--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008. 10. 03  
とにかくダイエットしなければエライことになる!
ってんで、私の場合、食品知識がどうこうよりも、自分自身との精神的闘争の方が遙かに攻略の難しい命題なのである。この異常な食欲はいったい何なのだろうか。食欲と言うよりは、飢餓感としか言いようが無いのだが……。

腹が減る。腹が減るとついでに頭もおかしくなる。腹が減ってはなんにもできない。だからといって欲望のままにむさぼり続けてきた結果が医師も呆れる高脂血。

減食はせねばならない。
だが、同時に、空腹をも回避せねばならぬわけだ。
と、なると?

カロリーの無い物で腹を満たせばイインダヨ(゚∀゚)!!

しかし、言うは易し行うは難し。カロリーの無い物というのは、ぶっちゃけ美味しくないのだ。逆に言うなら、美味しい物は高カロリーってこった。美味しくて体に良くて太らない。そんな都合の良い食べ物なんて、この世にあってたまるか、なのである。もしもあるとしたら、そりゃ神の食い物(アンブロシア)ってこってすよ!

しょうがないので、美味しいどころか味もセセラもない、低カロリー食品をなんとか飽きずに食べ続けるための、工夫が大事だということ。

で、まずは寒天。
一時、これもバナナ同様、ブームになったせいで店舗から姿を消すほど人気だったのだが、今はいつでも買える。ありがたや。
とはいえ、行きつけの24時間スーパーでは、粉寒天しか売ってないのだ。あとは水で戻してサラダに入れて、っていう刻み寒天くらい(割高なので買わない)。
粉寒天1袋を500gの水で溶き、沸騰させたあと、タッパーにいれて放置しておけば固まる。
それをサイの目に切ってスプーンですくって食べるのがデフォルト。

だが、この寒天、なんとも不味いんだよねぇ。空虚な味わいというか。とうてい、そのまま食べられたものじゃない。すぐ飽きてしまいそうだ。
仕方がないので「必要カロリー」と割り切って、蜜をちょっぴりかけて食べる。
わずかな蜜で美味しくするためには、やはり蜜の味と香りが大切。一番良い感じなのがメープルシロップ。だが、高価なのが困った物。
あと、蜂蜜。これも最近は、収穫量が落ちているので昔のように安くはない。安い物は混ぜ物で薄められていたりするので、味も香りも台無しになっているので、買うだけ損。
寒天と言えば黒蜜だろう、ってんで、ちょうど家に黒砂糖もあったし、自作もしてみる……出来上がりを味見すると、なんだこりゃー! こんなの黒蜜じゃなーい!Σ(゜д゜lll)黒蜜ってのは、もっと、こう、ものすごい濃厚な香りとこってりした甘みのモノのはず! な、なんでやー!
どうやら、途中、アクをすくいすぎてしまった模様。つ、次こそは!o(`ω´*)o
今日は、明日お見舞いに持って行くスイーツ作りの日でもあったので、カスタードクリーム(油脂抜き)を作り、余ったのを寒天に合わせて食べてみた……う~ん……ビミョー……(´・ω・`)
最後に、意外な伏兵として、きな粉を御紹介。いちおう砂糖をちょいと混ぜたものだけど。これが意外と寒天に合う。大豆タンパク質も取れて良いかもしれない。

ふと、思い出す。
カーチャンは日本海沿いの港町の出身だった。家は網元で、家族も親族も皆漁師。海の恵みがどれほど豊かかを、よく聞かされて育ったものだ。
子供の頃、寒天をよくおやつ代わりに食べていたそうだ。
「テグサ(寒天の元になる海草テングサのことらしい)は、船からいくらでもすくえるし、それを鍋に放り込んで煮て、冷めたら固まってるから、そのまま食べるだけ」
「砂糖は? 蜜は?」
「そんなもん、いれへん。そのままで美味しい」

カーチャン……なんかおかしいよ? こんな味気ないもの、そのまま美味しく食べてたとも思えない。
もしかして、粉末になるまで加工されてるからダメなのか? テングサをそのまま煮込んで作った寒天は、実は自然の滋養に満ちた味わいだったりするのか? もしもカーチャンが山岡士郎だったらば
「一週間待っていろ。俺が本物の寒天ってものを(略)」
てなことになったのか? 
死ぬまでに一度、そういうダイレクト寒天を食べてみたいものである(´ー`)
関連記事
NEXT Entry
EVEの時間
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ごろごろしてても「基礎代謝量」を超えるカロリーをとらなければ
ほっといても痩せますy
私も以前粉寒天を買ってきて、コーヒーゼリーやらオレンジゼリーやら作りました。そのままでは私も子供も食べられないしと思い、いろいろなゼリーにしたのですが、子供達の受けはイマイチ・・・。
もう市販品の味に慣れてしまっているんですかね。
自然の天草から作ったものは、どんな味なのでしょうか。
一度食べてみたいですね。

鈴木さん>
長年にわたるグータラ生活のせいで、基礎代謝量はかなり低いようです^^;
昨年夏頃はビリーキャンプにはまって、かなり良い感じにしたんですけど、左膝をひどく傷めて以来、運動減ってますしね^^;;;
なお、寒天編は蒟蒻編へと続く予定ですw

やっぽさん>
いらっしゃいませ!ヽ(´ー`)ノ
テングサを煮ただけの寒天は、実は海水の塩味なのではないか、という秘密コメントをいただきました。
寒天は酢醤油や芥子で、という地域も多いので、「海の味」というのは普通にありではないかと思います。食べてみたいですね^^
寒天ゼリーと、ゼラチンで作るゼリーは、食感も味わいもかなり違いますし、お子さんには後者の方がいいかもしれませんね。ゼラチンは良質なタンパク質ですから、栄養面でもバッチリです。なお、ゼラチン(コラーゲン)には強力な美肌効果もありますよ(゚∀゚)b!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
5日22時にコメントくださった方>
いろいろアドバイスありがとうございましたm(_ _)m
さっそく、コーヒー寒天を作ってみました。いま冷やし中です。
緑茶味も良さそうですね!(´∀`)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。