--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 12. 25  
 というわけで、手打ちと相成った次第の模様。

 様々に興味深いことの多かった事件だったが、音楽業界およびその利権構造にまつわる複雑な事情がおぼろながらも広く知れ渡ることになったという意味では、良いことだったのだと思う。

 竹熊健太郎氏によるブログの記事(22日版)が大変に面白かったので、興味のある方は是非読んでいただきたい。

 ここで言われている「文化摩擦」という言葉には、大変な重みがあると私は見ている。
 個人主義の深化、価値観の多様化が進みすぎた現代日本において、個々の意識のズレが多くの紛争と悲劇を今後ますます増やして行くのだろう、と思っているからだ。

 えてしてそういう困ったことが起きる時というのは、「私は悪くない」「私が何をしたというのだ」というバカの壁で身をよろった自己厨な保身を振りかざすモノが暴れる時だ。
 げに怖ろしきは無自覚なり。無教養なり。
 そして無理解なり、である。

 みんな偉そうに自分の権威ばかり振り回しすぎだ。自分の価値を認めろと叫んでばかりだ。「こんなに価値のある自分の思い通りに他が為るべきだ」と思いすぎだ。そして自分の思い通りにならない他者を攻撃する。
 そんなことをしても自分の価値が上がる訳じゃないのに。
 むしろ逆なのに。

 21世紀の日本に必要なのは理解と共感だ、と言っておく。
 さらに必要なのは、みんなで分かち合える心の拠り所なのだろう。


 初音ミクは、「楽器」にすぎない。物質的、法律的、現実的、要するに形而下的にはそうである。
 だが、実はそうではないのだ。
 これは「ヴォーカロイド」という、今まで無かった全く新しい形の表現素材なのである。
 人間の声と姿が備わって産まれた時点で、依代(よりしろ)としての意味が付加されたのだ。
 まさに理想の偶像。理想のアイドル。夢を託せる大いなる器なのだ。

 みんなのミク。
 ミクから生まれたみんなの歌。
 自由に分け合える夢。
 ネットで繋がり、広がってゆく未来(ミク)。

 神無きに等しいこの国で、人々は必死で心のよすが、拠り所を求めている。
 宗教の代替物としての「萌え」。そしてミク。
 この本質を無視してブームから利益を得ようとするならば、似たような騒動をまた起こすことになるだろう、と思うのだった。


 もうじき、ミクに続くヴォーカロイド新作、リン・レンも出回るわけで、ますます賑わうことであろうことに期待する。
 ロボット、アンドロイドと共に生きる未来が、私の究極の夢だ。
 ヴォーカロイドの浸透がその夢の接近を早めてくれるだろうと信じている。メリークリスマス。


関連記事
NEXT Entry
ネットで学ぶ著作権
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
>すます賑わうことであろうことに期待する。
でも、「作れる」ヒトは極少数なので... 消費者が多いことがいいのかな?

>文化摩擦
アナログ停波に伴うイロイロな騒動が今から楽しみです。
個人的にはTVは3年前に壊れたまま見なくなって久しいく超他人事なのでw
svetlanaさん>
作り手が思いのほか多い、と私は見ているんです。ニコでも週刊でヴォーカロイドまとめが出るほどですし、供給量は今でも十分すぎるくらいかと。でも、この裾野はもっともっと広がって欲しいです。切磋琢磨がのびのびと出来る環境こそが、求められているとも思うんですよね。ヴォーカロイドのキモは、キャラに触発されて、今までそういう方面にまったくノータッチだった人達が「創らずにはいられない」と創作を始める、まさにそこにこそあるんだとも思います。

あー、デジタル化……私もテレビは全然観ないので対岸の火事気分……じゃ、なかったぁぁぁ、毎週日曜の「スゥパァァァヒィロロロォォタァーイム!」だけは必ず観ているので、これが観られなくなったらとてもとても辛いのでした^^;

早くTV番組もネット配信が当たり前になって、どんな番組も好きなときに観られて、視聴率の代わりにアクセス数で結果を出すような時代になればいいのになぁ、と夢想中です。
うちはJ-COMだから地デジになってもそのまま見られる模様。まぁ2011年までスゥパァァァヒィロロロォォタァーイム!が続いているかは別問題。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。