的に過ぎれば心がボロボロになったりする。単調で退屈で緻密な作業に耐える神経は、活発な精神活動とは相容れない。何かが出っ張れば何かが引っ込む、人の能力とはそういうものなのである。

 ところが、極々稀に、天が何物も与えてしまう超人間が出現することがあるのである。「神の器」である。この万年時計の作者は、間違いなく、その1人だったのだろう。

 興味のある人はこちらのページもいいかも。

関連記事
NEXT Entry
疲れてるザンスー!
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
この道ン十年のジジイたちが
心底楽しそうに分解研究してるのがほほえましい
鈴木さん>
「分析していくと、製作者の思想が伝わってくる」
というコメントが印象的でした。
道を究めたマイスター同志でなければ通じない、深いコミニュケーションの成立。そこには凡人には獲得できない悦楽があると思います。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。