--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 04. 01  
 水嶋ヒロ君がまたテレビのドラマに出るらしい。
「絶対彼氏」というものらしいのだが、なんとまぁこれが
「恋愛のために作られた男性型ロボット」
 つーのが登場する作品らしいのよね。

 困ったなぁ。ヒロ出てる上にロボ愛ものなんてやられた日には観ないわけにはいかないじゃありませんか。
 とは言え観ちゃったら観ちゃったで怒りのあまりに脚本家の自宅の前でアジモフ様著「ロボットの時代」を紐で括ったモノを頭上でぐるぐる振り回した挙げ句に砲丸投げの容量で窓ガラスをブチ割って叩き込み「それ収録の『お気に召すことうけあい』を100回読み返せーっ!」とシャウトするハメにならないとも限らないので危険極まりないのだが。
 どうせならタニス・リー「銀色の恋人」も付けとくか。
 ってーか、いつの間に続編なんか出てたんだΣ(゜д゜lll) い、急げアマゾーンッ!

 でもさぁ、主要キャスト3人のスチールを見たんだけど、これ、キャスト入れ替えた方が良かったんじゃ?「完全無欠の恋愛アンドロイド」、どう考えてもそっちがヒロ君にふさわしいだっしょー。

 それにしても、ここ最近TV業界が売り出そうとしているのかなんなのか、ヒロ君のマスコミへの露出が急に増えている様子。まーこのまま国民的美青年として衆知の存在になっていったとしてもちーっとも驚かない。
 なんたってこの私が一目で見込んだ青年ですからねっ!( ̄▽ ̄)をーほほほほほほ。


 でもねぇ。
 懸念もあるわけよ。
 私としては、これほどの上玉をマスメディアに使い潰されるだけのオモチャ扱いにはして欲しくはないのだ。
 それなりに名が売れたところでTVからは撤退して、できればなるべく早いうちに、演劇の基礎から叩き直して貰えるような環境に身を置いて、経験と教養を深めていって欲しいのよね。
 彼にふさわしいのは、この世ならざる夢幻の領域。
 間違っても、ちょいと伊集院光氏の表現を借りるなら、まさしく「糞で糞を煮しめたような」バラエティなんぞの世界に身を置いていて良いものではないのだ。

 マスコミ的な意味で売れすぎては欲しくない。
 その先にあるのは不幸だけだからだ。不幸だけならまだ良いが、精神的に木っ端微塵にされる可能性が大いにあるからだ。未熟なうちに名が売れすぎてしまうことの悲劇というのは、何より怖ろしいものなのである。嗚呼ヒロ君、おばちゃんは心配だよ……(;´ρ`)

関連記事
NEXT Entry
究極メイドアニメ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
ジャンルは違うけど氷川きよしみたいな
「全方位型王子様」な方向へ・・・

まぁ、仕事は選べってことですn
鈴木さん>
全方位型王子様w
ん~~、ヒロ君はそういう方向性とは違うって気がするんですわ。
なのにもし周囲がそういう方向性を無理に付けたりしたら……((((゜Д゜;)))) もの凄く怖いことが起こるのが見えるようで、そういうのも含めていろんな事が心配なんですよね。
基本的に、若手タレントって自分で仕事は選べないと思うんです。
金のために利用される存在、才能。その結果として潰される可能性。聡明な人ならその構造を悟って、とっとと脱出できるケースもあるでしょうし、本人次第っちゃぁ本人次第でしかないんですけど。
つまりこんなところでオバハンが何を心配して悶々としようがなんの意味も無いんですけどね(´_ゝ`)
それでもねぇ、書かずには居られないのが萌え衝動ってモンですよねぇ。
まぁなんだかんだでここ旬日ヒロ君を想いつつあれこれ思索したことなどをじっくりと語らせていただきたいのですが、まぁざっと3時間くらいかかりそうなんだけ聞いてくれますよね?

……いえ、ウソです。冗談です。やりませんから安心してください(;;^ω^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。