--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 03. 19  
 今日は息子の卒業式。
 これにて、学生生活も終了である。
 思いが多ければ多いほど、かえって言葉になりにくい、というのを実感するこの頃だった。


 学校は、大いなる保護の場であった。
 そこから息子が巣立とうという時、喜ばしさよりも寂寥が先に立ってしまったのは、やはりそこが希望を信じていられる楽園だったからだろう。
 練馬の障害児療育の現場には、教育の真髄たるものがみっしりと詰まっていた。
 3人の児童に対して1人の教師。教室に数人の生徒しかいなくとも、先生の数が多いので空気は常に賑やかだった。どんなにか手をかけ、思いもかけて、贅沢きわまりない環境で息子は育てられてきたことか。
 息子が真っ正直で明朗で健やかな社会人になっていったとしたならば、その手柄は断じて無責任かつ狷介な性質の私のものではなく、学校という場で息子を教え導いてくださった総ての先生方のものであると断言する。

 息子には、学校で学んだこと、先生方のこと、そしてすべてに感謝する気持ちを長く忘れずにいて欲しいものである。

 とても良い卒業式だった。今まで小学校、中学校と、普通学校に併設された形の障害級だったので、卒業式はいわゆる普通の式だったのだが、養護学校のそれはやはり流れが一味もふた味も違う。一人一人にたっぷりと目が行き届く学校ならではの暖かさに満ちていたと思う。デジカメで写真や動画を撮りまくったのだった。息子が卒業証書を授与された時の宣言ボイスの内容が

「いっぱいお金をかせいでディズニーシーリゾートになんども行きたいです」

 というのには思わず

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
  
 ではあったのだがwだって他の子は仕事がんばります、とか調理師になりたいです、とか、まぁそーゆーフツーな抱負が中心だったし……w



 さて。
 私にとっての「卒業式」はまだ終わらない。
 これから、先生方、PTAをまじえた「お食事会」、いわゆる一つの謝恩会、ってやつに出かけるのである。
 正直、気が重い。
 私は先生方へは感謝の気持ちを百万言費やしても足りないほど持ってはいるのだが、PTAの方達についてどうかというと、まぁ、その、なんだ、色々あったりなかったり、ぶっちゃけ同席して飲食しなくちゃならないって思うだけで今からリバースしそうなくらい気が重かったりするのである。

 とは言えドタキャンするわけにもいかないよね(´_ゝ`)
 いってきまっさー(´_ゝ`)ノ

関連記事
NEXT Entry
条文修正
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
おめでとうございました。
ご子息のご卒業、本当におめでとう
ございました。わらしの甥っ子は
今年養護級1年に入ったばかり、
あと何年かかるのやら、、、
まんもちゃんさん>
ありがとうございます。
子供が小さい頃は、私も先の長さや見通しの無さに、うんざりどころかほとんど発狂寸前でしたが、こんなありふれたことを言うのはイヤでもあるんですが、過ぎてしまえばあっという間なんです。日々の成長を信じて、見守ってあげて欲しく思います。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。