--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 01. 28  
胃痛はマシになったとはいえスッキリはしない。
以前、世話になっていた治療院が薦めていた胃の不調の民間治療として
「ジャガイモをすり下ろして、絞った汁を飲む」
というのがあったことを思いだし、実行。

これは、効く! 薬局で入手した売薬よりずっと効く。同様の不調に悩まされている人は是非、お試しあれ。ジャガイモでなくても、キャベツやリンゴやトマトでも良いみたいなのだが……要するに、無塩無糖の野菜ジュースを毎日飲んでればOK?(´・ω・`)ソージャナイ?

烈鷹こと半田健人君が、なんとなんとオールナイトニッポン土曜1部のパーソナリティになったってことで(鶴光師匠の枠やおまへんか……)、そりゃぁめでたいと、放映分を全部聴いてみた。
ううう、こ、これは! 超絶癒し系! 半田、サイコー! 若干25歳にしてこの落ち着きと老練ぶりはただごとではない。萌えるとかドキドキとか、そういう方向とはまったく別の魅力に満ちている。

執事にするなら彼がイイ!(・∀・) ってくらいイイ! とにかく継続聴取決定。次回は彼の一番の得意分野「ビル」特集らしいから、そろそろオタクっぽい激しい暴走っぷりも伺わせて欲しいところだ。
でももしそのネタでも、あの落ち着き振りに変化が無いようなら、実はますます彼に対する評価は上がってしまうんだけどね。楽しみだ。



そういえば仮面ライダーディケイド始まったんだった。誰だいっ「仮面ライダー玉子切り」とか言ったのは。もうそれにしか見えないじゃないか! いやでも、私はあのディケイドのデザインは高く評価している。幼児が絵に描きやすい特徴があるというのはとても良いことだ。

ただまぁ、主人公の棒読みっぷりにはかなり萎えた。とはいえ、初回が酷いライダー主役は割と定番なので(天道総司だってあまりの滑舌の悪さに『なんだなんだ、オンドゥルの再来かぁっ?』ってTVの前に走っていったら、世に二つと無いような眼光にハートを射抜かれて現在に至る、ってぇ感じだったわけで)、今後どんどん良くなっていく可能性はある。立ち姿、着こなしがスッキリと美しいのは良い点だ。着こなしはセンスの有る無しが物を言う。基礎的技量は割と簡単に磨けても、センスはそうはいかないからね。

さてデザインや主役がどうこうというのを抜きにして、ヒーロー物の初回としてどうか、ということになると、どうにもこれは私はまったく感心しない。
「買えやぁ! 買ってくれよぉ! ライダーのオモチャをよぉ!」
てな、血の叫びのようなモノがビチョビチョ溢れ出しているようで、気持ちが悪かった。子供というのは敏感な存在なのであり、特に聡い子は、こういった露骨に剥き出しの「大人の事情」には速やかに萎え冷めてゆくものである。このままでは、あまり良い結果は出ない気がする。平成ライダー勢揃い、ということで、「大きなお友達」は大喜びでお金を落としていくのかも知れないが……新規の顧客、すなわち子供たちにそっぽを向かれたら、ライダーシリーズそのものの息の根が止まってしまうのだが、これ、このままでいーんだろうかね? お祭りだから硬いこと言うな? 半年も続く祭りなんてあるかいっ! ヒトツキ超えたらタダの日常なんだよっ('Д')



さて、「毎日かあさん」のサイトが出来たようだ。


監督:本郷みつる

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

「雲黒斎の野望」「ヘンダーランド」が大好きな私としては、これはまさに大船に乗った気分で一安心なのだった(´ー`)ヨカッタヨカッタ


卒業は、まだ。

関連記事
NEXT Entry
やっと少しマシに
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
NoTitle
このご時世じゃスポンサーが逃げだすどころか潰れそうですしn

幼児経由で親に買わせるよりも
大きい友達を直接釣ろう・・・が、いつまで通じるやら・・・

物語さえしっかりしていれば
評価も売り上げもついていくんでしょうけれど
(=w=)気持ちはわからんでもない
NoTitle
鈴木さん>
「銭ゲバ」からスポンサーが降りまくっているという噂はマジなんでしょうか^^; なにやらもう1社しか残っておらず、残りは公共広告機構のCMで埋めているとかナントカ。

さいきん「物語」とはいったいけっきょく何なのだろう? と考えることが多いです。そして、いま世間では「物語」ははたしてさまで求められてなぞおらぬのではないか、という疑問もあります。ロマン、は求められているとしても……かつて「ロマン」とは物語と同義だったと聞いてます。ですが、いまやそれは分断されたシチュエーションとして売らねばならない時代なのかもしれません。
そういう傾向はいろんな意味で困ったモノだと思わずにはいられないのでした(´・ω・`)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。