--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 11. 12  
 ニコ動をうろうろしていたら、初音ミクちゃんが
「夜の女王のアリア」(復讐の炎は地獄のように我が心に燃え)
 を歌っているのを発見。

 これがなんとも愛らしいのだった。イラストも含めて。
 まっとうに歌いこなせる歌手は全世界に数えるほど、とまで言われる超絶難曲を、いとも容易く正確に再現する様はさすがヴォーカロイド。生半可な人間歌手よりよっぽど聴かせる。調整主に脱帽。


 だがまぁしかし、ここでもちろん、生身の決定版も挙げておくべきだろう。

 人間が歌う。
 と、いう事の真の意味をとっくりと味わうべし。

関連記事
NEXT Entry
こりゃ広めるしかない
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
感動した!
ミクはミクでいいし、人は鳥肌でした^^;
せりち>
さっきまた聴きにいったら、ディアナ・ダムラウ様、1日で1万3千以上再生が増えてて、爽快です。ちなみにそれまでの再生数2千ちょい。ミク効果はスゴイです。良い歌声、というものをほとんど与えられずに育ってきた日本人が、こういった形で普段かえりみもしない文化に触れて行けることの素晴らしさをは、もっと広がるべきだと思います。ネットにこそ真の教養主義が生きているのかも知れない!
すばらしいの一言。
またこういった作品がこのような形で評価されていくのもニコ動の面白いところですな。

今のミクでは人間にまったく太刀打ちできない。でもミクの妹たちは?などと考えてニヤついている私がいます。
とはいっても、VOCALOIDが人間を置き換えるなんてことは永久にないでしょうがね。

そういえばマクロスプラスでミク的なロボ(形状ではなく)が出てたなあと思い出してみたり。
新城君>
ミクは人間が使うツール、楽器。
歌は人間が自分の身を楽器として使うこと。
つき詰めれば本質は同じ、ということになります。ヴォーカロイドで出来る事の幅が拡張されつづけるとして、その肝心要の「本質」を理解した上で使いこなす天才が多々出現すれば……人間の歌手だってピンキリなのが当たり前なんですから、ハンパな性根のゴミクソ歌手のほとんどすべてが吹っ飛ばされて消えてゆくしか無くなるでしょう。いやもうそれを思うだけで私なんか朝から晩までニヤニヤですわよ♪
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。